hoshu さん プロフィール

  •  
hoshuさん: ウイルスセキュリティ対策ソフトの比較
ハンドル名hoshu さん
ブログタイトルウイルスセキュリティ対策ソフトの比較
ブログURLhttp://virus.blog-ga-schizo.net/
サイト紹介文ネットに潜む恐怖「ウイルスセキュリティ対策ソフトの比較」
自由文ネットに潜む恐怖「ウイルスセキュリティ対策ソフトの比較」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 103日(平均4.3回/週) - 参加 2018/05/08 11:24

hoshu さんのブログ記事

  • 【docomo】2段階認証で不正ログインの被害は防げた
  •  NTTドコモは8月14日、外部からの不正なログインによりユーザーのdアカウントが不正使用され、「ドコモオンラインショップ」で「iPhone X」が大量に不正購入された問題を受け、dアカウントユーザーに対して、2段階認証を利用するよう改めて呼び掛ける告知を出した。dアカウントの2段階認証は、IDとパスワードによる認証に加え、ユーザー自身の端末に送信されるセキュリティコードによる認証を追加する方式。2段階認証を設定してい [続きを読む]
  • macOSに未解決の脆弱性 クリック操作偽造の恐れ
  • 昔の人なら、macだったらセキュリティ的にwindowsよりずっと安全と信じているかもしれない。でも、昨今では攻撃者の手法も多様化して、macだからといって必ずしも安全とは限らない。自己防衛できる部分はしっかりして、自分の手の及ばないところはウイルスセキュリティ対策ソフトでカバーしよう! 米AppleのmacOSに、 操作を偽造してセキュリティ対策をかわすことができてしまう未解決の脆弱性が見つかったとして、米ラス [続きを読む]
  • リスト型攻撃を防ぐパスワード対策
  • 不正ログインを防ぐために、IDとパスワードを強固にすれば好いだけでしょ?と思われる方もいるかもしれないが、それだけでは不正ログインを防ぐことは出来ない。例えば、あるサービスでIDとパスワードが流出したら、それを使って他のサービスにログイン出来ないかを試す「リスト型攻撃」がある。その不正ログインを防ぐためにはサービスごとに違うID・パスワードを使用するなど、パスワードを強固にすることだ。リスト型攻撃とは、 [続きを読む]
  • パスワード対策
  • 安全なパスワードの条件□ パスワードの文字列は、長めにする(12文字以上を推奨)□ インターネットサービスで利用できる様々な文字種(大小英字、数字、記号)を組み合わせると、より強固になる□ 推測されやすい単語、生年月日、数字、キーボードの配列順などの単純な文字の並びやログインIDは避ける□ 他のサービスで使用しているパスワードは使用しない以前推奨されていた簡単な置き換えは危険!パスワードに関連する攻撃とし [続きを読む]
  • 件名・本文に本物のパスワード 新手の脅迫メール出回る
  • パスワードが記載されている脅迫は20180721の記事「ポルノ閲覧の姿をさらす」とユーザー脅迫 パスワード記載で信ぴょう性を高めるにある。今までにはなかった新手の脅迫だ。スパムメールの件名や本文に、メールアドレスの持ち主が実際に使っているパスワードを記載した新手の脅迫メールを確認したとして、JPCERT/CCがWebサイトで注意を呼び掛けている。7月21日ごろから確認しており、メール受信者が実際に使用しているパスワードが [続きを読む]
  • 佐川急便かたるSMSに新たな手口 携帯番号・認証コード詐取
  • 佐川急便をかたるフィッシング詐欺。7月に話題になったが、ここに来て新たな手口が生まれている。ネット通販をする人は電話番号も知らせてあるから、何も知らない人ならうっかり釣られかねない。佐川急便ではSMSを使ったサービスはしていないから、佐川急便をかたるSMSは削除!佐川急便の不在通知をかたるSMSから偽サイトに誘導され、Android向け不正アプリをインストールさせられる被害が7月に話題になったが、このほど、iPhoneユ [続きを読む]
  • フィッシィング対策
  • フィッシング詐欺とは、ネット銀行などの「偽サイト」を使ってお金や個人情報などをだまし取る詐欺。メールなどでピンポイントに仕掛けてくることや、ネットサーフィンをしているときに遭遇する場合もあるので注意が必要。最近はちょっと見ただけでは分からないような完成度の高いフィッシィング詐欺も増えているので、万全な対策をしよう!参考:フィッシィング詐欺の最新ニュースフィッシングされたクレジットカード情報の統計フ [続きを読む]
  • カスペルスキー セキュリティ 強くて、軽快。
  • 強くて、軽快。だから使いやすい。セキュリティソフトの最も大事な役割は、脅威を確実に防ぐこと。さらに、毎日使うパソコン、スマートフォン、タブレットだから、使い心地も大切です。 カスペルスキーは「強さ」と「軽さ」を両立。インターネットの脅威にしっかりと対抗しながら、快適な使い心地を実現しています。性能比較で6年連続 「No.1」!世界的評価機関によるセキュリティソフトの性能比較テストで、6年連続1位を獲得。カ [続きを読む]
  • カスペルスキー セキュリティ 強くて、軽快。
  • 強くて、軽快。だから使いやすい。セキュリティソフトの最も大事な役割は、脅威を確実に防ぐこと。さらに、毎日使うパソコン、スマートフォン、タブレットだから、使い心地も大切です。 カスペルスキーは「強さ」と「軽さ」を両立。インターネットの脅威にしっかりと対抗しながら、快適な使い心地を実現しています。性能比較で6年連続 「No.1」!世界的評価機関によるセキュリティソフトの性能比較テストで、6年連続1位を獲得。カ [続きを読む]
  • 「.iqy」ファイル付きウイルスメール1日で29万通
  • 最近はウイルスメールは下火になっているのかと思っていたが、そうでもない。ウイルスメールは日本語が流暢でないことが多かったが、今回のウイルスメールは流暢な日本語で、日本人の犯罪グループが中心にいることを感じさせる。ネットに繋ぐということはリスクがあるということだから、確実に自己防衛しよう!トレンドマイクロは、拡張子「.iqy」ファイル付きの日本語ウイルスメールを8月に入って初めて確認したと、ブログで明ら [続きを読む]
  • インターネット上でのクレジットカード情報の窃取
  • クレジットカード会社のサイトにアクセスした利用者のパソコンに、偽の認証画面やログイン画面が表示されるよう仕向け、入力された個人情報を盗み取る手口のサイバー犯罪。攻撃者は偽メールなどでコンピューターウイルスに感染させ、偽の画面が表示されるように仕向ける。盗まれた情報は売買されるなどした上で不正に利用され、最終的に金銭被害を受ける可能性がある。接続した利用者を偽サイトに自動的に移動させ、個人情報を盗み [続きを読む]
  • 盗まれたクレジットカード情報 1800件保存の不正サーバー発見
  • 2018.7.30 最近はクレジットカードの個人情報を盗み取る手口が大流行している。今回の件では、20代と30代のクレジットカードの情報流出が合わせて5%ほどしかないことに驚いた。若い頃からネットに触れているから、自己防衛力が自然と高まった結果だろう。逆に、40代・50代は狙われやすい。ウイルスもセキュリティ対策も日々進化していて、昔のままの感覚でいると非常に危険だ。サイトをみて、ちょっとでも怪しいと思ったら、クリ [続きを読む]
  • ウェブインジェクション 個人情報窃取 対策
  • 一昔前はウイルスセキュリティ関連の問題は銀行口座がターゲットにされていた。今はクレジットカード情報を盗み取る手口が流行している。手口も進化していて、以前の銀行口座でよくあった偽のサイトに誘導して個人情報を入力させるのではなく、ウイルスに感染するとアドレスは同じで偽の認証画面が表示されるようになる。それを知らないと、アドレスが同じだからとうっかり個人情報を入力してしまう人も多そうだ。 クレジットカー [続きを読む]
  • 他人カード情報「転売屋」逮捕 SNSなどで入手
  •  他人名義のクレジットカード情報で動画を購入したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は27日、住所不定、無職、伊藤大輔容疑者(42)を電子計算機使用詐欺容疑などで逮捕したと発表した。伊藤容疑者は3〜4年前からソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)や掲示板で他人のカード情報を購入し、そのままネットで販売する「転売屋」だった。この1年で約260回売買し、少なくとも130万円の利益を得たとみて調べ [続きを読む]
  • 佐川急便装う迷惑メール急増:フィッシングやウイルスの危険性
  • 迷惑メールはいつになっても下火にはならない。常に新しい手法が生み出されている。それだけ引っ掛かってしまう人もいるということだろうか。佐川急便を装った迷惑メールが急増している。同社には、「【不在通知】」「宅配便お届けのお知らせ」などのタイトルの迷惑メールやSMSが報告されており、23もの事例を挙げてユーザーに注意を呼び掛けている。迷惑メールは、佐川急便からの不在通知や出荷通知を装い、フィッシングサイトと [続きを読む]