としのりん さん プロフィール

  •  
としのりんさん: 卵巣嚢腫摘出手術
ハンドル名としのりん さん
ブログタイトル卵巣嚢腫摘出手術
ブログURLhttps://shino-rin.muragon.com/
サイト紹介文47歳にして初めての手術は卵巣摘出の腹腔鏡下手術
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 14日(平均6.5回/週) - 参加 2018/05/08 14:46

としのりん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 術後検診
  • 2018/05/21 ここ二日間ほど寝つきの悪い夜でした。 ・・・きっと術後検診の結果が気になって 不安だったんだと思います。 結果は 良性 でした。 検査すべて異常なし。 (正直ほっとしました。) 内診と傷口の確認&消毒、そして採血。 内診では 右の卵巣しか見えませんでした。 (当たり前なんですが・・・) 残された右の卵巣は、使命を全うするべく  早速 排卵 したらしく 「もうじき、生理がくるで [続きを読む]
  • 迷走中
  • 2018/05/17 来週月曜日に 術後検診 を控えています。 今週の目標としていた 【軽く走る】 もクリアし、 雨の合間をぬって 散歩も続けています。 時間がありすぎているのか、 腫瘍の診断が気になって、ネットであれこれ検索していたら、 食事が大きな要因で、 「小麦粉と乳製品はやめるべきだ!」 とか、「糖質に気をつけろ!」、「肉はよくない!」とか・・・ そんなに しょっちゅう 食べまくっていたわ [続きを読む]
  • 術後3週間と薬膳料理
  • 家事は一通り 術前通りにこなせています。 かごいっぱいの洗濯ものを持って 階段をあがっても 傷口がつることもなく 内臓に違和感を覚えることも ありません。 料理に立ちっぱなしでも 疲れてしまうことも ありません。 手術を受けたことを忘れてしまっているほどに 動き回れています。 ただ、睡眠時に 仰向けに寝ると、まだ内臓が落ち着かないのか 寝心地わるいです。 それと 車の運転。 シートベルトの位置が傷 [続きを読む]
  • 今日も歩く
  • 今週末 夫が 赴任地に戻ります。 約3週間 自宅近くの支店勤務をさせて頂きました。 両勤務地の上司のご厚意と、 サポートしてくださった方々に 感謝 です。 そして、夫に 感謝 感謝 です。 しかし、寂しさが ぬぐえません。 夫を「いってらっしゃい」と見送り、「おかえり」と迎える そんな ありふれた日常の有難さが 身に沁みます。 単身赴任なんて ろくなことがありません!(すみません 愚痴です・・・) [続きを読む]
  • 車の運転
  • 昨日 5/9 手術後15日目  車の運転をしてみました。 シートベルトが、傷口に当たって地味に痛い・・・ ブレーキやハンドル操作、これまで無意識にしてきた一つひとつの動作に 神経使いまくって・・・20分程度の運転でしたが どっと疲れました。 もうしばらく、やめておこうと思います(汗)。 といわけで、今日は 自宅近くからバスに乗って 隣駅のスーパーへ 買い物にいってきました。 田舎で、1時間に1本し [続きを読む]
  • 多嚢胞性卵巣症候群との関連
  • 私は 若いころから月経不順でした。 結婚後は 不妊治療を受け 排卵誘発剤で二人の息子を授かり その後 自然妊娠で娘を授かりました。 具体的な症状や診断名を聞いた記憶がないのですが 無排卵であることは 二層にならない基礎体温からもわかり 「これまでの生理の回数が少なくて、あまりにも子宮が小さく、 いま妊娠してもこの子宮では耐えられない・・・」 と先生にいわれ、まずは月経を起こし、子宮を大きくすること [続きを読む]
  • 退院後 手術から2週間
  • 単身赴任中の夫が 4/24から しばらく 地元支店勤務 という配慮をもらって 自宅通勤してくれています。 卵巣嚢腫の原因はよくわかってないそうです。 けれど、漢方の視点から見ると「肝」の機能が弱ることからくると 書かれてありました。 「肝」の不調は、ストレス が大きな要因らしいです。 当たっている気がします。 1年半前に 夫の人生初の単身赴任 が始まり、 私の転職、息子の反抗期、ダブル受験・・・と [続きを読む]
  • 手術翌日〜退院まで
  • 2018/04/25 7時すぎ 清拭をしてもらいました。おかげでさっぱり。 点滴&導尿も外れ、看護士さんが見守ってくれる中、一人でトイレにいきました。 前かがみで、一歩一歩よったよった…時間はかかりましたが無事クリア! 産後の様です。という先生の言葉、そのまま。 思うように、なかなか歩けない・・・ああ、懐かしい。 採血・血圧・検温 8時食事 おかゆと卵豆腐とスナップエンドウ・・・他。 とってもおい [続きを読む]
  • 手術終了
  • 手術自体は 1時間30分くらいで終了・・・だったらしい 先生&看護士さんに運ばれ、病室に戻ってきて、夫はいったん外へ。 酸素ボンベの設置やら、足のマッサージ機やらあれこれ設置。 15時 病室で目覚める 夫と会話できる 内容は全く覚えていない。 熱37.7 体がだるくて 痛み止めを点滴で入れてもらう 19時 面会時間終了に伴い 夫も帰宅 導尿が気持ち悪い 足のマッサージはとっても気持ち良かった。 何 [続きを読む]
  • 手術日
  • 睡眠導入剤エバミールの効き目は緩く 3時に目覚め、トイレへ。 7時 検温 血圧 朝食はなし 飲み水のみOK 8時 シャワー 10時 検温 血圧 夫が来てくれる  ※よく皆さんがおっしゃっていた  剃毛と下剤服用(浣腸)は、ありませんでした。  あ、前日おへその確認はありましたが、  3人出産してへその穴が広がりなくなっていた私は確認だけでクリア! 11時 術着に着替える&点滴のための針さす (通常 [続きを読む]
  • 手術前検診から 入院 手術前日まで
  • 2018/3/25 日曜日。手術に立ち会う夫と 手術説明を聞きに。 約45分間 先生から細かな説明があり、 左の卵巣の状況によっては 卵巣の摘出もあり得るということ 術中に何か異変があったり、他の病巣が発見されたりしたときは 夫に逐一報告と決断を得るけれど  なにもなかったら手術が順調に進んでいるから心配しないでくださいね、と。 夫からは 術後の回復目安の質問。 「産後と同じだと考えてください。 [続きを読む]
  • 手術日決定
  • 手術を受けることを前提に探した 婦人科は 自宅から電車も使って 1時間ほど プライバシーに配慮された とても清潔感のある病院でした。 これまでの状況を話して 内診を受け 先生は 2つの病院の診断を否定せず 「ホルモンの状態で大きくなっているのか、判断したい。 年明けの生理が終わったころにもう一度診せてください。 年末年始の捻転を起こすことは考えにくいけれど、少しでも痛みや、 おかしいなと思ったら、 [続きを読む]
  • 卵巣嚢腫の発覚から 手術を受ける病院決定まで
  • 2017/6月 毎年受診している 市の子宮がん検診を受ける 2017/8月 がん検診の結果が郵送される 特記事項に 「左卵巣のう腫」と記載されていた この時点では、卵巣嚢腫とはなにかもわからず、ネットで検索しまくり 2017/9月 がん検診を受けた婦人科に、結果を持参し受診することに。 診断は、やはり 「左卵巣のう腫 大きさ約3cm」 このくらいの大きさだと、経過観察だそうで・・・ 薬で小さくなる [続きを読む]
  • 過去の記事 …