ヤサ子 さん プロフィール

  •  
ヤサ子さん: 不登校と中学受験-こうして息子は学校に戻った-
ハンドル名ヤサ子 さん
ブログタイトル不登校と中学受験-こうして息子は学校に戻った-
ブログURLhttps://ameblo.jp/go-yasao/
サイト紹介文小学5年で不登校になった息子が、学校復帰するまでの経緯、中学受験の話題等を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 12日(平均8.2回/週) - 参加 2018/05/08 20:35

ヤサ子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 不登校、先生もカウンセラーも助けてくれない
  • ヤサ男が別室にも保健室にも行けなかった完全不登校の頃、昼間のヤサ男が過ごせる居場所を探そうと、ネットで色々な情報を集めていました。 「不登校 居場所」「不登校 塾」「不登校 出席扱い」「不登校 フリースクール」 街の名前のあとに、上記のような言葉をつけて、ネットで検索すると、意外にも、不登校の子供向けに開かれた場所がいくつも見つかりました。 家から自転車で行ける場所にも、複数のフリースクールを発見中 [続きを読む]
  • 不登校、学校に行かなくても出席扱いになるIT学習
  • 不登校で自宅生活が続いていた5年生のとき、もしも6年生になっても登校できなかったときのために、「学校に行かなくても出席にしてもらえる方法」はないかと、あれこれと調べてみた時期がありました。 すると、いくつか方法があることがわかりました。ひとつは、ホームスクーリング。 家でITを使った勉強をして、学校にその内容を伝えることで、出席にカウントしてもらうやり方です。 このことは、「小学生 不登校 自宅学習」 [続きを読む]
  • 不登校、小さい頃からの兆候、一人が好きな子供
  • ヤサ男は一人っ子です。ヤサ男の長所は、マジメで、本をよく読み、いつもニコニコしていて、優しいところ。 苦手なことは、怒る人、怖いニュース、大きな音、競争、予定変更、新しいことにチャレンジすることなど。大勢で遊ぶのも好きですが、一人でいるのも嫌いではない様子です。 保育園時代はずっと登園を嫌がり、年小の頃はほぼ毎朝、私と別れるまで大泣きしていました。保育園の先生に、 「こういうタイプは、1年生まで続き [続きを読む]
  • 不登校、中学受験と出席日数、塾の協力
  • 我が家の住む町で、いわゆる進学校といわれるレベルの私立中学は、5つほどありました。 A校:6年時の通知表のコピー提出(出席日数の提出はナシ)B校:6年時の通知表のコピーと出席日数を提出 ←ヤサ男の第一志望校C校:6年時の通知表のコピー提出(出席日数の提出はナシ)←ヤサ男の第二志望校D校:通知表のコピーも出席日数も提出不要E校:検討外なので調べず ヤサ男の通っていた小学校(公立)の通知表には、欠席日数を [続きを読む]
  • 不登校、中学受験をすると決めた理由
  • 中学受験を決めた理由です。大きな理由は、ヤサ男のいいところを見てくれる大人たちに指導をしてほしかったためです。 ヤサ男は「どこでもうまくやっていけるタイプ」ではありません。でも、読書家で、ボキャブラリーが豊富で、ユーモアがあって、何をするにも丁寧で、誰よりも気持ちが優しくて、私から見れば、数えきれないほど、いいところのある子供です。 でも、その良さを発揮するには、安心して通える場所が必要でした。 小 [続きを読む]
  • 不登校、頼りにならない父親
  • ヤサ男の行き渋りが始まり、早退や欠席が増えてきた頃の話です。ドキドキしながら、ヤサ男のことを主人に伝えると、彼は「オレの時代なら、無理やりにでも連れて行ったけどな〜」と他人事のように言いました。 当時の私は「まさか、うちの子が不登校になるなんて」「このまま、ずっと学校に行けなかったらどうしよう」と不安の塊でした。 たくさんの本を読んでいたものの、先は見えず、笑顔を失ったヤサ男を見て、かわいそうでか [続きを読む]
  • 復学に効果があった本。母である私のミッション。
  • ブログを書き始めて一週間。改めまして、簡単な自己紹介をさせてください。このブログは、小学校5年生の夏休み明けから不登校になったヤサ男が、中学受験を経て入学した私立中学にえっちらこっちらと通いながら、成長していく様子を紹介しています。 というのは表向きの話で、裏テーマは、母親である私の行動を客観的に記録することです。 これまで、目につく限りの不登校関連の本を読み、勉強会に参加してきた母ヤサ子(私のこと [続きを読む]
  • 学校の中に、安心していられる場所なんてないよ。
  • ヤサ男の通う中学校は、土曜日も授業があります。今日もヤサ男は、家族の誰よりも早く起きて、6時半に私を起こし、朝ご飯を食べて、学校に向かいました。(父親はまだ寝ている・・・笑) 子供が学校に行くという日常が戻ってから、1カ月。4月は「がんばって学校に行っている」状態でした。最近は、時々不安そうな顔をするものの、ほぼ「ニュートラル」な状態で、家を出ていけるようになったことを感じています。 実は4月中旬、ヤ [続きを読む]
  • 不登校児の中学受験。塾の選び方。
  • ヤサ男は中学受験をして、私立中学に通っています。そのため、小学5年生の4月から週に2回、塾に通っていました。 授業は一度につき1時間半で、生徒二人に対し、先生が一人つくスタイルです。怖がりで、マイペースで、人から指図されるのが嫌なヤサ男。 学校のように先生が一方的に話す教室スタイルだと続かないだろうな〜、かといってト○イは予想オーバーだしーと考えていたとき、(なんと見積もりに行ったら9万円でした!)、ヤ [続きを読む]
  • 先生が怖くて教室に入れない
  • もう一つ、ヤサ男が6年生の頃の日記から。 --------------------------朝から登校。13時少し前にお迎えのコールがあり、出先の銀行からタクシーで学校へ。 苦手な担任の先生にちょっとした話し方を注意されたことで、家に帰りたくなった様子。詳細をきいたら、確かに、「先生、どうしてそんなこと注意するんだろう」という内容。まあでも、仕方ありません。 今日は個人面談なので、一度、子供を家に送り届けてから、また学校へ。 [続きを読む]
  • 6年生は最後まで保健室登校だった
  • ヤサ男が6年生のときの私の日記を見ていたら、こんな記述がありました。------------------------5年の夏休み明けから本格的に不登校になったヤサ男。6年になってからは、理解ある保健室の先生のおかげもあり、午前中は学校で過ごせるようになりました。最近は、給食を食べられる日も増えています。 今日は保健室からお迎えの電話がないまま午後になり、結局、学校が終わる2時半まで保健室で過ごすことができました。その後、自分 [続きを読む]
  • 実体験を元に「不登校児と中学受験」についてのブログをはじめます
  • 小学校5年生のとき、息子のヤサ男が不登校になりました。6年生になり、保健室登校ができるようになったものの、教室には入れず、そのまま卒業。 「がんばろう」ばかりが並ぶ通知表で受かるだろうか?と不安を抱えながら、中学受験をし、なんとか合格。現在、ヤサ男は隣町にある中高一貫中学に元気に通っています。 おとなしいけれど、誰よりも優しくマジメな息子がまさか、不登校になるなんて・・・?不登校の2年間は、私の人生で [続きを読む]
  • 過去の記事 …