ヤサ子 さん プロフィール

  •  
ヤサ子さん: 不登校と中学受験-こうして息子は学校に戻った-
ハンドル名ヤサ子 さん
ブログタイトル不登校と中学受験-こうして息子は学校に戻った-
ブログURLhttps://ameblo.jp/go-yasao/
サイト紹介文小学5年で不登校になった息子が、学校復帰するまでの経緯、中学受験の話題等を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 226日(平均2.2回/週) - 参加 2018/05/08 20:35

ヤサ子 さんのブログ記事

  • 元不登校児、学校生活を満喫中。そして思う、私は傲慢で未熟な母でした。
  • 前回のブログでは、ヤサ男が体調不良でもないのに学校を休んだことを書きましたが、あの翌日からは元気に毎日、登校しています。 昔の自分なら、「熱もないのに学校を休むなんてダメ! 早退してもいいから行きなさいよ」と言ったと思います。でも今は、「疲れたら、休む」でいいと思っています。 大人だって、有給休暇があるんだから、子供だって、体調不良以外の休みがあったって、いいじゃない、という勝手な考えです。 体力も [続きを読む]
  • 元不登校:久しぶりの体調不良以外の欠席
  • 小5、小6と不登校(6年時は保健室登校)で、中学に入ってからは元気に学校に通えるようになったヤサ男ですが、昨日、久しぶりに体調不良以外の理由で学校を休みました。 前日に学校から帰ってからずっとため息をついていたので、どうしたのかなと思っていたら(←私からはきかないようにしています)「ねえ、きいてよ〜」と、暗い声でその理由を話し始めました。概要はこんな感じでした。 クラスでいつも騒がしい男の子(A君と [続きを読む]
  • お母さんは恋したことあるの?
  • 家でアマゾンプライムの映画を観るのが好きです。仕事が忙しくないとき、平日の昼間、ヤサ男が学校に行っている間に、部屋の少し照明を落として、見逃してしまった面白そうな映画を観るのです。 先週はLALALANDを観ました。美しい音楽とカラフルな衣装と風景。よかったです。 そしてついこの間、「モテキ」を観ました。森山未來君のファンなんです 感想は、、、おもしろかったこちらもLALALANDみたいに、映画の合間に歌ったり踊っ [続きを読む]
  • 不登校中も、我が家だけは安心・安全を感じられる場所に
  • ヤサ男が不登校になった5年生の秋、私はまだ我が子が学校に行けないという事実を受け入れることができずにいました。 休み始めて1週間目に、学年主任と担任の先生に呼び出されていった三者面談で、「最初が肝心ですから。とにかく学校に連れてきてくれれば、なんとかしますので」と言われ、その通りにしなければ、と思っていました。 まだ、親業もコンプリメントトレーニングも知らず、一人で本やブログを読んで、「一日でも早 [続きを読む]
  • HSCと不登校 過保護・過干渉で苦しむ子供たちに親ができること。
  • 先週の日曜日、近所で行われた長沼睦雄先生のセミナーに参加してきました。テーマは「ハイパーセンシティブな人(HSP)について」。 長沼先生はHSP(Highly Sensitive Person)やHSC(Highly Sensitive Child)についての著者を持つ、この分野における日本の第一人者です。ヤサ男は約2年間、学校に行けない期間があったのですが、彼には自分の子供時代や他の子供たちとは明らかに異なる性質がありました。...続きを読む例えば、 [続きを読む]
  • 不登校・HSC(人一倍敏感な子)の子供と不登校
  • ヤサ男は小さな頃から、他の子供よりも繊細で、とても優しい性格でした。虫も殺せないどころか、肉の正体が動物だと知ると、非常にショックを受けて、肉料理には手をつけなくなりました。それが2才くらいの時の話です。 小学校に入っても人一倍優しい性格は変わらず、バザーで売れ残ったぬいぐるみがかわいそうだからと、売れ残りの人形たちを抱えて帰ってきたこともあります。 音にも敏感で、駅で新幹線が通るときは、耳をふさ [続きを読む]
  • 中学受験・6年生での失敗、模試結果を受けての作戦変更
  • 今日は中学受験の話題です。この時期に肝を冷やした話と反省点についてです。 中学受験をするお宅では、夏休み明けからは、模試が続きますね。ヤサ男も去年の今頃は、毎週末のように模試に出かけていたものです。 私は正直、中学受験は塾に任せておけばOKだろうと思っており、オープンキャンパスに一緒にいくくらいで、勉強についてはほとんど口を出しませんでした。模試についても、その塾のすすめるものだけを受けていました。 [続きを読む]
  • 不登校・中学校も行けなかった場合を想定しておく
  • ヤサ男が小学校5年生で不登校になった時、私は情報の少なさから、不登校の子供は将来、ニートやひきこもりになるのでは…、というネガティブな思いが頭から離れませんでした。 実際に、ニートや引きこもりになる不登校児童は、そうでない子より7倍多いというデータも見ました。 ですから、親業の先生に、「小、中と不登校でも通信制高校や大検を経て進学して、 社会人としてきちんと自立している人も多いのよ」という話を聞いた [続きを読む]
  • 不登校・親には言わなかった
  • 私は母や兄弟に、ヤサ男が小学校の頃、不登校だったことを、伝えていません。 母には不登校を解決した経験はなく、母を心配させても、ひとつもいいことはないからです。母にストレスを与えたくないのです。 「台風は大丈夫?」「ヤサ男は元気?」「足りないものがあれば送るから言ってね」「旦那さんとうまくいってる?」 私の母は、優しい人ですが、少し、心配症なのかもしれません。何かあるとすぐに、電話をかけてきてくれます [続きを読む]
  • 台風と地震。親の不安は子供を不安にする。逆もしかり。
  • 台風・地震と天災が続き、ヤサ男の学校は先週はほとんどお休みでした。 私は東京で311に遭った時の経験から、引っ越す際には、地盤やハザードマップを調べるようにしています。また、いざという時に備えて、ランタンやラジオ、カセットコンロ、非常用の水や食べ物などは一通り準備してあります。 今回、我が家のある地域では地震のあったその日の夕方には電気が復旧し、断水もしなかったため、学校の休み中も、ほぼ普段と変わらな [続きを読む]
  • 元不登校・私が出張に行くと翌日は学校に行けない息子
  • 先週は、何年かに一回、あるかないかの綱渡りのような多忙な一週間でした。 事務所の引っ越し、企画したイベントの開催、大きな仕事の締め切り、自分が話す講演会(←めちゃ緊張するやつ)、なぜか(自分で決めたことですが・・・汗)色々なことが重なりました。 そんなタイミングでプリンターが動かくなくなったりして、冷や汗をたくさんかいて、ずっと睡眠不足の一週間でした。(プリンターはその後、直ったので焦りからくる操 [続きを読む]
  • 優しい母がいい母ではない
  • 私はいつも子供をほめていますし、自分で言うのもなんですが、優しい母親だと思います。でも、そのことが子供の自己肯定感を高めるとは限らないようです。 アメリカの調査で、「怒る母親とほめる母親と、どちらの子供が幸せを感じているか」を調査したところ、その差に優位性はなかった、という話を聞きました。では何が子供の幸せに関連していたかというと、「子供が親の愛情を感じているかどうか」だそうです。なるほど。確かに [続きを読む]
  • 不登校・夏休み明けはドキドキする
  • 今日から、ヤサ男の学校は2学期が始まりました。今年の夏休みは、ヤサ男が生まれてから一番、平穏な、何もない夏でした。 ヤサ男は最初の一週間、学校の講座に申し込んで、何やら勉強していました。 その後は、主にyoutubeでお笑い芸人さんのライブなどを見て、自宅でのんびりと過ごしていました。 里帰りのお墓参りは、主人に任せて、私も地元でいつもどおりの毎日を過ごしました。 ヤサ男の宿題は私の中学時代と比べたら、信じ [続きを読む]
  • 不登校・乗り越えた先輩と話したかった
  • 私は仕事では非常に積極的に行動しますが、それ以外ではいろいろなことを面倒に感じる人間です。 自分から誰かに声をかけて友達を作ったり、何かを企画したりということはほとんどありません。普段、ご飯を食べる相手も仕事関係の人ばかりです。 ヤサ男の小学校時代のママ友のKさんは、そんな私とは正反対で、父兄に広く声をかけて食事会を開いたり、知り合い同士を紹介したりすることをごく自然にできる人です。 近所で会うと、 [続きを読む]
  • 中学受験・読書好きな子供に育てる
  • 小学5年、6年と教室に入れなかったナイーブなヤサ男が中学受験を無事に乗り切れた大きな理由に、本が好きで、国語に強かったことがあると思います。 ヤサ男は天才タイプではありません。塾の先生にも、「特別に頭が切れるタイプではない」とハッキリ言われました でも、国語だけは苦労しませんでした。漢字以外はいつもほぼパーフェクト。そのため、受験勉強でも国語に時間をかけずにすみました。 学校に行けない間も、たくさん [続きを読む]