蛇おんなペム さん プロフィール

  •  
蛇おんなペムさん: 蛇おんなペムのオカルト>スピリチュアル日記
ハンドル名蛇おんなペム さん
ブログタイトル蛇おんなペムのオカルト>スピリチュアル日記
ブログURLhttps://snakelady13.hatenablog.com/
サイト紹介文神様と話したり、見えないものと話したり、ちょっと不思議な蛇おんなの日常をつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 135日(平均1.9回/週) - 参加 2018/05/09 00:10

蛇おんなペム さんのブログ記事

  • 生まれてきた目的なんて
  • 今生は、普通の人間として幸せに生きるために生まれてきたらしい。普通の女性として幸せに過ごすことが、私の自信になるという。これまで、普通の人として過ごしてきたことが、とても少ないということだろうか。私は、今生でも、神様のことばを聞いて、それを辛い日々を送る人の生きる力になるように昇華したい。今まで散々やってきたのに、またやるの?、とやりたければ頑張ってみればいいけれども、と大神 [続きを読む]
  • 縣神社参拝と生贄
  • 先日、宇治市にある縣神社を初めて参拝した。以前から「暗闇祭」という奇祭のうわさとともに、縣神社の存在は知っていた。境内に入ると目に入るのは大きな木々だ。特に縣の杜のご神木とされるムクの木は、樹齢500年と推定されるらしい。スクッとまっすぐに天に向かって伸びるムクの木は、とても清々しい印象だ。幹に巻きつくしめ縄は、大きな蛇のようで、またそこも好ましい。御祭神は木花咲耶姫命。ご存知 [続きを読む]
  • 個人的な体験が大切
  • ここまで書いた記事を読み返してみた。自分で読んでいても、かなり頭のおかしなことを書いていると思う。私が体験したことは、あくまでも私個人の体験であって、普遍的でないことを断っておきたい。いくらその体験が確信的だったとしても、個人的体験の域を出ないと自覚している。しかし、その体験を歴史と照らし合わせた時、古代から続く日本人の宗教観と照らし合わせた時、偶然とは思えない一致があれば、それは [続きを読む]
  • スサノオノミコトとわけみたま
  • 私がオキナガタラシヒメノミコトのわけみたまであるとは、にわかには信じられなかった。オキナガタラシヒメノミコトといえば、神功皇后と同一神だとされている。八幡神の母神である。それほどに有名な女神のわけみたまだとは、おこがましいにもほどがあると思うのだ。しつこいようだが、もう1度確かめてみた。今度は八坂神社のスサノオノミコトのもとへ行った。八坂神社のスサノオノミコトらしき人は、いつも社殿の向か [続きを読む]
  • オキナガタラシヒメノミコトとわけみたま
  • わけみたま=分霊という概念に興味をもったきっかけは、金色にキラキラ輝く巫女姿の巨人だった。それを神様と言い切ってしまって良いのか私にはなんとも判断が難しいが、そのものはまばゆい光を放ち、とても神々しかった。きっと神様なんだろうと私は感じた。私は眠りに入る前、よく頭の中で城南宮に参拝するイメージを浮かべる。特に何か神様に質問がある時、何かお話したい時にそうする。参道から手水舎まで歩き、手水を [続きを読む]
  • 出雲大社と弥生さん
  • 今まで訪れた寺社仏閣はそれなりの数にのぼるが、その中でも出雲大社は別格中の別格だ。これほどまでに、圧倒的に神様の気配や力を感じることができる神社を、私は他に知らない。千木部分の高さは24mにも及ぶというただでさえ規格外に大きな社殿から、大神様は大きな体を四方八方にはみ出させていらっしゃる。私が出雲大社を初めて訪れたのは2017年のこと。60年に1度の遷宮で社殿はすでに建て替えられていた。 [続きを読む]
  • というわけで
  • 前回までにアメブロにアップした記事の再掲載が終わった。語調とかをなんとなくアメブロっぽくアメブロの読者受けを狙った感じで記事を書いていたがもうそれはやめようと思う。読者受けが成功しているかどうかもわからないし、無理をして全然自分とは違う人格を演じているのにほとほと疲れ果てた。無理して書いたしょーもないごみくずを読まされるより愉快に楽しく書いたしょーもないごみくずを読まされるほうが [続きを読む]
  • ぼけ封じの天足さんで癒される
  • こんにちは。蛇おんなです。偶然訪れたお寺での出来事を今回は紹介します。これから書くことはオカルトな蛇おんなの主観なので先に言っておきます。「信じるか信じないかはあなた次第です。」人の少ないのどかな場所でゆっくりしたかった蛇おんなは和知のあたりをぱんくんに運転してもらってドライブしていました。その道すがら見つけた「ぼけ封じ 天足さんこちら」の看板が気になったので寄ってみ [続きを読む]
  • 蛇おんなペムのふるさと探訪〜安房神社〜
  • こんにちは。蛇おんなです。今回は蛇おんなのふるさと探訪シリーズ最終回です。これまでの記事はこちらです。合わせて読んでいただけるととても嬉しいですsnakelady13.hatenablog.comsnakelady13.hatenablog.comsnakelady13.hatenablog.comsnakelady13.hatenablog.comsnakelady13.hatenablog.com鶴谷八幡宮をあとにした蛇おんなたちは、館山市は大神宮にある安房神社に向かいました。安房神社は安房一ノ [続きを読む]
  • 実家の大きめな木たち
  • こんにちは。蛇おんなです。今回は実家に生えている木をみなさんに無理やり紹介してみようかなと思います。こんな場でなければなかなか家族以外に注目されることもないと思うので蛇おんな家はいわゆる「本家」らしいのですが由緒正しい旧家とかそんなかっこいいものではありません。ひいおじいちゃんの代までは大工でした。いつからご先祖様がこの地に住んでいたのかよくわかりません。実家のある地域に昔 [続きを読む]
  • クリームソーダ
  • こんにちは。蛇おんなです。今回はふるさと探訪シリーズから少し逸れて、最近お気に入りの数珠と新入りの石を紹介します蛇おんなは基本的にパワーストーンという言葉を使わないようにしています。蛇おんなの石に対するスタンスはこちらに詳しく書いてあるので、よろしかったらご覧くださいませ蛇おんなは石たちがちょっと疲れてるかなと思うと、数珠をバラして沐浴させます。沐浴させた状態で月光浴させるこ [続きを読む]
  • 蛇おんなペムのふるさと探訪〜鶴谷八幡宮①〜
  • こんにちは。蛇おんなです。今回は蛇おんなのふるさと探訪シリーズ第5弾です。過去の記事はこちらです。よろしかったら合わせてどうぞsnakelady13.hatenablog.comsnakelady13.hatenablog.comsnakelady13.hatenablog.com今回はぱんくん(夫)とふたりで訪れた鶴谷八幡宮(つるがやはちまんぐう)について書きます。地元の人は八幡神社(やわたじんじゃ)とか八幡様(はちまんさま)と呼んでいます。鶴谷八幡 [続きを読む]
  • 蛇おんなペムのふるさと探訪〜高家神社〜
  • こんにちは。蛇おんなです。今回は蛇おんなのふるさと探訪シリーズ第4弾です。過去の記事はこちらです。よろしかったら合わせてどうぞsnakelady13.hatenablog.comsnakelady13.hatenablog.comsnakelady13.hatenablog.com続いて訪れたのは南房総市(旧千倉町)にある高家神社(たかべじんじゃ)です。日本で唯一料理の神様をおまつりすることで有名な神社で、延喜式神名帳に掲載されています御祭神 [続きを読む]
  • HSPのようです。
  • こんにちは。蛇おんなです。ふるさと探訪シリーズからちょっと脱線します。昨年、いつもとてもお世話になっている方から「敏感すぎる自分に困っています」という本をいただきました。読んでみるとえ?これ蛇おんなのこと書いてるの?というくらいドンピシャむしろこの本に出てくる人物よりも、もっと顕著にHSPですけどという感想でした。「敏感すぎる自分に困っています」という本では、1996年にエレ [続きを読む]
  • 蛇おんなペムのふるさと探訪〜二つの莫越山神社〜
  • こんにちは。蛇おんなです。snakelady13.hatenablog.comsnakelady13.hatenablog.comに引き続き第三弾は、莫越山神社です莫越山神社「なこしやま神社」と読みます。蛇おんなはどう読むのか全く知りませんでした。というか神社の存在すら知りませんでしたが、平安時代の延喜式神名帳に安房国の神社小社として名前が載っているんだそうです。由緒正しい神社です珍しいことに沓見の莫越山神社では酒造がおこなわれ [続きを読む]
  • 蛇おんなペムのふるさと探訪〜賀茂神社〜
  • こんにちは。蛇おんなです。snakelady13.hatenablog.comに引き続き蛇おんなのふるさと(ど田舎)シリーズ第二弾です。南房総市にある賀茂神社を先日初めて訪れました。賀茂神社はその名前のとおり、京都にいた賀茂県主族が神武天皇東征の先駆として南房総のこの地を支配したことに由来するそうです。その創建はなんと712年!賀茂神社があるこの土地の名前はまさに「賀茂」といいます。御祭神は別雷神上賀 [続きを読む]
  • 蛇おんなペムのふるさと探訪〜産土神社〜
  • こんにちは。蛇おんなです。先日、2年ぶりにふるさとに帰省してきましたこれまでは猫ちゃんの看病や介護で、遠出することがままならなかったのですが、昨年無事に天国に送りだすことができたので、久しぶりにぱんくん(夫)と一緒に帰省しました。軽自動車で京都から南房総くんだりまで帰って来ましたが、やっぱり遠いですな蛇おんなの生まれた土地は千葉県は南房総の片田舎にあります。最近実家周辺が、 [続きを読む]
  • 新熊野神社再訪〜弁財天さんと話しました〜
  • こんにちは。蛇おんなです。新熊野神社に行ってきましたー前回は少しだけ大きな樟さんとお話ししました。その時のお話しはよろしければこちらをどうぞ「新熊野神社の神社の樟さんと話してみた」いつ行っても静謐な空気が漂うお社。この日は拝殿に入れなかったので、手前で手を合わせました。何度か通っているうちに神さまたちも顔を覚えてくれたご様子でしたそんな気配がするのです。嬉しいな〜(自己満足)こち [続きを読む]
  • スサノオ様にギャップ萌え@八坂神社
  • こんにちは。蛇おんなです。今回は八坂神社でびっくりしたことをお話します。八坂神社を知らない日本人はいないのではないかというほど、全国的にも外国人観光客にも有名な神社です。御祭神は素戔嗚尊(スサノオノミコト)神話において素戔嗚尊はバラエティ豊かなエピソードで語られています。八岐大蛇退治では英雄として、日本初の和歌を詠んだことでは文化的な神として、高天原では大暴れして天照大神を岩屋隠れ [続きを読む]
  • 東本願寺で親鸞さんにザッザと・・・
  • こんにちは。蛇おんなです。先日近くまで行ったので東本願寺にちょっと立ち寄って来ました。そこでちょっと謎なことがあったので書いてみようと思います。この日はとても良いお天気でしたお日様ブシャー東本願寺はみなさまご存知の通り、浄土真宗大谷派の本山です。2015年に12年かけて行われた御影堂、阿弥陀堂、御影堂門など修理が終わったところなんだそうです。そういえば長いこと修理してたなあ。修理から2年 [続きを読む]
  • 松尾大社に行ってきました。
  • こんにちは。蛇おんなです。先日松尾大社(マツノオタイシャ)に行ってまいりました。今年のお正月に行った時のことと合わせて今日はお話しさせていただきます松尾大社はいつ行ってもなんだかシラーっとしているというか、歓迎されているのかいないのかよくわからない感じでなんとなく足が遠のいていましたが、住んでいる地域が松尾大社の管轄なので久しぶりにお正月三が日に行ってみました。露天がたくさん出ていたり、 [続きを読む]
  • 天性寺の白蛇弁財天さま
  • 2018年3月にアメブロに書いたものを転載しています。 現在アメブロとこちらのブログ、どちらが合っているのか模索中です。 こちらのブログの方が蛇おんなには合っているかもしれません。こんにちは。蛇おんなペムです。今回は蛇おんなの好きな天性寺の弁財天さんについてお話します。天性寺は寺町三条上がるにあります。近くに用事がある時はよく立ち寄ります。天性寺の歴史について調べたことを簡単にまとめてみ [続きを読む]
  • 穴を掘って自ら入りたい
  • こんにちは。 蛇おんなペムです。 2018年2月にアメブロに書いたものを転載しています。 現在アメブロとこちらのブログ、どちらが合っているのか模索中です。 そのためしばらく2つのブログを並行して運営し、どちらが良いのか決めたいと思っています。こんにちは。蛇おんなペムです。先日文子天満宮に行ってきました。文子天満宮に行くのは3度目、だと思っていたのですがたまたま古い古いmixiの記事を読み返したみた [続きを読む]
  • シュシュシュシュ・・・
  • こんにちは。 蛇おんなペムです。 2018年2月にアメブロに書いたものを転載しています。 現在アメブロとこちらのブログ、どちらが合っているのか模索中です。 そのためしばらく2つのブログを並行して運営し、どちらが良いのか決めたいと思っています。こんにちは。蛇おんなペムです。今回はちょこっとゾッとしたお話を紹介します。実体験です。まだ独身でぱんくん(夫)と出会う前、友人と箱根のとある老舗旅館に行っ [続きを読む]