miruramu さん プロフィール

  •  
miruramuさん: 小夜更けて
ハンドル名miruramu さん
ブログタイトル小夜更けて
ブログURLhttp://miruramu.hatenablog.com/
サイト紹介文アイドル、女優の魅力やテレビ番組感想、子育て日記などを書いています。スクストも好き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 161日(平均4.5回/週) - 参加 2018/05/09 10:50

miruramu さんのブログ記事

  • どうしても読めない本について考える「友だち幻想」
  • 気になる...。でも、なぜか買う勇気が出ない。そんな本ありませんか?私にとってそれは友だち幻想古い本ですが人気番組で紹介されて、売り上げをぐんぐん伸ばしています。「友だち幻想」に惹かれる理由今の職場は女性ばかりで、顔を合わせれば誰とでも仲良く話せます。つまり広く浅い関係です。とっても楽。でも、やっぱり好き嫌いはあってホントはあの人と話したい...。という、ささやかな葛藤はあります。ライン交換して友 [続きを読む]
  • この漫画がすごい!第1話 森山未來のうしお
  • 「好きな漫画の実写化には期待と不安が入り混じる。やらんといてほしい...という気持ちもわかる」と前置きしたうえで、森山未來が実写化してみたい漫画として挙げたのは「うしおととら」「どの巻も涙なしには読めない傑作」とのこと。「変身前のうしおを演れる気はしないんだけど、変身した後ならイケるんじゃないかと」と自己分析する森山未來。うしおのとらでは、獣の槍に魂を乗っ取られて獣になってしまう主人公を、彼に惹かれ [続きを読む]
  • 秋ドラマスタート直前!雰囲気イケメン大活躍?
  • 秋ドラマがはじまりました。今回、あまりワクワクしない作品ばっかりなんですがワクワクした夏ドラマがイマイチだったので、もしかしたら大当たりがあるかもしれません。ドラマ好きなみなさんは、下町ロケットやリーガルV、獣になれない私たちを観るのかな?私は土屋太鳳を一回休みたいので、残りの2つを観ようと思います。リーガルVはつっこみどころ満載でしょうし、夫さんは米倉涼子ファンなので研究するためにも観ます。マネを [続きを読む]
  • 尾畠春夫さんが情熱大陸に出演!すごい回でした
  • 2日連続で同じ夢を見ました。世界一イケメンな般若顔、ソ・ジソブのストーカーになる夢です。「軍艦島」という映画に出演して反日俳優だと言われていても、私のスマホのロック画面はジソブさん。毎日見ているから夢に出てくるのでしょうか。幸せでしたけども。それはそうと、夢の話ほどどうでもいいことってないですよね。この間母から長文ラインで夢の話をされたときに思い知ったはずなのに、なぜこんなことを書いてしまうので [続きを読む]
  • 生きてて良かったと思う朝
  • 「ねえ、ブタってなにたべるの?」目が覚めた息子が開口一番言った言葉です。「ブタ...?野菜のクズとかじゃない?なんでブタ?」と私。「じゃあさ、それをそとにまいとけば、ブタくるんじゃない?」「来るかなあ。なんでブタを集めたいの?」「ブタをつかまえるの。」「どうしてつかまえたいの?」「ブタをたべたいから。まえ、テレビでやってたでしょ?あれがやりたいの。」「ああ、サバイバルウェディング(サバイバルファミリー) [続きを読む]
  • 「実家が太い」はネタになる
  • Twitterで読んだ、こんなツイートがあります。「すべての人に見て貰いたいんだけど、実家が太いとは「コレ」なんですよ。これが埋められない、生まれからくる文化格差」と書いて、4コマ漫画を2つ載せています。漫画の内容は、カラオケやビリヤードやゲーセン、海水浴やスキーなどを子供のうちに体験させてもらえたことで、成長してから周囲に溶け込みやすかった、という「事実」。「実家が太い」という言葉は、はじめて見まし [続きを読む]
  • 【響-HIBIKI-】 てち、良かったね!
  • 9月14日、公開日に観に行ってきました。映画「響−HIBIKI−」平手友梨奈さんがこの映画で主演をつとめると聞いたときから、劇場で見ることは決めていました。ファンなら絶対に、スクリーンで観た方がいいと思います。彼女のためにつくられた映画です。演技力ないから心配?大丈夫です。浮いててなんぼのキャラ演じてますから。※ネタバレありの感想です。原作読んでみた結論から言うと、好みじゃありません。私は、東山むつき氏の [続きを読む]
  • 【高嶺の花 最終回 感想】置いてきぼりにされた凡人
  • ちょっぴりネタバレありの毒多めの感想です。ドラマのテイストから考えると、最後は石原さとみの悪女の微笑みで終わるのかと思いましたが、聖女としてお花に囲まれてハッピーエンド。個人的には期待はずれでした。でも、第1話のワクワク感を最終話でも味わえないかと思って見てました。見終わって思うのは、「ちがった...。」ももなな姉妹が抱き合って「私はお花!」と言い合うシーンは胸がジーンと...するかい!一人で見て [続きを読む]
  • 最恐のアプリ Face App!現実を直視せよ
  • 写真加工技術が進化すると、絶望のドン底に突き落とされることもあるんですね。いつもは写真加工で現実から目を背けて満足していたのですが、逆に現実を突きつけられることになろうとは。あな恐ろしや Face Appこのアプリを知ったのは「吉岡里帆が男だったらこうなる」「星野源が女だとこうなる。」というような画像を見たのがきっかけでした。実際はどこにも存在しない人物の写真が出来上がるのですが、まるで実在するかのよ [続きを読む]
  • しゃべくり007に平手友梨奈!北川景子の妹かよ!キャロすぎ
  • 欅坂46の平手友梨奈がしゃべくり007に北川景子と出演しました。厚めの前髪の奥からまっすぐに人を見るのも、少し猫背気味のアンニュイな佇まいも、年相応の笑顔も相変わらずです。北川景子とは姉妹みたいに仲良しで、登場直後に手を繋いでいたり、笑いあっている姿が印象的でした。Wゲストと言っても、映画の主演でしゃべくり初登場のてちの方にスポットが当たります。それを温かく見守っている景子ねえさんが女神でした。最 [続きを読む]
  • サバイバルウェディング第7話!乙女とパワースポットと吉沢亮と
  • サバイバルウェディング。略すとしたらサバウェ?サバゲーみたいですね。 SWだとサンドウェッジだし。サンドウェッジってなに?ゴルフのクラブです。高嶺の花、彼氏をローンで買ってみた、恋のツキなど、女性のドログダが誇張して描かれるドラマが多い今期。サバイバルウェディングも攻めてる部分はあるかもしれないけど、胸焼けせずに楽にみれるドラマって感じですね。波瑠さんが、すごく上品で可愛いし、演じているさやかちゃん [続きを読む]
  • 干しナツメのお話
  • 子供の大親友の男の子は、中国人と日本人のハーフです。ママが中国人なのですが、社交的で、ポジティブオーラをいつも身にまとっている優しい人です。家に、若かりし頃の自分の姿を、ポスターサイズに引き伸ばした写真を飾っています。そのママさんから、先日、不思議なものをいただきました。今まで見たことがない赤黒い小さなシワシワの物体です。「ナツメは体にいいから!」と言って渡してくれたその物体は、どうやら、そのまま [続きを読む]
  • 母の世界で
  • 今週のお題「#平成最後の夏」介護職をしている母は昔からモテモテで、子供の頃は自慢でした。一緒に歩くと見ず知らずの男性が振り返るようなルックスと、リンネルか何かで特集を組まれそうなセンスの持ち主です。自己犠牲の精神が強く、弱い人に惜しみなく愛情を注ぐ一方で、敵とみなした相手は、自分の世界から徹底的に排除する人でもあります。スナフキンと鳥と重機と山が好きで、薬や花に詳しくて、凝り性だけど飽きっぽい、わ [続きを読む]
  • 【スクストやってて良かった】復刻水着祭り!おそろい水着の感想
  • 例えば、疲れ切って食べたものの味がしなくて、体中に原因不明の蕁麻疹が出る夜に、そのすべてを忘れさせてくれる神アプリ....それがスクストです。水着やっほい状態からやっとのことで落ち着きを取り戻した今になって、おそろい水着という素敵イベント。隠れパンクガール・幸子の、ショーガール風の真紅の水着を、アイドルの中のアイドル・まっほーが着る!いさりのシンデレラ風フリフリ水着をサトカが着る!しかも、キャラ別に復 [続きを読む]
  • フツーのお盆休み
  • 祖母の家でぐうたら私の実家、おばあちゃんの家で畑を走り回ったり野菜を採ったり寝たりしました。花火もしましたがおばあちゃんは苦手そうでした。いつのまにか家の中から見守っています。室内プールで波にゆられる子供と2人で流れるプールと波のプールがあるところに行きました。子供は延々と波を楽しんでいました。最初は水に顔をつけられなかったのに、30分経つと水の中でグルグル回ってました。過保護な母親から逃 [続きを読む]
  • 行方不明2歳児発見!救うことに取り憑かれた達人の涙
  • 山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳児が発見されました。見つけたのは、尾畠春夫さん(78)。「学歴も何もない人間だが、65歳で鮮魚店を辞めて残りの人生を社会にお返しさせてもらおうと思ってきた。」と語る尾畠さん、ボランティアの間では「師匠」と呼ばれるほどの人だったようです。40歳くらいから登山を始め、北アルプス55山を単独縦走。東日本大震災、新潟中越地震など数々の被災地を訪れ、たくさんの人を救うこと [続きを読む]
  • 猛暑のディズニーランドに5歳児と2人だけ
  • ディズニーランドはお好きですか?混雑、行列、高額、ネズミさん。はい、好きです。誰がなんと言おうと、私はディズニーランドが好きです。人生で4回行きました。残念ながら家族や恋人にディズニー好きはいなかったので、たったの4回です。一度目は小学校の遠足、二度目は高校のバス旅行、三度目はデート。最初に行ったとき、あまりにもキラキラしていて、あまりにも人々がニコニコしていて、浮かれ歩きました。あれは小学4年生。 [続きを読む]
  • わたしたちは仲良し
  • 女25人、ほとんど既婚だけど子供はいたりいなかったり。年齢は20代から40代。誰と話しても和やかに和気あいあいと...。コミュニケーションをとる時間がないから深い話まではできないのが、逆にいいのかもしれません。仕事でも干渉し合うことはなくて個人作業ですし。「仲良くできない」という環境への反発からか、わたしたちは過剰なほど親しく振る舞いました。お菓子を配り、ラインで近況を報告しあい、お茶に行ったり子供同士遊 [続きを読む]
  • 【ドラマ 透明なゆりかご】何度でも見返したい第1話!
  • かっぱえびせん現象で一気読みした漫画、透明なゆりかご。胸を締め付けられ、人間が怖くなり、それでも読後感は心地いい作品でした。主演の清原香耶は、涼しげな澄んだ瞳をしていて、笑顔がくしゃっとしてチャーミングです。少年のようなまっすぐな清潔感があって、声は小さな少女のようで。惹きつけられるシーンが多く、今後が楽しみです。漫画では地味〜な感じのキャラなんですが、ドラマは凛とした賢そうな少女になっています [続きを読む]