びーんずネット さん プロフィール

  •  
びーんずネットさん: まず、親が幸せになる。
ハンドル名びーんずネット さん
ブログタイトルまず、親が幸せになる。
ブログURLhttps://beans-n.com/blog/
サイト紹介文不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座、カウンセリングをお届けしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 10日(平均8.4回/週) - 参加 2018/05/09 13:42

びーんずネット さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 私が「親業」で得たもの(5)人生を明るく見通す力
  • こんにちは。金子(A)です。親業インストラクターの私がなぜ親業を学ぶようになったか、学んだことで、何が変わり、何を得たかについての最終回です。「そうか、行きたくないんだね」小学校一年生の、春休みの直前になって、息子が「学校に行きたくない」と言い出しました。腸過敏症のような症状が続き、毎朝トイレから出られない。「そうか、行きたくないんだね」自分でも意外なほど冷静で、落ち着いて言えました。息子は自分で [続きを読む]
  • 私が「親業」で得たもの(4)子どもに、自分の人生を生きる権利を
  • こんにちは。金子(A)です。親業インストラクターの私がなぜ親業を学ぶようになったか、学んだことで、何が変わり、何を得たかについてのお話しです。5回シリーズの第4回目です。母性と離別感「あなたの子どもに、自分の人生を生きる権利を与えてあげなさい」とゴードン博士は言います。「あなたは、あなた自身の人生を、これまでに築き上げてきたではありませんか。今度はそれを子どもにやらせてあげなさい」と。しかし、ある [続きを読む]
  • 私が「親業」で得たもの(3)問題を抱えているのは誰?
  • こんにちは。金子(A)です。親業インストラクターの私がなぜ親業を学ぶようになったか、学んだことで、何が変わり、何を得たかについてのお話しです。5回シリーズの第3回目です。「あなたの子どもは、あなたの子どもではない」親業訓練一般講座も最終回が迫った頃、宿題として読んで来るように言われていたテキスト「親業」13章を開き、そこに引用されていた詩に私は胸を突かれました。カリール・ジブラン「預言者」から「子ど [続きを読む]
  • 私が「親業」で得たもの(2)きっかけは「息子の手洗い行動」
  • こんにちは。金子(A)です。親業インストラクターの私がなぜ親業を学ぶようになったか、学んだことで、何が変わり、何を得たかについてのお話しです。5回シリーズの第2回目です。息子がアライグマに!?「お母さん、幼稚園に行きたくない」と息子が言い出したのは息子が幼稚園年長の秋のことでした。それまで殆ど休むこともなく元気に登園していた息子の突然の言葉に驚きましたが、一時的なものかと思い、毎朝励ましながらお迎 [続きを読む]
  • 私が「親業」で得たもの(1)親業を学ぶ前の私
  • こんにちは。金子(A)です。びーんずネットでは親業訓練一般講座を春と秋に開講しています。「親業ってなに?聞いたことがない」「なんだかインパクトある名前だけど、一体なんなの?」と思われる方も多いと思います。親業で何を学ぶかは、ぜひこちらのページをご覧いただくとして、親業インストラクターの私がなぜ親業を学ぶようになったか、学んだことで、何が変わり、何を得たかについて、お話ししたいと思います。5回シリーズ [続きを読む]
  • 24時間で子育てのイライラを手放し、Happyになる
  • かけがえのない子どもとの時間を、もっと楽しく、幸せに過ごすことができるようになるコミュニケーション講座、「親業訓練一般講座」のご案内です。伝えたい思いと、選ぶ言葉もう随分前のことですが……毎月、第三日曜日の「横浜月例マラソン」を親子で走っていました。普段は走ることはおろか、歩くのすらおっくうな私も、この日だけは夫と息子と一緒に3キロを走ります。3キロの回は、川沿いの直線1.5ロを折り返すコースで、運動 [続きを読む]
  • 親業に興味のある川崎市宮前区近辺の方!カフェでお話してみませんか?
  • 宮前平の本屋さんの中にあるカフェで、月に1回お話会をしています。その名も「ゆる親業カフェ」。どなたでもご参加いただける気軽な会で、申込や事前連絡も不要です。参加される方もまちまちで、毎月のように参加いただいている方もいれば、1年くらいご無沙汰だった方がふらっといらしたりと、本当に自由でゆる〜い会。笑メインナビゲーターは、次回びーんずネットのセミナー「発達障がいの子どもとのコミュニケーション」でゲス [続きを読む]
  • セミナー開催 発達障がいの子どもとのコミュニケーション
  • 見た目からはわかりにくい、発達障がい。本人にそのつもりはなくても、「努力が足りない」と思われていたり、「親のしつけがなっていない」など、誤った見方や判断をされることも少なくありません。書籍「わが子と心が通うとき」絵本「ひび割れ壺と少年」の著者・松本純さんは、実際に発達障がいのお子さんの子育てに悩んだ経験をお持ちです。松本さんをお迎えして、発達障がいの家族との向き合い方や効果的な接し方について、トー [続きを読む]
  • セミナー開催しました|学校って本当に必要なの?
  • 3/17(土)、びーんずネットのはじめてのセミナーを開催しました。ゲストの蓑田雅之さんと一緒に「学校に行くこと」「不登校」「親のありかた」などについて、参加者のみなさんとともに考えてみた2時間。 元小学校の先生、ひきこもりを経験した大学生、お子さんが現在不登校の保護者の方など15名の方が参加され、さまざまな立場、視点から、真剣に、でもとても暖かい雰囲気の中でそれぞれの考えや思いを語り合いました。 熱心に [続きを読む]
  • 2018年春期講座開講 ゴードン・メソッド(親業)
  • ゴードン・メソッド(親業)を学んでみませんか?カール・ロジャーズに学び、1997年から3年連続でノーベル平和賞候補にもなったアメリカの臨床心理学者、トマス・ゴードン博士(1918年ー2002年)。ゴードン博士の功績は、人間関係という抽象的な概念を具体的な行動の技法(スキル)という形にし、一般の人々にも使えるメソッドとして体系化したことにあります。「嫌われる勇気」で日本でも有名になったアルフレッド・アドラーや、 [続きを読む]
  • セミナー開催 学校って本当に必要なの?
  • 子どもたちそれぞれが、大切な個性を持っている。学校だけじゃなく、ひとり一人に合った、いろいろな学び方があっていい。では、それはどんな場所で、どんな風に?NHK「ウワサの保護者会」1/27放映「シリーズ不登校 学校に行かない学び方」にご出演された蓑田雅之さんをお迎えして、学校へ行くことの意味や、それ以外の学びの可能性についてトークセッション形式で考えます。教育のあり方、不登校、子どもの多様な学びや親子関係 [続きを読む]
  • 過去の記事 …