ami さん プロフィール

  •  
amiさん: tukatuku-inoti
ハンドル名ami さん
ブログタイトルtukatuku-inoti
ブログURLhttps://tukatuku-inoti.muragon.com/
サイト紹介文花より男子をこよなく愛するおばちゃんです。 私の好きなCPはつかつく・総優・あき桜です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供607回 / 257日(平均16.5回/週) - 参加 2018/05/10 05:41

ami さんのブログ記事

  • やっぱり、私は…<総優>  28.
  • <優紀side> 私は、家元夫人が仰って下さっていた時間通りに、朝、目覚ましの音で目覚め、総二郎さんを起こさぬ様、ベッドから出て、シャワーを浴びる為、シャワーブースに向かった。 そして、家元夫人が待って下さっているという客間に行き、ヘアメイクさんに、ヘアメイクから支度してもらい、家元夫人に振袖を着付けて頂いた。 私は、家元夫人から、言われた言葉に、涙が出そうに成って来た。 嬉しさの余り…と、言う事 [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<つかつく>  30.
  • <つくしside> 私は、次は、桜子に、白羽の矢を向けた。 「で、桜子は、美作さんとは、何時(いつ)からなの…⁉」 「ああ、その事ですか?」 「その事って…⁉」 桜子は、飄々としていた。 それが、何か悔しい‼ 「こう成ったのは、先輩にも、優紀さんにも、責任は有るんですから…ね⁉」 「「如何いう意味…(よ)⁉」」 桜子…? 何、人の責任にしてんだぁ〜? 「先輩が、道明寺さんの居るNYに居た事は、まあ [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<総優>  27.
  • <一部の言葉に、不快で有ろう言葉が入っています。  お詫びします。> <総二郎side> 優紀の振袖に合わせる小物も、1月13日に呉服屋が(西門)邸に来た事で、すんなり決まった。 その後、俺は、優紀を拉致る様に、俺の自室に閉じ込めていた。 「優紀、お前、大丈夫か?」 「何が…ですか?」 やっぱり…な。 優紀は、そう言う女だよ。 優紀は、人の悪口は言わねぇし、“人が幸せに成れば良い‼”って考えてる様 [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<つかつく>  29.
  • <つくしside> あの成人式の日から数日後、T4で集まる事に成った。 桜子とは、毎日、大学内で会ってはいるが、T4女子会は、かなりご無沙汰だった。 まあ、年末年始・成人式と会って居るので、ご無沙汰感は全く無いのだが…。 集まる成り、桜子が、口火を切って来た。 「成人式後、優紀さんは、大変だったんじゃないんですか?」 優紀は、心底、大変そうに言って居た。 「もう、ほんとだよ〜。  もう、大変っても [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<総優>  26.
  • <優紀side> 私は、家元夫人から連絡を貰い、成人式前日に、西門邸に出向いた。 玄関を開けると、何故か、西門家のリムジンが止まっていた。 運転手さんが、リムジンの扉を開けて待って居てくれた。 この状況、乗車拒否出来そうに無い雰囲気に、私は、苦笑いしかなかった。 「申し訳ありません。  有難うございます。」 「いいえ、飛んでもございません。」 と、運転手さんから仰って頂きながら、頭を下げて下さった [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<つかつく>  28.
  • <司side> 俺は、成人式が終了した翌日には、もう、NYに戻らなくてはいけなかった。 つくしとは、ゆっくりする事も出来ず、イライラが募っていた。 つくしは、分かってるのだろうか? F4&T4で、つくし&松岡の成人式パーティーの終了後、俺は、つくしと一緒に、世田谷の道明寺邸に戻って来た。 その時、俺とつくしが交わした会話は、こうだ。 「司、気を付けて、NYに帰ってね‼  私は、明日も、講義が有るし [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<総優>  25.
  • <優紀side> 唐突に、家元夫人から聞かれていた。 「優紀さん…。  確か、優紀さんは、総二郎の一つ違いだったんじゃないのかしら…?」 「はい、そうです。」 「って、事は、今年、成人式…?」 「はい、そうです。」 「振袖のお支度は、もう、決まっていらっしゃるの?」 「はい。  つくしと私の共通の友人から言われたんですが…。  友人のお邸(大河原邸)で、お支度出来る様に手配してくれた様で…。  そ [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<つかつく>  27.
  • <つくしside> あの後、新聞記者から連絡が行ったで有ろうTV局の面々も、成人式会場に現れ、更に、取材合戦の様に、騒ぎが酷く成ったのだ…。 だから、その場を後にした私達 F3&T4だった。 その後、取り敢えず、メープルに逃げ込んだ。 それぞれのリムジンは、専用車しか入る事の出来ない地下駐車場から、最上階専用直通エレベーターに乗り、司のキープしているスウィートに入った。 其処に、花沢類も合流し、F [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<総優>  24.
  • <総二郎side> 俺は、お袋に優紀の件を話ししたその日は、茶会が午後から控えていた。 俺は、『亭主』として、背筋を伸ばし、今までと同じ気持ちではなく(面倒臭がらず)、しっかり、務める事だけに、神経を研ぎ澄ましていた。 茶会が終了したその日の夜、俺は、親父に呼び出されていた。 「総二郎、お前、NYで何が有った?  重鎮達から、総二郎が、次期家元として、茶会に向かう姿勢の違いに驚愕していた。  また [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<つかつく>  26.
  • <つくしside> 案の定、成人式会場は、凄い騒ぎに成り、収拾が付かなく成って居た。 それに、新聞記者の方も、取材で来ていたらしく…。 急に、現れたF3&滋さん・桜子にカメラの眼が向けられていた。 それに、成人式でもない、F3&滋さん・桜子の面々が現れた事に、疑問を呈していた様子だった。 だからか、マイクまで、F3&滋さん・桜子に向けられ、F3&滋さん・桜子は、怪訝な顔に成って居たのは、言うまでも [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<総優>  23.
  • <総二郎side> 俺等 F3&T4は、空港に着いた。 そして、手続きを済ませ、PJに乗り込んだ。 そして、PJに乗り込んで直ぐ、俺は、優紀を呼び寄せて、俺の隣のシートに座らせた。 「優紀、俺の隣…‼」 「えっ??  皆さんがいらっしゃるのに…⁉  私は、T3と一緒に座ります。」 俺は、優紀をジト目で見て遣った。 優紀は、俺と離れてても平気なのかよ? 俺は、kissしてぇのに…‼ (勿論、シートの [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<つかつく>  25.
  • <つくしside> 私は、成人式会場に着いたと同時に、優紀にLINEで、着いた事を伝えた。 『優紀、今、着いたよ‼  何処に居る?』 『まだ、リムジンの車内…。』 『そうか…?  じゃあ、会場に向かう?』 『うん、じゃあ、今、降りるね。』 『了解‼』 其処に、滋さんからも、『T4LINE』に、着いた事の連絡が来た。 『つくし、優紀…。  今、着いたよ‼  何処に行けば良い?』 『私も、今、着いた所 [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<総優>  22.
  • <優紀side> 「優紀さん、もしかして、以前にも、西門さんとは、何かお有りだったんじゃないです  か?」 「えっ??  だから、西門さんには、私は、見向きもしてもらえなかったって事だけだよ…。」 「そうですか?  西門さんが、待ち合わせ場所の地下駐車場に、優紀さんを抱き上げて連れて来られた  時、私、“ピンっ”と、来たんですが…⁉  私の勘違いですか?」 「多分、そうだと思うんだけど…な?」 桜 [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<つかつく>  24.
  • <つくしside> 滋さんから、『T4LINE』が入って来た。 『つくし、準備OK‼』 『うん、準備して、もう、リムジンに乗ってるよ‼』 『って、事は、司付き…?』 『うん、そうだけど…。  何か、有った…?』 『ニッシーが、優紀を拉致って…ね。  今、優紀、ニッシーと一緒なの。  って、言う寄り、優紀ね、西門邸で、お支度する事に成ってね。  私と桜子だけが、うち(大河原邸)で、お支度したの。』 [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<総優>  21.
  • <一部、不快に感じるで有ろう言葉が入っています。  お詫びします。> <総二郎side> F3で、リムジンに乗り込んだ俺等…。 リムジンに乗り込んだ後、俺は、今、F2から、無言の攻撃を受けている。 何か、言えって言うんだよ‼ 「なあ、何か、言いたそうだな?」 「そう見える…⁉」 「総二郎、お前…。  あんな風に、抱き上げて、優紀ちゃんを連れて来たら、“今まで、ヤってました。”  って、言ってる様な [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<つかつく>  23.
  • <つくしside> 私は、成人式の前日に当たる昨日も、司に離してもらえず、疲弊していた。 だから、朝、早起きして、エステをしてもらっている間中、眠ってしまっていたみたいだった。 椿お姉様にも、タマさんにも、呆れられて居る事等、知る由もない私は、眠ってしまって居た事に照れ笑いをしていた。 そして、ヘアメイクをしながら、ネイルもしてもらい、その後、振袖の着付けをしてもらった。 そして、仕上がった後、司 [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<総優>  20.
  • <一部の箇所に、不快で有ろう部分が在ります。  お詫びします。> <優紀side> 7日の朝、滋さんからLINEが入った。 『優紀、今日のお昼前には空港に行くから、地下駐車場に下りて来て‼』 『了解しました。』 私は、西門さんにも、伝えた。 「西門さん、滋さんからLINEが入って、地下駐車場にお昼前には、下りて来て欲しいそ   うです。」 「ああ、分かった。  まだ、時間有るよな?  もう1回、イ [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<つかつく>  22.
  • <一部の箇所に不快に感じるで有ろう箇所が有ります。  お詫びします。> <つくしside> 私は、司の拗ねて・いじけて・不貞腐れて居る姿に、驚愕しか無かった。 私は、慌ててしまった。 なんせ、成人式は、明後日なんだから…。 で、私は、司に愛想を振り撒き、司に愛想良く居てもらえる様に、徹していた。 「ねぇ、司…。  司に帰国してもらえた事が、吃驚だったの。  でも、嬉しかったのよ‼」 と、言いながら [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<総優>  19.
  • <一部の箇所に、不快に思われるで有ろう部分が在ります。  お詫びします。> <総二郎side> 俺は、あの後、あいつ等の前から、優紀を拉致って連れ出した。 実は、俺は、リムジンに乗り込んで居た時から、支配人に連絡して、司が取ってくれた スウィート以外に、部屋を取ってくれる様に伝えていた。 そして、至急、手配してくれた。 <優紀side> 西門さんが、私の耳元に、“部屋から出るぞ‼”って、声を掛けて [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<つかつく>  21.
  • <つくしside> 『つくしちゃんプロジェクト』と、名を打って、椿お姉様が、私の成人式の為に、“私を綺麗にして下さる…。”と、私は、椿お姉様から仰って頂いた言葉に恐縮していた。 それに付け加えて、1月11日のディナー 〜 椿お姉様のLAの帰国日の1月15日のランチまで、椿お姉様にマナー講座も開いて頂いた。 椿お姉様が帰国する頃には、“綺麗に食事出来る様に成った‼”と、仰って頂けた。 途中、予期せぬ [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<総優>  18.
  • <優紀side> 滋さんが私を庇う様に、西門さんに攻撃してくれていた。 「ニッシー、優紀を不幸にしたり、いい加減な気持ちで優紀に向かうんだったら、私達が  許さないんだからね⁉」 「そんな、不純な気持ちだったら、お前等の前で、宣誓するか?」 「滋…。  総二郎の気持ちは、そんな不純な気持ちじゃねぇ事は、類と俺が保証するよ‼」 桜子さんは、私に確かめる様に、聞いて来た。 「優紀さん…。  本当に、西 [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<つかつく>  20.
  • <司side> 俺は、ババアの挑戦状を受けて立つ事にした。 つくしの成人式の為…に。 俺が、日本に帰国するまで、西田と此のプロジェクトの作戦を立てて居た。 俺が、日本に帰国して居る間は、西田は、NYに残る予定だ。 進歩状況を踏まえて、俺に随時連絡が入る事に成って居る。 ババアとの約束を果たす為、俺は、ぜってぇ、此のプロジェクトをモノにして遣ると誓っていた。 <椿side> 私は、つくしちゃんの成人 [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<総優>  17.
  • <総二郎side> 俺は、あの後、あきらに小声で、更ける事を伝えた。 「あきら、就いて来てもらって悪ぃんだけどよ。  このまま、優紀と、更けて良いか?」 「ああ、こっちは、ちゃんと、遣って於いて遣るよ‼  この分の代償は、大きいぞ‼」 「分かった。  何でも、言ってくれ‼  じゃあ、頼んだわ‼」 「おお。」 で、俺は、無理矢理、あいつ等から優紀を連れ出した。 で、優紀をリムジンに乗せた。 「西門さ [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<つかつく>  19.
  • <司side> 俺は、つくしからのLINEが入った時は、リムジンに乗っていた。 つくしのLINEを見て、俺は、プッと吹いてしまった。 “『人間は、食事・快眠・快便は、大切だからね‼』  って、何だよ、其れ⁉  それに、『快便』って…。  あいつ、女だろが…⁉” そうは、言っても、俺にとってのつくしは、“『掛け替えのねぇ経った一人の女で、俺から、離して遣れる事は出来ねぇ経った一人の女』なのだ。”と、 [続きを読む]
  • やっぱり、私は…<総優>  16.
  • <一部の箇所に不快であろう箇所が有ります。  お詫びします。> <総二郎side> 滋の野郎⁉ あれは、態とだよな⁉ 「優紀、次は、下着、下着…。  見に行こう‼  可愛いのん、買おうよ‼  あっ、そうだ‼  アメリカサイズと日本サイズは、違うから、計ってもらおうよ‼」 「………、滋さんっ‼」 俺は、もう、眩暈を起こしそうに成って来ていた。 で、下着売り場に着いて、あきらと俺との野郎二人で、下着売 [続きを読む]