S野M男 さん プロフィール

  •  
S野M男さん: 頑張れM男・気弱男!
ハンドル名S野M男 さん
ブログタイトル頑張れM男・気弱男!
ブログURLhttps://ganbaremo.com
サイト紹介文気弱M男の、気弱M男による、気弱M男のためのサイト。オナ禁とか、小説とか、M男恋愛とか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 162日(平均7.6回/週) - 参加 2018/05/11 17:46

S野M男 さんのブログ記事

  • 心にこびりついて忘れない言葉
  • 誰しも、そういう言葉を、忘れられない言葉というものを、持って生きている。何気なく発せられた言葉。きっとその言葉を発したひとは、こんなにも長く誰かの胸の中にその言葉が残っていることを想像だにしていないかもしれない。もちろん、意識して誰かの記憶に残そうと言葉を発するひともいるだろうが。俺は何も色恋沙汰の言葉だけを言いたいわけじゃない。家族の愛の言葉だけを言いたいわけじゃない。たわいもない言葉。なんでも [続きを読む]
  • 朝仕事に行きたくないと思ったら
  • 朝起きてすぐ仕事行きたくねえなあと思ったことがない人などなかなかいないと思う。なかには、仕事が楽しくて仕方ないという人がおられるのは知っている、つもりだ。だがたいていの人は、私のように朝起きた瞬間仕事に行きたくないと思うことが頻繁にあるだろう。そんな時どうしたら良いか。仕事に行きたくないということを考えないようにする。仕事に行きたくないと考えると、脳は、ああ俺は仕事に行きたくないんだなと自己認知を [続きを読む]
  • 我らに自信を与え給え
  • 気弱な男に自信を与え給え周囲を過剰に恐れることなく、自己を肯定できる勇気と、周囲を信じられる度量と、自分を信じられる力を我に与え給え自信のあるなし、勇気のあるなしというのは覚悟の問題だと聞いたことがある。それに共感する一方、私はそれを疑う気持ちを持っている。私は小さい頃、気が弱かった。今でもきっとそうだ。小さい頃から周りの人たちが何を考えているか気にしていた。つまり、周りの人たちの評価の世界の中で [続きを読む]
  • 一切のエロを排除せよ【エロ禁原理主義論】
  • どうせオナ禁をするなら、エロ禁をしないか。どうせエロ禁をするなら徹底的にエロを排除しないか。そんなエロ禁原理主義者からの誘惑にかられる。ポルノ動画や画像を排除するには飽きたらず、日常生活においても、最大限性的な妄想を排除し、究極、女性を最大限見ないように心掛けるのである。そんなやり過ぎとも思えるエロ禁原理主義者の思想であるが、オナニー依存、ポルノ依存となった我々には効果があるとも思える。その理由の [続きを読む]
  • 早漏万歳論 1運動能力 2生存戦略 3仕事能力
  • 何かと問題視される早漏である。病気として分類されることもある早漏であるが、ここでは早漏を全面的に擁護する論を展開したい。なお、私はかなりの早漏である。興奮しすぎて挿入しようとした瞬間に果ててしまったり、オナホールにおかれましても、そのあり余る期待感とジュプジュプ感を事前想像するあまり、こちらについても、三分の一ほど挿入しようとした瞬間に果ててしまうことがある。どちらも1ピストンもしていない。私のこ [続きを読む]
  • 自分が価値があると思うことに打ち込むしかない
  • こんな仕事意味がないとか、こんな職業無駄だとか、この仕事は価値が低いとか、言うひとがいる。意味がない、価値がないと思ってるから、やる気も出ないし、努力もしない、できない。そういう人は、学生の頃からずっとそんなことを言っている。そんな人は一生そんなことを言って、何かに懸けることもせず、生きていくのかもしれない。そう、俺のことだ。多くのひとが言っているように、究極のところ、おそらく人生に意味なんてない [続きを読む]
  • 人生は一瞬の光
  • 俺たちがこの人生において、輝けるのは一瞬だ。人生は一瞬の光だ。輝きの大きさは人によって違う。輝く時がいつ来るか分からないが、多くの場合、若い頃だ。生命のエネルギーを考えれば当たり前だろう。だが、遅れて輝くひとだって中にはいる。その一瞬を終えたのち、あとは子孫を残し、死を待つだけなどとたれがいう。俺たちは、生まれてからずっと死を待つ存在だ。老人だけが死を待つわけではない。輝くひとは美しい。いつが自分 [続きを読む]
  • オナ禁エロ禁してても気分は沈む
  • オナニーをしてなくても、エロを一切見ていなくても気分は沈む。理由はわからない。明日からの仕事がその理由ではない。仕事が原因で憂鬱になることもあったが、今回は違う。もしかすると胃腸の調子があまり良くないのかもしれない。こんな時は運動すれば一時的にせよ気分が明るくなるのだが、今週はなんだか風邪気味で運動もしていないことが、気分の落ち込みの原因の一つにもなっていると思う。オナ禁してても、当然風邪はひく。 [続きを読む]
  • オナ禁14日目 久しぶりの2週間
  • オナニーの話ばかりしないようにしようと思ったけど、久しぶりに2週間禁欲できたので、書きました。ポルノももちろん見てないです。気持ちが穏やかで心持ちが良いです。ありがたい。健康に感謝です。瞑想をもっとしたいなと思います。食べ物にも気をつけたいという気持ちが出てきました。オナ禁していると、食べ物に気をつけようとか運動しようとか、建設的に毎日を過ごそうと思えてくるのが好きです。今回は街行く女性とかもなる [続きを読む]
  • 職場で笑顔にエネルギーをもらった
  • 昨日金曜日、職場の階段で笑顔をもらった。その笑顔で一気に気分がよくなった。職場に入る清掃業者の男性だ。知り合いではない。おそらく20代後半か30代前半、173センチくらいで小太りの男だ。少し伸びた黒髪が汗で白い肌に張り付いていた。階段の踊り場ですれ違った俺はなんとなくその男に「おつかれさまです」と挨拶をした。その男と目が合ったが、きっと自分に向けた挨拶かどうか分からなかったのだろう。俺の声に、一瞬 [続きを読む]
  • 経済の好循環とは個人エネルギーの好循環に似ている
  • 経済がうまく回っているから景気が良いとか言うが、経済がうまく回る、好循環だとは一体なにか。正しい意味で経済の好循環という言葉を使っている人は少ない。景気をよくするためにとか、経済をうまく回すために、需要を拡大したり、消費を拡大しろなどとよく言っている。たしかに景気をよくするためにはそれは間違いではない。ただ、需要増加や消費拡大による景気は一時的な好循環にはなるが、続かない。よく言われる持続可能社会 [続きを読む]
  • みんな批判したり教えたりするのが大好きだ
  • みんな他の人を批判したり、ものを教えたりするのが大好きだ。リアルでももちろん、しかし、それはインターネットやテレビだととみに見られる。もちろん愛を持った批判や指導はある。それは良いものだ。リアルでもネットでもある。愛を持った批判や教えは、相手のためになるものだ。しかし、ここで問題なのは相手のためによかれと思って行えば良いというものではない。本当に相手のためにならなければならない。往々にして批判や教 [続きを読む]
  • 帰って飯食って眠るだけ
  • 毎日、仕事して飯食って眠るだけ。朝起きてそれの繰り返し。こんな生活をあと何年続けるのか。あと何年で死んでしまうのか。仕事を好きにならねば、仕事の時間を好きにならねば、この気持ちは続くだろう。疲れちまったな。この10年、あっという間だった。このまま生きてたら、さらに10年もあっという間に過ぎることが分かった。人生がどこまでも続いていく気でいるから、リスクをとることとか、不安定になることを怖れて、なか [続きを読む]
  • 俺たちは分かった気になっているだけ 言語も五感も
  • 言葉はすごいものだ。思考という形のないものを形にして、伝えることができる。思考がエネルギーを持つなら、言葉がエネルギーを持つのは当然だろう。言霊とか言われたり、歌詞や文学作品からエネルギーを感じるのもそのためだと俺は思う。当然のことだが、思考を100パーセント言葉にすることはできない。思考を言葉に変換した段で、伝えたい内容は少し落ちる。そして、言葉は受け手に完全には伝わらない。だから、言葉を聞く人、 [続きを読む]
  • 余計な気遣いで今日は疲れた
  • 三連休明け、なぜかやたらと疲れた。この疲労感どこから来るのか。おそらくは人間関係含め無駄なことに気を遣い過ぎているためだ。多部署への依頼をどのように行えば、分かりやすいか、依頼を受ける人にとって効率的になるか、メールを送るだけでは失礼にならないか。そんなことをたくさん考えて疲れてしまう。良い意味での他者への配慮はもちろん必要だ。しかし、日本人の仕事の仕方は全部丁寧過ぎる。気を使いすぎる。それがため [続きを読む]
  • 人生の優先順位を再確認。人→時間→場所
  • 三連休明け、皆さんが鬱々とした気持ちを持たず、心持ちよく仕事に向かっていることを願う。私はと言えば、今日はまずまずのメンタルコンディションだ。今日からの仕事を頑張ろうという気持ちがある。なんでもかんでも自慰のせいにするのは間違っているが、三連休を自慰なしで過ごしたということも多少は関係があると思っている。加えて、三連休中は瞑想をするように心掛けた。日曜に一時間、昨晩も一時間ほど、今朝も30分ほど。 [続きを読む]
  • 8日目の夜空に星ひとつ〈童貞を恥じるな、誇りに思え〉
  • 8日目、夜空を見ている。今夜は雲が多く、空も明るく、星が見えない。星の数ほど男も女もいると言うけれど、俺の住んでるとこでは星なんてあんまり見えない。今夜は、空中見渡して、長い時間かけてやっと一つ星を見つけた。人生で一つ星があればいい。一人だけを愛せればいい、一人だけを愛したいなんてかっこつけて言うつもりはない。しかし、満天の星空を見る美しさもあれば、朧げに光る一つの星だけをじっと見続ける美しさもあ [続きを読む]
  • エネルギーを感じる。色が見える。
  • エネルギーを感じる。自分にも、周囲にも。オナニーしないとエネルギーはたまる気がするのは、多くの人が感じているところだ。人間は無意識に周囲のエネルギーを感じ、影響を受ける。ポジティブな人間、明るい人間の周りに人が集まるのもそのためじゃないか。みんな良いエネルギーをもらいたい。波長が合うとか、互いの持つエネルギーの種類で反応もする。暗い人がは暗い人を引きつけたり、明るい人は明るい人を引きつけたり、また [続きを読む]
  • みんな死ぬことを考えると生き方が変わる。一皮剥けたい。
  • 俺の皮が剥けたのは、いや正確には自分で剥いたのは大学生の頃だった。いや、その皮の話ではない。人間としての、比喩としての皮の話だ。死のことを考えると、なんだかもう少しで、自分の人生の過ごし方を一変させるような考えにたどり着けそうなんだ。死についての考えはlife changing thoughtだと思うんだ。気取ってるわけじゃない。ここ数年、死のことを考えることが多かった。そして、最近はもっと頻繁に考えている。死にたい [続きを読む]
  • オナ禁6日目 新たな人生の始まりだ
  • 3連休、いかがお過ごしか。俺は特段予定はない。でもこの3連休をオナニーなしで過ごすという予定は入っている。オナニー、オナニー、オナニー、オナ禁、オナ禁、貴様の頭の中にはオナニーのことしかないのか。いや、平日は一生懸命仕事をしている。その仕事が本当に社会のために有用なのか、甚だ疑問だが。いや、社会のために有用な仕事とは何か、そんなこと言い出したら、今ほとんどの仕事が人間の生存のために不可欠な仕事では [続きを読む]
  • 運命の出会い。千年越しの愛。
  • この世に運命の出会いなど存在しない。愛は肉欲から始まり、生活となる。そんな考え方も分かる。だが、運命の出会いを信じたくなる瞬間が誰しもあるだろう。俺もそんな経験をしたことがある。俯き佇むその姿を遠くから見て、見たことがあると思った。夢だったか、自分の頭の中だったか、その人が自分に向かって微笑む写像を見たことがあった。はじめましてと握手をしようとした瞬間に指と指が絡まり、知っている性器と触れ合ったよ [続きを読む]