shion さん プロフィール

  •  
shionさん: 紫苑*Note
ハンドル名shion さん
ブログタイトル紫苑*Note
ブログURLhttps://shionote.com/
サイト紹介文のんびり田舎暮らし。ドラマと読書と時々散歩。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 250日(平均6.1回/週) - 参加 2018/05/11 14:46

shion さんのブログ記事

  • ドラマ「3年A組−今から皆さんは、人質です」1話−ゾクゾクさせてやるよ
  • 期待に満ちた「3年A組」。これだけ期待たっぷりに見たら裏切られてもよさそうなものだけど、全く裏切ることなく期待通りかそれ以上のものを見せてくれました。もっと軽いというか、話し合う程度の立てこもりだと思っていたのですが、予想に反して、計画的で大規模な爆発と殺人、警察もSNSもあらゆるものを巻き込んでの事件。驚きでいっぱいです。そして、期待に応える菅田将暉くん。彼の独壇場です。これがもっと現実味のある話だ [続きを読む]
  • ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」1話感想−信じる?気持ち悪い
  • いよいよ始まりました。「科捜研の男」。まさか例のドラマのパロディではあるまいな、と思う間もなく夢中で見てました。例によって錦戸亮くんの魅力にはまりそうです。オタクという説明を受け、なるほど魅力的だなと思うも、それだけではなく、一家惨殺という過去を持ちなおあの優しい眼差し。たまりませんね。それでは1話を振り返ってみましょう。科捜研のメンバーが思う科捜研の仕事と真野礼二(錦戸亮)そもそも科捜研の仕事は [続きを読む]
  • ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」1話感想−信じる?気持ち悪い
  • いよいよ始まりました。「科捜研の男」。まさか例のドラマのパロディではあるまいな、と思う間もなく夢中で見てました。例によって錦戸亮くんの魅力にはまりそうです。オタクという説明を受け、なるほど魅力的だなと思うも、それだけではなく、一家惨殺という過去を持ちなおあの優しい眼差し。たまりませんね。それでは1話を振り返ってみましょう。科捜研のメンバーが思う科捜研の仕事と真野礼二(錦戸亮)そもそも科捜研の仕事は [続きを読む]
  • 宮木あや子のドラマ化・映画化されている作品
  • ドラマ化「婚外恋愛に似たもの」容姿も境遇もまったく異なる五人の女性。共通項は人妻、35歳、そして男性アイドルユニット「スノーホワイツ」の熱狂的ファンであること。ステージ上の「恋人」に注ぐのは、歪だけれど、狂おしいほどにひたむきな愛。たとえ手が届かなくとも、たとえ現実が悲惨でも、「彼」さえいれば、人生は美しい―。ドラマ情報【タイトル】「婚外恋愛に似たもの」【放送日】2018.6.22-8.10【出演】栗山千明、江口 [続きを読む]
  • 宮木あや子のドラマ化・映画化されている作品
  • ドラマ化「婚外恋愛に似たもの」容姿も境遇もまったく異なる五人の女性。共通項は人妻、35歳、そして男性アイドルユニット「スノーホワイツ」の熱狂的ファンであること。ステージ上の「恋人」に注ぐのは、歪だけれど、狂おしいほどにひたむきな愛。たとえ手が届かなくとも、たとえ現実が悲惨でも、「彼」さえいれば、人生は美しい―。ドラマ情報【タイトル】「婚外恋愛に似たもの」【放送日】2018.6.22-8.10【出演】栗山千明、江口 [続きを読む]
  • 宮木あや子「校閲ガール」−ドラマと小説の違い
  • 宮木あや子さんの「校閲ガール」読みました。これは、ドラマが大好きだったので、それを見てからの読書です。宮木あや子さん初読みです。ドラマと小説では設定が少し違っていたので、それをまとめてみたいと思います。河野悦子(こうの・えつこ)は、ドラマでは、景凡社で働くことを夢見て、何度も中途採用の試験を受けていて、やっと受かったという設定でしたが、小説では新卒採用で入社しています。そして、森尾と藤岩さんとは同 [続きを読む]
  • 宮木あや子「校閲ガール」−ドラマと小説の違い
  • 宮木あや子さんの「校閲ガール」読みました。これは、ドラマが大好きだったので、それを見てからの読書です。宮木あや子さん初読みです。ドラマと小説では設定が少し違っていたので、それをまとめてみたいと思います。河野悦子(こうの・えつこ)は、ドラマでは、景凡社で働くことを夢見て、何度も中途採用の試験を受けていて、やっと受かったという設定でしたが、小説では新卒採用で入社しています。そして、森尾と藤岩さんとは同 [続きを読む]
  • 2018年10月期秋ドラマ感想とランキング
  • 今期は見たドラマがとても少なくて、7作品でした。絞りに絞ったら、こんなに少なくなってしまいました。その数少ないドラマがほとんど最終回を迎えたので、ランキングを考えてみました。ざっくり感想も交えて発表したいと思います。【第1位】大恋愛〜僕を忘れる君とやはり何と言ってもこれでしょう。元々恋愛ものが好きなので、文句なしの1位です。戸田恵梨香さんとムロツヨシさんの演技に脱帽です。最初、二人の恋愛ものと聞いた [続きを読む]
  • 2018年10月期秋ドラマ感想とランキング
  • 今期は見たドラマがとても少なくて、7作品でした。絞りに絞ったら、こんなに少なくなってしまいました。その数少ないドラマがほとんど最終回を迎えたので、ランキングを考えてみました。ざっくり感想も交えて発表したいと思います。【第1位】大恋愛〜僕を忘れる君とやはり何と言ってもこれでしょう。元々恋愛ものが好きなので、文句なしの1位です。戸田恵梨香さんとムロツヨシさんの演技に脱帽です。最初、二人の恋愛ものと聞いた [続きを読む]
  • 【読書で振り返る2018年】私のBOOK OF THE YEAR 2018
  • 昨日『ダ・ヴィンチ』を買ってきまして、「BOOK OF THE YEAR 2018」の記事を見ていたら、私もやってみようかなと思いまして。いよいよ年末という少し前に、今年読んだ本をまとめてみたいと思います。本はいつも図書館で借りてくるので、去年の年末年始の特別貸出から、今年の特別貸出前までを1年とします。1年間で読んだ本まずは、今年1年間で読んだ本です。島田荘司「占星術殺人事件」坂木司「ホリデー・イン」高田崇史「QED九段 [続きを読む]
  • 【読書で振り返る2018年】私のBOOK OF THE YEAR 2018
  • 昨日『ダ・ヴィンチ』を買ってきまして、「BOOK OF THE YEAR 2018」の記事を見ていたら、私もやってみようかなと思いまして。いよいよ年末という少し前に、今年読んだ本をまとめてみたいと思います。本はいつも図書館で借りてくるので、去年の年末年始の特別貸出から、今年の特別貸出前までを1年とします。1年間で読んだ本まずは、今年1年間で読んだ本です。島田荘司「占星術殺人事件」坂木司「ホリデー・イン」高田崇史「QED九段 [続きを読む]
  • 【クレパス画名作展】奈良県立万葉文化館にて
  • クレパスというと、小学生の図工で使うもの、というイメージしかありませんでしたが、そんなおもちゃのような扱いではなく、とても奥が深いことを知りました。奈良県立万葉文化館で開催されている特別展『クレパス画名作展』へ行ってきました。絵画のことは全く詳しくありませんが、「これがクレパス?」と思うような作品の数々。実に見応えがありました。何も知らない私でも知っている岡本太郎、山下清などの作品も。何度もびっく [続きを読む]
  • 【クレパス画名作展】奈良県立万葉文化館にて
  • クレパスというと、小学生の図工で使うもの、というイメージしかありませんでしたが、そんなおもちゃのような扱いではなく、とても奥が深いことを知りました。奈良県立万葉文化館で開催されている特別展『クレパス画名作展』へ行ってきました。絵画のことは全く詳しくありませんが、「これがクレパス?」と思うような作品の数々。実に見応えがありました。何も知らない私でも知っている岡本太郎、山下清などの作品も。何度もびっく [続きを読む]
  • 2019年1月期冬ドラマの原作本をチェックしてみる
  • ドラマを見てから原作本を読むか、原作本を読んでからドラマを見るか、色々なパターンがあると思いますが2019年1月期の冬ドラマが数々解禁になったようなので、チェックしてみます。ちなみに私は、まだ原作本を読んでいなければ、まずドラマを見て面白ければ、忘れたころに原作本を読みたい派です。原作本を既に読んでいた場合は、イメージを壊されたくない時はドラマは見ないけど、好きな俳優さんが出るなら見て、どうしても原作 [続きを読む]
  • 2019年1月期冬ドラマの原作本をチェックしてみる
  • ドラマを見てから原作本を読むか、原作本を読んでからドラマを見るか、色々なパターンがあると思いますが2019年1月期の冬ドラマが数々解禁になったようなので、チェックしてみます。ちなみに私は、まだ原作本を読んでいなければ、まずドラマを見て面白ければ、忘れたころに原作本を読みたい派です。原作本を既に読んでいた場合は、イメージを壊されたくない時はドラマは見ないけど、好きな俳優さんが出るなら見て、どうしても原作 [続きを読む]
  • 2019年1月期冬ドラマまとめ
  • 次々と冬ドラマが解禁になっているので、一度チェックしてみました。個人的にとても興味があるのは「トレース」錦戸亮「初めて恋をした日に読む話」深田恭子「グッドワイフ」常盤貴子「3年A組−今から皆さんは、人質です−」菅田将暉このあたりです。まだまだ今のドラマも楽しんでいますが、新しいドラマを想像するとワクワクします。待ち遠しいです。それでは、見るドラマの参考にしていただければと思います。「トレース〜科捜研 [続きを読む]
  • 『家康、江戸を建てる』ドラマ化!門井慶喜の歴史小説まとめ
  • 2019年NHKの正月時代劇は、1/2・1/3、2夜連続放送で門井慶喜さん原作の『家康、江戸を建てる』が放送されます。そこで、門井慶喜さんの歴史小説をまとめました。『家康、江戸を建てる』「北条家の関東二百四十万石を差し上げよう」天正十八年、落ちゆく小田原城を眺めつつ、関白豊臣秀吉は徳川家康に囁いた。その真意は、湿地ばかりが広がる土地と、豊穣な駿河、遠江、三河、甲斐、信濃との交換であった。家臣団が激怒する中、なぜ [続きを読む]
  • 【2018〜2019年】年末年始のスペシャルドラマまとめ
  • 何かと忙しい年末年始ですが、その時期だからこそのちょっぴり豪華なドラマがいつも楽しみです。今回は、どんなドラマが放送されるのでしょうか?今野敏サスペンス『回帰 警視庁強行犯係・樋口顕』12/14 テレビ東京 午後8:00〜転落死と白昼の爆破事件…2つを繋ぐ驚がくの証拠とは?警察官の矜持を胸に、国際テロに立ち向かう!【原作】今野敏「回帰 警視庁強行犯係・樋口顕」【出演】内藤剛志、尾美としのり、宇梶剛士嶋田久作、 [続きを読む]
  • 秋吉理香子「サイレンス」−しまたまさんとは誰なのか?
  • 秋吉理香子さんの『サイレンス』読みました。今のところどれを読んでもハズレがない秋吉さんです。(読んだ本は「暗黒女子」「聖母」「自殺予定日」「絶対正義」「機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト」「婚活中毒」)新潟本土の港からフェリーで約二時間、人口は三百人以下で信号機もない雪之島で生まれ育った深雪。アイドルを目指して故郷を離れたが、いまは夢をあきらめて東京の芸能プロダクションでマネージャーをして [続きを読む]