nanashi2018 さん プロフィール

  •  
nanashi2018さん: 潜在意識を極める
ハンドル名nanashi2018 さん
ブログタイトル潜在意識を極める
ブログURLhttps://ameblo.jp/nanashi2018/
サイト紹介文西式健康法を実践して虚弱を脱出! まずは小食と断食と運動とスイマグで、宿便排除を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 137日(平均6.2回/週) - 参加 2018/05/11 16:29

nanashi2018 さんのブログ記事

  • 2018/09/24/Mon
  • さて、最近はあれやな。フリマの発送に結構時間取られたな。 ちょっと箇条書きで並べてみるか。 ・インド占星術の勉強を始めてん。昔ちょっと齧って投げたから、ほぼ何も覚えてないw自分の出生時間はほんまに合ってんのかわからんから、自分のホロスコープの分析は一通りマスターした後やな。 ・粉寒天1kg5000円位の買ってん。↓やな。だいたい粉寒天10gと水600ccで溶かしてるわ。そんで40℃位に冷めたら、ハチ [続きを読む]
  • 2018/09/21/Fri
  • 手相の秘密―あなたの未来を開く (潮文社リヴ) Amazon 裸療法であったまってる時間で、細切れに↑を読んでん。 せっかちな俺には、これぐらい短時間で、ゆっくり読むのがええんかもしれん。 細切れの方が、自然に復習もできるしな。 そんで、まあ何となく手相の豆知識みたいなんはわかった気がするわ。 ということで、ちょっと自分の手相見て見よ。まだうろ覚えやけど。 まずは左手や。こっちは若い時のもんやったっけ。 ・生命 [続きを読む]
  • 2018/09/19/Wed
  • 連休中の土曜の夜に銀歯が取れてん。 その銀歯、前も取れてん。1年半前くらいやな。 で、土曜の夜やん。日曜大体の歯医者休みやん。月曜祝日やから大体の歯医者休みやん・・・キィーーー! もうそれやったら前に行った歯医者行こかな〜って思ってHP見たら、火曜は予約しなあかんかってん。 歯医者の予約はハードル高いw予約したら行きたくなくなるしな。緊張してしまうんやろか。 てことは水曜に行くしかない。行くの気重いな [続きを読む]
  • 手相雑記(7) 門脇尚平
  • 随筆 手相雑記(7) 門脇尚平 今月は水谷川正子夫人(故近衛文麿公爵令弟忠麿男爵夫人。華道御門流第34世家元)についてご紹介しよう。 旧聞に属するが、昭和38年8月12日奈良郵便局消印の葉書で、私宛に水谷川正子夫人から次の様な書面が寄せられた事がある。 「先日はお忙しいところへ伺い、いろいろご馳走様になりまして有難うございました。急に用事ができまして九日から当地に参りました。門脇様のおっしゃったよう [続きを読む]
  • 手相雑記(6) 門脇尚平
  • 随筆 手相雑記(6) 門脇尚平 緑の風が流れる今月は、河合隆輝氏(相模国一之宮寒川神社顧問)の手相を拝見してみる事にした。 河合氏は西先生よりも4年遅く、明治21年に新潟県に生まれた。 本年、満79歳を越えても、矍鑠(かくしゃく)として60にも見えぬ若さの河合氏は、神官と言うよりも、むしろ「日本神社暦」や、「家庭本暦」の発行で有名な神明館を創立した暦学の第一人者として極めて名高い。 戦時中は、パラオ [続きを読む]
  • 健康・美容・若返りの秘訣(4) 山崎佳三郎
  • 西式入門解説講座健康・美容・若返りの秘訣(4) 山崎佳三郎(岡山健康学院院長) 皮膚とホルモン ホルモンは約25種類程あり、それらは互いに微妙な関係を持っておりまして、その内の1つが異常を起こせば他の各器官まで変調を起こし、全身的な病気になる場合があります。ここでは皮膚、特に美容に関係のあるホルモンに就いて2、3述べてみましょう。 (1)男性ホルモン(睾丸ホルモン) これは男性の睾丸実質から分泌される [続きを読む]
  • 2018/09/13/Tur
  • 大分キーボード打つん慣れてきたわ。 速度としてはこれまでとそんなに変わらなくなったんちゃうか。 R打つ時に、中指がにゅっと出てしまうんは時々あるけど、それ以外は結構スムーズに打てるようになったわ。 意外と2日位で何とか形にはなるもんやな。後は肩と手首の力を抜きたいとこや。 諦めんと、繰り返し、実践して行けば、何でも身に付けられるってことなんやろな。 自動車教習所に通ってた時も、こんな感じでやったな。 ク [続きを読む]
  • 健康・美容・若返りの秘訣(3) 山崎佳三郎
  • 西式入門解説講座健康・美容・若返りの秘訣(3)山崎佳三郎(岡山健康学院院長) 再び皮膚の健康について 『皮膚は内臓の鏡』と言う言葉がありまして、その人が健康であるか否かが一目でわかると言われています。我々の健康は皮膚、四肢、栄養、精神の4つが完全に働いて初めて得られるので、この4つは皆それぞれ密接な関係を持っております。 皮膚の健康増進には、心理的な物と、物質的な物すなわち栄養による物の2つが考えら [続きを読む]
  • 健康・美容・若返りの秘訣(2) 山崎佳三郎
  • 西式入門解説講座健康・美容・若返りの秘訣(2) 山崎佳三郎(岡山健康学院院長) 温冷浴について 前号では、皮膚の健康法として裸療法を述べましたが、今回は入浴による皮膚強化法として、温冷浴をご紹介致しましょう。 温冷浴とは温浴と冷浴とを交互に行うものでありまして、語呂の関係で温冷浴と申しますが、実際は水浴を先に、温浴を後に致します。湯の温度は摂氏41度ないし42度、水の温度は14−15度となっています [続きを読む]
  • 2018/09/12/Wed
  • パソコンで文字打つ時、自己流でやっててんけど、矯正してみることにするわ。 で、タイピングを正しい指使いで今打ってんねんけど、めっちゃ遅いw まだかたつむり並みの速度でしか打てへん。 でもこれマスターしたら人差指の負担が減るし、ブラインドタッチもできるようになるし、色んな指使うから神経も満遍なく発達するんちゃうかって思うわけや。 まずはホームポジションっていうんか、FとJのキー上のでっぱりに人差指を乗っ [続きを読む]
  • 健康・美容・若返りの秘訣(1) 山崎佳三郎
  • 西式入門解説講座 健康・美容・若返りの秘訣(1) 山崎佳三郎(岡山健康学院院長) 健康に繋がるもの 人と生まれて欲するものは、金、地位、名誉、家、美貌、衣服と数限りない。しかしこれらを望み得て手に入れたとしても、健康なくしてはちょうど機関車の付いていない客車や貨車と同様で、何ら価値のないものです。時としては却って恨みに思うことさえあります。 「名月や座頭の妻の泣く夜かな」という句がありますが、目が見 [続きを読む]
  • 手相雑記(5) 門脇尚平
  • 随筆 手相雑記(5) 門脇尚平 長かった冬もいつしか去り、国境の山々の雪も解けて、紫色の山脈が浅黄の空を吸ってきた。光陰は矢よりも早く過ぎ、1月は行き、2月は逃げ、3月は去って、我々はここに陽春の4月を迎える。 この4月号では書道界の元老の川村驥山(かわむらきざん)先生をご紹介しよう。 川村先生は豊道春海(ぶんどうしゅんかい)、鈴木翠軒(すずきすいけん)と共に、日本三大書家の1人と言われている。 今 [続きを読む]
  • 手相 山崎佳三郎
  • ”手相の神秘” 手相は、私達の全身を現し、健康、職業、住居、金銭、恋愛に至る迄、過去、現在、未来までの運命をも物語ります。 それ故「手相の神秘」として、研究されています。しかし余程の名人でない限り、これだけで全てを見抜くことはできません。何故かと言いますと、どこかの悪い所を、どこかの良い所で代替、又は相殺しているのも見抜く必要があるからです。過去、現在、未来を手相は物語っていますが、これを読み取る学 [続きを読む]
  • 2018/09/08/Sat
  • ちょっと手相撮ってみてんけど、左手ははっきり撮れんのに、右手はちょっと不鮮明や。不思議や。 まだ全然読めんけど、誰か読める人いたら、何でもいいから教えて下さいまし。 まあ3大線の見た感じの特徴を書いとくか。今までの人生からして碌な手相やなさそうやけどw ・右手より左手の方が細かい線が多いかな。右手にもよく見たらあるけど、はっきり見えんのは左手やな。特に金星丘から出て、生命線の上半分の領域を横切って、 [続きを読む]
  • 手相雑記(4) 門脇尚平
  • 随筆 手相雑記(4) 門脇尚平 もう4年ほど前になるが、38年の3月12日から17日まで、銀座の松坂屋で家康展があり、私も見に行ったことがある。 この展示は読売新聞社主催のもとに、久能山や日光から秘宝を取り寄せて、静岡、広島、大阪などの各地でも広く行われたようだ。 嘗ては「狸おやじ」と呼ばれ、英文法の用例にも”the sagacious Iyeyasu"などとして教えられた家康も、最近では時代の波に乗って家康ブームを巻き [続きを読む]
  • 手相雑記(3) 門脇尚平
  • 随筆 手相雑記(3) 門脇尚平 昨年の2月4日には航空史上最大といわれる全日空の事故があり(羽田沖墜落事故・死亡133名)、引き続いてカナダ太平洋航空機(3月4日・羽田空港着陸失敗事故・死亡64名)、英国海外航空機(3月5日・富士山麓墜落事故・死亡124名)、全日空YS11機(11月13日・松山沖墜落事故・死亡50名)などの事故が連続してあった。これらご遺族の方々に対し、まずもって深甚なる哀悼の言 [続きを読む]
  • 断食に就いて(1) 西勝造
  • (「西医学」1962年11月号 第25巻第5号 表紙の画像より) 断食に就いて(1) 西勝造 断食の起源とその意義 断食とは水以外の一切の食物を自発的に断つと言うことである。制限食または限定食は断食とは言わない。所謂、果実断食は果実食であって断食とは言われない。特にインドとか南洋方面のように常夏のところでは果汁位は飲んでも差支えない。 寒天断食とかオーギョーチー断食は真の断食とは言われないが9割5分な [続きを読む]
  • 断食体験記(後)甲田光雄
  • 断食体験記(後) 甲田医院長 甲田光雄 本稿は、かつて著者甲田先生が自ら体験した長期断食(23日間)の貴重なデータです。”断食”が体質改善に絶大な効果があることは認められるにしても、一方、手放しで絶賛されぬ要素もあるわけです。ともあれ、昨今とやかく言われる軽率な”断食”論への反駁も大いに含まれていると思います。 本誌「断食は命なり・・・樫尾太郎翻訳」とを併読すれば、経験、未経験者を問わず、指導者もま [続きを読む]
  • 2018/09/05/Wed
  • 台風凄かったな。もう直撃やったわ。 家は大丈夫やってんけど、近所の寺とか、でっかい大木がぼんぼんなぎ倒されまくってて半壊状態やったわ。 10m級の木とかも、根が張り付いてる岩盤ごと倒れて道路塞いだりしててほんま凄まじかったわ。 まあ今日外出たら、大体は切られて撤去されてたから、日本人の仕事の速さにはびっくりやわ。 畏敬の念を隠せんな。 話は変わってあれやな、甲田光雄の断食体験記読んどったら、断食したく [続きを読む]
  • 手相雑記(2)  門脇尚平
  • 随筆 手相雑記(2) 門脇尚平 私が今まで手相を見てきた大勢の人々の中には、随分変わった手の持主がある。そこで新年号では西会員各位の無病長生を祈念すると共に、縁起よく、日本最年長者であった小林やすさんにお会いした記録を御報告しよう。 やすさんは一昨年、118歳で遂に昇天された。その後、9月15日の敬老の日には毎年長寿者が表彰されているが、未だにやすさんのレコードを凌駕する人はいない。今は幽明境を異に [続きを読む]
  • 手相雑記(1) 門脇尚平
  • 「随筆 手相雑記(1) 門脇尚平 今年もまた恒例によって電通の新年祝賀会がこの1月にあり、私も例年のように招待されて占いの手相の部門を担当し、大勢の人達の手を見てきた。今年はこの祝賀会がパレスホテルで行われ、約3000人が会場にみえた。 電通のパーティーで私の担当する手相は極めて好評であり、この催しが終わってからもわざわざ私を訪ねて来られる頭取さんもあれば、またその後、私を何回か招かれる社長さんも [続きを読む]
  • 断食体験記(中)甲田光雄
  • 「 断食体験記(中) 甲田医院長 甲田光雄 本稿は、かつて著者甲田先生が自ら体験した長期断食(23日間)の貴重なデータです。”断食”が体質改善に絶大な効果があることは認められるにしても、一方、手放しで絶賛されぬ要素もあるわけです。ともあれ、昨今とやかく言われる軽率な”断食”論への反駁も大いに含まれていると思います。 本誌「断食は命なり・・・樫尾太郎翻訳」とを併読すれば、経験、未経験者を問わず、指導者も [続きを読む]
  • 断食体験記(前)甲田光雄
  • 「断食体験記(前) 甲田医院長 甲田光雄 本稿は、かつて著者甲田先生が自ら体験した長期断食(23日間)の貴重なデータです。”断食”が体質改善に絶大な効果があることは認められるにしても、一方、手放しで絶賛されぬ要素もあるわけですが、ともあれ、昨今とやかく言われる軽率な”断食”論への反駁も大いに含まれていると思います。 本誌の樫尾先生の「断食は命なり」を併読すれば、経験、未経験者を問わず指導者もまた、大 [続きを読む]
  • 手相の生理 山崎佳三郎
  • 「手相の生理 ━手相、人相、西生理学を横線でつないだら━ 岡山健康学院長 山崎佳三郎 昭和33年8月の夏期講習の際に、私の岡山健康学院の新築につきまして、資本金、借金、利子等詳しく説明して、果たしてこれで成し遂げられるでしょうかと、西先生に御相談申し上げたことがありました。丁度、その時の先生の演題が「画相と手相」でありましたので、私は掌をお見せして、手相による御意見を御願いしましたところ、先生は私の [続きを読む]
  • 2018/09/02/Sun
  • これもいい感じやな。 西勝造は、就寝中は0の状態になって誰でも暗示にかかるから、他人からの暗示を避ける為に、午前1時より前には寝えへんかったって話あったな。 鬼和尚は、親とか教師とか友達とか本とかテレビとか何かから植え付けられた観念によって形成されたパターン認識を観察するのじゃ的なこと言ってたな。 これ聴いとったら良い観念を植え付けることができるかもしれんな。1日中流しといたろか! アファーメーション [続きを読む]