放流速報 さん プロフィール

  •  
放流速報さん: 放流速報
ハンドル名放流速報 さん
ブログタイトル放流速報
ブログURLhttp://dontreleasefish.seesaa.net/
サイト紹介文魚類の放流、昆虫類の放虫、鳥類の放鳥など、自然界に動植物を放つ行為に関する新聞記事、ニュースを検証。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 17日(平均27.6回/週) - 参加 2018/05/11 17:42

放流速報 さんのブログ記事

  • タカアシガニを駿河湾に放流【中日新聞2018年5月27日】
  • 船上からタカアシガニを海に放流する中学生ら=沼津市の戸田沖で 沼津市戸田(へだ)地区で主に漁獲される世界最大級のカニ「タカアシガニ」の繁殖や生態解明を目的とした駿河湾への放流が二十五日、戸田沖であった。 タカアシガニは水深二〇〇〜八〇〇メートルほどの深海に生息し、体長は最大で四メートル近くに達するが、深海での活動や何を食べるかなど生態には不明な点が多い。放流には、地元の戸田小学校と沼津市大平中学校 [続きを読む]
  • 稚アユ 大きくなぁれ 重信川に放流 /愛媛【毎日新聞2018年5月25日】
  • 稚アユの放流をする園児たち=松山市出合の重信川で、遠藤龍撮影 6月1日のアユ漁の解禁に合わせ、重信川漁協(松前町中川原)は22日、松山市出合の重信川で同町立二名保育所の園児21人を招いて稚アユ計約3750匹を放流した。 稚アユは、県水産試験場でふ化し、大洲市白滝の養魚場で中間育成したもので体長10センチほど。秋ごろには25センチほどに成長するという。24日までに東温市や砥部町など流域17カ所に約7 [続きを読む]
  • 海老名のホタル、今年も 27日に観賞会開催【タウンニュース2018年5月25日】
  • 幻想的な光を放つホタル 杉本小学校正門前のふれあい田んぼで今年もホタルの飛来が確認された。 これは同校沿いの清掃などを行う「目久尻川をきれいにする会」(飯田英榮会長)が、杉本小の授業の一環として児童とともにホタルの幼虫を放流したものが、成長したと考えられる。17日には7頭による幻想的な光が見えていたという。 また同会有志が主催者となり、27日(日)午後7時から観賞会が行われる予定で、参加費は100円( [続きを読む]
  • 目久尻川に鮎放流 130人が参加【タウンニュース2018年5月25日】
  • 鮎の稚魚を放流する親子 綾瀬ロータリークラブ(=RC・笠間茂治会長)が5月19日、目久尻川の小園橋南側の河川敷で鮎の稚魚放流を行った。 これは「ふるさとの河川・目久尻川に神奈川県産鮎を定着させよう!」プロジェクトとして、「環境」をテーマに行われた。市内2RCを含めた近隣6RCが2年前、相模川で同様の取り組みを行ったが、綾瀬RC単独では初となる。 当日は小園・早川・吉岡の子ども会や、あやせエコクラブ、 [続きを読む]
  • 栗林公園 コイ捕獲開始【読売新聞2018年5月23日】
  • 西湖で捕獲されたコイ(高松市で) ◇KHV問題 国の特別名勝・栗林公園(高松市)のコイからコイヘルペスウイルス(KHV)が確認された問題で、同公園観光事務所は22日、殺処分のため、コイ700匹の捕獲を開始した。作業完了は7月末を見込んでいる。 この日はコイがいる六つの池のうち、西湖(約5000平方メートル)で捕獲を始めた。池の水深は30センチ程度に下げており、作業員らは引き網で魚を集めて、すくい網 [続きを読む]
  • 「帰ってきてね」 小学生アユ放流【神奈川新聞ニュース2018年5月22日】
  • 中津川にアユを放流する田代小の児童ら(愛川町提供) 6月1日のアユ釣り解禁を前に、愛川町立田代小学校(同町田代)と同半原小学校(同町半原)の3年生が18日、それぞれの学校近くの中津川にアユを放流した。 田代小の24人は、田代運動公園そばの河原で、体長15〜20センチのアユが何匹も入ったバケツを手に持ち「かわいいね」「また、帰ってきてね」などと声を掛けながら交代で放流した。 アユは中津川漁業協同組合 [続きを読む]