放流速報 さん プロフィール

  •  
放流速報さん: 放流速報
ハンドル名放流速報 さん
ブログタイトル放流速報
ブログURLhttp://dontreleasefish.seesaa.net/
サイト紹介文魚類の放流、昆虫類の放虫、鳥類の放鳥など、自然界に動植物を放つ行為に関する新聞記事、ニュースを検証。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供212回 / 156日(平均9.5回/週) - 参加 2018/05/11 17:42

放流速報 さんのブログ記事

  • 「秋の高山祭」を前に こい放流【NHKニュース2018年10月5日】
  • 10月9日から岐阜県高山市で始まる「秋の高山祭」を前に、約200匹のこいが街なかを流れる川に放流されました。こいの放流は、毎年、春と秋の高山祭の開催を前に地元の人たちが観光客に楽しんでもらおうと行っています。5日は、地元の漁協や市民グループの人たちが、多くの観光客が訪れる「宮前橋」の近くの川岸などで約200匹のこいを次々と放流しました。こいは、体長30センチから50センチほどの大きさで、トラックか [続きを読む]
  • 供養63回目、隅田川に放流 魔性のフグ【朝日新聞デジタル2018年10月1日】
  • 毎年初夏に営まれる「ふぐ供養」では築地市場の岸壁から隅田川にトラフグなどが放流される魚河岸ものがたり:36 江戸時代、各地の寺社では盛んに「放生会(ほうじょうえ)」という儀式が執り行われていた。 生きている魚や鳥や動物を自然に放すことで、殺生を戒め、放した人の幸せを願う。富岡八幡宮(江東区)が特に有名だった。 幕末の浮世絵師・歌川広重がそれを描いている。代表作「名所江戸百景」の「深川萬年橋」。小名 [続きを読む]
  • 豊橋の長三池にメダカ放流【東愛知新聞2018年9月27日】(EM菌)
  • 長三池にメダカを放流する児童たち=幸公園で豊橋みなとライオンズクラブ(草野剛会長)による環境保全活動が26日、豊橋市佐藤町の幸公園であり、近くの市立岩西小学校4年生が会員らと園内の長三池にメダカ約1000匹を放流した。 同クラブは、市民の憩いの場となっている公園の環境美化、池の浄化としてメダカの放流と清掃などを実施している。 この日は、クラブが用意したメダカを100人近い児童たちが手分けし、バケツから [続きを読む]
  • 犀川にカジカゴリの稚魚放流【北國新聞2018年9月18日】
  • カジカゴリの稚魚を川に放つ組合員=18日午前10時半、金沢市大桑町の犀川 18日の石川県内は晴れ間が広がり、爽やかな天気となった。正午までの最高気温は金沢27・1度、輪島25・7度とおおむね平年並みだった。金沢市の犀川では、金沢漁協の組合員がカジカゴリの稚魚6千匹を放流し、清流の保全を願った。 組合員15人が加賀市の県内水面水産センターで2月に生まれた体長2、3センチの稚魚を、大桑町の犀川橋付近な [続きを読む]
  • ホタルの輝き来年も 山口・宮野小児童が放流【山口新聞2018年9月16日】
  • ホタルの幼虫を放流する児童=15日、山口市山口市宮野下の宮野小学校(浴口努校長、608人)ホタル委員の児童が15日、同市宮野上の椹野川上流にゲンジボタルの幼虫約1万2千匹を放流した。6月上旬の夜に県立大生らと一緒に成虫の雄50匹、雌41匹を採集。学校敷地内の飼育施設でふ化させ、水槽の水替えや餌やりなどの世話をして幼虫を育ててきた。この日は同委員15人のうち10人が参加し、川岸から幼虫の入った水槽を [続きを読む]
  • 静岡 40年前から赤ちゃんガメ飼育 御前崎小で【中日新聞2018年9月13日】
  • 赤ちゃんガメをのぞき込む子どもたち=御前崎市の御前崎小で(市提供) 御前崎市の御前崎小学校で四十年前から続くアカウミガメの飼育が今季も始まった。十一日、同校を訪れた市のウミガメ保護監視員から、ふ化したばかりの赤ちゃんガメ二十匹が子どもたちに託された。 アカウミガメは「御前崎のウミガメ及びその産卵地」として国の天然記念物になっている。市内の砂浜で産んだ卵を保護監視員がふ化場で守り、ふ化した子ガメを海 [続きを読む]