うるの拓也 さん プロフィール

  •  
うるの拓也さん: 広告漫画家のつぶやき
ハンドル名うるの拓也 さん
ブログタイトル広告漫画家のつぶやき
ブログURLhttp://uruno.info
サイト紹介文広告漫画、学習漫画などを長年手がけてきたフリー漫画家の営業術、打ち合わせ術を実践事例に基づいて紹介。
自由文『広告まんが道の歩き方』シリーズは、広告・広報用の漫画の請け負い方、打ち合わせテクニックなど、漫画家をはじめとするクリエイターが一般企業等から依頼を受けて広報作品を描いていくためのガイド集。また茨城のヒーロー『時空戦士イバライガー』の小説連載、科学漫画『カソクキッズ』などの裏話集なども定期更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 18日(平均11.7回/週) - 参加 2018/05/11 17:53

うるの拓也 さんのブログ記事

  • お客は時に味方、時に敵 〜依頼者との戦い編12:未来
  • (←「依頼者との戦い編11:交流」に戻る)お客様からのメール/その29うるのさまご無沙汰しております。お陰さまでお配りしているパンフレット、とても好評です。そこで、第3弾を作ることにしました。弊社の取締役、○○が原稿を作りました。お送りしますのでよろしくお願いいたします。*4ぺーじもの*×××××の「×××××制度」を広めていくために、その原動力に税理士先生等の「会計事務所」の組織に働きかけるツール*1 [続きを読む]
  • お客は時に味方、時に敵 〜依頼者との戦い編11:交流
  • (←「依頼者との戦い編10:評価」に戻る)お客様からのメール/その26うるのさま役員に対するお返事など、ありがとうございました。お送りいただいたものを、転送します。(こういった内容は、私にはチンプンカンプンです。)表紙についてのご説明もありがとうございました。そうですね、色の調子が少しだけ違いますね。「絵」が上手とか「自分の描きたいもの」は上手という方は世の中にはたくさんいらっしゃるでしょう。しかし、 [続きを読む]
  • お客は時に味方、時に敵 〜依頼者との戦い編10:評価
  • (←「依頼者との戦い編09:決着」に戻る)お客様からのメール/その23うるのさま。お返事が遅れてすみません。(昨日は帰宅が11時すぎでした。)ごめんなさいの件、直して下さってありがとうございました。そして、すべての完成、ありがとうございます。ちょっと???です。何かの手違い???下記のURLの中身が同じです。つまり、3ページ目が届いていません。>■社員編/2ページ目>http://www.urutaku.com/test/fanjapan [続きを読む]
  • 小説イバライガー第19〜20話/筆者コメンタリー
  •  小説イバライガーの19〜20話に関する筆者コメンタリー。 実は、このあたりが一番曖昧なままだったんだ。執筆開始までに各エピソードごとの内容をまとめて整理して、あらすじを決めてあるんだけど、このあたりはイマイチしっくり来なくて迷ったままになってたんだよね。 なので色々と、本当に執筆する段階になってから変えたり考え直したりが多くて……。この後の21〜22話までは、かなりの部分が事前に決めてなかった内容になっ [続きを読む]
  • 小説版イバライガー/第20話:メモリーズ(後半)
  • (←第20話前半へ)Bパート その祈りに応えたように、イバライガーRが特異点の中に出現した。 シンやワカナ、他の仲間の想いも感じた。 気づいたときには、こちら側の世界に戻っていた。Rが私を救出したのだ。 特異点の中では時間は無意味だ。永遠と一瞬は、同じものだ。 故に、私にとっては消滅した瞬間に救出されたようなものだったが、外部の世界では、かなりの時が過ぎていた。 そして私の予想を超えたことが、いくつ [続きを読む]
  • 小説版イバライガー/第20話:メモリーズ(前半)
  • (←第19話後半へ)OP(アバンオープニング) シンの手を握った。ワカナと抱き合った。 マーゴンやカオリ、ミニライガーたち、博士たちとも語り合うことができた。 そしてイバライガーRとイバガール。 彼らのことはずっと見守ってきたが、直接話すのは初めてだ。 ようやく、動くことができた。 ハイパーイバライガーがNPLを制御してミニライガーRを生み出した際に、その影響で自分の機能不全もある程度、修復されたら [続きを読む]
  • カソクキッズ23話:ついに宇宙人登場!!
  •  カソクキッズは、高エネルギー加速器研究機構(KEK)のWEBサイト上で公開されている作品だ。 描いているのはボクだけど、KEKの主要コンテンツの1つでもあり、同機構の要覧などにも記載されている。 そしてKEKは、世界的な研究機関だ。 ノーベル賞学者も輩出していて、その発言には世界が注目している。 つまり、いくら漫画とはいえ、科学的に間違ったことやいい加減なことなどを描くわけにはいかないのだ。 なのに。 この [続きを読む]
  • 某学会で広告漫画について特別講演したときの話
  •  以下は、2015年2月に、研究者(バイオ系)の学会で、特別講演させていただいたときの原稿。 ボクの漫画を広報に使っていただいた研究者の方が「漫画での広報」というものに強い興味を持ってくださり、他の研究者の人たちにも伝えてあげたいから、みんなが集まる学会で話してくれと、ボクに講演依頼してくださったのだ。 まぁ、あくまでも研究者の学会なのだから、漫画の講演なんてのはノイズに近い。 どれだけちゃんと聴いて [続きを読む]
  • お客は時に味方、時に敵 〜依頼者との戦い編09:決着
  • (←「依頼者との戦い編08:伏兵」に戻る)お客様からのメール/その21うるのさまやす子先生のスーツの色、とっても素敵です。“美人度”がアップしたと思います。有り難うございました。修正についてイロイロとお願いをしてきましたが、たぶんこれが最後の依頼になると思います。お手数をおかけしてすみません。よろしくお願いします。【社員編】11番の ×××××××× 367.6万円 367.6万円の3つを削除。 11番(純粋に [続きを読む]
  • お客は時に味方、時に敵 〜依頼者との戦い編08:伏兵
  • (←「依頼者との戦い編07 :連打」に戻る)お客様からのメール/その18うるのさま文字の訂正依頼です。社員分の22番、右のブロックのピンク部分の「基本給」を「本給」にお願いします。前のパンフを作ったときと名称が変わりました。 よろしくお願いします。(以下、書名) うるのメール/その13うるのです。 社長編の完成版も、社員編の直しも、終わりました。■社員編/1ページ目(画像のURL) ■社員編/2ページ目(画 [続きを読む]
  • お客は時に味方、時に敵 〜依頼者との戦い編07:連打
  • (←「依頼者との戦い編06:乱戦」に戻る)お客様からのメール/その13うるのさま修正依頼の件、お送りします。 まだ途中です。3枚目以降はのちほどお送りします。 すみません。(以下、書名) お客様からのメール/その14うるのさまこんな感じでお願いします。 この中に「社員向け」の追加が入っています。 ドタバタですみません。よろしくお願いします。それから、ご指摘の「行程」についてですが、「出来るらしい人」がいるよ [続きを読む]
  • カソクキッズ21話:10次元の世界と超ひも理論
  •  この21話では「超ひも理論」に挑んでしまった。 いや、研究者でもなんでもない一介の漫画家が、超ひも理論を解説するなんて、我ながら無茶なことをしたもんだ。  もっとも、ソレを言い出したら全部が無茶なんだけど(笑)。 なので、これまた毎度のことなんだけど、ちゃんと解説するなんてことは、最初からあきらめている。 専門家集団「カソクキッズ保護者会」に監修してもらってはいるけど、ストーリーも作画も、丸ごと全部 [続きを読む]
  • お客は時に味方、時に敵 〜依頼者との戦い編06:乱戦
  • (←「依頼者との戦い編05:逆襲」に戻る)お客様からのメール/その9うるのさま社員用のセリフの修正依頼をお送りします。 ナンバーは左から右へ、上から下へ、ナンバーを書いて、その番号で表しました。 分かりにくい部分がありましたら、お尋ねください。明日(5月12日)の午後、パンフレット委員会を開きます。 そこで決まったことを、またお便りします。よろしくお願いいたします。(以下、書名) うるのメール/その8うる [続きを読む]
  • お客は時に味方、時に敵 〜依頼者との戦い編05:逆襲
  • (←「依頼者との戦い編04:初戦」に戻る)お客様からのメール/その7うるのさま大変遅くなりました。本当にすみません。 以下、よろしくお願いいたします。今日、「マンガパンフレット打ち合わせ会」をしました。 数点、議題が出ました。■「1」 社員向けのパンフは、基本的にうるのさんが作ってくださったものでいく。台詞等の修正依頼はのちほどワード添付でお送りする。■「2」 社長向けのパンフは登場人物の変更と、内容の [続きを読む]
  • お客は時に味方、時に敵 〜依頼者との戦い編04:初戦
  • (←「依頼者との戦い編03:敵意」に戻る)うるのメール/その4うるのです。大変遅くなりましたが、×××××マンガのストーリー案ができました。 以下のアドレスで、ホームページ形式でご覧いただけるようにしてありますので、どうぞ、ご確認ください。■×××××マンガのストーリー案(画像のURL)すいません、××××制度や×××××について理解するのに時間がかかってしまいまして、そうこうしているうちに、他の締め [続きを読む]
  • イバライガーショー・シナリオ「母の日スペシャル」
  •  ふと気づいたら、今日は「母の日」だったので、過去に書いたイバライガーショーのシナリオを引っ張り出してみた。 このシナリオは2013年の4月に書いたもので、同年6月に上演された。 母の日用として書いたんだけど、スケジュール的に母の日に上演することはできなくて、1ヶ月遅れで「お母さんの誕生日」という設定に変更して上演されたんだよね。 まぁ、ステージショーは、生モノだからね。その時その時のスケジュールや出演 [続きを読む]
  • 小説版イバライガー/第19話:超時空からの使者(後半)
  • (←第19話前半へ)Bパート 誰かに呼ばれた、と感じて、思わず急ブレーキを踏んだ。  漫画雑誌や、ガチャガチャのフィギュアや、食べかけのポテトチップなどがフロントに押し寄せてきて、クルマの中はメチャクチャだ。  テキトーにかぶっていたヘルメットが脱げて跳ね返り、鼻にぶつかった。すげぇ、痛い。 停まった瞬間、ミニライガーたちは、飛び出してしまった。  一体、なんなんだ? イモライガー=マーゴンは、鼻をこ [続きを読む]
  • 小説版イバライガー/第19話:超時空からの使者(前半)
  • (←第18話後半へ)OP(アバンオープニング)「なぁ、本当に行かなくていいのかよ?」 ミニライガーブラックは、焦れていた。 今いるビルの屋上からは、現場は見えない。それでも、ジャークの反応は濃厚に感知できる。  かなりヤバイ。援軍なしでどうにかなるとは思えない。  そして今、援軍できるのは自分たちだけだ。たぶん、あいつらも当てにしているはずだ。  なのに、イバライガーブラックは動こうとしない。「おい、 [続きを読む]
  • 無料と読み放題の時代を考えてみる/02:無料や読み放題で稼ぐには?
  • (←「無料と読み放題の時代を考えてみる/01:無料を求める人たちとは?」に戻る)無料のメカニズム/広告収入型の様々なタイプ 映画もアニメも定額で見放題、便利なネットサービス(ツイッター、各種SNS、ブログ、ユーチューブ、グーグルのアレコレなど)も無料だし、スマホゲームも課金しなきゃ無料な時代。  無料とわずかな定額課金だけでも、そこそこ満足できてしまう時代。 そういう時代に、クリエイターはどう対応し [続きを読む]
  • 漫画シナリオと実際の作品の違い(漫画シナリオ1話分丸ごと公開!)
  •  今回は、ボクの漫画シナリオを公開してみる。 以下に記載したシナリオは、研究機関の広報用科学漫画のもので、題材は「エピジェネティクス」というもの。  クローン研究に関連したもので、このエピソードは数年がかりで集中連載してきた「クローン特番」というシリーズの1つなんだ。 なので、クローンに関する基本的なことは、これ以前のエピソードで読んでいるという前提になっているし、登場するキャラクターなどについて [続きを読む]
  • お客は時に味方、時に敵 〜依頼者との戦い編03:敵意
  • (←「依頼者との戦い編02:接触」に戻る)お客様からのメールその3うるの様お返事が遅くなってすみません。 4月2日(木)午後1時〜3時で如何でしょうか? 現在のパンフレットをお送りしましょうか。よろしくお願いいたします。(以下、書名) うるのメールその3うるのです。> 4月2日(木)午後1時〜3時で如何でしょうか?了解致しました。当日の午後1時に伺わせていただきます。 (場所は、御社ホームページで確認しました)> 現 [続きを読む]
  • お客は時に味方、時に敵 〜依頼者との戦い編02:接触
  • (←「依頼者との戦い編01:序章」に戻る)お客様からのメールその1初めまして。×××××の○○と申します。「××の不安を安心に変える」「社員も会社も役員も得する制度」「×××××制度」「××××××」硬くて難しいこの内容を、やさしく楽しくご理解いただけるように「マンガ」で作り、××××に加入されている会社にご案内できるようにしたいのです。1)社長にご提案するパンフレット(カラー・マンガ) 2)社員にご理 [続きを読む]
  • お客は時に味方、時に敵 〜依頼者との戦い編01:序章
  •  このシリーズは「メール商談ライブ」の第二弾。 前回の「失敗社長編」は、非常に懇意なお客さんとの事例だったけど、今回は全くの新規、それまで会ったこともない会社の仕事の例だ。  しかも敵意むき出しの打ち合わせなど、思いっきりアウェーな状態から、最後に感謝のお言葉をもらえるまでのストーリー。 もちろん、内容はノンフィクションだ。  この序章と、メールのやり取りの合間に挿入した「補足解説」以外は、本当にお [続きを読む]