MAK さん プロフィール

  •  
MAKさん: まっくメモ
ハンドル名MAK さん
ブログタイトルまっくメモ
ブログURLhttp://makmemo.blog.fc2.com/
サイト紹介文IT企業勤務会社員の投資+読書メモ+α
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 108日(平均1.1回/週) - 参加 2018/05/11 22:54

MAK さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 平成31年第1四半期決算 ミネベアミツミ
  • 売上高は前年同期比+9.2%、当期純利益は-13.6%と発表になりました。アナリスト予想の経常利益が11,119百万円に対して、実績が14,170百万円と上回りました。会社の業績予想も上方修正しています。8/3の終値は2,074円で目標株価は2,070円とほぼ同じ株価です。引き続き保有していきます。前年同期比と比べ売上高が上がったのに営業利益が減っているのが気になります。 [続きを読む]
  • 2018年7月26日 保有株式
  • 2018年7月26日にJパワーを100株追加取得しました。現在の保有株式は以下のとおり。スカイワークスソリューション 902,463(-74,017)ミネベアミツミ 798,000(-220,800)KDDI 938,400(87,900)JR東海 2,357,500(423,500)Jパワー 936,000(52,200)損益合計:268,693決算シーズン到来です。ミネベアの決算が少し心配です。 [続きを読む]
  • 【書評】人工知能は人間を超えるか
  • 【概要】日本の人工知能の第一人者である東京大学松尾准教授が人工知能(機械学習)について初心者でも分かりやすく書いた本【評価】★★★★【感想】ディープラーニングが既存の機械学習より優れている点は特徴量をコンピュータが自動で探し出してくれることである。この本では特徴量を抽出するためには多量のデータが必要であり、サンプル数の少ない、難しい判断を伴う業務である経営者の仕事は人間に最後まで残る仕事と述べてい [続きを読む]
  • 2018年Q3決算 SWKS
  • 売上高は前年同期比-0.7%、当期純利益は前年同期比+16.4%と発表になりました。5/10の終値は97.07USDで目標株価は111.2USDです。今期は減税のおかげで純利益は増加しているものの、売上高が前年同期比と同程度で成長が鈍化して来ている可能性があります。米中貿易戦争の影響が出ているのでしょうか… [続きを読む]
  • 2018年6月26日 保有株式
  • 2018年6月25日にJパワーを100株追加取得しました。現在の保有株式は以下のとおり。スカイワークスソリューション 976,480(-68,875)ミネベアミツミ 755,200(-263,600)KDDI 908,400(57,900)JR東海 2,356,500(422,500)Jパワー 553,200(-19,800)損益合計:138,126ミネベアの下げがキツイです。JR東海はPERが16倍に近づいたら売りです。 [続きを読む]
  • 【書評】魂の経営
  • 【概要】富士フィルムの経営についてCEOの古森さんが書いた本【評価】★★★☆☆【感想】本業としていたフィルム事業が急速に縮小していく中で富士フィルムはどのように変わっていったか記載されている。1.客観的に現状を知る。2.新しいビジネスを構想する。3.構想を仲間に繰り返し伝える。4.実行する。経営者には判断を絶対に間違えない覚悟が必要。どうしても期限までに決められない場合はどちらの案も大差ないと考える [続きを読む]
  • 【書評】経営がみえる会計
  • 【概要】会計の基本的なことが記載されている。【評価】★★★☆☆【感想】会計の初学者が勉強するにはよいが、ある程度知識のある人には物足りない本。繰延資産と引当金についてわかりやすく説明されていてよかった。繰延資産…支出を数期の費用として分割計上する。        繰延資産とするかは任意で決めることができる。       例)研究開発費引当金…将来に予想される支出を早い時点で分割費用計上する。    [続きを読む]
  • 【書評】企業変革力
  • 【概要】組織を変えるためのプロセスがわかりやすく書かれた本【評価】★★★★★【感想】1.企業変革を推進するためのプロセス ①危機意識を高める ②変革推進のための連帯チームを築く ③ビジョンと戦略を生みだす ④変革のためのビジョンを周知徹底する ⑤従業員の自発を促す ⑥短期的成果を実現する ⑦成果を活かして更なる変革を推進する ⑧新しい方法を企業文化に定着させる残念ながら私の組織には危機意識はないか [続きを読む]
  • 【書評】ルネッサンス
  • 【概要】日産のCEOのカルロスゴーンの自伝【評価】★★★★☆【感想】カルロスゴーンの目標設定はいつもわかりやすく、目標を決められればがむしゃらに頑張る日本人には合っている社長だと思う。カルロスゴーンがどのような思考をしてそのような目標設定を行ったかが本には書かれておらず、考え方を本から盗むことができなかったのは残念である。 [続きを読む]
  • 快人エジソン
  • 【概要】トーマスエジソンの伝記【評価】★★★★☆【感想】トーマスエジソンは発明家としてだけでなく、マーケッティングも優れており、発明品をどうやって世間に広めるかまで考えていた。電気だけでなく、化学、機械と幅広い分野の発明をしていた。一方で、お金の面については少し苦手だったようだ。エジソンは発明家というより起業家と言った方が適切だろう。 [続きを読む]
  • 経営学
  • 【概要】小倉昌男さんが書いたヤマト運輸の経営に書かれた本。宅急便サービスを開発してから発展させるまでの経緯が分かりやすく書かれている。【評価】★★★★★【感想】なにか新規にサービスを考える際に参考になる本。常に何かしらの数字(KPI)を設定し、改善を目指す考え方は参考になる。売上とか利益ではなくサービスレベルを測るKPIを設定するのがポイント。サービスレベル向上の結果が売上や利益につながる。ヤマト運輸は [続きを読む]
  • 過去の記事 …