天府亭 さん プロフィール

  •  
天府亭さん: HOeレイアウト -Desolation Row-
ハンドル名天府亭 さん
ブログタイトルHOeレイアウト -Desolation Row-
ブログURLhttp://narrow1000nights.bloggeek.jp/
サイト紹介文1/87スケール・軌間9mmの鉄道模型を、グラスを傾けつつ自分なりに楽しんでいます。
自由文ナローゲージと鉄道遺構、スコッチウイスキーをこよなく愛する者です。毎晩グラスを傾けつつ、車両やレイアウトを製作しています。
車両の材料は主に紙。家庭用のカッティングプロッタを活用し、手軽に気軽に工作しています。
また、上記の車両を運転するために、小さいながらもレイアウトを現在制作中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 135日(平均2.4回/週) - 参加 2018/05/12 13:07

天府亭 さんのブログ記事

  • やばいばあちゃんのゴミ屋敷を作る。
  • 自民党総裁が安倍さんに決まったが、カツカレー食い逃げ事件が話題になっている。投開票直前の必勝出陣の会で、333食のカツカレーを振る舞ったにもかかわらず、国会議員票は329票しかなかった。つまり4人は安倍さんの必勝カレーを食べながらも、安倍さんに入れなかったというわけだ。世間の反応を見ると、何かを食わせれば言う事を聞くと思ってるだの、モノで釣るなんてだの、カツカレーで日本の未来が左右される云々などと本質的 [続きを読む]
  • レイアウト近況
  • 昨日は息子を連れて東京ディズニーランドに行って来た。ウエスタンリバー鉄道、息子は気に入って3回も乗った。夜は土砂降りの雨だったけど、夜間悪天候の乗車は初めてだったのでなかなか良い経験をした。そんで、今日は全身筋肉痛。まあたまにはこう言うのも良いかな。でも、近頃はどこかに遊びにいくためには、体力回復日として更に一日多く休みを取らないといけない。これじゃまるでジジイだね。このところ少しづつレイアウトを [続きを読む]
  • スーパーツリーでリアルな森を
  • 晴海埠頭に東京2020の選手村タワマンを作るらしい。オリパラ終了後は分譲と賃貸のマンションになるんだそうだ。本当に大丈夫なのかね。最近、低層の高級マンションが流行ってるみたいだしね。まあ、〇〇は高いところが好きっていうし、今後も一定の層には需要は安定してあるのかもね。昨日は嫁さんが友達のところに出かけるって言うので、息子と一緒に東武博物館に行ってきた。大パノラマショーを見ていて、息子がヤード灯を見て「 [続きを読む]
  • スコッチパブ DaKを作る
  • 最近セブンイレブンのあずきもなかにハマっている。あずきの部分は大粒でちゃんと豆マメしていて、ミルクアイスも練乳の味が懐かしい。ただ熱量は320kcalあるので毎日食うと糖尿になる。そう言えば、先日6色インクの小マシなプリンタを買ったので、これで色々と印刷してみようと思う。駅名標とか、看板とかね。今日は設定で疲れたのでちょっとだけテストを兼ねて、最近放置気味の高架下店舗の看板を印刷。用紙は写真用の光沢紙。 [続きを読む]
  • ガラモン出現!その時街は…
  • 近頃若者は物欲がないとか言うけど、男30代物欲全開な僕である。やっぱり物欲があるってのはいいね。物欲もなくただ毎日仕事して食って寝て過ごすってのもつまらんし。金を稼ごうって気にもならん。別に必要な訳じゃないけど欲しい物とかやりたいこととか、それが趣味ってやつだしね。必要か必要ないかじゃなく欲しいと思うか思わないか。腕時計だってそう。腕時計が必要なら別にチプカシでも100均時計でもいいんだけど、やっぱ [続きを読む]
  • ドイツのアパートを昭和の公団住宅に。
  • 今日は仕事中に、今夜は何食べたい?と嫁さんからメール。あ、そう言えば今日は僕の誕生日だったか。まあでも、あんまり食べたいものがすぐに思いつかなかったので、鳥の唐揚げとタコの唐揚げと返信する。夕方、仕事を定時で終えて雨の中帰ってきたら嫁さんも同じタイミングで仕事から帰ってきた。雨の中買い物面倒だろうと思って有り物でいいよと言ったが、タコをわざわざ買いにまた出て行った。できた嫁さんだ、と思ったのも束の [続きを読む]
  • 昭和っぽいお店を作る。
  • 注文していたキットが届いた。さんけいみにちゅあーとシリーズの街角のお店5である。本製品はペーパーキットで、レーザーカットされているので、かなり細いモールドも表現されている。はめ込んで接着剤を流し込むだけで、非常にリアルな建物が出来上がるというわけだ。キット素組でちょいとウェザリングを施せば立派なストラクチャーの完成。のはずだったが、少々改善店があったので直してみた。まずは屋根。キットでは屋根だけは [続きを読む]
  • 駅前道路張替え&ゴーストタウン化!?
  • 駅前通りが狭すぎる!と思い、やり直すことにした。駅の高架下道路は路面を拡張し、斜めにクロスするようにした。この広さなら車ももすれ違えるし、駅前に宝くじ売り場と駐輪場もつくれる!路面はいつものようにダイソーの紙ヤスリをハサミでカットしたもの。ボンドでぺたり。紙ヤスリはカットすると丸まるので、端が浮いてしまう。そこで、浮いたところを瞬着で地面と固定する。瞬着が乾いて白くなってしまったところは黒のアクリ [続きを読む]
  • トタン外壁の外階段の設置(あだち銭湯展にも行ってきた)
  • 火曜日の昼に時間が取れたので、9月2日まで開催中のTHEあだち銭湯展に、平日の昼間から行って見た。お目当はこれ、山本高樹氏、町田忍氏 制作の明神湯ジオラマ。他にも銭湯にまつわる様々な展示物があり、当時の広告や注意書きなどは、そのフォントや挿絵から古き良き昭和の匂いを感じることができ、非常に興味深い展示であった。タイトルにも「見学」とあるが、「愉しむ」と言った方が正確だが、たまにいいものを実際に見ないと [続きを読む]
  • 目指しているものを見失いかけたが…
  • レイアウトのまん真ん中に作っていた住宅街が形になるにつれて次々にやりたいことが湧いてきてしまって迷走してしまったここ1週間。頭をリセットすべく、資料や他所のモデラーさんの作品を見つつ、アイデアを頭の中で整理する作業。やりたいことは、本当にたくさんある。昭和レトロな飲み屋横丁であり、九龍城砦やルーフトップヴィレッジのようなカオスであり、鬱蒼と生い茂る草木の中に佇む廃墟団地の不気味さであり、寂れた町の [続きを読む]
  • 駅前通り
  • これまで、駅前から社宅あたりまでの土地は舗装もされていない荒地だった。これだけ大きな社宅なのだから、せめて車が乗り付けられる舗装された道路が欲しい。そこで、駅前からレイアウトを縦断する車道を作ってしまう事にした。まずは、社宅の奥の断崖にトンネルを掘る。カッターで切り込みを入れ、銀のフォークでガリガリと切削。ひたすら掘る。入り口から中が真っ暗に見えるくらいいい感じに掘れたら終わり。貫通はしない。イミ [続きを読む]
  • 変則ホーム駅の制作(3)
  • レイアウトの手前に鎮座する駅ホームを、墨入れペンとウェザリングマスターで汚してみた。墨入れペンは流し込みタイプを使ったが、これが大失敗。先の塗装によってスジ目が詰まっていてうまく流れないのだ。仕方なく拭き取りタイプのようにやってみるが、拭き取れない。使い方が違うのだから当然か。シンナーを染み込ませたガーゼで軽く拭いたが、やはり塗装はボロボロになってしまった。ええい、それならこの塗装のボロボロさ加減 [続きを読む]
  • 出屋のある高層アパートの制作(6)
  • 先日、ツイッターを見ていると、イタリアのソレントというところにある製粉所の写真を見つけた。18世紀に建てられたこの製粉所は、レンガを積んで作られており、現在はシダ植物に埋もれた廃墟となっている。この写真を見て、植物に埋もれていく廃墟の美しさを感じ、これをレイアウトにも反映させることにした。ウッドランドシーニックス社製のフォーリッジクラスターにTOMIXのフォーリッジをまぶして建物に貼り付ける。レンガシー [続きを読む]
  • 変則ホーム駅の制作(1)
  • 昨晩の大雨のせいか、今朝は少し涼しかったが、やはり日中は暑い。夜になっても暑い。冷房を入れないと汗がダラダラ出てくる。一昨日、仕事帰りに小生の住む町に昔からある模型店に寄って見た。この模型店に来るのは約20年ぶり。小学生だった当時、プラモデルを買いによくこの店に来ていた。その時にたまたま目に入ったのは店の隅にある小さなレイアウト。当時「電車でGO!」ブームだったこともあり、少年誌上(小生が読んだ記事は [続きを読む]
  • 山と隧道の制作(3)
  • 地形の制作もちゃっちゃと進め、今夜は緑化事業である。木工用ボンド水溶液を作る。木工用ボンドを3,4倍の水で薄め、台所洗剤を数滴混ぜれば完成。100均で入手したスプレーボトルに入れて使う。TOMIXのカラーパウダーを三色使用する。山肌にボンド水を吹き付けてから、ブラウン→グリーン→ライトグリーンの順に山に散布する。次の色をまくときは、再度ボンド水を吹き付ける。側面には、手のひらに乗せたパウダーをフッと吹いて密 [続きを読む]
  • 山と隧道の制作(2)
  • 今日は朝から自転車で出張。会社からそう遠くない、2km弱ほど離れた協力会社に行く。まだ8時半なのに物凄い暑さ。汗が上半身全部から吹き出し、たちまちシャツはぐっしょり。しかし足取りはすこぶる軽い。何故ならば、今日は午後半休を取っているのだ。午前中の用事を終えて帰社し、正午まで事務作業。すごい汗だね。と同僚と上司にやや心配される。汗臭かったかな?ごめんなさい。正午まで仕事をきっちりとして、ダッシュで帰宅 [続きを読む]
  • 山と隧道の制作(1)
  • 今日も外は茹だるような暑さだった。夏季休暇を取得した小生は、初めて扱うプラスタークロスと格闘していた。………夏に入りレイアウト制作もペースを上げていきたいところである。今日は、蒸留所のヤードの裏手に山を作る事にした。ここに山を作った理由は二つ。①山に囲まれた蒸留所というコンセプトを表現するため。②ヤードとエンドレス部分の位置関係が不自然なため、この二つのシーンを明確に分割したかったため。………まず [続きを読む]
  • 出屋のある高層アパートの制作(5)
  • 毎日暑くて嫌になるが、頑張って生きて行かねばならない。ブログを更新するのも気が重いので、気軽なツイッターも始めてみた。どうでもいいことはここで発言することにする。本業の方も暇になってきたので、重い腰を上げて一気にレイアウトの制作に取り掛かりたい。まずは金宝別住宅、通称・魔窟に出屋をペタペタと貼り付けてみた。とりあえずサフ吹きと雑にウェザリングをかけてみた。あとは筆での塗装となる。トタン屋根や雨樋、 [続きを読む]
  • 出屋のある高層アパートの制作(4)
  • 九龍城砦の写真を見ていると、鉄格子で覆われたベランダがついた部屋が目につく。自前の資料がないため、著作権の関係上ここでは写真の掲載はできないが、九龍城砦の画像は書籍も多くあり、また、インターネット上の多くのウェブサイトにも掲載されているので、気になった方は是非ご覧いただきたい。ビルの側面に鳥かごのようなベランダがびっしりと並んでいる写真を幾つも見つけることができる。最初このベランダを見たときに、真 [続きを読む]
  • 出屋のある高層アパートの制作(3)
  • ネットで色々と情報収集をしていると、カッティングプロッタでプラバンを切れることがわかった。正確には切るというよりもプロッタでスジをつけて、そのスジを手で折って切り離すという方法だ。早速その手法で、出屋を大量生産して見た。本体となる部分は0.2mm厚のプラバンで制作し、屋根は0.2mm厚のプラ波板をカット。窓枠や、格子などの細かいパーツは、初めはプラバンで作ったが、折れてしまって上手く切り離せなかった為、紙で [続きを読む]
  • 関東は梅雨明け 猛暑はフィデックのソーダ割りで乗り切ろう
  • 今日は親父の4回目の命日。朝少し早起きして、車で越谷市の寺まで墓参り。我が家の墓は何故か縁もゆかりもない越谷市にある。帰り道のカーラジオでは、関東は梅雨明けと「見られる」としきりに言っている。「見られる」ってなんだよ。と思っていたら、どうやら最近は気象庁が梅雨入り梅雨明け宣言をしなくなったそうだ。その理由は、予報が外れてクレームが殺到したから。だそうだ。個人的には、役所はクレーマーに負けてはいけな [続きを読む]
  • 出屋のある高層アパートの制作(2)
  • マンハッタンというカクテルがある。ミキシンググラスにアンゴスチュラ・ビターズを1振りし、スイートベルモットを1/4,バーボンあるいはカナディアンウイスキーを3/4入れてステアし、グラスに注いだあとにマラスキノチェリーを沈ませるアレだ。これを、スコッチウイスキーで作ったものがロブ・ロイである。今夜はラフロイグとタリスカーという2種類のシングルモルト・スコッチ・ウイスキーで作ったロブ・ロイを飲みつつ、これを書 [続きを読む]
  • 出屋のある高層アパートの制作(1)
  • 以前にも書きましたが、テーマはスラム街の高層アパート。九龍城砦+大阪市営下寺住宅がモデルです。レイアウトの中心部に位置しています。ダイソーのカラーボードで作った箱を仮置きしただけの建物(写真右奥)もありますが、左手前の細長い建物から徐々に作っていくことにしました。出屋の部分は、資料を見ながらひとつひとつプラ板とアルミの波板で作っていきます。窓枠は、クラシックストーリーシリーズのものを使用しています [続きを読む]