シフクのひと さん プロフィール

  •  
シフクのひとさん: シフクのとき
ハンドル名シフクのひと さん
ブログタイトルシフクのとき
ブログURLhttp://www.shifukunotoki.xyz
サイト紹介文国の役人をやめて田舎でシフクのときを過ごしている人が、役人としての経験や今の暮らしを綴るブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 14日(平均34.5回/週) - 参加 2018/05/12 21:03

シフクのひと さんのブログ記事

  • 【運営報告】開始から2か月、PV数は28,000を超えました。
  •  私がはてなブログを始めてから2か月が経ちました。 2か月目はいろんなことに挑戦し、たくさんの方々にアドバイスを頂きました。 本当に感謝しています。 おかげさまで「シフクのとき」の運営は順調です。 今日は2か月目の運営実績と2か月目に挑戦したことを報告します。2か月目の運営実績 1か月目の運営報告では、正確な数値を出していましたが、アナリティクスの規約違反となるようなのでおよその数値を報告します [続きを読む]
  • 食は人間の3大欲求を唯一具現化できるものです。
  •  今まででいろいろなものを食べました。 生まれ育ったところや引っ越した先の郷土料理、国内の有名店や隠れた名店の料理、留学先や旅行先の各国料理など思い出すだけでよだれが出てしまいます。 食欲は人間の3大欲求の一つです。 食欲だけはこの年(年齢非公開)になっても全く衰える気配がありません。 そんな私が東京で勤務している頃に参加していたのが「世界を食す会」です。 「世界を食す会」とは 都内にいなが [続きを読む]
  • この雑誌を読めば、気分は政財界のエグゼクティブ
  •  私の愛読書の一つに「選択」という月刊誌があります。 あまり耳にしたことがない雑誌だと思います。 この雑誌、書店では購入することができません。 でも、この雑誌はとても面白いんです。 今日はこの「選択」について紹介します。 三万人のための情報誌 「選択」の特徴 「選択」の魅力三万人のための情報誌 「選択」は「三万人のための情報誌」を標榜しています。www.sentaku.co.jp なんで「三万人」なので [続きを読む]
  • 自分の意見を持ち、それを表に出すことで思考に磨きがかかる
  •  30歳を過ぎたら、いろんな分野で持論を持つようになりました。 持論とは「かねてから主張している自分の意見・説」です。 それらの意見が正しいか正しくないかは置いといて、自分の意見を持つことは良いことだと思っています。 私の経験 自分の意見を表に出すメリット 言いたいこと私の経験 20代の頃は知識や経験に乏しかったので、なかなか自分の意見を持つことができませんでした(若い人でも自分の意見を持って [続きを読む]
  • 今年はセルフメディケーション税制を使おう。
  •  2017年になってからドラッグストアでこのマークを見かけたことはありませんか? 2017年1月1日から始まった新しい税制「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」の対象製品であることを示す識別マークです。 セルフメディケーション税制を上手に活用したら節税にもつながります。 今日はそのセルフメディケーション税制について紹介します。 セルフメディケーション税制ってなに? 対象となる人について 対 [続きを読む]
  • 今や資産運用は社会人のマストスキルかもしれません。
  •  資産運用なんてお金持ちがすることでしょう。 そう思っている時期が私にもありました。 私が20代の頃は堅実に貯金していました。 堅実にというより、国家公務員の場合は、共済貯金の利率が高かったので預金しておけば増えていきました。 しかし、国の役人を辞めて、いざ民間の銀行に預けようと思ったとき、その利率の低さに改めて驚かされました。 そのときから資産運用に興味を持ち始め、少額ですが少しずつ得するように [続きを読む]
  • 「君のブログ、わかりにくいよね」という夫の言葉がきっかけです。
  •  私がブログを運営していることを夫も知っています。 私がブログの記事を書いているときも、特に興味なさそうに横に座っています。 ブログを始めてから1か月以上の間、夫がブログについて何か言うことはありませんでした。 そんな夫が昨晩、ぽつりと言いました。 「君のブログ、わかりにくいよね」夫との会話 夫「君のブログ、わかりにくいよね」 その言葉を聞いたとき、私はむっとしました。 私「え?私のブログ [続きを読む]
  • 「君のブログ、わかりにくいよね」という夫の言葉がきっかけです。
  •  私がブログを運営していることを夫も知っています。 私がブログの記事を書いているときも、特に興味なさそうに横に座っています。 ブログを始めてから1か月以上の間、夫がブログについて何か言うことはありませんでした。 そんな夫が昨晩、ぽつりと言いました。 「君のブログ、わかりにくいよね」夫との会話 夫「君のブログ、わかりにくいよね」 その言葉を聞いたとき、私はむっとしました。 私「え?私のブログ [続きを読む]
  • この雑誌を読めば、気分は政財界のエグゼクティブ
  •  私の愛読書の一つに「選択」という月刊誌があります。 あまり耳にしたことがない雑誌だと思います。 この雑誌、書店では購入することができません。 でも、この雑誌はとても面白いんです。 今日はこの「選択」について紹介します。 三万人のための情報誌 「選択」の特徴 「選択」の魅力三万人のための情報誌 「選択」は「三万人のための情報誌」を標榜しています。www.sentaku.co.jp なんで「三万人」なのでし [続きを読む]
  • 昔話のCMと日本人のナショナリズムについて考えました。
  •  私はテレビ番組よりCMを見るのが好きです。 CMはその時代背景を色濃く反映していると思います。 少し前から、テレビ見てると昔話ネタのCMを見かけます。 これはどのような背景からくるのでしょうか? 今日はそのことについて考えてみました。 auの「三太郎」シリーズ 他にもある昔話のCM なぜ昔話のCMに魅かれるのかauの「三太郎」シリーズ 普段よく目にするテレビのCM いろんなCMがありますが、いつも楽しみに [続きを読む]
  • ギリシャ料理を食べて心の小宇宙を熱く燃やしました。
  •  ギリシャってなんとなくおしゃれな雰囲気ですよね。 エーゲ海に浮かぶ無数の島々やパルテノン神殿などの遺跡…ペガサス幻想… しかし、ギリシャ人が何を食べているかというとピンときません。 というわけで、「世界を食す会」でギリシャ料理を食べにいったことがあります。 今日はギリシャ料理について紹介します。 ギリシャ料理「SHUPOUL」 おすすめの料理と飲み物 少し意外だったギリシャ料理ギリシャ料理 [続きを読む]
  • 空き家の問題、実は意外と放っておけない問題なのです。
  •  4月に愛媛県今治市の造船作業場から受刑者が脱走した事件がありました。 脱走した受刑者は「空き家に潜伏していた」、「空き家などにあった食料を食べた」とも供述しているようです。 本事件で空き家の問題が取りざたされましたが、空き家の問題は防犯面だけではありません。 私の住んでいる田舎でも空き家は増加しており、様々な問題を抱えています。 今回は、空き家の問題について紹介します。 空き家の現状 空き家 [続きを読む]
  • 【意外と簡単】幼稚園で大好評だった「跳ぶカエル」の作り方
  •  昨日は幼稚園の参観日でした。 そこで折り紙で「跳ぶカエル」を折ったところ、予想外に大好評でした。 なので「跳ぶカエル」の折り方を紹介します。 全国的に雨が降っているようですし、簡単なので作ってみてはいかかでしょう。 大人もハマってしまいます。 折り紙を用意する 半分に折る X字の折り目をつける 折り目に沿って二等辺三角形を作る 正方形側を半分に折る 長方形側を内側に折り込む 折り込 [続きを読む]
  • 【意外と簡単】幼稚園で大好評だった「跳ぶカエル」の作り方
  •  昨日は幼稚園の参観日でした。 そこで折り紙で「跳ぶカエル」を折ったところ、予想外に大好評でした。 なので「跳ぶカエル」の折り方を紹介します。 全国的に雨が降っているようですし、簡単なので作ってみてはいかかでしょう。 大人もハマってしまいます。 折り紙を用意する X字の折り目をつける 折り目に沿って二等辺三角形を作る 正方形側を半分に折る 長方形側を内側に折り込む 折り込んだところをさ [続きを読む]
  • 相続に関するスケジュール、知らないと損をするかもしれません。
  •  GWに帰省した際、両親が年をとったことを改めて実感しました。 当たり前のことですが、両親もいずれ亡くなってしまいます。 最近、相続についてよく考えるようになりました。 まだ勉強不足ですが、一つだけ言えることがあります。 それは相続に関するスケジュールを知っておかないと損をするかもしれないということです。 相続の発生について 相続に関してまず確認すること 正しい遺言書がある場合の相続 正し [続きを読む]
  • 子どもがよくうんちを踏む理由、それは子どもには未来があるからです。
  •  子どもはよくうんちを踏みます。 私も子どもの頃、踏んだことがあります。 しかし、大人になってから踏まなくなりました。 それはなぜか… とてもくだらないことを考えてみました。 子どもの歩く場所が悪い説 大人は下を子どもは上を見て歩く説 大人は注意力が高く、子どもは注意力が低い説 大人は未来より現実を見て、子どもは現実よりも未来を見ている説 まとめ子どもの歩く場所が悪い説 子どもは歩いて [続きを読む]