mortinvs さん プロフィール

  •  
mortinvsさん: mort投資ブログ
ハンドル名mortinvs さん
ブログタイトルmort投資ブログ
ブログURLhttp://mortinvs.net/
サイト紹介文30代投資家。米国株、日本株に投資しています。状況を見つつ米国株への割合を高めていく予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 15日(平均7.0回/週) - 参加 2018/05/12 21:35

mortinvs さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • IPOの概要と2017年におけるIPO投資結果
  • IPOとは新規上場と呼ばれ、会社が新規に証券取引所に上場することを意味します。内容としては、新規で株式を発行して市場に売り出し、設備投資や新しい事業のためにお金を調達するものです。簡単に纏めると、企業としてはお金が欲しい、だから銀行から借りるという方法を取るのではなく、株を作って証券取引所で売ってお金を市場から手に入れるということです。 ■IPOの良い所IPOはローリスク・ハイリターンと言われており、その理 [続きを読む]
  • 2017年の配当状況
  • Youtubeにある鈴木達也せんせいのトレーニングを始めました。これで私もムッキムキになることが出来るかもしれないとの希望を抱きつつ、いつまで続くかとの不安も抱きつつであります。それはさておき、2017年の配当状況を以下に示します。まずは特定口座から。 銘柄銘柄数量受渡日税引前配当金額税引き後9722藤田観光1000株2017/03/29400031883048ビックカメラ100株2017/05/12500399?第61回個人向け利付国債(変動・10年)100 [続きを読む]
  • ポートフォリオ。それは投資家の名刺ー投資信託編
  • mortと申します。雰囲気投資家をやっており、名の通りフットワークが軽い所があるため投資信託のポートフォリオもその気概を感じることが出来ると思いますが、投資に対する姿勢は人一倍であると自負しております。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。スッ (名刺2018/05/23時点銘柄口座平均取得価額現在値前日比評価損益ひふみ投信特定51,414円20,703円+703円ひふみプラス40,106 円1,622 円+122 円楽天・VT9,932 円2,005 円+105 [続きを読む]
  • 仮想通貨における三菱UFJ銀行の本気
  • 私は仮想通貨に3万円を突っ込んでいましたが、その後コインチェック騒動が起こりましたが、さらに三菱UFJ銀行が仮想通貨に手を出したとニュースに出た後に、私の仮想通貨ライフは終了しました。あ、ちなみに損益は-18000円位で、どうみても勉強にすらならない失敗です。本当にありがとうございました。 ■UFJのネットワーク提携先に本気を感じるそんなUFJが手掛ける仮想通貨におけるブロックチェーン技術について、つい先日に情報 [続きを読む]
  • 2017年は何をしたか
  • 今日は個人の感想文に近い内容です。手数料とボラリティの関係もあり、私は株の短期売買は日本株のみをやっています。2017年の日本株における売買履歴を見ていたら、オリックス株の売買を複数回行っているようでした。「買う → 売る」を粘着し、その数8回。私はどれだけオリックスが好きなのかと疑わんばかりの粘着をしていたようです。と、本来今日は去年の総合利益を記述しようと思っていましたが、どの口座でどの取引をしたか [続きを読む]
  • dポイントによる投資
  • dポイントクラブアプリを開いたところ、dポイントを預けることによって投資体験(実際には投資結果によってポイントが増減するので注意)が出来るとのサービスが追加されていたので、調べてみました。ただ記述する前に前置きとして、dポイントはドコモの通信費などの支払いに使用することが出来るため、支払いで浮いたちょっとのお金で買える投資信託などを購入した方が…と思ったりはするのですが、変わった面白いサービスが出てい [続きを読む]
  • 米国債の発行状況と金利-20180519
  • 米国にて2017年12月に米税制改革法が成立しましたが、連邦政府の歳入は今後10年で約1.5兆ドル(約164兆円)の減収となる見通しも出ており、かつ2018年2月には今後10年間で1.5兆ドル(約164兆円)となるインフラ投資の詳細案が出ました。上記から、国債の大量発行は金利の変動に繋がるため、今後は国債の発行状況がどのように推移するかについても見守る必要がありますので、TreasuryDirectの発行済み国債残高のデータをグラフ化しま [続きを読む]
  • 日本の通信・情報技術を担う国立研究開発法人
  • 株式とは直接の直接は関係はありませんが、今後の通信・情報技術の動向を見る上でも私が楽しみに情報収集している、日本の研究開発を行う国家機関を紹介します。 NICT-情報通信研究機構通信技術、情報技術等の研究開発を行っている国立研究開発法人です。その開発力と範囲は広く、衛星・地上などの通信技術を含む無線やネットワークの技術だけでなく、暗号化、翻訳、リモートセンシングなど、様々な方面の最先端技術の開発を行って [続きを読む]
  • 配当そのものを出口戦略における一次的な利確として考える
  • まず最初に結論を書くと、表題の通り出口戦略の一つとして、配当金を受け取ることにより一次的に利確を行っていますよ、という考え・スタンスを私は持っています。そして連続増配高配当株を押す流れで書きます。 まず投資を行う以上、利確という出口戦略を必ず考える必要がありますが、それも保有する金融資産によって大きく方向が変わります。私はグロース株、バリュー株、連続増配高配当株、etf、投資信託を保有しておりますが、 [続きを読む]
  • バカでも稼げる「米国株」高配当投資 を読んで
  • 旅行の際に空港で空き時間があったため、本屋にて良い本は無いかと彷徨っていたところ、バフェット太郎さん(以下 筆者と記述を失礼します)の本である “バカでも稼げる「米国株」高配当投資” が偶然一冊あったため購入しました。 まず本書を読んで一番初めに感じたところを挙げると、効果・親和性が高い読者層は、投資に初級〜中級位の知識があり、かつ日本株、米国株、のどちらかに知識がある方との印象を受けました。しかし、 [続きを読む]
  • Philip Morris(PM)の下落を受けて
  • 2018/4/20にPhilip Morris(PM)の四半期決算にて、日本への普及が予想以下であり、出荷量のったことにより前日比16%安に達しました。これを受けて私の方針としては、「静観」又は「買い増しの検討」とし、売却を行うことはしません。自己の足元を見るという点では、NISA口座で購入したため非課税5年縛りがもったいなく、かつ高配当であるから長期保有により配当でペイ出来る、ということもありますが、PMのキャッシュフローは潤沢 [続きを読む]
  • クレジットカードのススメ
  • 私生活において、支払いは常にクレジットカードで行うようにしています。一番の理由はポイントを手に入れるためであり、それによって多少なりにも節約効果が期待されることからクレジットカードの支払いを基本としております。私が通常使用するカードは楽天カードですが、支払金額に応じて1%のポイント還元があります。月々の生活費を支払った結果、毎月およそ500〜700ポイントを受け取っています。(現在の住居は家賃はクレジット [続きを読む]
  • 東電の上昇
  • 東京電力がジワジワと値を上げてきました。福島の原発事故が発生したため、国が原子力損害賠償・廃炉等支援機構を立ち上げての支援を行っております。つまり実質国の手が入っている状態です。保有株数も160,000万株(49.8%)となっており、国としても東電株の値段を上げる事は必須となっています。そのため保有数から見て東電の株価を上げた後に売却か、JTのように配当の種として国家予算に組み込むか、又はそれ以外になると考えてい [続きを読む]
  • 米国株ポートフォリオ公開
  • 早速ですが、私の米国株式ポートフォリオを貼ります。口座ティッカー名枚数損益(ドル)NISAPMフィリップ モリス インターナショナル20-461.4HDVIシェアーズ コア 米国高配当株 ETF50-296.5VDCバンガード 米国生活必需品セクター ETF16-273.92BTIブリティッシュ アメリカン タバコ ADR10-116.4HSBCHSBC ホールディングス ADR20-67NGGナショナル グリッド ADR20-60.2MOアルトリア グループ5-50.9WBKウエストパック バンキング ADR10- [続きを読む]
  • 初投稿
  • 初めてのサーバレンタルと、そこで何が出来るかを試みたかったこともあり、兼ねてブログを書くことを決めました。数年前より株に凝っていることもあり、投資関連の記述していく予定です。なお、現在行っている投資は以下の通りです。(比率は結構な偏りが生じています)■投資対象・日本株投資(個別、投資信託)・米国株投資(個別、インデックス、ETF、投資信託) [続きを読む]
  • 過去の記事 …