cheapeer さん プロフィール

  •  
cheapeerさん: あるドイツ語学習者の断想
ハンドル名cheapeer さん
ブログタイトルあるドイツ語学習者の断想
ブログURLhttps://cheapeer.hatenablog.com
サイト紹介文ゼロからのドイツ語学習。ほんの少しだけ見えてきた学習のコツを共有できればと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 11日(平均13.4回/週) - 参加 2018/05/13 12:11

cheapeer さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 独独辞典を使っていきたい話
  • German Learner's DictionaryLangenscheidt GmbH & Co. KG辞書/辞典/その他2,400Langenscheidt Taschenwoerterbuch Deutsch als Fremdsprache: Einsprachig Deutschメディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見るiPhoneにも入れていますし、物体としての辞典もかなり前に購入済みでしたが、つい母国語に頼ってしまい、これらを使わない日々でした。そろそろこれらも使っていこうかという決意のエントリーでございま [続きを読む]
  • 『まいにちドイツ語』を聴いて
  • 今朝の放送分からの抜き書きDarf ich Ihnen Brot anbieten?(パンをお勧めしてもいいですか?)頑固で硬質なイメージを持たれがちなドイツ語にだってこれくらいのエレガントな表現はある、と。許可を尋ねる表現。英語と同様に、ドイツ語にもいくつかの助動詞があります。できる(可能) könnenしてもよい(許可)dürfenしなければならない(義務)müssenべきだ、だそうだ(他者の意図や意向や伝聞)sollenするつもりだ [続きを読む]
  • 『耳が喜ぶドイツ語』の可能性
  • 『耳が喜ぶドイツ語』の付属CDを時々聴いています。CD2枚付 耳が喜ぶドイツ語 リスニング体得トレーニング作者: クリストフヘンドリックス,マリアリューディアタナベ,近藤美樹子出版社/メーカー: 三修社発売日: 2013/03/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見るコンパクトなコラムが何と106も収載されています。自己紹介から日独の食、文化、社会およびその比較論まで多岐に渡ります。88番目には「 [続きを読む]
  • なぜドイツ語を学ぶのか02
  • 唐突ですが、あなたにとって日本語とは何でしょうか?日常的に運用しているかけがえのないものでありながら、そのこと自体を感じない、そのようなものかもしれません。当たり前で、自明で、あえて意識することのないものかもしれません。*1もし日本語が無かったら?言葉を使って人は思考します。「言語の限界が思考の限界だ」というようなことを、ある哲学者*2が言いましたね。日本人の私は基本的には日本語で物事を捉え、考え、 [続きを読む]
  • 『まいにちドイツ語』(2018/5/18)と「Trio」
  • Lektion 12 Magazinartikel 第12課 Philosophenweg - Kiyomizudera 哲学(者)の道ー清水寺NHKラジオまいにちドイツ語 2018年 05 月号 [雑誌]出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2018/04/18メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る哲学。この言葉に魅せられている私ですが、ドイツ語学習のモチベーションの一要素でもあります。なぜドイツ語を学ぶのか01 - あるドイツ語学習者の断想そういう意味で今回の記事は他のものよりも [続きを読む]
  • お世話になっているサイト:和独辞典
  • 和独辞典Wadoku - Japanisch-Deutsches Wörterbuch - wadoku.deこちらをよく使わせていただいております。ちょっとした調べものに重宝します。ユーザーそれぞれが作成に携わるタイプのサイト*1で、生きた表現が得られそうな感じがします。ログインをすることにより、単語を保存*2することができます。割とくだけた表現や口語的な表現にも対応しているようです。Suche: っていうか - wadoku.deSuche: なんでやねん - wadoku.de [続きを読む]
  • 『まいにちドイツ語』と『絵で見るドイツ語』
  • 『 まいにちドイツ語』今日*1はこの二週間の復習。復習というのは自主的に時間をとってやるものだとも思いますが、一回*2を使って、一定期間を「公式に」復習するという形をとっています。これはつまり復習の重要性を物語るものでもあると思うし、同時に、このタイミングでおさらいすることが望ましいということなのかもしれない。『絵で見るドイツ語』この本が面白いです。日本語を経由せずドイツ語で捉え、ドイツ語で言い表すこ [続きを読む]
  • 『まいにちドイツ語』を聴いて
  • Kann ich Ihnen ein Glas Wein anbieten?ワインを一杯いかがですか?基礎的なセンテンスです。しかしながら、改めて解っているつもりの表現であっても、このように書く*1ことで気づくことが多い、そのことに気づきます。伝える、教えるという行為の意味が見えてきます。*2また、まいにちドイツ語を聴き始めたころは、テキストに書かれている箇所以外は何を言っているのか聴き取れなかったのですが、最近は、講師とネイティブある [続きを読む]
  • 『必携ドイツ文法総まとめ』
  • 文法書として、学習初期に通読した一冊。必携ドイツ文法総まとめ作者: 中島悠爾,朝倉巧,平尾浩三出版社/メーカー: 白水社発売日: 2003/06/01メディア: 単行本購入: 8人 : 214回この商品を含むブログ (23件) を見る特に学習初期*1によく取り組んだ覚えがあります。本文中、青い文字で書かれた部分があるのですが、この箇所は応用的*2な内容。後回しにしてもよい、らしい。そろそろ青文字についてもマスターする時期なの [続きを読む]
  • iPhoneアプリ German Radio でドイツ語学習
  • German Radio という無料のiPhoneアプリをご存知でしょうか?German RadioFredosApps, LLCミュージック無料沢山の無料ラジオチャンネルが用意されています。ニューストーク音楽*1とカテゴリも賑やかです。生のドイツ語を聴くという行為の真の効能は定かではありませんが、いわゆる耳を慣らすということには一役買っているのではないでしょうか?*2リスニング力をつけるために聴くというよりも、今の自分のリスニング力を測る意味 [続きを読む]
  • 『アクセス独和・和独辞典』
  • アクセス独和・和独辞典物書堂辞書/辞典/その他7,400これ無くして今の私は無し。*1iPhone上、画面の下にアプリを固定できますが、そこに常設しています。もちろん調べ物で使うもよし。単にパラパラ*2と眺めるもよし。主要な動詞の活用表も収載されています。またブックマーク機能もある。閲覧履歴も自動的に記録されます。紙の本か、電子書籍か、という議論がよく繰り広げられていますが、ことこのような辞書については [続きを読む]
  • 『日本語から考える! ドイツ語の表現』
  • この本に取り組んでいます。*1日本語から考える! ドイツ語の表現作者: 清野智昭,山田敏弘出版社/メーカー: 白水社発売日: 2011/04/22メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 2人 : 18回この商品を含むブログ (2件) を見るなかなか面白いですね。和文独訳の練習。アウトプット力の鍛錬になりそう。ノートと併せて常時携行したい!この方の著書を数冊持っています。どれも解説が明快という印象。中身*2の話ドイツ語 [続きを読む]
  • なぜドイツ語を学ぶのか01
  • そもそもなんでドイツ語なのさ?「何でドイツ語やってんの?」 よく聞かれます。「ドイツ語をやって役に立つの? 意味あるの?」 そのように思うのかもしれませんね。英語のほうが実用的だよね! その通りです。実利的にはまさしくその通りだと思います。何か目的があって学んでいるというよりも、学ぶことそのものが目的なのかもしれません。手段の目的化。ドイツ語の魅力そもそも、私が何に興味を持っていたか、というところ [続きを読む]
  • まいにちドイツ語と『ドイツ単語5500』
  • まいにちドイツ語を聴く嵯峨野について書かれた(架空の)ドイツ語雑誌記事。毎朝7:00からの15分間。たいてい通勤中に。重要表現はfrueher 〜 、 heute 〜 「かつては〜、 今日(コンニチ)は〜」一つの文の中で、時制の一致をする必要がないドイツ語。英語とは違う。こういう所は、ステレオタイプなドイツ人気質としてよく挙げられる、律儀で合理的なそれとは一線を画す。いや、時制の一致そのものが非合理的なこともあるの [続きを読む]
  • ドイツ語教材 個人的なオススメ
  • ドイツ単語5500作者: 大岩信太郎出版社/メーカー: 郁文堂発売日: 2000/01/01メディア: 新書購入: 1人 : 3回この商品を含むブログ (2件) を見るこの本こそ、知の宝庫。覚えにくい(とっかかりのない)単語が入りやすくなる。語源を辿ると、ドイツ語も英語も同じ土壌から出たものであることを思い知る。確か独検準1級に必要な単語数として、独検公式サイトには5000語と書かれていた。この本をマスターすれば良いかもし [続きを読む]
  • まいにちドイツ語、ジャーマンポップス
  • まいにちドイツ語今日は木曜、応用編。このシリーズは二度目の放送。架空の雑紙社が日本を紹介する。木曜はダイアローグ、金曜は雑紙記事(モノローグ)。この形式も効果的。日本語もそうだが、話し言葉と書き言葉には大きな違いがある。重要表現Deshalb bin ich mit dem Bus am Fluss Hozu hochgefahren und habe mir eine Bootsfahrt zurück gestattet.※sich3 etw4 gestatten 「あえて〜(何か特別のことを)する」この gest [続きを読む]
  • まいにちドイツ語と『笑うときにも真面目なんです』
  • まいにちドイツ語、聴取今日は水曜なので入門編*1。自分にとっては復習。否定疑問文への doch による回答。「そう思うでしょ? ところが、そんなことはなくてね」のようなニュアンスかな。『笑うときにも真面目なんです』を少々。Die Deutschen... und die Berlinerをループして聴く。この方の声は心地よく、他の音声付き教材にもあたったことがある。ありがたい。仕事上のメモやタスク、todo list*2について極力ドイツ語を [続きを読む]
  • このブログについて
  • はじめまして。このブログは普通の会社員のドイツ語学習記録帳です。自分が何を学んだのか、学ぼうとしているのか、そして使ってみて手ごたえのあった本や教材についても公開していく方針です。もしも、あなたが私と同じようにドイツ語に興味をお持ちならば、多少は役に立つものになるかもしれません。書き手は誰なのか?いわゆる普通の会社員です。2014年からドイツ語を独学しはじめ、2017年にはドイツ語技能検定試験2級に合格し [続きを読む]
  • 過去の記事 …