とねお さん プロフィール

  •  
とねおさん: 東大法学部卒サラリーマンの高等遊民夢見録
ハンドル名とねお さん
ブログタイトル東大法学部卒サラリーマンの高等遊民夢見録
ブログURLhttps://koutouyuumin.com
サイト紹介文東大法学部卒のへぼサラリーマンが高等遊民に恋ひ焦がれて米中日株投資で資産を形成(または減少)します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 156日(平均6.1回/週) - 参加 2018/05/13 12:57

とねお さんのブログ記事

  • サラリーマンの悲哀〜最も敬愛していた上司が本社を去る
  • サラリーマンをしているとどうしても移動は避けられません。2年や3年で突然門外漢の部署にローテーションをさせられるというのは珍しくありません。有名なIT企業では、1年の間に必ず部署の10%の人間を異なる部署に異動させ交代させるというルールを設けている会社もあります。部署に絶対必要な人や、この人がいないと仕事が回らなくなるという人が突然去っていきますが、それでも異動後は何事もなかったかのように仕事は回り [続きを読む]
  • トルコ・リラショックによる金融危機とトルコ・リラの苦い思ひ出
  • トルコ・リラの急落で、世界金融市場が不安定になっています。トルコ・リラという文言は、以前FXで損失を献上した苦い思い出の記憶をうずかせます。高金利通貨という誘惑に駆られ抗えませんでした。また買った当時既にリーマンショック時と同等のレートまで下がっているからまさかこれ以上下落することはないだろうと思っていました。僕がトルコ・リラに投資した初期の頃は1日でスワップが140円くらいもらえる時期だったので、 [続きを読む]
  • 2018年8月資産記録〜手付金支払前の直近高値
  • 本当は7月末で記録を載せれればよかったのですが、さぼってしまいました。マイホームの手付金の支払いで資産が減るので、支払い前の直近高値の資産額として載せておきます。1ドル110.97円、1香港ドル14.13円で計算しています。アメリカ株式11,909,783(107,324.51USD)日本株式2,580,000中国株式1,580,580(111,860.00HKD)日本円1,710,000香港ドル386,440(27,348.93HKD)米ドル74,237(668.99USD)合計18,241,040円なんとか1 [続きを読む]
  • 2018年7月の配当金は13銘柄から43,441円
  • もう8月も半ばですね。僕は6月半ばから7月末までの夏が1年で1番好きな季節なので、去りゆく8月の背中が見えそうになると、切なくなります。一方通行に過ぎてゆく時の流れを憂います。7月の配当金が出揃ったので記録します。1ドル110円、1香港ドル14円で税引後で計算しています。アメリカ株と中国株の計13銘柄から合計43,441円でした。アメリカ株12銘柄から、354ドル、日本円で39,000円ほどです。自 [続きを読む]
  • サブプライムローンは貧困ビジネス
  • もう10年くらい前に発売されてベストセラーになった岩波新書から出版されている新書「ルポ 貧困大国アメリカ」(堤未果著)という本を今更感がありますが読んでいます。アメリカの資本主義の暴走の結果、格差が広がり中間層が疲弊し、貧困層が再生産されているというアメリカ社会の闇を描いた内容となっています。具体的な例としては、これまで非民営化で運営されていた機関が民営化された結果、国民の命や公共の福祉よりも利潤 [続きを読む]
  • ストップ安台風
  • 台風13号の日本接近に伴い、会社で「台風・会社・帰宅命令」、「台風・なぜ夜に来る・理由」とグーグル先生で検索したサラリーマンの方は多いのではないでしょうか。その中でも僕は筆頭格です。常時台風の進路を確認するのに余念がなく、いつ早期帰宅命令が会社から出るのかそわそわわくわくしながら待っていました。小学生のころは、夜中に来る台風の風雨が雨戸に当たる猛烈な音に恐怖を感じ布団を頭までかぶっていた反面、暴風 [続きを読む]
  • 株価の動きに無関心になる方法
  • 株式投資をしていると、仕事中も株価が気になってついついスマホで確認してしまったり、アメリカ市場が開く時間を心待ちにし、市場が開けば3分おきに証券口座のページを更新して持ち株の株価を無為に確認してしまうというのはあるあるだと思います。僕は昔FXをしている時が1番この症状がひどく、2分おきに最新の為替状況を確認せずにはいられず、市場が開いていない土日祝日が退屈でたまりませんでした。このような中毒的な症状 [続きを読む]
  • 新築マンションの手付金を減額させるたった1つの方法
  • 最近マイホームのことで頭がいっぱいで、頭の中が完全にマイホーム>>>投資になっています。物件の仕様や住宅ローンの検証といったことに加え、手付金を支払うとキャッシュが枯渇し新規投資がしばらくできそうにないのも理由の1つです。今日は、実際に手付金の減額に交渉で成功した方法を紹介したいと思います。現在新築マンションの購入を考えている方や、将来的にマンションの購入を検討する可能性のある方には、手付金の減額 [続きを読む]
  • 積水ハウスがホワイト企業すぎてレンタル移籍希望
  • 積水ハウスが26日に「男性社員1ヵ月以上の育児休業完全取得」を宣言しました。同社のIRを見ると、以下の3つを概要として挙げています。3歳未満の子を持つ男性社員全員が1ヵ月以上の育児休業を取得し、最初の1ヶ月は有給とする全社をあげた取り組みにより、完全取得を推進円滑な導入ができるよう社内サポート体制を整備、上司と当事者の研修を実施初め読んだとき理解に時間がかかったのですが、「最初の1ヶ月は有給とする」 [続きを読む]
  • 決戦、モデルルーム
  • 上の子の幼稚園が夏休みに入り、妻と子どもが妻の実家に数日間帰ったので、数日間は1人での生活になります。駅まで送っていって、駅弁の牛丼弁当を片手にゲオで映画のDVDを借りてスーパーでマウントレーニアのカフェラテとポテチを買って帰りました。たまに1人になれる時間があるとゆっくりできてよいです。OGT(オレのゴールデンタイムの略です)です。借りた映画にジオストームという見る前からB級感漂う映画があり、借りるも [続きを読む]
  • マイホーム購入の懸念点
  • 先日ブログでマイホームの購入を検討していると書いたのですが、自分の頭を整理するためにも現在検討していることと、感じている懸念点を記録しようと思います。そしてこのブログがまだ滅びていなければ、5年後、10年後、20年後、30年後に見返して、当時の自分の懸念点は現実化したのか、または未遂で終わったのか検証してみようと思います。住宅ローンどこの金融機関で組むのか、固定金利か変動金利にするのかという問題が [続きを読む]
  • 乙女心は複雑怪奇
  • 金曜ロードショーで、時をかける少女のアニメーションがやっていました。細田監督作品が流れると夏って感じがしていいですね。未来のミライも見たいです。もうずいぶん前ですが、学生時代に妻と付き合っていたとき、僕のアパートで別れ話をしてケンカしているときにテレビでちょうど時をかける少女の映画がやっていました。そのため、時かけを見るといつも当時のことをノスタルジックに思い出してしまいます。関係ないですが藤子・ [続きを読む]
  • 妻がマイホームが欲しくて欲しくてヒステリックブルー症候群
  • そろそろ家を買うことを検討しています。僕は自分の価値観としては一生賃貸でよいと思っている派です。持ち家か賃貸かどちらが得かという論争はよく見受けられますが、僕はお金がいっぱいあれば買えばいいし、なければ賃貸でいいじゃんと単純に思っています。理想としては積水ハウスの戸建てが欲しいのですが、金額的に厳しいです。また買うならマンションよりは自由に改造できる戸建てがいいなあと思っています。地下シェルター兼 [続きを読む]
  • 間接部門の転職市場が盛況
  • ここ2か月くらい、やたらと転職エージェントからのメールが入ります。僕は転職経験があり、当時使った転職サイトやエージェントの登録をそのままにしているので、たまに転職先紹介のメールがくるのですが、最近なぜかとみに件数が増えました。転職してからそれなりに年数がたっておりレジュメも全く更新していないので、登録情報としてはかなり古いのですが、そんな人にもコンタクトがきます。しかも僕の業種はプロフィットセンタ [続きを読む]
  • (無題)
  • 売上が3500億超、時価総額が1兆円ほどと、アメリカ株投資家に人気の多国籍巨大企業に比べると、そこまで大きな企業ではありません。日本株で投資している積水ハウスよりも時価総額は小さな企業です。トランプの税制改革により2017年12月期に139万ドルをnet charge(適切な訳語がわかりませんでした)しているので、その一時的な影響のようです。2018年の5月7日に、イスラエルのフルタロム・インダストリーズ社を [続きを読む]
  • 法務局はブラック企業だった
  • 法務局とは、法務省の地方支分局で、登記・戸籍・供託・公証などを処理する役所です。登記の事務で行ったことがある人もいるかもしれません。法務省の管轄下にあるので、法に関する事務を処理する機関です。今日、業務を一緒にする機会がそこそこある自分の会社の業務委託先の人との打ち合わせ中に、法務局はブラックだという話を聞き、盛り上がりました。その人は会社の役員(少人数の会社です)なのですが、会社の登記の変更のた [続きを読む]
  • 【MKC】マコーミックが好調な四半期決算発表で株価が10%以上急騰
  • 6月28日に、持ち株のスパイスメーカー、マコーミック(McCormick)が2018年の第2四半期の決算発表をしました。前年同期比と比べて、売上は19%アップ、営業利益は51%アップ、調整後EPSは24%アップと、すべて二桁以上の上昇を示し、文句のつけようのない素晴らしい四半期決算でした。好調な決算発表だったため、株価は10%以上上昇しています。アナリストの予想数値まで確認していませんが、この上昇を見るとすべて予 [続きを読む]