キタ さん プロフィール

  •  
キタさん: 高校中退ダメ男の前向きな日常
ハンドル名キタ さん
ブログタイトル高校中退ダメ男の前向きな日常
ブログURLhttps://mydropoutschool.wordpress.com/
サイト紹介文高校中退の男が息子が誕生したのを切っ掛けに 自分の失敗から学んだことを教えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 9日(平均10.1回/週) - 参加 2018/05/13 17:09

キタ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 新人父の始まり。初めての3人での生活
  • 南の国から、大阪へ帰った後、また激務に戻りその一か月後には、妻が息子と初めての飛行機に乗り、大阪へ帰ってきた。やっと、三人暮らしの始まりである。しかし、何をするにしても三人でやるのが初めてのため最初は、なんと言ってもお風呂に入れるだけで、苦労したのを覚えている。段取りやらを考えてやるというだけで大変だった。二人でやってこれなんだから、一人でやっている人は、心底尊敬する。一人で昼間も子供を見る辛さと [続きを読む]
  • 父親の家事のススメ! 共働き、二人で家事をするメリット
  • 僕は基本的には、家事はできないタイプだった。まず、片付けるのが苦手で、いつも部屋の中には物が多く所謂、結婚するまでまともに洗濯機を回したこともないタイプだ。今現在は、息子と二人で1泊二日で家の中で過ごしたとしてもおそらく、すべてこなせるくらいには、家事スキルが身に着いた。それはなぜかというと、結婚して10年間、妻に教わったからである。まず、家事、と聞くと、料理、洗濯、掃除あたりが思い浮かぶと思うが [続きを読む]
  • 里帰り出産と義両親との関係
  • 里帰り出産となると、切っても切り離せないのは夫と義両親との関係だと思う。僕個人としては、義両親との関係はとても良好で可愛がられている方だと思っていた。それでもやはり、問題はあるもんだ。 再入院となったときに息子は、病院の先生方に預けて僕は、一緒に入院とはならず里帰りで初めて、義両親のもとで寝ることになった。 その時には、いつも通り酒を飲みながら話をし特に問題はなかったと思う。そのあとは、入院の妻の元 [続きを読む]
  • 妻の変化と再入院
  • 今まで仲の良かった夫婦でも女の人は、子供が生まれると変わり子供が中心になるから上手くいかなくなることが多いなどという話をよく聞くけれど我が家の場合でも、最初は問題があった。まず、妻が一時期的にだが、かなり豹変した。子供が産まれてすぐの時は妻はイライラし、すぐに怒鳴るようになった。どちらかというと南の国の人独特の温厚さがある人だったが何かにつけてすぐに怒っていた。たとえば、おむつのポイント集めて [続きを読む]
  • 乳児の可愛さと怖さ
  • 妻が里帰り出産するにあたって1週間は妻と病院で寝食を共にした妻との病院での1週間で、おむつ替え、ミルクをあげる抱っこするなどは、大体出来るようになりそれより何が大変かというと、やはり夜泣きである最初、息子の太郎を泣いている所を見たときはふにゃふにゃ泣いているだけで可愛いもんだ と思っていたが、このふにゃふにゃ泣きが始まるだけで妻はおもむろに起き、ほとんどの場合僕は自主的には目が覚めず妻に促されて、 [続きを読む]
  • 育休と眠れない日々の始まり
  • さて子育てとなったときに、本当に何もわからずそれこそ服の着せ方から教えてもらわないと何もできない状態から、我々の子育ては始まった出産して、3人で写真を撮り抱っこの仕方、ミルクの作り方、お風呂の入れ方思っていたより、覚えることは多くこれはなかなか大変だな、と思ったのを思い出すでも、それ以上に子供はかわいく、何事もなく無事に生まれて来てよかったという気持ちがとても強く、これから先の事が不安より、楽しみ [続きを読む]
  • 初めての対面
  • のんきに寝ている間に、お義父さんとお義母さんはいつの間にかいなくなっており、なかなか産まれないでいる妻がしかめっ面でベッドに横たわっていた。時々痛むようで、正直何をしたらいいのかわからない僕は右往左往するだけで何もすることが出来なかった後から来た人たちがどんどん先に出産していきそのたびに、聞こえるいきみ声に妻は怯えていた僕のほうでも、あんなに声をあげて産むものなのかと自身が産むわけではないのに、 [続きを読む]
  • 里帰り出産!その時男はどうしているのか
  • いよいよ臨月を迎え、妻は里帰り出産のために故郷へ帰ることになった。その間、当然僕は一人で家で過ごしたのだが11時に仕事を終え、適当に外食して寝るもしくは、つわりの時に、多少妻の手ほどきを受けていたので焼いたり切ったり程度はできるようになっており多少の料理のようなものをしたりして過ごしていた正直、4年間の土日を妻とばかり過ごしていたのでかなり暇である。 僕の趣味は、ゲームと小説なのでここぞとばかりに [続きを読む]
  • 妊娠期に男が出来ることとは
  • いよいよ子供が出来た。しかし、出産までには1年も時間を要するのだ。その間、僕がしていたことといえば正直何もしてい無いに等しい妊娠半年目くらいから、妻のつわりがひどく立っているのもやっとになった。外から見た感じでは妊婦とは全くわからない状態からつわりが始まるということを初めて知った。とりあえず、週に2回は早く帰れる努力をし料理の手解きを受けながら、料理をしたり休日は、洗濯の仕方を教わりながら洗濯をした [続きを読む]
  • タイミング法の意外?な罠
  • いざタイミング法を始めてみるするとこの日にしなければいけないとなるとなかなか出来ないもので多忙な男性ならわかると思うが11時に帰ってきて、さてしようかという気にはならないという思う。⇒その時、妻は何していたかどう思っていたかそんなこんなで、タイミング法を始めた3ヶ月くらいは、まともにすることが出来なかった。自分が忙しいということに目が行きがちだがよくよく考えてみると、多忙な中で妻も会社を午前休を取っ [続きを読む]
  • 初めての婦人科
  • いざ検査!⇒その時妻は?となったときに、まず悩んだのは二人とも仕事をしているので通いやすいところで、なおかつそのままスムーズに妊活が出来そうなクリニックを探すことだった。調べてみたところ、男性側は何も問題がない場合は大体の場合一回で済み、女性は妊活のため仕事を辞める事もあるということだった。この辺の不安はあったもののとりあえず検査をやってみないと始まらない一回目は、二人で婦人科へ行くことになった。 [続きを読む]
  • 子供は必要?結婚4年目のジレンマ
  • 僕たち夫婦は、趣味は酒を飲みながら美味しいものを食べ死ぬほど働いて死ぬほど飲めればそれでいい貯金など特に考えることもなく、働いては浪費し、たまに貯めたと思えば旅行に使って楽しく生きられれば良いという行き当たりばったりに4年間を二人で過ごしてきた。⇒その時の妻の気持ち特に子どもが欲しいと思ったわけではないが避妊をせずに、4年経っても子供が出来ないという事に少し不安になってきていた。僕たち夫婦にとっては [続きを読む]
  • 過去の記事 …