研究生 さん プロフィール

  •  
研究生さん: SUPER CUBでいこう
ハンドル名研究生 さん
ブログタイトルSUPER CUBでいこう
ブログURLhttp://www.xn--lck1ayeva1qb.tokyo/
サイト紹介文スーパーカブの日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 73日(平均1.1回/週) - 参加 2018/05/13 21:16

研究生 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ホンダドリームで最新カブを見てきました!
  • 今日は、ホンダに新車のカブを見に行ってきました。”プレスカブ”ですね〜新聞屋さんとかが使用しているやつです。それを、カゴをとって、クロスカブのライトを装着したらしいです。旧型との違い先ずは、ライトがLEDになっています。最近では、モンキーやクロスカブ今度でるC110もLEDが入っています。あとは、うちのが古すぎるのですがセルがついています・・・いいなぁーそれと大きな違いが”キャブ”⇒”インジェクション”です [続きを読む]
  • スーパーカブの最初のカスタム!
  • 今日はスーパーカブのカスタム!と言っても、一般にいうカッコよくするための物でなく必需品です。最初の一歩はちょっと、カスタムなんて言ってしまうと大げさなのですが、必需品です。 駐車していて、ヘルメットを引っかけていると雨が降るとヘルメットが濡れてしまします。買い物もこの箱がついてから快適そのもの♪あと、保険証とか入れておくのにも最適です。カブの欠点が収納だと思います。こんな工夫もあります。これは、私 [続きを読む]
  • ホンダ スーパーカブのオイル交換
  • さてさて、カブのメンテナンスです。 カブに限らず、先ずはオイル交換をしないとエンジンがどのような使われ方をしたのか分からないので、オイル交換は必需です。ぜんぜん乗ってないバイクは、オイルが分離してしゃばしゃばになっていたりするし近場をうろうろしているバイクは暖機もあまりせずに乗られることが多いのでこういったバイクに多いのがオイルがカフェオレみないに乳白色になっていたりします。とは言え、わたしも近所 [続きを読む]
  • スーパーカブ!始めました。
  • 私は、管理人のにっしーです。バイクが好きで、いろいろ乗り継いできましたがいつもカブだけは、近くにあります。 近すぎて、大切なバイクだってことに気が付かないほど当たり前の存在でした。 ずーっと乗っておりますと、なんとなく良さがしみ込んできます。そして、去年ついに甥っ子が欲しがったのであげてしまいました。 すると、どうでしょう・・・喪失感は、次第に大きくなり当たり前が当たり前でなくなった時に気付くことも [続きを読む]
  • 美容は、先ず食事から始めましょう。飲まなくちゃとか酵素とか・・・
  • 今日は、食事についての研究です。私は、最近小食を取り入れています。それと言うのも、そもそも人間には治癒力と言うのがあり、それが現代人は衰えているという事なんですね。 そこで、今と昔の違いはいろいろありますね。飽食環境汚染交通の発達の為に運動不足あげればきりがありません。 そこで、注目したのが飽食でした。それと、昔の日本人は、肉も乳製品も口には入れていなかったですよね。 船瀬俊介さんの本に書かれていま [続きを読む]
  • クリクラのウォーターサーバーを使ってみての口コミです。
  • 今日は、ウォーターサーバーです。皆さんも気にはなっているのでは?でも、一歩踏み込めない理由として 先ずは、手続きが面倒。お値段の問題。大きくて邪魔そう。 お手続きに関しましてはインターネットで超簡単です♪本数や、配送間隔も電話一つで変更可能です。届けて頂くのも曜日、時間指定が出来ますのでとってもらくらくですw 一番気になる価格ですが。これが、私が思っていたものよりずい分お得でした〜サーバーの使用料は [続きを読む]
  • UVケアまとめ情報!口コミ〜これから絶対対策しないとダメです!
  • 今回は、UVケア商品をいろいろを研究したいと思います。さて、紫外線から身を守る手段は今では、いろいろありサプリ、ファンデーションから日傘まで一気に紹介してまいります。 ファンデーションは、やはり必需です。今大人気のミネナルファンデーション”ヴァントルテ”肌にやさしく紫外線をカット、UVA・UVBから肌を守るノンケミカルの日焼け止めパウダー。軽い付け心地でメイクの上からでも何度でも塗りなおし可能。天然ミネラ [続きを読む]
  • ブログ始めました!
  • 田無をもっと知ってもらおう!西東京市って言ってもどこ?って言われるくらいですから田無って?????となりますよね〜 田無市とは、2001年に保谷市と合併する前の地名です。江戸時代以前よりあった地名で宿場町として栄えた町だったそうです。 私は、この町で育ち、”田無”と言う地名がなくなってしまうのは、とても寂しいというのが実感です。 地名は変わっても、地域の良さは残っているので田無を少しでも知って頂けた [続きを読む]
  • 過去の記事 …