ハゼ爺 さん プロフィール

  •  
ハゼ爺さん: 金沢のハゼ爺の家庭菜園
ハンドル名ハゼ爺 さん
ブログタイトル金沢のハゼ爺の家庭菜園
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hazeozi
サイト紹介文家庭菜園は2年目ですが、ほぼ初めてです。備忘録代わりに書いていきます。師匠もいないので試行錯誤です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 8日(平均17.5回/週) - 参加 2018/05/14 09:09

ハゼ爺 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 虫が出てきた。
  • 虫が出てきた。かぼちゃの葉に穴が開いている。あれ?黄色いものが・・ウリハムシ・昨年、キュウリやナスなど食い荒らしたやつだ。 今年は秘密兵器がある。100均の虫取り網。飛んでる虫も捕獲。 幼いころに鍛えた腕がある。 10匹ほど捕獲死刑。もしかして・・・探すと、ナスの苗の根元に、カメムシも・・   全部捕まえて、踏みつぶした。10匹ほど。昨年は、安全だと言う薬をかけたが、全く聞かず、惨敗だったがうーん、今年 [続きを読む]
  • 鉈(ナタ)
  • 鉈は2つ買った。竹の枝はらい用に片刃の鉈。竹割り用に、両刃の竹割り専用鉈。やはり道具ですよ。これが無くては、竹は扱えません。あっ、ノコギリも必要だった。くれぐれも安全には気を付けてください。丈夫な軍手は必須ですよ。今は鉈籠が欲しいのですよ。できるだけ、コンパクトで、抜き差ししやすいやつ。作ろうかな。にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ(文字を ) [続きを読む]
  • 腰袋
  • 腰に道具を入れる袋状のものをぶら下げて、ハサミなどを入れている人がいた。便利そうだなぁ〜。欲しい!!が、ネットで検索しようにも名前が分からない。あれこれ探していると、袋とベルト全体を”腰具”とか”腰道具”とか言うそうなで、袋の方は”腰袋”と言うそうな。が、いろいろ探してみると、検索には下記のキーワードが良さそう。腰袋 皮袋 工具差し 電工バッグ鉈用には鉈袋と言うそうな。にほんブログ村 花・園芸ブ [続きを読む]
  • キュウリネット
  • 購入したのは、1.8mx18m(網目18cm)のもの。竹で枠を組んで、張って見ると、弛んでいる。そうか、高さは竹でくんであるので変えられないが、ネットを横に引っ張れば良いのか。初心者は何事もやってみるしかない。横にどれだけ伸びたのか分からないので計算してみた。高さは1.5mほどしか無かったので、18mが21mほどに伸びたことになる。この技は、ちょっと長さが足りないときに使えるかも。エンドウの場合に使うには、網 [続きを読む]
  • 北陸の堆肥の作り方  <誰か教えてください。
  • 北陸の堆肥の作り方  <誰か教えてください。よく、コンポストが腐敗すると聞きます。これは、水分が多すぎるためで、北陸は湿度が高すぎるのが原因でしょう。野菜を入れても乾燥しないのです。同じことが、堆肥作りにも言えそうです。また同じ落ち葉でも、街中と山手では、微生物の種類と量が違うと思います。山手ならその辺の、落ち葉だまりから集めてくるだけでも良さそうな気がします。もう、半分堆肥になっているかも。一番 [続きを読む]
  • 深さ30cm耕す方法
  • 耕運機ですが、15cm程度しか耕せません。これ以上はできないものだと、今年はあきらめたのですが、労力をいとわなければ、方法はあります。来年は30cm耕して、根菜に挑戦しようと計画してます。https://flower.blogmura.com/yasai/ranking.html [続きを読む]
  • 基本的に植物は、太陽光と肥料で育つ。
  • 基本的に植物は、太陽光と肥料で育つ。金沢は降雪があり、4ヶ月は作物が育たない。単純に言えば、太平洋側の3/4しか採れないことになる。(太平洋側は降雪が無く、冬でも晴天の日が多く、ビニールハウスなら育てることが可能らしい)しかし、降雪は悪いことだけでもない。土に残った余分な肥料や塩分を洗い流してくれる。なので、毎年同じ量の肥料を撒けば良いことになる。便利。また連作にも、比較的強いのではないかと思う。金 [続きを読む]
  • ネットや書籍での情報は多いが
  • ネットや書籍での情報は多いが、自分に適した情報を選ぶのが難しい。お勧めは、地元の農協関係の資料(検索キーワード例:金沢 農協 家庭菜園 pdf)「やさしい家庭菜園づくり(PDF)」JA金沢市・金沢営農協議会作http://www.is-ja.jp/kanazawa/kateisaienn2.pdf農法による分類(私の判断です。)有機農法私が出会えるのはJAほがらか村の有機栽培、味と安全性を売りするだけあって野菜がどれも、おいしい。お気に入りの農家もある。 [続きを読む]
  • 3/24 畑を耕しました。
  • 昔は田んぼだったらしく、粘土質で乾くとひびが入るほどの土です。長靴で歩くと底に粘土がべったり付きます。まずは堆肥ともみ殻で土を柔らかくしましょう。牛ふんたい肥40Lを10袋、もみ殻を大きなごみ袋で4袋をすき込みました。耕運機は古いのですが、三菱 MMR60 耕運幅55cm 深さは、15cm程度しか耕せません。後で知った、深く耕す方法をどこかに書いておかないと。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …