サワー紅茶 さん プロフィール

  •  
サワー紅茶さん: スピリチュアルな本に学ぶ
ハンドル名サワー紅茶 さん
ブログタイトルスピリチュアルな本に学ぶ
ブログURLhttp://supibon.blog.jp/
サイト紹介文スピリチュアルな書籍の感想を見出しごとに書いてみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 17日(平均30.5回/週) - 参加 2018/05/14 09:47

サワー紅茶 さんのブログ記事

  • 奇跡はなぜ起こるのか?|こうして、思考は現実になる
  • 「お祈りなんかしてないよ。時間の無駄だからね。サンタクロースを信じるのと大差ないじゃないか」・・・・私はよく、こんな言葉を耳にする。そんなときは、「むしろ祈りをやめる方が不可能なのです」と答えることにしている。〜冷凍食品の詰まった買い物かごより重たいものなど持ったことのない母親でも、自分の6歳の息子が下敷きになっているなら、2トンにもなる車を持ち上げることだってできる。その瞬間、母親の頭の中は「大 [続きを読む]
  • ガイダンスに繋がる方法は?|恩寵の扉が開くまでⅡ
  • 〜私には知り得ないんですか!?フーマン:あなたが、完全にマインドから抜け出したときにのみ、あなたは知る。それ以前はダメだ。それ以前は、ガイダンスを求めなさい。それ以外に術はない。〜方法がないんですか!?フーマン:ない。もしあなたにそれができるなら、あなたは既にマスターになっている。あなたは、完全に向こう側に到達しているはずだ。源泉と完全にリンクして初めて、あなたは知る。それを知る人は非常に稀だ。完 [続きを読む]
  • 「自分」が消滅する経験|これのこと
  • 〜それからまた別の種類の事象があって、それは「自分の消滅」とか呼ばれる。でもそれが実際に自分の消滅だってことはありえない。消えるものなんてないから。一度もあったことはないし、ありえない。だから消えるのは不可能だ。消えるもなにも、そもそもなにもないわけだから、それでもある種の事象が起こった時に、それが「自分の消滅」と呼ばれたりすることはある。そういうことに関心を持ってたり、本で読んだことがあったり、 [続きを読む]
  • 「認められたい」|すべての「思い込み」から自由になる生き方
  • なぜ、人は「認められたい」と感じるのか?愛は、世間のどこにもない。けれど、「愛によく似たもの」はあります。それは「承認」です。「よくやったな」と言われたしして、自分の価値を認められること。だから、みんな、認められたがります。愛がほしいから・・・・。でも、愛と承認、この2つは似てはいても、まったく違うものです。承認は行為ですが、愛は行為ではありません。愛は状態です。そして、承認は一時的なもの。だから [続きを読む]
  • 進化のプロセス|アジズとの対話
  • 〜突然のシフトよりもゆっくり進化する方がいい〜アジズ:この沈黙はなにか未来に、どこか外側にあるものではない。ある日それが突然どーんとやってきて、偉大な光明を得てすべてが終わるというものではない。もっともっと存在(Existance)とつながっていく進化のプロセスなのだ。大部分の人間にとってはそれは進化のプロセスだ。ある人は突然のシフトが起こるという場合もある。が、それは非常に稀だ。何百分の一だ。真実はゆっ [続きを読む]
  • それでも、過去を否定しない|バシャールのワクワクの使い方
  • 「今までの自分はなんてダメだったんだろう」と自己嫌悪によく陥っている人はいませんか?「ワクワクできない自分がいる」、なんて落ち込む必要はありません。あなたが通ってきた今までの過去だって、きちんと意味があるのです。ネガティブなことも、未来のワクワクにきちんとつながっているのです。・闇を知らなければ、光を理解できません。闇がなければ、光も意味をなしません。・光と闇の両方を経験することによって、より大き [続きを読む]
  • 「奇跡が起こりました」|あなたも金持ちになれる
  • 私がこの本の最初の賞を書いていたとき、ある老婦人が私に電話をかけてきて「奇跡が起こりました」といいました。彼女とその夫は、少しばかりの年金で暮らしをたてていたのですが、それが十分でないため、いつも不自由な生活をしている状態でした。そんな頃、私は彼女に次のようなお祈りを勧めました。「神の富が流れてきて、私の生活をじゅうぶんに満たしてくれます。私はいまこの幸せに感謝し、神の豊かさに感謝します」。彼女は [続きを読む]
  • 富に至る科学|あなたも金持ちになれる
  • この宇宙には秩序があります、そして、そこには原理と法則があり、それによって私たちのすべての経験、状態、身の回りの出来事が実際のものとなります。すべての事象に結果の明確な法則があります。富に至る科学にも法則があり、その化学はその基礎を信念の法則においています。「もしもあなたが信じるならば、どんなことでも可能になる」(マルコ伝九章二十三節)。人生の法則は信じることの法則にほかなりません。「信じる」とは [続きを読む]
  • 気づき|つかめないもの
  • 〜この今起こっている出来事という、まったくの単純さがあります。今この瞬間について考え始めないかぎり、そこにわかりづらいことは何もありません。この途切れのない出来事は、言葉を使えば概念上では分割できますが、そうやって作りだしたものは地図に過ぎません。土地そのものにはどんな時も途切れはありません、私がこのことを繰り返しているのは、これが簡単に見落とされてしまうからです。それだけではなく、今からちょっと [続きを読む]
  • トニー・パーソンズって何?|わかっちゃった人たち
  • 〜それでトニーのミーティングに行ったんだけど、彼が話し始めて5分も経たないうちに、こう思ったよ。「この人は、自分と同じような<経験>をしていなかったら、今しゃべっているようなことは言えないはずだ」彼の言っていることの意味はすぐに分かったね。僕には彼に尋ねたいことがあった。「これはどうか、あれはどういうことか」という感じで質問した。でもそのうちに質問がだんだん尽きていったんだ。尋ねたいことが何も浮か [続きを読む]
  • 「魔法の言葉」|世界はどうしたって「あなたの意のまま」
  • 意識と願望を結びつける「魔法の言葉」強い自覚の証を得るには、次の言葉を使いましょう。「父よ感謝します」いまだに知覚はできなくとも、得ていることに心からの念がわくほどの喜びがやって来た時に、例を述べたその願望と意識の中でぴったりと一つになります。神(=あなたの意識)は裏切りません。通常、まだ受け取っていないものに感謝する人はいませんが、既に在ると意識したものをあなたは必ず受け取ります。ですから、「父 [続きを読む]
  • イエスが伝えたかったこと|世界はどうしたって「あなたの意のまま」
  • イエスが伝えたかったのは、「人間は衣服のような存在で、人が神と呼ぶ、人格を持たない『私』が、その内に宿っている」という事です。衣服には決まった大きさがあります。この制約から逃れ、人〜例えばジョン・スミス〜としての自分には不可能だと思うことを可能にするには、今ある制約や自分に対する考えから注意を逸らさねばなりません。そして、望む自分に「なっている」という感覚と一つになってください。(本文より)衣服と [続きを読む]
  • OSHOの役割|アジズとの対話
  • アジズ:OSHOの場合、彼のメッセージはエンライトメントではない。彼のメッセージは、人々がもっと気づくようになるのを助ける事、抑圧した感情をリリースする事等にある。人がエンライトメントする事には興味がなかった。もし数百人もの弟子が居る場合、エンライトメントを教える事は不可能だ。もし教えたらみんなが去ってしまうだろう。解るかな?〜じゃ、もっと一般的という事ですか?アジズ:そう。エンライトメントについてで [続きを読む]
  • 確実な方法で考える|富を「引き寄せる」科学的法則
  • 自分がはっきりと理解していないものを人に伝えることはできません。自分がしたいこと、自分が持ちたいもの、自分がなりたいものについて、あいまいで、ぼんやりとした思いしかないために、多くの人は、それを<宇宙>に伝えることができません。ただ漠然と「何か良いことをするために」豊かになりたいと思うだけでは十分ではありません。それならば誰もが望んでいることです。旅行をして、見聞を広め、人生を豊かに生きたいと願う [続きを読む]
  • 運をつかむ人|「なりたい自分」になる一番いい方法
  • あなたの中にいるのは、あなただけです。いますぐに、書き言葉も話し言葉も自分でコントロールし、そうすることで自分の運命をコントロールするのだと決意しましょう。何といっても、自分の口から出る言葉について責任があるのは、他の誰でもない自分なのですから。他のだれでも、あなたにネガティブなことを言えと強要したりできません。自分でそう決めているのです。ですから、もし自分の人生を変えたいと思うのなら、いますぐに [続きを読む]
  • 記憶する過去|「今この瞬間」への旅
  • 心(マインド)はまさにその性質から過去に属します。あなたの概念、観念、意見、信念、態度、批判をすべて加えた、過去の体験の概要で構成されています。心(マインド)と利己性(エゴ)は記憶を通してアクセスした過去から、初めて物事を知るのです。そして、その記憶を通して得た過去を「今、この瞬間」に投影させます。これが、「今、この瞬間」の現実を歪めて、あなたは人生の真実が体験できなくなるのです。心(マインド)の [続きを読む]
  • 個人の自由意志|何でもないものがあらゆるものである
  • 私たちは個人として居住する世界に住んでいるように見えます。そしてその個人は、自由意志、選択、行動する能力を多かれ少なかれもっていて、それは結果をもたらします。確かにあなたはこれらの言葉を読んでいる誰かであり、本書を読むのをやめるか、それとも読み続けるのかは疑いもなくあなたの選択です。〜あるいはそのように見えます。単純に言えば、私たちの選択は喜びの達成と苦痛の回避を目指す方向に向けられているようです [続きを読む]
  • バクティ(帰依)から教えを始める|誰がかまうもんか?!
  • ウォリック:そして、神の意志以外がなされることは不可能だということですね。ラメッシ:そうなんですが、本当はその言葉はあなり適切ではありません。肝心なのは、「『私』は、無である」ということです。神は存在するすべてである。神の意志が常に行きわたっている。それゆえ、「私はなんでもすることができる、私は何かをすることができる、私は何かを達成することができる」と考えるのは、滑稽なことです。創造されたものの無 [続きを読む]
  • 新しい進化のステップ|アジズとの対話
  • アジズ:真実をいうと、それを目覚めさせるのはほとんどの人間にとって困難だ。なぜならそれは新しい機能だから。それは新しい進化のステップだから。それはあたかも人間が別の種になるようなものだ。脳の中で新しいものが機能し始める。突然きづき、私(Me)が絶えず存在するようになる。その時あなたはマインドを超えた本当のセンターを持つ。それはマインドからの逃避の場だ。そうでないかぎり、あなたがマインドとなる。(本文 [続きを読む]
  • マインドの混乱|わかっちゃった人たち
  • もちろん、究極的には(気の毒なマインドはここですっかり混乱してしまうのだが)、覚醒も、解放も、悟りも、そんなものはまったくない。あるのは、ただこれ、今起こっていること、それだけだ。今見えているもの、音、香り、思考だけだ。禅の法常老師が死の直前にささやいたように、「ただこれ、これだけ」だ、だから覚醒について何を語っても、それは真実ではありえない。なぜならそれについて語ったとたん、それは「もの」にされ [続きを読む]
  • 願いの成就の物語としての聖書|世界はどうしたって「あなたの意のまま」
  • この原理を実践してみてください。「私を試してみよ」という言葉の意味を知るでしょう。〜奇跡が起きてイエスを誕生させたマリアは、ある一人の女性ではありません。マリアは、処女のままで幾らでも願望を実現できるという自覚なのです。今ここであなた自身を処女マリアだと思ってください。願望を抱くことにより、自力で身ごもるのです。そして、その願望を体の一部になるまで強め、願いを結実させてください。〜あなたが望んだと [続きを読む]
  • あなたがたは神のパートナー|神との対話
  • あなたがたは神のパートナーである。わたしたちには永遠の契約がある。わたしは、つねに望むものを与えると約束した。あなたがたの役割はたずねることだ。たずねて答えを得るというプロセスを理解することだ。このプロセスについては、もう説明した。だが、よくわかるようにもう一度説明しよう。あなたがたは、三層から成り立っている存在だ。<身体と精神と霊魂>とで出来上がっている。これは<肉体、非肉体、超肉体>と呼んでも [続きを読む]
  • 私の中にいる父が引き寄せる|世界はどうしたって「あなたの意のまま」
  • 〜イエスはこう言います。「私の中にいる父が引き寄せて下さらなければ、だれも私のもとへ来ることはできない。私と父は一つである」ですから、あなたの人生に諸々の現象を引き寄せているのは、「父」であるあなたなの意識なのです。あなたは今この瞬間も、「在る」と意識したことを自分の人生に引き寄せています。「あなた方は新たに生まれなければならない」という言葉の意味が、今ならお分かりでしょう。人生に不満があるのなら [続きを読む]
  • ほしがってはダメ?|すべての望みを引き寄せる法則
  • ほしいと思ってはいけない、と言われてどう思われますか?引き寄せの法則のやはり、こころを試しているもの、愛を試しているものと感じて、すべては忍耐だと思ってしまいますか?でも、そうではないのです。法則は法則なので、私たちがどのように感じ、何を思っているかなどと気にしていません、善悪もなく、ただただ法則として存在しているだけです。では「ほしいと思ってはいけない」のはなぜでしょうか?それは、ほしいと思えば [続きを読む]
  • 魂の勘違い|「今この瞬間」への旅
  • 数多くの生涯に渡って、魂自信を完璧にさせることができれば、一体性(ワンネス)と永遠性に帰還すると魂は信じています。魂はその願望の結果が、未来にあるものと理解しています。それが「魂の勘違い」なのです。わたしたちはこの地上で、「魂と同じ勘違い」をしています。将来いつかそのうちに、目覚めるか、悟りを開けると、わたしたちは信じているのです。魂の目覚めは、決して未来には起こり得ません。真の目覚めは、「今」と [続きを読む]