M.Lion さん プロフィール

  •  
M.Lionさん: 瞑想とヨーガ   ーラーラ岐阜ー
ハンドル名M.Lion さん
ブログタイトル瞑想とヨーガ ーラーラ岐阜ー
ブログURLhttp://mlion788.blog.fc2.com/
サイト紹介文宗教、スピリチュアル、ヨーガ。瞑想の奥義。本当のヒーリング。解脱とは。高橋信次は本物か。魂の軌跡。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 13日(平均6.5回/週) - 参加 2018/05/15 16:36

M.Lion さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ”強さ”の方法
  • ”恐れる”こと について思うところがあります例えば対人関係自分の生活が脅かされる不安や死ぬことについてもそうです何か不安要素が人生の中に出てきますと恐れる心が出てまいります”恐れない心”は強さですからとても憧れる境地です何事にも動じない精神力は持ちたいものですしかしなかなかそうもカッコよくはいきませんどうしても過去の記憶からかいろんなことを考えて不安にもなり反応してしまう自分がありますそんな時、自 [続きを読む]
  • 恩寵とはグルの臨在
  • 日浦先生とお会いした新宿の夜。インドの聖者であるニサルガダッタマハラジ師の言葉を思い返しました。(質問者がたずねます)「自我にもそれなりの価値があるのではないでしょうか」(マハラジ師)「個人は何の役にも立たない自分の関心事に深く巻き込まれその真の存在に完全に無知である観照意識が個人に働きかけない限りそして個人が観察の主体よりもむしろ対象とならない限り真我の実現は不可能だ観照者が達成可能なものにする [続きを読む]
  • 釈迦の実像をはじめて知りました
  • 日浦先生のサイトラーラジャパンの仏教に関します感想を今回は書いてみます。現代の日本で釈迦をポピュラーにした人は高橋信次氏かも知れません。正確には知りませんが。私もそうですが、その教えに影響を受けた人は多く大川隆法大総裁など他の新興宗教にも広がったようです。日浦先生のブログの釈迦の記述ですが目からウロコでずいぶんと釈迦像が変わりました。高橋信次の本で、人間釈迦というのを昔に読みましたが、その時は何か [続きを読む]
  • 考えるな、感じろ!
  • ブルース・リーと言えばかの傑作「燃えよドラゴン」ですね。かっこよかった。彼が確か冒頭のシーンで弟子に諭します。Don’t think. FEEL!「考えるな。感じろ。私が指し示した指を見るな、その先の月を見よ」カッコいい言葉ですねえ!!!しびれますねー!!!日浦先生との新宿の夜。私はヒーリングについてどうもまだまだ上手くいかない、とお聞きしました。そんな話しの中で先生が「考えるな、感じろ」とぽつりとブルース・リー [続きを読む]
  • 無数のイミテーション・ゴールド
  • 日浦先生にお聞きしたかったのは私のブログこれで良いかなあと思いそれなら直接にお聞きしてみようと勇気をだしてお会いしました。先生からは優しくアドバイスをいただきました。ありがとうございました。・・・・・・・・・・・・・・・・ラーラジャパンで先生はブログを再開したわけですが何せ内容は受講生ならご周知のとおり世の中の他の教えとは大きさが違いますから何者かがブログを読み、その内容をパクって自分たちの教義に [続きを読む]
  • 新宿ステーキナイト
  • 東京でなんと日浦先生とお会いしました。私からお願いしましてお会い頂いたのです。お久しぶりなものでちょっと緊張。。二人でステーキを頬張りながらお話しが始まります。新宿ステーキナイトです。またいろいろなお話しを聞かせて頂きました。実はなかなか書くのが難しいんです。書けない内容がありますもので。(先生からストップ!確かにこれは書けない。。)書ける内容も言葉にしますと、とうも、、、私が書きますと安っぽくな [続きを読む]
  • 夢から醒めない自分は誰か
  • 私は寝るとよく夢をみます。けっこう毎日みていると思いますがそうたいした夢でもないものですぐに忘れてしまいます。滑稽な光景ばかりなのですが不思議とは思わず夢の世界を生きています。夢から覚めると余韻なのか少し夢を思い返してああ起きたな、とこの現実を目の当りにし夢から醒めたと思ってしまうのです。しかし実はなんとそうではありませんでした。ここがまったく違っていたのです。私たちは皆実は”起きていない”ことを [続きを読む]
  • 小綺麗な女性詐欺師に立ち向かうすべ
  • 全く興味がないのでよく知らなかったのですがスピリチュアルの世界ではいろんな人たちがデビューしているんですね。ひと昔前では見た目もちょっとおどろおどろしかったりいかがわしさを感じさせるものがファッション的にも小綺麗にして何やら私から見ると安モノの化粧品を売っている通信販売のお姉ちゃんたちがたくさん出ているなぁと言うふうに見受けられます。時代に合わせて手を変え品を変え消費者にアプローチしている様はビジ [続きを読む]
  • 煙草を愛する求道者の死生観
  • 他人との食事やお酒の席で、この話題、話しはもうしないほうがいいな、と思ったことがありました。私はお酒が飲めないので、お酒で口が過ぎるわけではないのですが、相手が引いてしまい、場が何と言いますか、凍るとまでは、申しませんが静かになってしまうのです。何回か同じ経験をしましたものでこの話しは、どうも他人には馴染まないのだ、と学習しました。その話しの流れは、たいがい歳の話しから始まり、歳をとると小さな文字 [続きを読む]
  • ある太った求道者の幸福論
  • PC版のテンプレートのデザインをかえました。。今日から模様替えです。さて、今日ある人から、あなた十年前と比べたら、ずいぶんと太ったねえと言われた。不摂生してるんでしょうがないんですよ。はははーと私が笑う。けれどその人は、でも今の方がいいですよ、と言った。なぜなら十年前のあなたの顔を思い出してみると、今の方が幸せそうに見えるから。その人が言うのでした。私はその言葉を聞いて十年前を思い返してみた。人とい [続きを読む]
  • ラーラ・ジャパン
  • 私を導いてくださる方、師である 日浦祐次先生がブログ「ラーラ・ジャパン」を開設いたしました。各地の有志のブログもリンクされております。ウパニシャッドで語られてきた真実が今、蘇ります。皆さん、ご覧ください!!ラーラ・ジャパン [続きを読む]
  • 真実の教え
  • 太古の昔から、現在に至るまで真実の教えとはいったい何か。真実とは、いったい何なのか。どれだけの人が、さがし求めてきたのでしょうか。ですから、私はどうしても、この真実の教えと言うものは、命と引き換え得るもの、と思ってしまうのです。真実の教えというものは、自らの命に匹敵するものと若い頃から思ってまいりました。それほど希少なものであり、価値あるものでありまた簡単に得ることができないものと思うのです。まず [続きを読む]
  • 過去の記事 …