プランティングフラワー さん プロフィール

  •  
プランティングフラワーさん: プランティングフラワー協会
ハンドル名プランティングフラワー さん
ブログタイトルプランティングフラワー協会
ブログURLhttps://plantingflower.jp
サイト紹介文シニアのために開発されたエコなフラワーアート・プランティングフラワー、教室、介護、創作レク等の紹介。
自由文ゴミ問題の解消から開発されたフラワーアート・プランティングフラワー。主な材料は、ダンボールや花束のラッピングペーパーなどの廃材です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 206日(平均1.1回/週) - 参加 2018/05/15 17:32

プランティングフラワー さんのブログ記事

  • 協会の在り方って何?
  • 手芸クラブに所属していた小学生時代。部長が突然転校することになりました。彼女は顧問の先生に部長の後任を私にするように強く伝えて去っていきました。あれから40年、、、も経ってはいませんが(笑)、そんな感じで面倒な〇〇長という役割を任せられることが多かったです。落ち込みやすくビビリな私は、責任の重い○○長に立候補したことは一度もありません。実は、このプランティングフラワー協会の代表になったのもそうなんです [続きを読む]
  • プランティングフラワーはお年寄りの方だけのアートではありません
  • プランティングフラワー協会の前身は「高齢者アート研究会」。「高齢者アート研究会」代表・長瀬が介護施設での勤務の中で、「お年寄りにアートを提供したい!」と「ゴミ問題を何とかしたい!」との思いから、プランティングフラワーを開発いたしました。長瀬は、勤務先のデイサービスや地域のデイサービスでプランティングフラワーのご提供を開始しました。そこで、お年寄りに喜ばれていることの手ごたえを感じました。これを勤務 [続きを読む]
  • 流行りの刺繍枠とプランティングフラワーで青のクリスマス
  • 刺繍枠を用いたプリザーブドフラワー等のアレンジが流行っていますね。プランティングフラワーでもできそう!大好きなブルー&ホワイトで、刺繍枠とプランティングフラワーのコラボが実現です。刺繍枠とセリアで購入した「Xmas」の文字は100均のアクリル絵の具でペイントです。刺繍枠以外の材料は100均のオンパレード。残りの材料は廃材である花束のラッピングペーパーやダンボールです。次はピンク&ホワイトでX’masプランティン [続きを読む]
  • 6年前に日本経済新聞に掲載されました
  • 2018年4月に「日本ホビーショー2018」に出展させていただきました。その際に、はんこ屋さん21横浜関内店にプランティングフラワーと開発者・長瀬教子の紹介ポスターを作っていただきました。とてもわかりやすいポスターを制作してくださいました。実は、2017年11月に「横浜HandmadeMAKERS’2017」出展時にこちらに教室案内等のポスター2枚を制作していただきました。その編集力とデザイン力の高さから、このポスター [続きを読む]
  • プランティングフラワー、カルチャーセンター・デビュー
  • 横須賀カルチャーセンターでプランティングフラワー講座を担当させていただきました。本日から月1回で3回のコースです。制作するお花は、主宰するプランティングフラワー教室の初級・上級コースの課題外のアネモネです。本日は画像右のアクセサリーボードを制作しました。アネモネはこのカルチャー講座のために考案しました。アネモネは慎ましやかにブームのような気がしたからです(笑)ご受講者様は講座開始からあっという間に [続きを読む]
  • プランティングフラワー協会設立から1年
  • 2017年10月1日のプランティングフラワー協会設立から1年が経ちました。2017年春から設立に向けて目まぐるしく、設立後しばらくも慌ただしかったのが昨日のことのようです。さまざまな出来事やご縁から設立にいたりました。設立にあたっては、決めることや考えることが一気に押し寄せてきました。現役引退をしたプランティングフラワー開発者・長瀬教子の理念を受け継ぐと決めたこと。プランティングフラワーがシニアに [続きを読む]
  • 安全と安心のためのリフレクター兼名札の作り方
  • 前回の記事「デイサービスの送迎時にリフレクターがあれば交通安全の一助になるのではないか」→ ☆の続きです。リフレクター(反射板)は利用者様の送迎時の交通安全のために。名札は利用者様のご安心のために。そんな思いから、リフレクター兼名札を創作アクティビティで作れないか考えてみました。裏面反射テープを接着した牛乳パック2枚を強力両面テープで接着しました。その際に、牛乳パック2枚の間にリボンもしっかりと接 [続きを読む]
  • 高齢者のための塗り絵(無料)ページを設けました
  • 高齢者のための塗り絵のページを設けました。塗り絵は無料です。ダウンロード不要で、気軽に簡単に印刷ができます。気軽にその都度必要枚数分だけ印刷ができますので、塗り絵が余ってお困りになることはありません。また、ダウンロードのひと手間がございませんので、利用者様に印刷操作のための のお手伝いのお願いができます。利用者様方には、昭和の時代やお馴染みのお花等の塗り絵を楽しんでいただければ幸いです。塗り [続きを読む]
  • 高齢者向けのぬりえの無料ページを作りたい
  • このホームページに無料で印刷できるぬりえのページを設けたいです。元漫画家、元デイサービス看護師が描いたオリジナルぬりえをそこに載せたいです。そして、日本中のデイサービス等の介護施設のお年寄りの方々に楽しんでいただきたいです。ぬりえは、「昭和の思い出」、「花」、「祭り」、「美少女」の4種類。それぞれ、10〜20数枚ほどあります。ダウンロードなんかしなくてよくて、ぬりえをパソコン上に表示したら、あとは印刷 [続きを読む]
  • 高齢者の父が熱中症に。経口補水液OS-1 は持病ありの父にも有効か。
  • 持病のために定期的に通院している父。先週の受診待ちのときのこと。カバンの中からモノを取り出している途中で動きは突然止まり、体は斜めに傾げ、よだれを垂らつつ意識消失。急遽、救急外来で診ていただけました。熱中症でした。迅速な処置のおかげで大事にはいたりませんでした。幸運でした。熱中症対策とは程遠い生活習慣と嗜好の父。何十年もこの生活習慣と嗜好は改善の方向へと促してはきましたが、ここ数年はゆるく熱中症対 [続きを読む]
  • 100円均一ショップ3店の軽い紙粘土の比較実験・後編(3年前に実験)
  • 前回の記事「100円均一ショップ3店の軽い紙粘土の比較実験・前編(3年前に実験)」の続きです。→☆〈実験〉紙粘土をペットボトルのふたにぎゅうぎゅうに詰めて、ものさしですりきりました(画像は前回の過去記事より)。以下は、それから5日後の画像です。上から、ダイソー、キャン・ドゥ、100均Aで販売している紙粘土。左から、「何もしない」…ふたに紙粘土を直接詰めた。「底にボンド」…ふたの底に少し速乾ボンドを垂らし [続きを読む]
  • 手を動かすことは脳を活性化し創造力を育むこと
  • 看護師として医療現場に長年携わり、ハンドメイド業界で25年以上ご活躍のぬまさとよしえさんが書かれたブログ記事「手を動かすことは脳を活性化し想像力を育むこと」には、「こども」が「手を動かすこと」の大切さが書かれています。手を動かす機会が多くの場面で圧倒的に減った現状から考察されています。手を動かす、脳が活性化する、そして、育まれた想像力の展望に明るくなる記事です。こどものことについての記事ですが、お年 [続きを読む]
  • 介護の感性、研ぎ澄ませていますか?
  • 私のアクティビティケアの師である元看護師のプランティングフラワー開発者・長瀬が随分前にこんなことを書いていました。『介護の感性』なんて言い方が当てはまるかどうかわからないが、より良い介護を探す力のようなものがあるかないかで大きな差が出るように思うのです。 そういう力のある人が職場にどれだけいるかで、介護の質は変わると思う。 たとえば、私が介護の質を感じた場面。些細なことだったり常識じゃん、と言っ [続きを読む]
  • 仕事としてのアクティビティを増やせないか?
  • まだ大ヒットドラマになるずっと前にマンガ「逃げるは恥だが役に立つ」で気になったセリフ。「世界で一番偉いのは誰かっていう話・・・(略)」「ある人がね「それは新しく仕事を作った人だ」って言ってて・・・(略)」(「逃げるは恥だが役に立つ」より)例として、利休が茶の湯を広めた→茶道だけでなく華道、料理、陶芸等いろんな文化が発達→それにかかわる仕事が増えた?ひとつのアイディアからいろんな人に仕事が生まれる何度かブ [続きを読む]
  • ティーチングとコーチングの違いと融合と。講師としての心構えを考える。
  • 上級コース課題「バラと蕾」 「プランティングフラワー協会認定講師」。初対面の方にはこう名乗っております。この方がわかりやすいんですよ。会話を円滑にするためだけのこと。実は正式には「プランティングフラワーコーチ」なんです。プランティングフラワー上級コース修了・検定試験合格を経たら、どちらを名乗っても良し、としています(ゆるいんですよ、当協会は・・・)。「プランティングフラワーコーチ」という名称は、 [続きを読む]
  • 不穏の理由
  • あまりにも不穏な状態が続く利用者様がいらっしゃいました。職員にその理由を訴えたいようでした。でも、職員が多忙なのに気づかれ、我慢されているようでした。時間がある!大丈夫!やっと巡ってきたその瞬間に、利用者様の方から私に近づいてきました。ユマニチュードの技法・見つめる・話しかける・触れる・立つ(私は一人でユマニチュードを実践しているので、職場では実行せず)を使って話しかけました。すぐに不穏の理由を語り [続きを読む]