momoka さん プロフィール

  •  
momokaさん: 手がかかる子ほど可愛い?
ハンドル名momoka さん
ブログタイトル手がかかる子ほど可愛い?
ブログURLhttps://ameblo.jp/aromamizuka/
サイト紹介文2018年1月にADHD,自閉症スペクトラムと診断された小5息子の成長??日記になることを願って。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 158日(平均2.9回/週) - 参加 2018/05/15 17:45

momoka さんのブログ記事

  • 自立準備を着々と。
  • ハムスターのお世話を飽きもせず毎日してるキラ。朝送れば学校は楽しんで帰って来るし漢字の宿題も自分から復活して大丈夫、と言い出し 数ヶ月前とは別人のように落ち着いた褒めると、宿題するなんて普通だよー 褒めないでと大人な対応一方 別居中の大人の男の方。lineで離婚を強行するのは私のワガママで、子供達の事はどうでもいいのかと正論をふりかざして私を責めてきた。子供達は親を見てる、とか夕食時に子供達の前で酔った [続きを読む]
  • 離婚の話合いにならない&弁護士さんに相談
  • 週末の朝相手から(もう夫とが主人とか呼ぶのも違和感で…) また話がしたいと Lineがきて飛び出しそうな心臓を話が進むならと抑えて車に同乗し空いているファミレスへ。向かい合って座るのは本当に無理で一席ずらして座った。相手はまた離婚理由やら何が悪かったかとか私がやり直すつもりが無いのが考え方がおかしいとか子供はどうでも良いのかとか冷静になってから考えろとか散々私を責めた挙句に私の力になりたい、見守りたいとか [続きを読む]
  • 離婚の話し合い1回目
  • 義父の四九日終了。長い長い 田舎ならではの法事が(葬式後に7回!!)ようやくひと段落した。最初はまた 長男嫁としてのプレッシャーで手料理を持参して 一日中法事に付き合って帰ってから寝込んだりしてたけど途中から離婚を決意しどうでも良くなった。義母が一番大変だから、と思ってたけど法事が人をもてなして気が紛れる事で彼女を支えていたのがよくわかった。四九日は日曜日で夫がいるのがわかっていたのでギリギリの時間に参 [続きを読む]
  • 新しい私の人生!
  • 離婚の意思を夜伴侶に伝えたら次の朝、6時前にいきなりやって来た…眠れなくて明け方ようやく寝付いたところだったので まさに寝耳に水。また激しい動悸と呼吸困難に見舞われた。敵に回すと何をするかわからないという恐怖はずっとあって、だから我慢してきた。向こうも追い詰められての行動でしょうが常識が無さ過ぎる。私の症状が落ち着くのを待たずしてそんな体調悪そうなのになぜいま離婚話を切り出すんだ、しばらく別居でいい [続きを読む]
  • 自分のために、戦いの火蓋を切った
  • 実家に行って別居中の伴侶が 修復を期待してとにかく お利口に振舞っています。ただもう闇の裏面は散々見せられているので油断ができません。お利口に振る舞えば振る舞うほど期待してるのが伝わって来てものすごいプレッシャーとなって私に押し寄せる。もう少し待ってから、と思ってましたが散々期待させても その後がまた恐ろしいので離婚指南書のアドバイスであったように実際の離婚の話し合いの時に急に言って向こうが激昂した [続きを読む]
  • ゆっくり、焦らずと自分に言い聞かせる
  • 先日の身体検査で身長143cm、体重32kgになった小5キラ。幼い時はかなり小さい方でしたが本当に立派に大きくなりました。それでもいまだに寝かしつけを要求。よほど眠くなければママ早く来て一緒に寝よーと 忙しくバタバタしてる私にしつこく言ってくる。一旦家事を中断して横に寝てやると長い手足をからまりつかせてきて苦しい寝かしつけっていつまでしたらいいんでしょうか…今のところ本人は6年生まで!と言ってますが去年も一昨 [続きを読む]
  • 普通な人のフリをして生きてきた
  • 明日から自然教室に行くキラ。その事を全く話題にしないので私も忘れてた??昨日慌てて(私が)全部準備長女はめちゃくちゃ張り切ってだいぶ前からから準備してたのになデリケートなキラは大勢で寝泊まりとか気が進まないのでしょう。私もそうだった!楽しみな反面寝られないだろうな、とか不安の方が大きかった。私の状態。ほとんどの時間気持ちが沈んでいるせいか、胃が気持ち悪い仕事中も、友達と喋っている楽しいはずの時間も、 [続きを読む]
  • 発達障害児母として、伝え方の責任を感じる
  • ADHD、自閉症スペクトラムの小5キラの夏休み明け二週目。毎晩、突如未亡人となった義母に電話をする気遣いのできる 優しい男の子朝はだんだんと登校時間が遅くなり。今朝は早く起きてハムスターのお世話も学校の支度も終えたのに布団で寝だして。学校行きたくないの?と聞くと「そういうわけじゃない、寝るのが趣味だから」と言って動かず。結局2時間目から行きました。キラが発達障害のADHD、自閉症スペクトラムと診断されたのは [続きを読む]
  • 放課後デイの面談で息子と同じ特性に気づく
  • 放課後デイで スタッフの方から、面談とモニタリングをするので来てください、と呼ばれて学校から帰って来たキラと行って来ました。モニタリングとはなんぞや、と思いましたが簡単に言えば 現状での支援で 成果が見られているか、今後見直しの必要があるのかを個別に話し合い、検討する、という感じ(ざっくり過ぎですが)のようです。いつも優しい笑顔の代表者Nさん。最初に、「お母さん、キラ君のこと褒めてますか?」と言われ、 [続きを読む]
  • 加味逍遥散でひどい冷えが改善
  • 今朝、珍しく早起きしたキラ。放課後デイでパソコンのブラインドタッチのアプリをしていて、家でもやりたい!と目覚ましかけてまで。あんなにゲーム依存だったのに デイに行き始めて 興味の幅が広がり本当に喜ばしい事ですと思っていたら パソコンはすぐ終わらせてゲームに手を出し 注意しても時間ギリギリまで遊んで出がけに ゆっくりゆっくり忘れ物チェックを始め… またイライラしてしまって言わないでいい事言って やる気なく [続きを読む]
  • 順調な休み明け&義母の手摑み料理にゲンナリ
  • キラ、夏休み明け遅刻せずに 行きました!(もちろん車で送ってですが…そこはよしとする??歩いて遅刻せずに行くなんてそんな高度な事は求めない??)朝にハムスターのお世話という責任ある仕事が加わった事が良かったみたいです。続きますように先生からもいい表情で来てくれました!と言っていただき。せっかく順調に学校生活が始まりましたが まだまだ続く義父の法事。昨日はふたなのか、だって。あと何回やるのか知りたくもな [続きを読む]
  • 一瞬のように過ぎ去った今夏
  • 昨日は私が気分が悪すぎてイライラし過ぎて キラをキレさせてしまった反省。外部の人と会う時以外に笑顔を作るのがしんどい…気づくと虚ろな表情になってて子供達に迷惑かけてるなキラは両親の別居、祖父の死と大きな環境の変化にも 意外と機嫌良く穏やかだった夏休み。休み明けに勉強のストレスと相まって 爆弾級になって出ないといいけど 半分は親の都合なので厳しくするのは控えよう私の方がここにきてウツ状態になるとは思いも [続きを読む]
  • 診断名がつく&ハムスターが来た
  • 心療内科の予約日。キラの相談と私の相談、受診の 三本立ての濃い内容。この日キラは放課後デイのバーベキューだったので一人で行きました。あまりに色々高ストレスな出来事が 立て続き、心身共に疲れ切ってました。先にいつもの心理士の先生のカウンセリングで最近の我が家の様子を聞いてもらいその後キラの主治医でもある院長先生が診てくださりキラの最近の様子を聞かれた後に私の症状を話しました。実家帰省の3泊4日は食欲も戻 [続きを読む]
  • まだまだ続く法事+食文化が受け入れられない
  • ダンナ実家は九州の田舎で親族づきあいがとんでもなくディープ。義父の兄弟6人くらい?(何人だか忘れた??)がほとんど同じ町に住んでいるという仲の良さ。お葬式がやっと無事済んで次の日大量のお香典の仕分け、計算、入力作業を妹夫婦と丸一日かけてやり一段落、と思いきや初七日はいいとして、その後も49日含め 2カ月くらいは毎週お坊さんを家に呼んで親族が集まると聞き愕然最近は同じ地域でも現実的に無理でやらない傾向にあ [続きを読む]
  • お通夜〜お葬式 後悔先に立たず。
  • お通夜〜お葬式。まだ76歳で元は大企業にお勤めで引退後は地域の 色々な責任ある役を引き受けたり、ボランティアで小学生の見守りしたりシニアの大学に行ったりテニスも仲間と楽しんで趣味の域を超えるレベルで野菜もたくさん作って4人の孫に恵まれた、まさにリア充な義父なので参列者の多い事…。2日で重複する人を外しても300人超え…。何回お辞儀をしたことか。私は昨日までいた実家の両親も葬儀のため はるばるやって来たので [続きを読む]
  • 長女が泣いた事を重く受け止める
  • 慌ただしく電車と飛行機乗り継いでダンナ実家に向かうと義父が変わり果てたお姿で布団に寝かされていました。年老いた親族がその周りに大集合、お坊さんも冗談言ったりしてあまり悲壮感がなく。お義父さん、蝋人形みたい…。全く現実味がない。と思っていたら中3長女がわあっと泣いたので本当にびっくりしました。中学に入ったくらいから普段私の前で感情を表すことがほとんど無くなっていたので…。高学年になってからは義父母宅 [続きを読む]
  • 危篤状態に。
  • 朝、LINE電話の着信音に気づくと5時過ぎ。まさか?と画面を見ると夜中にダンナから数件メッセージが入っていて。何度も心肺停止を繰り返していてもう危ない、最後に子供達の声を聞かせたいという内容でした。びっくりしてすぐ電話するとやはりもう危ない、危篤状態という話で。電話越しに 慌ただしい様子と「お父さん頑張って〜」という義母の悲痛な声が聞こえて子供に変わって、と言われ寝ていた二人を起こすとすぐ状況を把握して [続きを読む]
  • 実家帰省中義父が倒れる
  • お盆は、実家で1週間ほど過ごす予定で、飛行機を取って 両親が旅行を計画してくれ、友達も都内のホテル取ってくれて飲み明かす約束してお盆まではとにかく体調壊さないよう頑張ろう!と激しい落ち込みの中エネルギー源にしてた一方で7月に早世した甥っ子ちゃんのお悔やみという目的を果たしたい、と別居中のダンナも行く事になっており…行きと帰りの飛行機ともに別にしてダンナはホテルに泊まると言ってましたが…多少は事情を伝 [続きを読む]
  • 自分に向き合う事の必要性を感じる
  • あまりに色々あって長らく更新できませんでした順を追って更新していけたらと思います。ダンナは私とキラの戦いを見てると辛い、それで憔悴していく私を見てると余計に辛い、と6月末から食べられない、眠れない、時々パニックの発作と典型的なウツ病になって7月頭に初めて心療内科を受診した。 話し合いの末、別居しなければ共倒れになるという結論に至りダンナは隣町の実家へ。それで私の心に平安が訪れるかと思いきや激しい気分 [続きを読む]
  • 放課後デイにハマってくれた
  • 毎年戦争のようになっていた夏休み。4年生まで学童保育に在籍していたけど嫌がって行かないことが多かった。私は家でアロマサロンしてるので家に居られると仕事に集中できなくなり。なんで行かないの!お金払ってるし、ママ学童の役員してるんだから 行ってもらわなきゃ困る!とかこちらの都合で怒りまくってた??夏休みの学童は狭い部屋に何十人もひしめき合っていて、先生達は大汗かいてワガママを言う子供達に 右往左往今とな [続きを読む]
  • 一年前の個人懇談がはじまりでした。
  • 小学校の個人懇談でした。思えば去年の4年生の担任との懇談が キラの新しい人生?の始まりでした。小学4年生 発達障害の疑い →https://ameblo.jp/aromamizuka/entry-12371909763.htmlあれから一年…こんなに色々な事が変化した一年があったろうか。変化したのは キラが普通じゃなくなった事?それによる様々な環境の変化?私の心の持ちよう?家族の関係?まだまだいっぱいあるなぁ支援学級の先生とは あちらからの連絡事項、これ [続きを読む]
  • 荷が重すぎて。
  • スクールカウンセリング3回目でした。もう特別に中学から来てくれるのはこれで最後との事。とりあえずキラの問題が減ってきていて良かった…最後と聞いてもそこまで不安にならなかった。理科の授業も支援学級で受けたいというキラの気持ちを尊重するべきかというところで、私も担任の先生も答えが出ないでいたので それを聞くと、実験だけ 普通級でして(支援学級の先生についてもらう事も可能)書いたり解いたりは支援学級で個別に [続きを読む]
  • 怒涛の3カ月半…
  • 最後に私に暴力を振るってから12日経過。ちょっとした事でキレるのが少なくなった。笑顔が増えて 基本穏やかになった。キラが確実に落ち着いてきた。と思ったら夏休み突入。上向きで一区切りついたことが万々歳。まったくまったく 必死に駆け抜けた怒涛の3カ月半。支援学級の担任の先生普通学級の担任の先生校長先生に教頭先生スクールカウンセラーの先生こどもの診療内科の先生他にも…たくさんの人に助けられてキラも私も頑張り [続きを読む]
  • 限界点に達してしまった我が家。
  • あんなに気を揉んだカウンセリングでしたがキャンプから帰ったダンナからは一言もなくなんなんだ連休最終日、キラは義父母の家に行っていて 長女は友達づきあいなのでダンナと二人になるのは嫌だし先週に引き続き親友宅へ。ママ友であり 宇宙人夫(未診断なのでこう呼ぼうかしら)をもつ妻同盟であり 毎週会っても話が尽きない。あっという間に夕方になり帰宅、夕飯の支度を手早くするもダンナの顔蒼白。ここのところずっと食欲が [続きを読む]