マリー さん プロフィール

  •  
マリーさん: 大人のピアノ時間。
ハンドル名マリー さん
ブログタイトル大人のピアノ時間。
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/otona-piano
サイト紹介文大人ピアノが楽しい!子供の頃より上達した理由?「大人ピアノ研究家」マリーが実体験をもとに書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 119日(平均2.6回/週) - 参加 2018/05/15 23:28

マリー さんのブログ記事

  • やっぱり自然の音は最高の癒し
  • 急に、秋らしくなった。この10日ほど…3曲も同時に練習を進めている間に。我が家はかなり静かなところにあるので、秋の夜になると虫の音がよく聞こえる。もちろん、もうエアコンなんてつけてなくて網戸にしているから、かなりの音量だ。しかし、癒される。ニュースを見るためテレビをつけていたが、スイッチをオフする。虫の声だけを味わっていたいから。少し肌寒ささえ感じるので、あたたかいミルクティーを入れ、ラフマニノフの [続きを読む]
  • アルヴァマー序曲であの頃のワクワクを
  • この前の日曜日の朝だったかな。テレビの代わりにつけているFMラジオから吹奏楽が流れてきた。「アルヴァマー序曲」そう、吹奏楽をやっていた人なら誰でも耳にしたことのある曲。30年以上ぶりに聴いて、しかもバーンズの指揮。演奏はシエナだったかな?東京佼成?どっちだったか忘れてしまったけど、テンポもゆったりめで、こんな上品な曲だったっけ?と思った。でもとても好きな演奏だった。私が中学1、2年の時の吹奏楽部は、人数 [続きを読む]
  • もし、ピアノを続けていたら…
  • 私は中1の終わりか中2の初めごろに、ピアノをやめた。平日は吹奏楽部の練習に明け暮れていたから、ピアノのレッスンは日曜の朝で、それが面倒でしかたなかった。先生も極度に口数が少なく大人しい人で、どうしたらできるようになるかを教えてもらえなかったような気がする。まあ、それ以前にこっちが練習して行ってないわけだから、なんとも言えないのだけど。この頃は本当に部活に夢中で、ピアノより吹奏楽の方が楽しかったのだ。 [続きを読む]
  • 楽器店でピアノを習う場合
  • 前回の続きです。楽器店でピアノを習うメリットを書いてみる。まず、音楽仲間ができやすい、ということ。レッスン時に楽器店で他の生徒さんと出会ってそこから話が弾むこともあるし、イベントで顔を合わせるようになってから仲良くになることもある。楽器店では、ピアノに限らず他の楽器の大人のレッスンなども開講している。で、そういうレッスンを受けている「大人だけの発表会」がこじんまりと開催されることもある。そこで知り [続きを読む]
  • ピアノ、どこで習う?楽器店?
  • 私が7年前にピアノレッスンを再開した時は、たまたま偶然に楽器店とご縁があったので、その流れでレッスンを受けることになった。ちなみに、子供の頃は個人の先生に習っていたので、先生のお宅に通ったり、レッスンにきていただいたりしていた。自分の引越し、先生の引越しなどもあり、9年間で5人の先生に習った。その他の理由はあまり記憶にないけどね。ピアノを習うと決めたら、まず先生探し。ご自宅で教室を開いていらっしゃる [続きを読む]
  • 集中力とかマインドフルネスとか
  • この1週間くらい、集中力とか無意識とか、そういったメンタル系の本を読んでいた。…ではなく、 眺めていた。と言った方がいいかもしれない。きっかけは、演奏中の集中力とか平常心とかに興味が向いたから。暑さのせいか年のせいか、この頃ピアノを弾いていて集中力に欠けることがあるような気がするのだ。暑さのせいと思いたいけどね。絶対。そんなわけで図書館からそういったキーワードのタイトルの本を何冊も借りてきて、集中力 [続きを読む]
  • 星に願いを☆
  • 昨夜は火星大接近、加えて土星木星金星が並んで見えるということで、ベランダから夜空を見上げていた。またたく星を眺めていると目が慣れてきて、さらにたくさんの星が見えてくる。南東の空に、オレンジ色に見えるのが火星。確かに近い。西洋占星術では、男性を表す。好みの男性のタイプとか、男性との縁を火星で見るらしい。こんな近くて大きい火星を見たら、男性運がアップしそうだわ。で、早速息子にLINE。息子も、帰り道にやた [続きを読む]
  • 孤独で地道な作業
  • 最近思うのだけど、ピアノの練習って「孤独で地道な作業」だな、と。もちろん、ピアノを弾くのは楽しいのよ。「作業」というと、ちょっとへんよね。他になんて言ったらいいのかな…。「作業」に変わる良いたとえを思いついた方は教えてください☆ピアノに向かって練習するときはもちろん一人。本番、ステージで演奏するときも一人。孤独を感じるなぁ。年のせいかな…。娘も嫁いで2ヶ月。発表会終わって気がぬけちゃったかな?(家で [続きを読む]
  • アラフィフは譜読みで目が疲れるのだ
  • もうねえ、この3日で一気に譜読みしてたら、昨夜から目の疲れと肩こり。そんな込み入った曲でもないのだけど。これくらいの。でも、アラフィフにはこたえるのだ。見ながら弾いていくって、眼力、集中力、他にも色々すごく使ってると思う。ちなみにこのアレンジは、華やかでロマンチックで気に入ってます。中級でしょうか。 [続きを読む]
  • 大人の選曲
  • ひとつ発表会が終わると、次の本番で弾く曲を考え始める。嬉しい悩みを味わえる数日間だ。いや、場合によっては数週間悩み続けることもある。今回はちょっとしたイベントで弾く曲もいれて、とりあえず2曲候補を挙げたいところ。再開して最初の先生は、私の好きな曲を自由に弾かせてくださった。メカニックの指導はまったくなかったけど。笑でも、これが、今思えば本当に良かった。レパートリーの点から考えるとね。クラシックが大 [続きを読む]
  • 本番のミス箇所についての簡単な考察
  • 演奏というものは、練習であれ本番であれ毎回違うものだ。と、本番前数日間の練習でミスした時は自分に言い聞かせている。本番前になると、日頃思いも留めてなかった箇所の指使いが、「あれ?どうだっけ?」となったり、急にある特定の箇所で何回弾いてもうまく弾けなかったりすることがよくある。けれど、そういう直前の練習の時と同じミスが本番でも起こるわけではない、ということを認識しておかなくてはならないから、言い聞か [続きを読む]
  • やっぱりピアノって運動神経いるのかな…
  • まあ今日の内容も、発表会の反省を込めてなんだけど…あ、そうそう、その前に私、昨日の記事の件を「ウナコルダ事件」と名付けて、忘れないことにしたわ!ていうか、忘れるはずないもん。もう、こうなったら伝説にするのよっ。何かの時の話のネタにするかもしれない。いや、きっとする。息子のひとことのおかげか、一晩たつごとに、なんか肩の力が抜けていくのがわかってね(て言ってもまだ2日目だけど)、もう笑って話せそうな感じ [続きを読む]
  • ウソ〜〜ッ! 最後から4小節目で?
  • 昨日、とりあえず発表会を終えた。無事に。・・・ではなく。練習期間2ヶ月半。テンポを上げて1週間。未完成で本番に臨むってわかってる。でも、とんでもないことをやらかしたな〜、とめずらしく落ち込んでいるところ。曲の途中からウナコルダを踏むところがあるのだけれど、1ページくらい、ずっとね。その部分は比較的無事に弾けたの。で、終盤、いよいよあと4小節くらいってことろで、またウナコルダ踏もうと思ったら踏んでる・ [続きを読む]
  • 本番2日前
  • なんかね、今回はあんまり緊張感ないの。なんでかな。さっきまで娘が遊びに来てて、一緒にごはん食べたり色々話をしていた。発表会のことが頭から離れてしまってるわけではないのだけれどね。ふとした瞬間に、「そういえばあさって発表会なんだった」と思い出したりして。再開して7年にもなると、こーなるのかしら。いや、そりゃ本番のことを考えると不安にならないこともないけど、考えてもしょうがない。別に人間だから間違える [続きを読む]
  • リハーサルはありがたい
  • 大雨の名残りの中、昨日は発表会のリハーサルだった。リハーサルの機会を設けてくださる先生は、本当にありがたい。小さい子供から、アラフィフまで。プログラム順に演奏。ちなみにピアノは本番のもとは違う。やっぱりピアノっていう楽器は難しいね。自分のを持っていけないから。笑リハーサルや本番の日に目の前にあるピアノで、日頃繰り返し練習してできるようになったことを再現するってのは、本当に難しい。多少の緊張があると [続きを読む]
  • 迷いを断ち切る
  • いや、本番まであと10日あまりというのに、テンポのことで迷っている。先生には、テンポ上げていいと言われているのだけど…私はあまり速く弾くのは得意じゃなくて、指定テンポより気持ちゆっくり目に弾いている。いつも。でも、今回の曲は2分の2拍子。ちょっと気を緩めたり、ゆっくりめに弾いたりすると、4分の4拍子に聞こえてしまう。先生にも、拍感というか二拍子の取り方、弾き方を教えていただいているけど、それを実践すると [続きを読む]
  • オーラのある人②
  • 今日から7月。今年も半分過ぎた。切ない…。今年の上半期は嬉 ?? 怒 ?? 悲 ?? ?と、色んな感情が短期間で行ったり来たりしていた。ホロスコープ的に、今、私の生まれた時の月の位置に、現行の冥王星が90度という、良くない角度を取っているからかもしれないのであります。オーラの話の続き書こうと思ったけど、うまく文章にならなくて。で、昨日は発表会の会場の偵察がてら、よその教室の子供達の発表会を見に行ってきた。 [続きを読む]
  • オーラのある人①
  • おかげさまで、無事、特別?レッスンを終えた。昨日の記事を読んでくださっていた方、お騒がせして申し訳ありませんでした。出だしで少し緊張したが、すぐさまいつものように開き直り(笑)とても充実した90分、たくさんのことを教えていただいた。 リラックスしてレッスンに臨めるかどうかは、本人の性格にもよるのだろうが、先生の雰囲気とか発するオーラにも影響されるのかもしれない。今日の先生は初対面だったのだけど、オーラ [続きを読む]
  • あーきんちょーするー
  • あーーきんちょーする。明日、先生のお誘いで、とある先生のレッスンを受けることになっているのだ。こーゆーの初めて…しかもこの歳になって。ああ、どうしよう。大人になると、「近くで見られる」ってことに緊張するよね。なんかね、正直言って本番前と同じかそれ以上の緊張感よ。でもまあ、レッスンを受ける、すなわち教えて頂くということは、別に素晴らしい演奏を求められているわけではないから、現在のありのままの自分の演 [続きを読む]
  • 発表会の髪型ってどうしてる?
  • 発表会が近づいてきた。演奏のこと意外にも、衣装や靴、髪型のことで頭を悩ませている。今年はいつもと違う会場ということもあって、それも気になるから、近々1度偵察に行ってみる予定だ。笑日頃から髪質に問題ない方は、大して気にも留めていらっしゃらないだろうけど、クセ毛、太い、量が多い、と三拍子揃っている髪質の私は、当日の髪型のことも結構気がかりなのだ。日頃は一年中、耳のあたりから下にゆるいパーマをかけていて [続きを読む]
  • 「羊と鋼の森」を見てきた
  • おトクな朝一番のショーで、見てきた。調律師の成長、というピアノとは切っても切れない物語。ストーリーもなんだけど、私のもうひとつの楽しみは、三浦友和さん?素敵だわ…。本当に素敵。(私のおじさま好き、バレたかしら?)ホールでの調律のシーンで、ピアノの下にもぐりこんでキャスターの向きを変える身のこなしに、ぐっときちゃった。スーツ姿の背中とか肩とかが、私好みで大好き。カッコ良すぎる?(そういえば昔スーツのコ [続きを読む]
  • ☆脳内演奏☆で暗譜の確認
  • 前回ふざけた記事を書いたので、今回は真面目に。発表会が近づくと気になるのが暗譜。まあだいたい発表会で弾く曲っていうのは長期間練習するわけだから、自然と覚えてくるもので、本番近くなると自動的に暗譜できているのではないだろうか。この「自動的に」というのがクセもの。なんとなく覚えている、という感じよね。覚えているつもり、って言ったらいいのかな。で、本番2〜3週間前になると、私は次のことをする。両手で、超低 [続きを読む]
  • 眠れぬ夜には楽譜を…なんちゃって
  • 発表会まであと1か月を切った。そろそろ、色々なコンディションを整えていきたいところ。暗譜も進めている。昔流行った「睡眠学習」じゃないけど、寝る前に楽譜を読むと、しっかり記憶されるかな〜なんて思い、ベッドに楽譜を持ち込むことも。しかし、なぜか楽譜を開いた瞬間眠くなる…。必ず。結局、ベッドに入って楽譜を読んだことはない。もともと、そこまで寝つきの悪い方ではないからね。寝つきの悪さに悩んでいる人は、お試 [続きを読む]
  • なぜか松田聖子を弾きたくなったついでに妄想
  • 何を隠そう中学生の頃「聖子ちゃんカット」を目指していた私。クセ毛のせいで、うまくきまったためしがなかったけど。初めて買ったレコードは「青い珊瑚礁」。これは小学生の時。デビュー当時の聖子ちゃんが好きだった。休み時間になると、友達と一緒に教室のオルガンで聖子ちゃんの曲を弾いてたな…。今で言う耳コピで。この頃はピアノのレッスンは大嫌いだったけど、こういうことをして好きな曲を弾いて遊ぶのは大好きだった。ク [続きを読む]
  • 音楽やってる男
  • 何を書こうかな〜となかなか考えがまとまらなかったこの3日間。その間に誕生日を迎え、グランドピアノの調律もしてもらった。音楽を本格的に長くやってる男の人って、どうなんだろう、とふと思った。音楽といっても、クラシック、バンドなど、歌や楽器、色々あるけどね。うちの息子もそうだけど。やってる楽器によって性格が違う、みたいな話も聞くし。なんとなく周りを眺めてみると、年齢関係なくやっぱりナルシストの傾向がある [続きを読む]