mina さん プロフィール

  •  
minaさん: 保活幼活フルコース
ハンドル名mina さん
ブログタイトル保活幼活フルコース
ブログURLhttp://iyaiyaikuji.wordpress.com/
サイト紹介文激戦区で3つの保育園と1つの幼稚園に通った経験とノウハウを語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 18日(平均4.7回/週) - 参加 2018/05/16 11:36

mina さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 保育園はあなたの育休明けに合わせてくれない
  • 「育休終わったら保育園」「離乳食が終わったら保育園」そんな呑気なこと言って保育園入れると思ったら大間違いです!なぜかというと・・・保育園だって、学校や幼稚園と同様4月から新クラスが始まるのです。4月に入るためには秋に申込をするのです。自治体によりますが、わたしが経験したのは9月に書類を貰いに行って、10月に申込み、2月に結果が来て、4月に入園。もっと言えば、6月くらいにはお役所にリサーチに行って、 [続きを読む]
  • 保活・幼活ブログはじめました
  • 妊娠中の出来事をちょいちょい書いてきたこのブログですが、早くも方向転換ということで保活と幼活の話にリニューアルすることにしました。 改めて自己紹介を。関西在住30代夫婦と息子の太郎(仮)と3人暮らしです。都会のマンション暮らしの核家族です。認可外保育園認可小規模保育園認可保育園そこからまた認可小規模保育園に戻ってから満三歳児から幼稚園と3年間で4つの園を経験しました。そこから見えてきた保活事情、保活 [続きを読む]
  • 母子手帳は土日にもらえない
  • 出産予定日も決まり、いよいよお医者様より「母子手帳もらいに行っといてくださいね〜」のお言葉を頂戴しました!しかし調べてみると、平日17:30までにお役所へ行かねばならないという・・・母子手帳をもらう時期って、とても他人に妊娠を報告できる時期じゃないんです。「母子手帳をもらいに行くので休みます」なんて勤務先にはとても言えません。なので、また「ちょっと病院へ〜」ってギリギリまで仕事して、17時に早退して、タ [続きを読む]
  • ハイリスク妊婦認定?されました
  • 心音が確認できたあたりで不妊治療専門クリニックは卒業し、婦人科に行くことになりました。 里帰り出産をすることにしたので、産婦人科ではなく婦人科をチョイス。その訳は・・・母の里帰り出産エピソードを聞いてのことでした。 母はわたしを産むときに里帰り出産希望だったのですが、まだ若かった母はなかなかそれを産婦人科の先生に言い出せず、なりお腹が大きくなった後に「あの・・・わたし里帰り出産したいので、紹介状を・ [続きを読む]
  • 妊娠反応は超ハッキリしてました
  • 今日から妊娠判明後の話を書いていきます。今まで基礎体温表とにらめっこして、ネットで検索してあーでもないこーでもないって言ってたのは一体何だったんだ?っていうくらい、その月の基礎体温はぶっちぎりで「アンタ妊娠してるでー」とアピールしていました。もう間違いないやって、思いました。妊娠検査薬も、一瞬ですがすがしいほどの陽性反応が出ました。遠い昔「まさか妊娠してないよね・・・」「なにこの薄い線は!どっちな [続きを読む]
  • 基礎体温計は、自動記録機能付きを選ぼう
  • 妊娠が分かってからの事を書く前に、基礎体温計の話を。毎朝基礎体温を測るのはなかなか大変です。たとえ寝坊しても、飛び起きることは許されません(笑)寝起きにゴロゴロ夫と遊ぶわけにもいきません(笑) とにかく目が覚めたらすぐ、目をつぶったまま、手探りで体温計を口に含みます。そのままじーっとして、ピピッと鳴ったら起き上がる。 今思えばADHDの気があってとにかく飽きっぽい・熱しやすく冷めやすいわたしがなんとか基 [続きを読む]
  • いつまでこの生活が続くの?妊活ストレス
  • 婦人科で検査をした結果、双方に原因が特定できず「まあとりあえずタイミング療法でいきましょう。3回4回やってもダメなら人工授精いきましょう!はいこれパンフレットね〜決意したら早いほうがいいから、同意書も渡しておきますね〜」とかる〜くお医者様に言い渡されて、正直えええっ!と思いました。 なんでしょう、子ども嫌いなのをすっかり忘れて、負けず嫌いの性格が災い?して「それじゃあとっとと作ってやろーじゃないか [続きを読む]
  • 定時ダッシュで婦人科へ通院
  • 当時は、残業するのが当たり前、という職場にいました。(職場が、というよりも業界の特性上の理由です)しかし定時ダッシュをしないと婦人科の受付終了時刻に間に合いません。今日は病院に行くから絶対に定時ダッシュしないといけない。そうなったら、一日絶対ミスしないように心掛け、いつもより素早く仕事を片付けて、なんなら他人の仕事もちょっとやってあげて、同僚が絶対文句言えないような状況を作る。ラスト30分は「変な [続きを読む]
  • 不妊治療専門クリニックの待合室
  • 子どもを望める体なのかどうかを検査してもらうために、通勤途中の乗り換え駅にある婦人科に行くことにしました。雰囲気はいわゆる「病院」よりも、エステに近いかんじ。デコラティブなインテリア、オルゴールが流れるBGM、待合室には人がいっぱいだけどめっちゃ静か。定時ダッシュで駆け込んだとしても、エレベーターの中で息を整えておかないと、ゼェゼェいうのがみんなに聞こえてしまうのではと心配になるくらい、静か。 診察カ [続きを読む]
  • こどもはまだ?がなくなった日が、婦人科デビューのきっかけでした
  • わたしたち夫婦は、4年間二人暮らしを満喫していました。少なくとも妻のわたしは、子ども嫌いだし、仕事は楽しいし、何の不満もありませんでした。しかし、普通に暮らしていて、4年間授からない。はじめの3年ほどは「子どもはまだ?」「仕事もいいけどそろそろ考えなさいよ」「夫婦仲がいいのは良いことだけど、いつまで恋人気分でいるんだか」なんてイヤミやお節介を言われていましたが、3年過ぎると突然何も言われなくなりま [続きを読む]
  • 過去の記事 …