氏家すなお さん プロフィール

  •  
氏家すなおさん: スナオナシュキ
ハンドル名氏家すなお さん
ブログタイトルスナオナシュキ
ブログURLhttp://sunaoproducts.hatenablog.com/
サイト紹介文30代自営業です。主に雑記の予定です。深夜ラジオ、お笑い、アニメ、小説が好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 6日(平均35.0回/週) - 参加 2018/05/16 14:46

氏家すなお さんのブログ記事

  • 気づかないウチにあなたもドジっ子と暮らしていますよ
  • リアルドジっ子はすぐそばにいる。日本が誇る二次元と呼ばれる世界では、特徴を誇張しすぎた性格や行動パターンがある。それは総じてキャラクター性として愛されるものだが、そのまま三次元にコンバートするととんでもなく嫌われる。簡単に言うとドジっ子って現実にいたら、ただ嫌われるだけのストレス要員だよね、という話だ。(ツンデレでも可)例えば、ここに一人のドジっ子がいたとする 。皿を洗えばすべてを破壊し [続きを読む]
  • 浮気や少子化などをテーマに急に哲学
  • 「浮気はしてもいいけど気づかれないようにしてよね」みたいなフレーズをたまに聞きます。僕はこのセリフに出会うと「どう?私は寛大な女でしょ?ヒステリーを起こすようなダサい女とは違うのよ」って自動変換される耳を持っています。まぁ、飽くまで持論なんですが、浮気の存在自体を許すのって育児放棄したみたいでダサくないですか?浮気はバレて「してはいけないことだよ」「私は傷ついたよ」と伝えて、そこから初めて許す [続きを読む]
  • 10代は山崎まさよしを聞いて先にこじらせてこい
  • 大人になってこじらせちゃうと、舵が効かない。そりゃ荒波の中に放り込まれてますから、本当の船と同じ意味で舵が効かないのだ。だから、先にこじらせちゃおうよ。若いうちに遊んでると結婚してから決意固まりやすい、と一緒です。じゃあ、どうやってこじらせたらいいの?意図的にこじらすことなんて出来るの?焦る気持ちはわかる。このマインドが浸透したら、教師だって大変ですよ。「先生、うちの子をこじらせたいんでけ [続きを読む]
  • 自転車の空気入れと向き合ったけど500文字ぐらいが限界だった
  • 生まれ変わったら自転車の空気入れになるのも捨て難い。だって、あいつブレないじゃん?昔からやること一つだし、流行にも流されないし、求められたらしっかり仕事して、あとはじっと時が過ぎるのを待つ。指定された場所にどんと構える。かっこよすぎるわ。マジで。まさに漢だね。あと、住む場所もこだわらないよね。下駄箱の中とか、冷蔵庫の隙間とか、ゴミ箱の裏とか。みんなが嫌がるようなとこで人生の9割は過ごすことにな [続きを読む]
  • 俺の意地が引っ込み思案過ぎて困る
  • ラノベタイトル風に自分の意地を挑発してみた。それにしてもまだ意地は出てこない。何クソやったろう!って感じの意地が。よく物語とかで期限がギリギリにせまってて、やらなきゃいけないことが絶望的に終わってない状況で、一度は諦めるんだけど、”ある出来事”や”誰かに言われたセリフ”がきっかけで、次の瞬間から脇目も振らずバリバリ集中する描写がある。アレ好きで憧れるんだけど実体験で起こったことがない。僕の現実 [続きを読む]
  • 1曲リピートできる至高のオススメ曲5選
  • これと言ってハマる歌手はいないのだが、曲にはハマる。聞くときは一曲リピートでずっと聴く。そして飽きる。また時間が経って聞くとやっぱいいなぁと思う。このループに入ったら僕の中で「ホンモノの好きな曲」と認定される。それをまとめておく。何が好きなのかも気持ち悪く語る。ELLEGARDEN(エルレガーデン)  「Missing」 ELLEGARDEN「Missing」Music Videoこの曲を聴いて眼をつぶると違う世界に行ける。赤黒い空と無 [続きを読む]
  • 聞き上手になる方法〜remix〜
  • 情報過多ですね。僕の嫁が「聞き上手になりたい」と相談してきたんでけど、まずは自分で検索したの?と優しすぎるイケメンワードで返してあげました。僕なりの考えはあったのですが、ちょっと自分でも調べてあげようと「聞き上手になる方法」と検索かけたら情報が出るわ出るわ。あのナディアの名シーン、ジャンとナディアが無人島に流された後ジャンがおかしくなって見た夢の「石油だーっ」ぐらいの勢いで出てきましたよ。とい [続きを読む]
  • 知識量と経験のレベルに寄っては時を越える
  • 一人バー遊びにはまっていた時期がある。当時住んでいた板橋〜池袋周辺にあるバーの一つに、焼き鳥がメニューにあるオーセンティックバーがあった。初めて入る店は、いつも気取ってスコッチとミックスナッツをオーダーして1時間ほど飲んで帰る、みたいなことを繰り返していたので、”焼き鳥”というツマミに合う酒はどういう酒なのか皆目検討がつかなかった。だが心配いらない。そういう時はマスターに聞けばいい。これが一人 [続きを読む]
  • 先入観によるマインドコントロール
  • 「おきに」はワンピだけかと思ってた。自分が常識だと思ってたことが、一気に覆る瞬間がある。お恥ずかしい話、最近まで僕は”おきに”はワンピ(服の方)にしか使えない単語だと思っていたのだ。ご存じの通り「おきに」は「お気に入り」の略語の事で、誰が使い始めたのは不明だ。でも何故か「お気にのワンピ」というフレーズが僕の脳で先走ってる。少し比較例を考えてみる。”お気にの鉛筆””お気にのカレー屋”” [続きを読む]
  • 三又コンセントのような仕事がしたい
  • 生まれながらにして持っている才能に憧れる。本人はその才能、生き方が当たり前であるため自覚がない。周りから羨望の眼差しを浴びるのだが、理由はわからない。鈍感なラノベ主人公レベルで、とぼけた顔をする。そのトップに君臨するのが三又コンセントだ。彼女は生まれながらにしてモテる。待ってるだけでモテる。自分からのアプローチが必要ない。同時に3人まで相手にできる。それ以上相手にするとうまくいかない事も分かっ [続きを読む]
  • できる子ができない子のペースに合わせる教育
  • リンスはいつになったら周りののペースに合わせてくれるのだろうか?僕がリンスをリンスとして自覚したのは中学2年〜3年にかかるぐらいの時期だったと思う。女子が近くを通る髪の匂いで、せっかく覚えた歴史の年表が全部ぶっ飛ぶぐらいの時だ。小さい頃、「走るのが早い子は走るのが遅い子に合わせる」みたいな教育が僕の時代にはまだあった。今はどうだか分からないが、あったとしても、言葉尻一つ取り上げて、火あぶりの刑に [続きを読む]
  • 英語が上達するたった1つのアイデア(自分限定)
  • ずっと思ってた。異世界トリップして困難にぶつかってる可愛いヒロインがみんな英語しか話せなかったら、何が何でも英語覚えて助けるって。時はVR戦国時代。こういうソフト、開発して欲しいし、どこかが無理なら開発したい。30年ちょっと生きてきて、英語を覚えたいなと思う波は定期的にやってくる。その度に本を買ったり、アプリをダウンロードするがまったく続かない。初日はコレ面白いな!とテンション上がり、これなら続く [続きを読む]
  • 小さい頃やってはおけば良かったこと
  • 人生は一度きりなので、後悔のない生き方をしたい。このテーマと向き合う時、僕はすでに後悔してしまっている重要イベントについて考えてしまう。それが、スカートめくりだ。どうして小さい頃にやっておかなかったのか、後悔してやまない。ただ、勘違いして欲しくないのは、今も昔もスカートめくりを心の底から望んでやりたいと思ったことはない。僕の小さい頃はどちらかというと、まわりの目や評価ばかりを気にする子供だった [続きを読む]
  • ふいに拷問を受けたらどう対処するか
  • 世知辛い世の中になったもので、僕は電車の中で拷問を受けたことがある。電車で拷問だなんて、誰が経験した事がある?かろうじて、伊坂幸太郎の登場人物なら経験しているかもしれないが。その日は東武東上線、地下鉄副都心線、東急東横線をフルに使い、真っ直ぐと埼玉から神奈川までの電車移動だった。不運なことに椅子に座れず、新宿三丁目までを立って過ごした。急ぐ用事でもなかったので、すべて各駅で停まる電車に乗り、新 [続きを読む]
  • 幼少時代のカリギュラをメモする
  • 勉強した事をメモに書き取る。学生のときに授業をノートにまとめていたような事を、大人になっても時々やる。昔から感じていた事だが、そのまとめたノートを見返す事はない。雑な文字で書き取ったメモはもちろん、自分なりに段落や余白、色を気にして綺麗にまとめたノートですら見返す事はない。何故だろう?疑問がよぎったがすぐに答えは出た。答えは、「面白くないから」たぶん、コレに尽きる。面白くないものを読む訳がな [続きを読む]
  • テクノロジーの発展による美意識の変化
  • 時代は常に変化している。世の中には時代の変化を受け入れ、順応に対応する人間もいるし、変化を受け入れずに、古き良きを大事にする人間もいる。私は前者を支持する。後者も悪くはないが、しっかり受け止めて頂きたい事がある。あなた達も意識していない奥底の部分では、考え方を強制的に変化させられている。結論を先に言おう。ウォシュレットが普及した現在と、ウォシュレットの存在しない昔ではアナルに対する美意識が変わ [続きを読む]
  • 神のお告げ
  • ふと頭によぎった言葉が忘れられないときがある。以前には「ラプソディ」と告げられたが、また神のいたずらとも言えるフレーズが告げられた。しらたき食べても筋肉つくよ今回はこのフレーズだった。まず有権者の皆様に言いたいのは、「しらたきは食べても筋肉がつかない」ということである。今回はラプソディの時とは違って答えを出すのに迷いはなかった。告げられて2秒以内に神に返答できたと思う。なぜなら、自 [続きを読む]
  • 言葉のスタイリスト
  • 空前のハムスターブームが終わろうとしている。あんなにクルクル回って吹っ飛ばされるおドジなハムスターが、もしかして狙って吹っ飛ばされてないか?ちょっと今の顔、ああざとくない?と疑うようになってしまったらもう終わりだ。そろそろハムスターと検索するのもやめようと思っていた矢先、とても無視できないキーワードが出てきた。「ハムスターを飼うメリット」ものすごい違和感が僕を襲った。なんだか居心地の悪い違 [続きを読む]
  • 最強の攻撃はカウンター
  • 最近は空前のハムスターブームである。ある動画を見た時からハムスターの魅力にはまり、動画を貪るように見続けている。天然でアホ丸出しの動きやアクシデントの数々を視聴し、笑いと癒しのダブル作用でプラスエネルギーをあたえてくれる。かわいい+面白い=最高。こういう計算式は義務教育で取り入れた方が良いと思う。ハムスターの天然に惹かれていたため、人間様が動画に付け足したハムスターのセリフとかはいらな [続きを読む]
  • 考えたらわかるだろ、と言いたくなる時
  • 考えたらわかるだろ、と思うときが良くある。思ってしまった後に「お前はそんない偉いのか」とか、「なんて高慢でおこがましい考えなんだろう」とか、考え直してはまた、思ってしまう。先日は自分の愛用しているmacbookに思ってしまった。世の中には、痒いところに手が届く商品ってものが数多くあり、通称”ナミダメ”と呼ばれている商品もその一つだ。ナミダメというのは、透明の小さなシリコン製のクッションである。扉の [続きを読む]
  • 「人生は一度きり」という悪魔の囁き
  • だいたい20年くらい生きた辺りで、「人生は一度きりなんだから。やりたいことやろうよ!」的なマインドに出会うんじゃなかろうか。そういうマインドを広めている人は往々にして、楽天家でよくしゃべり、元気である。そして「何とかなるから!とりあえずやったらいいんだよ!」と無責任な言葉を誰よりも大きい声で放つ。極め付けに ”人脈”というワードをやたら使い始めたら、いよいよもって信用できない。という人の話は置い [続きを読む]
  • この世から肩たたきという言葉をなくせたらいいのに
  • 自分が良かれと思って行うサービスが、相手にとって良い行いだったかというと、そうでもない時がある。「優しさのすれ違い」とでも言うのだろうか。相手も向こうの好意からの行動だ、と理解しているので強く言えない。言えないから気付けない。よって、また同じことを繰り返す。この「優しさのすれ違い」をなくすためには、相手の好意をしっかり受け止め、相手に気づかれることなく、すれ違いをなくす。これが一番良い。ドンキ [続きを読む]
  • ふと思ってしまうこと
  • なかなか便利な世の中になったもので、調べれば大抵の疑問は解決してしまう。喫茶店に入り、PCを開いて作業をしていた。目の前の席の男性がスポーツ刈りにメガネだったので、中学の時のグッチ(坂口君)みたいだな、とほくそ笑み、まわりを見渡したら、10人中9人がメガネをかけていたことに気がついた。最後の一人、空気を読まなかった裸眼男(ヒョロっとしたスーツ)を二度と立ち上がれなくなる程に心の中でディスった後、ふと「 [続きを読む]
  • スター選手の隣にいる奴の気持ち
  • もしも、僕がドラクエのモンスターとして生まれ変わったら、メタル系のモンスターとは絶対に一緒に登場したくない。理由は一つ、メタル系のモンスターのスター性による嫉妬だ。綿密に計算された出現確率。元祖レアモンスター。レアモンスター界のレジェンドと言える。僕が初めてドラクエをプレイしたのは、小学校の低学年ぐらいだったと思う。冒険の途中で不意に出現するメタルスライム。一気に動悸が激しくなるのは今でも変 [続きを読む]
  • パフパフの証明
  • 「パフパフってなんだぁ〜?」僕がPCと向き合ってる横で、嫁(風呂嫌い)が急に大声をあげた。言い方としては「俺はこれからどうやって生きていけばいいんだぁ〜!」というニュアンスで「パフパフってなんだぁ〜?」と叫んだ。嫁(風呂嫌い)が、なかなかの世間知らずということは最初に伝えておきたい。最近になって ”エレベーター” と ”エスカレーター” の違いを理解できるようになった。ないない、それはない…という冗談だ [続きを読む]