わさび さん プロフィール

  •  
わさびさん: 季節のはなし
ハンドル名わさび さん
ブログタイトル季節のはなし
ブログURLhttps://sowfun.site/
サイト紹介文季節の行事や自然のこと、日本の祭りなど気ままにつづっています。気軽に寄ってってね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 8日(平均14.9回/週) - 参加 2018/05/16 15:01

わさび さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • オレガノの種類と驚きの効能〜天然の抗生物質が庭に…!
  • 3年前に庭へ植えたオレガノです。水も肥料もあげていないにも関わらず、植えた翌年から「わっさーっ」生えてきます。必要な時に、いつでも新鮮なオレガノが手に入るのは嬉しい限りです。私は植物を育てることがうまくないので、枯れずに、消えずに、機嫌よく育ってくれる植物を探して、ハーブに行きつきました。そんな中でも、オレガノは本当に生命力が強い印象です。植えっぱなしでも、機嫌よく成長してくれます。「どれを植えた [続きを読む]
  • 猫の鳴き声が小さい種類を紹介します
  • 猫の悩みは鳴き声…?猫は夜行性の動物です。どうしても夜中に活発になり、はしゃいでしまい、発情期には大きな声で鳴き続けたり…田舎の一軒家に住んでいるならいざ知らず、マンションや閑静な住宅地にお住まいだったら、近隣の皆様に申し訳なくなってしまいますよね。あまりに元気な声で鳴き続けられたら、飼い主さんも寝られず、睡眠不足という被害も考えられます。そこで鳴き声が小さい種類を紹介します猫はどうしても鳴くもの [続きを読む]
  • 猫のオスとメスの性格の違いあなたが飼いやすいのはどっち?!
  • 猫の性格は、人間の性格と同じように、三者三様でさまざまです。生まれついてのその子の個性だったり、育つ環境によって作られていくものなので、性別だけで判断しきれないところもあります。それでも特徴として、猫のオスとメスでは性格の特徴が偏る傾向が見られます。今回はそんな、オス猫とメス猫の性格や特徴について、お届けします。 これから「猫ちゃんと一緒に暮らそう」と考えている方の参考になれれば嬉しいです。猫はオ [続きを読む]
  • 小梅のカリカリ梅の作り方〜カリカリにするコツは卵の殻にあり
  • 小梅を使うカリカリ梅の作り方ちっちゃいころから、駄菓子の小梅が大好き。大人がおつまみ用にしている小梅に、手を出し怒られたことも…、すっぱいのに、あのカリカリした食感が後を引いて、ついもう一つ…と夢中になってしまいます。信玄梅とか美味しいですよね でも大人になってからは、市販のものは、添加物が気になって罪悪感を持ちつつ食べることに。そんなことを気にしながらでは、美味しさ半減です。そこで、今では自分で [続きを読む]
  • 美味しいマンゴーの見分け方と品種の特徴
  • マンゴーって、スーパーでもよく見かけるようになりましたよね。食後のデザートにも登場する機会も増えたのではないでしょうか。今日はマンゴーでも買ってみようそう思ったとき、どのポイントに気をつけて買われていますか?今回は美味しいマンゴーの見分け方として、美味しいマンゴーの条件3点完熟かどうかの判断条件3点避けたいポイント3点以上の見分け方と、よく売り場に出回っているマンゴーの品種ごとの味わいや選ぶ時のポイ [続きを読む]
  • 【マンゴーの種類の特徴】味や食感の違い
  • スーパーの売り場でも、よく目にするようになったマンゴー。見た目は同じように見えるのに、名前が違う…ということ、ありませんか?今回は夏に美味しいマンゴーの品種別の特徴をお伝えします。マンゴーの品種やマンゴーにはたくさんの種類があります。スーパーで見かけた際、外見は同じように見えるのに呼ばれ方が違ったりしてしませんか?そうなると「いったい何が違うの?」と疑問に思いませんか?今回はそんな沢山あるマンゴ [続きを読む]
  • 南高梅の由来と種類と栄養のこと
  • 今回は梅干しに使われる梅の人気品種、南高梅にクローズアップ!数ある梅の種類の中でも南高梅は大人気。贈り物にしても喜ばれますし、家庭で加工しても楽しめます。今回はそんな南高梅の由来南高梅の種類栄養と健康効果についてお届けします。南高梅の意味や由来は?さかのぼって明治時代、和歌山県のみなべ町で、高田貞楠さんが、大きな果実をつける梅を見つけました。そこで最初の名前は、高田梅。その後、数ある梅の品種の中か [続きを読む]
  • 梅ジュースは青梅と完熟梅どちらで作る?失敗しない作り方のコツ
  • 梅ジュースって飲んだことありますか?美味しいものは梅の酸味が程よくて、冷たくして飲むと、身も心もすっきりさっぱりです。家庭でつくられることが多いので、家庭の味が楽しめるのも良いですよね。今年も梅が出回るようになって、梅ジュースを仕込む時期になってきました。その中で、気になったのですが…梅ジュースや梅酒に使われる梅は、主に青梅なんですよね。でもでもこれまで、完熟梅でも作ることは、出来ていました。完熟 [続きを読む]
  • 梅ジュースの作り方と手作りの場合の賞味期限
  • これから迎える暑い季節に、体をいたわる効能たっぷりの梅ジュースの作り方を紹介します。梅が旬を迎える5月〜6月に仕込んでいると、 ちょうど夏バテ危険時期の暑い盛りに飲み頃になります。 渡りに船といいますか、用意されていたような、まさに天の恵み。ありがたく頂戴しましょう。梅ジュースの作り方梅ジュースの作り方は、すごく簡単です。材料を良く洗い、清潔な容器に入れ、置いておく。これならズホラな自分でも、できそう [続きを読む]
  • 京都の葵祭の歴史とは?日程と祭儀の見どころ
  • だんだん暖かくなってきて、祭りの季節になってきましたね。本格的に暑くなる前に行われるのが、葵祭です。先日、友人との話しの中で「葵祭」が出てきたのですが、あおいまつり?アオイマツリ?aoi maturi???いまいちピンと来ず。でもみんな知っている様子、取り乱すと恥ずかしいのでその場では、知っているふりをし、こそっと調べてみると、祇園祭、時代祭とともに京都三大祭として知られているとのこと。その有名な葵祭の歴史と [続きを読む]
  • 夏の花を花壇に植えて長く楽しもう!夏の間咲く花を紹介します
  • 夏の花を花壇で長く楽しもう!あったかくなってきたら、植物がどんどん元気になってきますよね。庭に空いているスペースがありませんか?そこが花壇だったらもったいない! 空いているところには、雑草ばかりがどんどん茂っていきます。せっかくなので、雑草ではなくてあなた好みの花を植えてみませんか?強くて丈夫な種類の花を紹介するので、花を育てる自信がなくても大丈夫。きっと頼もしく育ってくれます。今年の夏の花壇はカ [続きを読む]
  • なばなの里がGWに混雑する時間と料金と子供の楽しめるポイント
  • なばなの里ってご存知ですか?1998年開園された花をテーマにした施設で、大きなお花畑です。2018年のGWに入り、行ってきましたなばなの里。なばなの里は、三重県桑名市長島町にあります。その近くには名古屋アンパンマンミュージアムがあり、お子さんのいる家庭ではこちらのほうが大人気です。でもうちはなばなの里へ行きました〜。だって、アンパンマンミュージアムは午前中から駐車場渋滞が始まるそうなんです。『GW…どれだけ混 [続きを読む]
  • よもぎを特徴から見分ける方法を紹介します。
  • 春になるといろいろな植物が芽吹きますね。新緑が目に優しい季節です。先日よもぎの効能についてお届けしましたが、よもぎにはたくさんの健康効果があるんです。よもぎの効能デトックス効果で毒を出し切ろう特に造血作用とデトックスの効果は、冬にため込んだ老廃物除去に一役買ってくれます。夏に向けた体調管理のための、ありがたい春の恵みなのです。そんなよもぎが元気に大きくなる季節には、ほかの植物も大きく育ちます。よも [続きを読む]
  • よもぎとトリカブトの見分け方知らなきゃ怖い違いと毒性
  • トリカブトって聞いたことありますよね。あの、有名な、毒のある、そう、あれ。画像はそのトリカブトの花です。この画像を見ながら「トリカブトです。よもぎと間違えないように」なんて言われても、「ええ、間違えませんとも。」ってなりますよね。でも花がなければどうでしょう。葉っぱだけだと、その形状が意外と似ているんです。よもぎとトリカブトの見分け方よもぎの葉の特徴画像はよもぎの葉です。よもぎの葉の特徴は茎と葉の [続きを読む]
  • 七夕の由来は日本と中国とで違いがある織姫と彦星の話と飾りの理由
  • 七夕といえば短冊に天の川にそうめんに、織姫と彦星。私の実家は山の中の村wだったので、近所の山から手ごろな竹を切ってきて、短冊に願い事をかいてつるしたりしていました。でも片付けが大変ですし、切ってきてしばらく経つと竹の葉もカピカピになってきて、あまり長くは楽しめません。最近は竹を切ってきて、飾りをする家庭は減ってきていますよね。そのかわり、大型商業施設や地方自治体などで、大々的に行われる行事になって [続きを読む]
  • 端午の節句で柏餅ってなぜ食べる?その由来と柏の葉を使う理由
  • 端午の節句で柏餅はなぜ食べる?5月5日の端午の節句は、柏餅や粽(ちまき)を食べて、五月人形を飾り、菖蒲を軒につるしたりお風呂に浮かべたりと、男の子の健やかな成長を祈って行われる風習がたくさんありますね。その中で今回は、柏餅を食べる理由と風習についてお届けします。端午の節句で柏餅を食べるその理由は、お餅をくるんでいる『柏(かしわ)』の葉にあります。柏は、新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、子孫繁栄 [続きを読む]
  • 過去の記事 …