あじちゃん さん プロフィール

  •  
あじちゃんさん: あじちゃんのブログ。備忘録。
ハンドル名あじちゃん さん
ブログタイトルあじちゃんのブログ。備忘録。
ブログURLhttp://azix.hatenablog.com/
サイト紹介文IT関連のTipsを日々記録しているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 157日(平均2.9回/週) - 参加 2018/05/16 20:02

あじちゃん さんのブログ記事

  • mysqlでユーザ作成&パスワード変更
  • MySQLでuserを新規作成ユーザ名: NECO , パスワード: nyan というアカウントを localhost に作成するmysql> create user 'NECO'@'localhost' identified by 'nyan';パスワードが不要な場合はidentified以下を省略する。passwordを変更localhost にある, ユーザ名: NECO というアカウントのパスワードを mellow に変更するmysql> set password for NECO@"localhost"=password('mellow'); [続きを読む]
  • webpack3環境下でvueを動かしてる状態からtypescriptを導入する
  • 手順typescriptを入れる$ yarn add --dev typescript ts-loader@3.5.0ts-loaderはwebpack 3に対応している v3.5.0を入れる必要ありvue-cliが入っていることを確認$ vue --version入っていなければインストール(yarn global add vue-cli)インストールされた /node_modules/ts-loader/README.md を読みつつ進める1. webpack.config.js を以下のように作成or追記 module.exports = { devtool: 'inline-source-map', [続きを読む]
  • 【解決】dump結果とview表示結果が異なる@Laravel 5.6
  • 解決しました参考リンク解決方法Modelに protected $casts = ['id' => 'string']; を追加したことで解決!!解決までの道筋dump結果とviewでの表示を見比べて、型がintegerになっているのではと推測dump($items);dump($items->last()->id);echo $items->last()->id . '';return gettype($items->last()->id); // 型を返すとかしてたら、「collectionで取得したものの型変換がおかしいんじゃない?」という気持ちになり検索検索ワー [続きを読む]
  • gitの複数のブランチを一括で削除する
  • xargs コマンドを使います。xargs コマンドとは?xargs コマンドとは、Linux のコマンドの1つ。あるコマンドの出力を xargs コマンドに送り込み、別のコマンドの引数として指定することができます。消したくない branch を除いた全ての branch を削除するときgit branch | grep -v 消したくないbranch名など | xargs git branch -Dこれは、パイプ( | )でくくった部分のコマンドを実行した結果に対して、 xargs 以降のコマンドを [続きを読む]
  • 【JavaScropt】配列の比較について
  • まとめJavaScriptで、配列の比較の際に==又は===演算子を用いると、その配列が参照しているメモリ
    上のアドレスが同じかどうかでtrue/falseを返す。Object.is() も同様。例var list_1 = ["mike","sab
    a","tora"];var list_2 = ["mike","saba","tora"];console.log(list_1 === list_2);// ->
    ; falseconsole.log(Object.is(list_1, list_2));// -> false配列が全く同じであっても、比較の際に == === Object.i
    s() を用いると false が返 [続きを読む]
  • 外部キー制約 migration の foreigndrop がうまくいかない
  • (先に)まとめ?? 外部キー制約の drop と同時に、制約対象の key を変更や削除する場合はスキーマを分ける必要がある?? 外部キー制約を drop するときは1つのスキーマでまとめて実行できるテーブル条件テーブル名:animalsカラム名:kindId外部キー設定先テーブル名:animal_kinds外部キー設定先カラム名:id作成した migration ファイルpublic function up(){ Schema::table('animals', function (Blueprint $table) { [続きを読む]
  • 【AWS】Laravelアプリケーションのデプロイ
  • Composer で作成されたファイルを含むソースバンドルを作成するアプリケーションのルートで実行するhoge.zip には付けたいファイル名を入れるzip ../hoge.zip -r * .[^.]* -x "vendor/*"ソースバンドルをデプロイするElastic Beanstalk コンソールの管理ページへ移動するアップロードとデプロイで先程のファイルを選択し、デプロイボタンを押下する?? 確認ダッシュボードに遷移するので、完了になるまで待つルートの設定アプリケ [続きを読む]
  • CSVのデータを加工するときに使った関数の備忘録
  • 改行とカンマで区切られたCSV文字列を想定し実施目的:与えられたCSV形式のデータから、頭2つのデータを配列として取り出すこんな感じのフォームを準備form action="{{ action('よしなに') }}" method="よしなに"> {{ csrf_field() }} textarea name="csv" cols="30" rows="10" placeholder="CSV情報を入れてください">textarea> input type="submit" value="SEND"> pre>例:title-1, author-1, description-1title-2 [続きを読む]
  • 【Guzzle】POST時のoptionの設定仕方
  • APIの条件が以下のようになっていて、JSONでオプションを送ってくれと言われている場合。条件Method: POSTuri: /{ID} //対象のIDを指定Media type: application/json //JSONで送ってねと言われているcontents: required (array of string) //IDに対して追加する対象$base_url = "https://hoge"; //ダミーです$uri = "/" . $ID;$method = "POST";$okomes = ['contents' => ['ビタミン', 'ミネラル', '食物繊維']];//接続$client = n [続きを読む]
  • 【Laravel】メンテナンスモードの切替
  • Maintenance Modeメンテナンスモードの切替が標準搭載されているメンテナンスモード有効$ php artisan downApplication is now in maintenance mode.メンテナンスモード無効$ php artisan upApplication is now live.この時のメンテナンス画面は resources/views/errors/503.blade.php が使われる上記ファイルがない場合の画面はこれIP制限をかけることもできる 指定したIPからのアクセスの場合は正常に画面を表示する設定は.env [続きを読む]
  • 正規表現考える
  • 元: /content/hoge/fuga/piyo/ドメイン/hoge.htmlパターン全体にマッチしたテキスト: /content/hoge/fuga/piyo/正規表現: //content/(.?)/(.?)/(.*?)//正規表現: /^/([^/]*/){4}/正規表現: /^/((.*?)/){4}/$str = "/content/hoge/fuga/piyo/ドメイン/hoge.html";$regular1 = "//content/(.*?)/(.*?)/(.*?)//"; //[/content/hoge/fuga/piyo/]$regular2 = "/^/([^/]*/){4}/"; //[/content/hoge/fuga/piyo/]$regular3 = "/^/((.*?)/){ [続きを読む]
  • 【Laravel】クエリビルダーでスペース区切りの複数ワード検索を行う
  • 所感とか所感?? 考えるのすごい時間かかったのに、寝たら一瞬で思いついた. 睡眠は大事.大事だと思ったことワードをどの要素にどういう条件で絞り込むのかを明確にすることはじめに目的とするSQLを書いてみること要素ごとにまとめてwhere句を作っていくこと正規表現は何パターンか覚えておきたいところポイント半角スペースを全角スペースにする: mb_convert_kana($request->words, 's');スペースごとに配列に格納: preg_split [続きを読む]
  • display:none の時のimgサイズ
  • へーと思ったのでメモ。display:none の時のimgサイズは 0*0pix になる表示中のサイズ非表示中のサイズは0になるソースはこんな感じbody> div class="wrap"> button id="item">さーばるbutton> button id="reset" style="display: none;">もどすbutton> div style="margin-top: 1em;"> img alt="さーばる" src="animal_serval.png" style="display: none; height: 30%;"> div> div> [続きを読む]
  • MacでPATHを通す
  • ???? laravelのinstall時に、端末でlaravelコマンドが実行できるようにcomposer関連のパスを通す必要があった..bash_profileに通したいPATHを記入するホームディレクトリ直下にある設定ファイル .bash_profile がすべてのPATHを統括しているらしい.ターミナルで実行$ vi ~/.bash_profile目的のパスを記入# ←これでコメントにできるのでパスの説明をつけるとわかりやすいexport PATH=$PATH:通したいPATH今回の目的はlaravelを [続きを読む]
  • 追跡させたいブランチを指定する
  • git pull だけでmaster branchからpullしたい???? 何も指定しないと、git pull を指定する必要がある. めんどう.1. GitHubのリモートブランチと対応するローカルブランチを確認する.$ git branch -vvこれで、以下のような結果が出てくるはず. develop 4192c2b [origin/develop] commit master e26b393 [origin/master: behind 1] first try* test 4192c2b commit* が現在のブランチ[リモート/ブランチ名] が追跡(対 [続きを読む]
  • webの送信処理についての基礎
  • formタグについて送信をするためにはformタグを用いる必要があります.(Ajax通信を用いる場合やHTML5の場合は不要)〜 の間には(formタグを入れ子にする以外)どんなタグが埋め込まれていても問題ありません.formタグには必須の属性が2つあります.action属性method属性action属性送信先のファイルのパスを指定します.送信ボタンを押した際に,ここで指定したファイルにデータの送信とページ遷移を行います.method送信の方法を指定 [続きを読む]
  • 【jQuery】n秒間hoverすると発火する処理
  • $("#target").mouseenter(function(){ //1秒間hoverしたら表示 timmer = setTimeout(function(){ console.log("SUCCESS!"); },1000); }}).mouseleave(function(){ clearTimeout(timmer);});ポイントsetTimeoutを使う.カーソルが外れた時にclearTimeoutでタイマーを切って処理への道を断つ.setTimeout([処理], [n/1000秒])なので、1秒=1000で記載する.??もちろんhover()でもできる.$("#target").hover(func [続きを読む]
  • view内での改行の出力
  • mysqlを使っていると、改行はrnで登録されます.これをviewでそのまま出力({{ $value['str'] }})すると、改行されずに表示されます.改行をするには以下の対応が必要です.{!! nl2br($value['str']) !!}{!! ~~ !!}bladeで、変数などを埋め込む時に使うタグ.{{ 値・式・変数・関数など }}:HTMLエスケープ処理される{!! 値・式・変数・関数など !!}}:HTMLエスケープ処理されないという風になっているので、HTMLタグをタグとして使い [続きを読む]
  • コミットしたくない変更を保存する
  • ということがありましたので、メモ。git stashstash -- こっそりしまう、隠す、蓄えるということらしく、 コミットしたくないけど変更は残したまま違うブランチで作業したい! というときに使う。用例基本的な部分だけ。1. 保存このように変更したものをコミットはせず退避させます。$ git stash saveSaved working directory and index state WIP on hoge_branch: 6796c35 Merge pull request #3 from hoge/devファイルを見ると変 [続きを読む]
  • APIから取得した値を配列に突っ込むまで
  • APIからの値の取得(GuzzleHttpをつかう)namespace App;use GuzzleHttpClient;class API{ static function getData () { $base_url = "APIのURL"; $path = "API目的のPATH"; $client = new GuzzleHttpClient(['base_uri' => $base_url,]); //接続 $response = $client->request( 'GET', $path, []); $response_contents = $response->getBody()->getcontents(); [続きを読む]