Yojiro さん プロフィール

  •  
Yojiroさん: Round the World Journal
ハンドル名Yojiro さん
ブログタイトルRound the World Journal
ブログURLhttp://www.roundtheworldjournal.com/
サイト紹介文旅をして世界を周り、外国人と絡み、現地情報や感じたことなどを発信するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 5日(平均16.8回/週) - 参加 2018/05/17 06:40

Yojiro さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • インフレでラマダンなのに贅沢をするエジプト人
  • エジプトでは2011年の革命以来、テロ事件が相次ぎ発生していて、主要産業である観光業が大打撃を受け、外貨獲得は著しく低下している。そして観光業が復活する見通しはまだ立っていない。2016年11月には、外貨不足を補うためIMFから資金提供を受けることを決定。3年間で120億ドルの資金提供を受けるための条件として、変動為替制に移行することとなった。それまで1ドル=8.8エジプトポンドに固定されていた [続きを読む]
  • エジプトで暮らしている近所の様子
  • エジプトの私のアパートは住んでいるエリアのおよそど真ん中に位置し、近くのモスクから大音量のアザーンが鳴り響くようなところだ。ぼろぼろのエレベーターを降りてハローハローといつも明るい管理人の脇を過ぎて外に出ると突き当りになるのだが、そこで右が左かに曲がらなくてはならない。仕事に行くときは右に曲がるがそれ以外のときは一秒くらい立ち止まり足が先に向いた方に曲がる。というのも繁華街のど真ん中に位置して [続きを読む]
  • エジプトのイスラム教徒に結婚に至る経緯を聞いてみた
  • エジプトのイスラム教徒がどのように結婚に至るかを聞いてみた。こと男女間のことに関しては厳しいイメージがあったが具体的なことはよく知らなかった。なんでもエジプトのイスラム教徒は二人きりでなく男女複数人でも、カフェなどに行くことはないという。それは誤った伝統や習慣の一部なのだと強調された。話をしてくれたのはカイロ大学理学部出身のモハンマドという27歳の若者で、最近付き合いのある会社の社員だ。たまにいい [続きを読む]
  • イスラム教は束縛と自由の絶妙なバランスを生み出す
  • エジプト人の9割はムスリムだ。いよいよラマダンに突入となったが、断食などイスラム教徒にとって生活上の縛りは多い。まず酒は飲めないし(しかしクルアーンには死んだら天国で酒が飲めると書いてあるようでそのあたりがなんだか良くわからない)、婚約前の女性と外を二人で歩くこともできない。だからエジプトで生活する残り1割のコプト教徒もイスラム教徒に合わせて空気を読まざるを得ず、レストランで酒を飲めるところもほと [続きを読む]
  • エジプトでラマダンを迎えます
  • 明後日からラマダンが始まる。ラマダンはイスラム歴の9月に一ヶ月間に及び断食をするもの。イスラム歴なので毎年2週間ほど前年より早く始まる。だから2週間ずつ毎年ずれていく。イスラム教の聖典であるクルアーンには断食の理由については記されていないが、私の職場仲間の話では、断食をすることで貧しい人と気持ちを分かち合うのが主な目的なんだとか。路上の貧困者の元に食べ物やお金を配りに行く人もいるのだという。また、 [続きを読む]
  • エジプトで最新の翻訳機を試してみた
  • エジプトで翻訳機を使い始めた。日本に一時帰国をした際に購入したポケトークという翻訳機で、価格はたしか2年間61か国で使えるSIMカード込みで32000円ほど。SIMカードを挿入すれば各国の主要な電波を拾いwifiに接続しなくても使用できる。しかし実際にエジプトで使用してみると、あまり使えないことを実感している。日本語を読み取る能力は高く、早口で小説や専門書を読み上げてもたいてい拾う。1分間喋り続けても拾うので [続きを読む]
  • エジプト人は世界レベルに面倒くさい
  • エジプト人を一言で表現すると「面倒くさい奴ら」となる。最近付き合いのある会社に行くことが多く、その会社の連中と最近仲良くなってきた。日本人が珍しいのかやたら写真を撮りたがり、そしてその写真なんかをフェイスブックにアップしたりする。そして先日、その会社を訪問した際に「モハメッドは悲しんでいる」などともう一人のモハメッドに言われたことがあった(エジプトではモハメッドとアフメッドという人物が沢山いるのだ [続きを読む]
  • エジプトでのUBER利用
  • 私はエジプトでの毎日の通勤にUBERを利用している。UBERとは簡単に言えば白タクで、アメリカのウーバーテクノロジーズ社が運営しているサービスだ。現在、世界約70ヶ国で稼働している。利用者はスマホからアプリをダウンロードして、乗る場所と目的地を地図上でタップするか名前を入力すると近くにいるドライバーとマッチングし、数分後には迎えが来るというシステムになっている。相手の名前、車種と色、車のナンバー、電場番号 [続きを読む]
  • エジプト人へのお土産は絶対にチョコレートがおすすめです
  • 先月、日本に一週間ほど一時帰国をした際に、会社のエジプト人のためにお土産を買ってきた。従業員が100人弱いるので、そんなにたいしたものは買えないということもあり、横浜のマイバスケットで適当にチョコレートやらキャラメルやらハイチュウやらを5000円分ほど適当に買い込み、スーツケースにぶち込んで持ち帰った。エジプトに戻り、オフィスや食堂で一人ひとりに配って回ると、予想以上にみんな喜んでくれた。よほど日 [続きを読む]
  • アラビア語の勉強を開始しました
  • アラビア語の勉強を開始した。アラビア語は、英語、フランス語に続く多さの国と地域で話されている言語で、習得するメリットはかなりある。身につければ、よりイスラム文化に踏み込むことが可能となる。しかし、アラビア語は世界的にも難解な言語として知られ、習得はかなり難しそうである。そもそも文字はアルファベットとも日本語ともかけ離れているし、文字は右から左に書かなければならない。また発音も非常に難しい。しかも、 [続きを読む]
  • エジプトで働き始めました
  • エジプトで働き始めてはや3週間が過ぎた。ほとんど会社に缶詰状態であるため、外の様子はあまり見れていないが、ときどき時間があるときなどにはぶらぶらと散歩に出かけ、街の様子を眺めるようにしている。これまで経験したことのないような活気が私の住む街にはある。大袈裟に例えて言えば異国に来ているというよりは過去の時代にいるような感覚である。近所のストリートは人や動物でごった返し、きっと昔のオアシスはこのような [続きを読む]
  • 思考のメタ化で自分の言葉を獲得する
  • 思考するのはおっくうだ。疲れる。できれば余計なことは考えずに、日々の忙しさの中で労働の充実感だけを味わって生きていたい。自分の役割を持ち、これをひたすら他人のために役立てる。これ以上に幸せな生きた方はきっと人間には存在しない。であれば、考えることは無駄か。いや無駄ではない。少なくとも積極的な思考は無駄ではない。消極的な思考、つまり考えたくなくても考えてしまうことは、人は当然考えるが、特に考える必要 [続きを読む]
  • 過去の記事 …