yorimo さん プロフィール

  •  
yorimoさん: yorimoの日々を紡ぐ
ハンドル名yorimo さん
ブログタイトルyorimoの日々を紡ぐ
ブログURLhttps://ameblo.jp/mb050603my/
サイト紹介文好奇心旺盛なアラフィフの日常。 お片付け、読書日記、シネマ、旅日記、アクセスバーズ、心理学、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 80日(平均2.3回/週) - 参加 2018/05/17 07:02

yorimo さんのブログ記事

  • 身辺整理をしよう!10「押入れを整える」
  • 7月16日から神社参拝の21日参りというのをやっている。21日間神社に御参りにするだけだけど、毎日となるとけっこう気合いが要る。今日が19日目なので、あと2日で満願??神社参拝だけだと私の場合忘れてしまいそうだったので、タイアップ企画として「21日間21ヶ所整え」も併せて実施中。「21ヶ所整え」は毎日違う場所を整理整頓しているのだけど、出勤までの短時間でやるので、タイムアウトが多い。家中そのまま放置されているも [続きを読む]
  • 身辺整理をしよう9「本は喜捨ぽん!」
  • 夜な夜なネットショッピングが収まったと思ったら、電車待ちのBOOK・OFF通いで本が凄い勢いで増殖中?? 今まで、本を手放すなんてとんでもないと思っていたけど、いよいよ真剣に考えなきゃ置き場に限界が来ている。ここで思わぬ引き寄せが、、、?よく利用する図書館で「古本募金きしゃぽん」のチラシに遭遇した。なんでも、古本を寄付すると留学生の修学支援など様々な支援に役立てられるのだとか。喜捨(きしゃ)とは仏教用語で [続きを読む]
  • 身辺整理をしよう8「after ごんおばちゃま」
  • ‘’ごんおばちゃま‘’を読んだその日から、引っ越してきて以来、積んだままになっていた段ボール箱を開け始めた。ごんおばちゃまによると30分以上の‘’抜き‘’(モノを間引くこと)をやってはいけないとのこと。これ以上やっちゃうと、嫌気がさして長続きしないからだそう。30分で段ボール箱1 箱が、私にとってちょうどよいペースだ。出勤前の洗濯機を回している時間帯を充てている。今日開けた段ボール箱の中味は、主に旅行の際 [続きを読む]
  • 人事異動と通勤かばん
  • 7月の人事異動で夜のお仕事に変わって1週間、なんとなく生活のリズムが出来てきた。6月迄は5時台に家を出て始発電車に乗っていたけど、これからは終電で帰宅することになる。勤務時間が13時から21時30分なので、昼食を済ませて出勤、途中20時頃に夕食休憩を取る。仕事が終わり片付けを済ませて職場を出る時間帯がちょうど一時間に一本運行の電車が出発する頃合い。??自ずと小一時間の電車待ちがあるので、駅近くのBOOK・OFF [続きを読む]
  • 読書日記25『明日死んでもいい片付け』
  • 人気ブロガーであるごんおばちゃまの著書を初めて読んだ。平易な文書と分かりやすい目次タイトルに箇条書きの多さであっという間に読める。読んだら直ぐに動きたくなる、そんな一冊。読み終わった瞬間、ごんおばちゃまのいう‘’抜く‘’作業を始めたくらい、やる気の起きる内容。これなら私でもできるわ?そう思ったけど、まだ2回しか抜いてない、、、(>_メソッドは簡単。一日30 分抜くだけ。抜くとは、不用品を間引くこと。間引 [続きを読む]
  • LINEが不調で音信不通に \(>_<)/
  • LINEアプリをアップデートしようとしたら容量不足でフリーズしてしまった。??いろいろ試してみたけど復旧できず、、、しばらく放置??昨晩、息子のウララから着信があった。リダイヤルして何か用を聞いたら、間違えてかけたとのこと。程なくして娘の麦ちゃんからも電話が、、、二人は大学進学を期に家を出て、以来、それぞれ一人暮らしをしている。麦とひとしきり話をしたあと、「不思議だわ〜、今日は二人から電話があるなん [続きを読む]
  • 夏はゴーヤチャンプル
  • 夏になると恋しくなるのがゴーヤチャンプル??暑い沖縄の夏を元気に乗り切る必須フード。奈良に住んで感じるのだけど、たしかに沖縄は日差しはキツイけど、暑さで言えば奈良の方がキツイ。なんといっても蒸し暑い。これが体力を奪っていく。というわけで今日のランチは、ゴーヤチャンプル!定食もあったけど、単品でたっぷり頂きました。7月から人事異動で夜の?お仕事に変わったので、お昼ごはんを頂いてからお仕事に行って来 [続きを読む]
  • お伊勢参り(内宮編)
  • お伊勢さんの外宮の参拝を終えて内宮に向かった。河川敷の駐車場に車を停めて外に出た途端、何かの長〜い長〜い行列の最後尾が、、、まさか、内宮への参拝客の列!?駐車場の整理をしていた警備の方に恐る恐る尋ねたら、赤福の朔日餅の行列とのこと。まだ8時にもならないのに!と驚いていたら、3時頃から並ぶのだとか、、、??暑い中お疲れさま。行列を眺めながら橋を渡りおかげ横丁に到着したら、そこも人人人、、、だけど8時 [続きを読む]
  • お伊勢参り(外宮編)
  • お伊勢参りに行ってきた。 いつもだと涼しくなった頃合いを見計らって出かけているのだけど、今回は『神社ノート』という本をたまたま読んで居ても立ってもいられなくなったのだ。 6時過ぎに外宮に到着したら既に結構な人手にびっくり。参拝が済んで駐車場に戻ろうとしたら、なんと亀がお宮に向かって歩いている!しかも、しっかりとした足取りで!亀が来た方向には、亀の形状の橋が架かったお池がある。そこから来たのかな? [続きを読む]
  • 読書日記23『モノが減ると心は潤う 簡単「断捨離」生活』
  • 言わずと知れた断捨離のやましたひでこさんのマンションの写真が満載の素敵本!今までの著書で石川県にある‘’断捨離ハウス‘’の写真はみたことあるけど、一人暮らしをしているというマンションは初お目見え。「私の気分を萎えさせるモノは一つも家にありません」と言われるように、「要?不要」「快?不快」「適?不適」のセンサーで厳選されたモノに囲まれた居心地の良さげなお部屋だ。「断捨離」は3ステップのトレーニング。 [続きを読む]
  • 台風6号の真っ只中、沖縄に到着!
  • 法事のため沖縄に帰省中。初めて神戸空港を利用したのだけど、台風のため、状況によっては神戸に引き返す条件付きで出発。しかし、無事那覇空港に到着した。空は鉛色だけど、雨は小雨で風もそんなにきつくない。気温が26度あり湿度も高いので、台風の風が心地よい。神戸空港で蜂蜜たっぷりのあつあつチーズケーキとコーヒーを頂いたばかりなのに、那覇空港のスナックコートで早めのお昼頃を頂いた。こーれーぐーすーと七味をたっ [続きを読む]
  • 読書日記22『脳が冴える15の習慣 記憶·集中·思考力を高める』
  • ‘’はじめに‘’に、脳の使い方を改めることにより記憶力や集中力、思考力、意欲などを自分で改善する手引書、とあったので、飛びついた。諸々、気になるお年頃なのだ。さて、本書では15の習慣が提案されている。 習慣1  生活の原点をつくる習慣2  集中力を高める習慣3  睡眠の意義習慣4  脳の持続力を高める習慣5  問題解決能力を高める  習慣6  思考の整理習慣7  注意力を高める習慣8  記憶力を高める 習 [続きを読む]
  • 読書日記20『新·片づけ術 断捨離』
  • この数ヵ月、数々のお片付け本を読んできたけれど、いよいよ断捨離、、、断捨離がブームになった頃に一度試してみたけれど、当時の私には無理だった。何が無理って先ず‘’断‘’でつまずき、‘’捨‘’で体調を崩してしまったのだ。片付けで体調を崩すなんて大げさ〜、と思うかもしれないけど、これ本当。片付けのターゲットに一番気になっていた‘’何だか分からないモノの山‘’をセレクトし、いきなり片付けようという暴挙に [続きを読む]
  • 読書日記『モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ』
  • 断捨離の創設者であるやましたひでこさんから断捨離の手解きを受けた、川畑のぶこさんの著書。以前読んだ漫画本に川畑さんが大晦日に突如断捨離を始めた経緯が描かれていて、それが痛快で面白かった。 本著は、その時のエピソードを交えつつ、本職の心理療法家の視点を交えて書かれた実践編である。心理学では感情の表出を「悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しくなるのである」という。その見地から言うと、意識が変わって行 [続きを読む]
  • 読書日記19『必要なものがスグ!にとり出せる整理術!』
  • 著者の池田暁子さんは自称‘’汚部屋‘’出身のイラストレーター。一大決心をして必死で片づけて、見事‘’普通の部屋‘’を手に入れた努力の人。詳細は、前著『片づけられない女のための今度こそ!片付ける技術』で。 池田さんのすごいところは、その後も‘’普通の部屋‘’をキープしているところだ。その池田さんが、今回は整理術に挑戦した。??編集者さんの、必要なものがスグ!にとり出せるようになれば ‘’自分の時間が [続きを読む]
  • 葉山女子旅とリラックマ
  • 京浜急行とリラックマがコラボしたイベントがあると、リラックマ好きな私を娘の麦ちゃんが葉山の旅に誘ってくれた。麦は東京で一人暮らしをしていて、面白そうなイベントがあると知らせてくれる、ありがたい存在だ。さて当日、品川区で合流した私たちは、京急の窓口で葉山女子のキップを購入。1人3000円。往復キップとフリーのバスチケット、昼食チケット、お土産付きなので、結構お得感あり。タイミングよく来た京急本線三崎口行 [続きを読む]
  • シネマで元気♪『クレヨンしんちゃん 』
  • ‘’爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜‘’を観てきた。久しぶりにクレヨンしんちゃんを劇場で観たのだけど、シリーズ26作品目になるそう。もう、そんなになるのね〜(  ̄- ̄)しんちゃんより年下だったうちの子どもたちも母みさえに近い歳になっちゃった。テレビアニメを見ていた頃は父ヒロシとみさえの毎度夫婦喧嘩に、しんちゃんと一緒に「やれやれ、、」と思っていた。だけどこの夫婦は凄い!何が凄いって、巨悪?に立ち向かう [続きを読む]
  • 読書日記18『部屋は自分の心を映す鏡でした。』
  • 「部屋は自分自身。片付けとは自分を知る作業です。」表紙裏に書かれたことばが痛い、、混沌とした部屋に住む私は、生き方も思考も混沌としてカオス状態、、、かも、、、著者の伊藤勇司さんは空間心理カウンセラー、部屋と心を読みとく専門家だそう。なんとなく、分かるような分からないようなご職業、、失礼??伊藤さんによると、部屋と心の悩みは密接に繋がっていて、部屋には自分の心の本当の姿が映し出されている、のだとか。 [続きを読む]
  • 読書日記15『降参(スレンダー)のススメ』
  • 読書日記1で紹介した雲黒斎さんと、元ミュージシャン安部敏郎さんとのコラボトークライブ『安雲の呼吸』で語られたメッセージの数々が、軽妙な語り口で綴られている。読んでる最中はユーモラスな二人の掛け合いにゲラゲラ笑っていたけど、いやいや凄いことが書かれている。 人生とは? 生きる意味とは? なんて人が一生を通して模索するものだと思っていたことの答えが書かれているのだから。  例えば、命についてお二人はこ [続きを読む]
  • 読書日記14『フセンと手帳で今度こそ、家が片づく』
  • またまた片付け本、、、うんちくだけは頭にいっぱい詰まっているけど、なかなか行動に起こせないでいる。???著者の須藤ゆみさんは汚部屋の住人だったそうだが、浅倉ユキさん考案のあな吉手帳術に出会い、それをお片付けに応用して汚部屋を脱出したという経歴の持ち主。あな吉手帳術とは、手帳とフセンを活用した段取り術なのだそう。この段取り術を片付けに活かしたフセン術は凄いけど簡単。1、やけどるべこと、やりたいことを [続きを読む]
  • 読書日記13『なんにもない部屋の暮らしかた』
  • 漫画家ゆるりまいさんの「汚家」からの脱出後の超シンプルな生活が、たくさんの写真と共に紹介されている。家族と「汚家」に暮らしていたゆるりさんだが、東日本大震災で被災し、家を始め様々なモノを失う。家を再建していく中で住み方を見つめ直し、ひいては生き方をも変化させて行った一家の記録が、写真と漫画とゆるりさんの絶妙なエッセイで綴られている。現在のゆるりさんは、ご主人、お母さん、お祖母さんの4人暮らし。大人 [続きを読む]
  • シネマで元気♪『ボスベイビー』
  • 水曜日は映画のレディースデイ。週半ばになり、少ししんどくなってくる曜日なので、レディースデイを利用してストレスを発散している。昨日は大きな仕事が一段落したので、自分をトリートメントしようかな?と思って出掛けた。先日読んだ本に、一番のリラックス法は笑うこと、と書いてあったので、なんとなく笑えそうな「ボスベイビー」を選んだ。オムツをはいた大きなおしりをクールなスーツに包み、腰を振って歩くボスベイビーの [続きを読む]