修農日誌 さん プロフィール

  •  
修農日誌さん: 修農日誌
ハンドル名修農日誌 さん
ブログタイトル修農日誌
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yhotta5
サイト紹介文暗中模索の農業体験
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 158日(平均2.9回/週) - 参加 2018/05/17 23:21

修農日誌 さんのブログ記事

  • レタス定着?
  • レタスを畑に移してから1週間経った。ベランダで毎日見ていたレタスがその後どうなったかとても気になっていたので、真っ先に見に行った。その後萎れてしまったものは無く、どれも少し大きくなったような気がする。とりあえず定植成功か?まだまだこれからだとは思うけれど、先ずはワンステップクリアした感じ。昨日の夜になって局地的な大雨が降り、今日は天気は申し分なく良かったけれど、畑はぬかるんでいる状態!それでも講義 [続きを読む]
  • レタスを畑にリリース
  • 昨日の夜から今日の午前中にかけて雨。昨日やりきれなかった作業を今日に先送りしたので、雨が上がった午後から畑に行った。当然のことながら畑の土は軟弱状態…。でも、そうは言っていられないので早速作業に入る。まずは今日までベランダで育てていたレタスを、いよいよ畑に定植!と言っても、時期が来たからと言うよりも、このままベランダのセルトレイだとどんどん枯れてしまうから少し早いけど、ダメ元で畑へ定植。昨日準備し [続きを読む]
  • 秋野菜も一休み?
  • 台風による突風で痛めつけられた後、これまですごい勢いで採れていたシシトウも急激に収穫量が減ってきたし、ナスも小さな実は付けているもののなかなか大きくならない。オクラは残った1本が順調に実を付け始めたり、ピーマンも少し復活してきたようにも見えるけど、その他のサトイモ、ダイコン、ニンジン、トウガラシ、ネギ、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー等々はまだ収穫の適期になっていないので、ちょっと小休止といった状 [続きを読む]
  • ハクサイは順調のよう
  • 日曜日に畑に行ったときに、最初に畝の西側にまいたハクサイがかなり成長して不織布では窮屈そうだったので、防虫ネットに掛け替えてやろうと思ったけれど時間切れで出来なかったので、今朝仕事に行く前に畑に行ってその作業を行った。不織布を外してみると、1穴に3粒ずつまいていた種の半分以上が芽を出していたので、まずこれらの間引きをして、窮屈かもしれないけれど、間隔を空けるために種をまいていなかった穴に移植して1穴1 [続きを読む]
  • 台風の痛手続く
  • 台風の後、初の休日で、朝から畑に行って復旧作業をした。折れていたオクラは、相変わらず全体的に元気がないものの、2本実を付けていた。(折れなかった方も2本)倒れていたナス・ピーマン・シシトウも、実は出来ていたものも、数は大幅に減ってしまい、ナスに至っては、ほとんどの葉が半分茶色く萎れてしまい、付いていた実も全て傷だらけだった。これから寒くなる時期で復活できるのだろうか?抜けて飛ばされてしまっていたカリ [続きを読む]
  • レタスのサバイバル
  • レタスがなかなか大きくならない。箱まきの場合は本葉2〜3枚くらいでポットに移植するとのこと。ちょうどその位なので、ダメ元でセルトレイ内で移植してみた。セルトレイの土を入れ替えて、残っている芽を1セルに1本ずつになるように移植した。これが吉と出るか凶と出るか?せっかく残っていた芽に手を加えたことでダメにしていないか心配だ。最初は、玉レタス、ロメインレタスとも100粒ずつまいたにも係わらず、5日後位に芽が出た [続きを読む]
  • カリフラワー発見
  • 防虫ネットの中から忽然と姿を消したカリフラワーがどうにも気になって、仕事から帰って夜9時を過ぎていたけれど、娘と畑に行ってみた。台風の中、まだ花蕾の姿も無いものをわざわざ防虫ネットの中から盗っていくのは考えづらい…。昨日、1本ずつ起こして土寄せをした時には気がつかなかったけれど、ちゃんと閉じられた防虫ネットの中で、他の野菜も横倒しになるくらい風を受けていたのだから、ひょっとしたら葉が大きく育っていた [続きを読む]
  • 野分の朝
  • 正確には、野分の朝の翌朝、台風の突風で畑がどうなったか気になったので、行ってみた。吉田兼好のように、野分の朝こそをかしけれ と楽しんでいる余裕も無く、色んな野菜に被害の爪痕が残っていた。まず目を引いたのは、ナス・ピーマン・シシトウの畝。全てバッサリとなぎ倒されていた!その奥に目をやると、2本のオクラのうち、1本が途中でポキンと折れてしまっていた。細かく見ていくと、ネギやトウガラシ、ジャガイモの芽達も [続きを読む]
  • ジャガイモの芽欠きを忘れていた
  • 約1週間前に、ジャガイモの芽が一気に出てきたと喜んでいたけど、あまりにも同時にワッと出てきたので、1芋につき2〜3本の芽を残し、それ以外を芽欠きするというのをすっかり忘れていた。大きくなってから行うと、もう既に小ぶりの芋が作られていたり、種芋自体にダメージを与えかねないので、”芽が出たらすぐに”ということだったような気がする。でも思い切って、なるべく太い茎を3本残して芽欠きをした。これが良い方向に展開 [続きを読む]
  • レタスの本葉が出た
  • やっとレタスの本葉が出揃ってきた。初めてなのでよくわからないけど、畑にまいた他の野菜の種と比べて、貝割れ葉が出てから後の成長が非常に遅い気がする。レタスとはこんなものなのか?ニュースで騒がれているような今年の日照不足のせいなのか?、僕の水やり等の管理が悪いのか?玉レタスの芽は、貝割れ葉が出ていた40本が変わらず40本程度健在のようだけど、ロメインレタスの芽はいつの間にか、貝割れ葉が出ていた20本程度が3 [続きを読む]
  • ジャガイモの芽が出た
  • 前回土を盛り上げていたジャガイモの芽が出た。それぞれの芋から一気に数本ずつワッと出た感じ。ダイコンも本葉が大きくなり始めてきた。不織布では窮屈そうなので、防虫ネットに張り替えた。コマツナは、最初にまいたものはかなり大きくなって、もうすぐ収穫できそうだ。2回目、3回目にまいたものは見事に出揃っている。こちらも不織布ではすこし窮屈そうだけど、ペットボトルや支柱を間に入れて不織布を少し高くしたので、そのま [続きを読む]
  • レタスをリベンジ
  • 8月末にセルトレイに植えたレタスは、暑さのせいか、冷蔵庫で冷やしすぎたせいか、乾燥させてしまったのか、結局2粒しか芽が残っていない。そこで、新たに9月17日に農協で玉レタスとロメインレタスの種を買ってきて、また一昼夜水に浸けると、小さな芽が出ていたり、種が膨れたりしてきたので、こんどは冷蔵庫に入れずに、そのままそれぞれ概ね100粒ずつ前回のセルトレイの芽が出なかった場所にまいてみた。それから土の湿り気に気 [続きを読む]
  • また猫にやられた!
  • 雨が続いたり、仕事の都合だったりで久しぶりに畑に行った。まず目に付いたのは、ダイコンの畝に張っていた不織布。丸い穴が3つ空いていた。最初はカラスかと思ったけれど、その横には猫の足跡。中のダイコンの芽には被害が無いようだけど、何のために穴を開けたのだろう。まだ空けるようだと、早めにトンネルを張った方が良いかもしれない。とりあえず、気休めに水を入れたペットボトルを数個置いた。先週、小さなオクラの実が1つ [続きを読む]
  • 昨日の続き
  • 昨日終わらなかった作業の続きで畑に行った。今日は家内も手伝ってくれたけれど、思った以上に時間がかかった。蒸し暑い日だったので、この作業を1人でやっていたらと思うと、ゾッとする。家内に感謝。昨日作ったダイコンの畝に一気に種をまいた後、収穫の適期をずらすために小分けにすれば良かったと後悔。その後新たに畝立てして種をまいたハクサイは、2条にまく予定の1条分のみをまいた。3回に分けたコマツナも今日は最後の [続きを読む]
  • ダイコンリベンジ
  • 最近の講習では、暑さのせいなのか種や苗が手に入らず、ほとんど新しい野菜の植え付けが無かったけれど、そのツケが今日一気にやってきた。今日の予定は、キャベツ・カリフラワー・ブロッコリーの苗の定植と、ジャガイモの植え付け、ダイコン・3種類のハクサイの種まき。その中でも、ダイコンは、春に植えたときはなかなか真っ直ぐに育たなかったので、次こそは!と思っていたものだけに、しっかりと準備をする予定だったけれど、 [続きを読む]
  • 嵐の片付け
  • またしても台風の直撃は避けられたけれど、今回は局所的に豪雨になったり突風が吹き荒れた。やっと雨が落ち着いたので、今朝畑に行ってみた。キュウリやトマトなど背が高い野菜を撤去した後だったので、思ったほどの被害は無かったけれど、シシトウがなぎ倒され、オクラも風上側の葉はすべて折られていたし、元気が無かったサトイモ達も風で傾いていた。サツマイモは風がツル返しをしてくれていた。心配していたニンジンは風で通 [続きを読む]
  • オクラ復活?
  • 最初に数個採れて以来全然実が付かず、講師からは種が悪かったと言われたオクラに、小さな実のようなものが数個付いていた。期待できるかも。今日はコマツナの続きの20穴分の種をまいた。8月22日にまいた20穴×5粒=100粒のうち今のところ順調に育っているのは9つ。確率9%!ひどい成績だ。今回はもっと育ってほしい。オクラの実?コマツナの畝 今日の収穫 [続きを読む]
  • レタスの種まき
  • 先週の講習で、今から種をまいても結球しないと言われながら渡された種をとりあえずまいてみた。1昼夜キッチンペーパー(講習ではさらし、ネットではガーゼと書いてあった)に包んで水につけると、玉レタスやロメインレタスのいくつかから根?が出てきた。続いて重ならないように別のキッチンペーパーに並べ直して冷蔵庫の野菜室に2昼夜おくとさらに根が伸びる…どころか…いずれもかなり乾燥してしまった。まだ大丈夫なのかどうか [続きを読む]
  • 初物の秋ナス・キュウリの撤去
  • 夏の間頑張って実を付けてくれていたキュウリとナスも、キュウリは勢いが無くなったためとうとう撤去した。一方のナスは更新剪定の後、着実に復活して実が次々と付き始め、今日はいよいよ秋ナスの収穫。でも、このところの突風でかなり傷つけられてしまった。4日前にリベンジでまき直したコマツナは、マルチの穴の半分くらいの箇所で、今度は紛れもなくコマツナの貝割れ葉が出ていた。ヤッタ!サトイモの葉が枯れ始めたので、講師 [続きを読む]
  • トマトを撤去
  • 一昨日の夕方畑に行ったときに花が付いたミニカボチャの雌花を見つけたので、朝仕事の前に受粉するために畑に行ったのだけれど、すでに花は萎れていた。うまく受粉できたのだろうか。いくつか咲いている雄花を覗くと、まだ早朝にもかかわらず、すべての雄花に1匹ずつウリハムシが入っていた。この様子だと、ウリハムシが受粉してくれたかも。コマツナは相変わらず芽が出る気配がない。思い切ってまき直すことにした。冷静に考える [続きを読む]
  • コマツナの雑草除去
  • 出張の帰りに畑に寄って、気になっていたコマツナの穴の雑草を除去したら、何も無くなった。それにしても、コマツナの種をまいた場所に、同じ種類の草がそろって生えていると、明らかにコマツナの貝割れ葉と形がちがっていても、本当に抜いてしまって大丈夫なのか不安になってしまう。ネットで見ると、この種類のコマツナ(菜々音)は夏場は3日で発芽を始めると書いてあるので、既に出揃っていなければいけないはずなのに、雑草以 [続きを読む]
  • ミニカボチャの実 発見
  • ミニカボチャの茎が6mに達したのに、雄花ばかりで雌花がまったく出来ない。講義では朝のうちに受粉をするようにと言われたが、そもそも雌花が無ければ受粉のしようが無い。親蔓の摘心をしただけで放っておいたので、蔓が絡み合い、葉も生い茂っていたので、それぞれの蔓ごとに、絡まないように少し整理をした。カボチャの茎は意外と折れやすく、少し強く引っ張ると、ポキッと音がしてすぐに折れてしまう。そうして折れたものを除 [続きを読む]
  • ナスを盗られた
  • ナスの更新剪定をしてから初めてのナスと長ナスが1本ずつ大きくなっていた。前回収穫しようか迷ったけれど、せっかくだからしっかりした大きさにしてからにしようと、グッと我慢し、今朝満を持して収穫に行った。が…、無い!! どちらも無い!!あったはずの枝は、きれいにハサミで切られていたので、風で落ちたのではなさそうだ。他の塾生は皆、自分の畑の野菜の消費で大変な状態なので、わざわさ他の畑の野菜を盗ることは考え [続きを読む]
  • ニンジンとコマツナの芽が出た
  • 帰省から今朝帰ってきて、さっそく畑の状態を見に行った。火曜日以来だったけれど、雑草もそんなに生えておらず、接近した台風の被害も特に見られなかった。逆に台風の影響?でか適度に雨が降ったようで、畑が良い感じに湿っていたし、種をまいてから湿り気を絶やさないようにと言われていたニンジンの芽がそろって出ていた!ほとんどのマルチの穴から2本ずつ貝割れ葉がが出ていて、なかなか良好な滑り出し。ただし、4月の時はここ [続きを読む]
  • ナス復活?
  • 今朝、畑に行ってみると更新剪定の後、葉や芽が枯れて落ちてしまって失敗したと思っていた枝から新しい脇芽が出ていた!ヤッタ!まだまだ小さな芽だけど、しっかり元気に伸びてほしい。でも、明日からまた台風の直撃の予報なので耐えられるか…。頑張れ!!風は無くて良いから適度な雨だけ降ってくれないかな。枯れたと思っていた枝から出た脇芽今日の収穫 [続きを読む]