まみ さん プロフィール

  •  
まみさん: うつくしきものたち
ハンドル名まみ さん
ブログタイトルうつくしきものたち
ブログURLhttps://safilife.net/
サイト紹介文家を新築中です。「いえづくり」カテゴリにて家づくりの様子をアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 90日(平均1.6回/週) - 参加 2018/05/18 17:22

まみ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 平屋に近い暮らし、家相も加味した間取り。
  • 家の外観のことを書いたので、いよいよ建具をはじめとする内装の話に入れるかなと思ったのですが、間取りがないとうまく説明できないことに気付きました。よって今回は間取りのお話です。どうぞお付き合いくださいませ。 間取りが決まるまでの流れと、工務店さんが気にしていたことわが家の間取りは夫が考え、それを工務店さんと建築士さんが確認・手直しをしたものになります、ということを以前書いています。基礎工事から上棟ま [続きを読む]
  • イメージするのが難しかった外観はこうして決めました。
  • 今回は外観のお話です。土地が決まり、間取りがおおよそ決まり、次に決めたのは家の形と外壁をどうするか?ということでした。屋根の形と外壁の素材や色をどのように考えて決めたかについてまとめます。 まずは屋根の形を決めましたわたくしが「家」と言われてイメージするのは三角屋根が乗っかったよくある形。最近では全体が四角形の家もちらほら見かけますが、自分の家はよくある形に近いものがいいなぁと漠然と考えていました [続きを読む]
  • 窓・サッシは色を最優先して三協アルミの ALGEO (アルジオ)に。
  • 話は前後しますが、お風呂よりも先に決定していたものがあります。それは、家の中と外をつなぐもの、「サッシ」と呼ばれるものたちです。窓や玄関ドアがそうですね。これもまた紆余曲折がありました。すでに取り付けも始まっていますので、「これにします」と決めた経緯について書きたいと思います。今回は窓編です。 住宅展示場にて、初めて目にした「横引きロール網戸」に一目惚れ土地が決まるか決まらないかの頃、友人のツテで [続きを読む]
  • 今日も夫はキッチンのことを考えているはず…そんな台所のことを簡単に。
  • 家を建てると決まってから、間取りを考えながら、予算を考えながら…すべての工程で同時に進行していることがあります。それは「キッチンをどうするか、調べて検討する」ということ。わが家はざっくり言いますと、調理担当が夫、片付け担当がわたくしになっています。そして、夫は食に関する興味がとても強いので、これから毎日使うことになるキッチンに関しては執念と言っても過言ではないほどのこだわりを見せています。わたくし [続きを読む]
  • ミスタードーナツのシューショコラが秀逸でした。
  • 2018 年のバレンタインの話、第一弾です(今ごろ)。第二弾、できるかなぁ。さてさて。バレンタインというのはイベントに乗じておいしいチョコレートを堪能できる機会だと思っているわたくし、今年はミスタードーナツの公式 LINE で気になる情報をキャッチいたしました。それが、1 月に発売され、すでに販売終了しているバレンタインのドーナツです。個人的になんだか好きなパティシエ、鎧塚俊彦氏がプロデュースすると知り、発売前 [続きを読む]
  • 長期優良住宅の補助金制度と、家の引き渡しまでのスケジュール。
  • 大手メーカーでは当たり前の話だという「長期優良住宅」。国土交通省の Web サイトにも「長期優良住宅のページ」があります。いい状態で長く住める家に越したことはないので、わたくしたちは工務店で「長期優良住宅」の条件を満たした家を建てることにしました。 長期優良住宅の認定と補助金の申請をしましたまずは「長期優良住宅」の認定をもらい、補助金をもらうための申請をしました(工務店さんが)。これは企業で言えば中小限定 [続きを読む]
  • ようやく物件が決まりました!
  • 理想の物件を求めて、7, 8 ヶ月ほど不動産ジプシーな状態が続いておりましたが、急転直下物件が決まりました!自分たちのことですが、展開の早さに驚いております。 事態を大きく動かした、年の瀬に届いた一通のお知らせまあ、今年は例年のような年末年始の慌ただしさがなかったんですけれども(わたくしが風邪を引いて使いものにならず)。年末、不動産屋さんから夫にメールが届きました。内容は土地が出てきましたよ〜というもの。 [続きを読む]
  • とても 100 円とは思えない、使い勝手のよいダイソーのカレンダー。
  • あっという間に 1 月も下旬に入りましたね。師走の恒例行事といいますか、この光景を見ると「ああ、年末だな。一年が終わるな。」と感じるもののひとつに「新しいカレンダーの登場」があります。勤めていた会社では、役職の高い人から好きなカレンダーを選んでよいという風習(?)がありました。取り合いになるのは、業者さんが年末のご挨拶時に持ってきてくださるカレンダー。自社の卓上カレンダーはたっぷり作るので誰でももらえ [続きを読む]
  • 過去の記事 …