キャリーマガジン さん プロフィール

  •  
キャリーマガジンさん: キャリーマガジン | CALY MAGAZINE
ハンドル名キャリーマガジン さん
ブログタイトルキャリーマガジン | CALY MAGAZINE
ブログURLhttps://calymagazine.com
サイト紹介文CALY MAGAZINEは、キャンプをより楽しめる情報を発信していくブログサイトです。
自由文CALY MAGAZINEは、ウェブマガジンを主軸とした、キャンプをより楽しめる情報を発信していくブログサイトです。キャンプ愛好家も、これから始める人も、キャンプに無関心な人でも見ているだけで楽しいコンテンツをご用意しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 35日(平均4.0回/週) - 参加 2018/05/18 20:53

キャリーマガジン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 国内最新アウトドアブランド【muraco】とは?
  • 2017年に第三次アウトドアブームが到来し、未だに上昇傾向にあるアウトドア業界 若者に人気のグランピングやトレッキング、ボルダリングといったアウトドアを皮切りに国内外問わずアウトドアブランドもそれに合わせ新たなギアやイベントに力を入れている その中で私が注目したのが・・・【muraco】 muraco・・・? 国内ブランドでお馴染みの「snow peak」「mont-bell」は、ご存知の方も多いと思います。 でも今回紹介するのは【m [続きを読む]
  • 国内最新アウトドアブランド【muraco】とは?
  • 2017年に第三次アウトドアブームが到来し、未だに上昇傾向にあるアウトドア業界 若者に人気のグランピングやトレッキング、ボルダリングといったアウトドアを皮切りに国内外問わずアウトドアブランドもそれに合わせ新たなギアやイベントに力を入れている その中で私が注目したのが・・・【muraco】 muraco・・・? 国内ブランドでお馴染みの「snow peak」「mont-bell」は、ご存知の方も多いと思います。 でも今回紹介するのは【m [続きを読む]
  • 【静岡県】炭焼の杜 明ヶ島キャンプ場
  • 出典:なっぷさて、本日ご紹介するのはこちら! 「炭焼の杜 明ヶ島キャンプ場」 なーぜこのキャンプ場をご紹介するのかと申しますと!「明ヶ島キャンプ場」にはあるキャッチコピーがついておりまして、 それがこちら! 「日本一新しく、日本一“不便”なキャンプ場」 ん? 日本一新しいのに、日本一不便?? 新しいのに不便とは一体なんぞ? 完全にその矛盾したキャッチコピーに惹かれ、またもや眠れない日々が続きそうな、私Ryuの [続きを読む]
  • 【北海道】霧多布岬キャンプ場
  • 出典:Shinji kawamura 霧多布岬キャンプ場【4つの魅力と注意すべき事柄】 霧多布岬のほぼ先端に位置する霧多布岬キャンプ場は、サイトから海を眺められる絶景キャンプ場です。車通りが少ない場所だからこそ、夜は静かでゆったりと過ごせます。雨の日のライダーも安心して利用出来るようバンガロー(有料)も18棟、またドッグランも備わっているので犬と一緒にこれるキャンプ場になっています。 出典:tetuyuri 魅力①:高台だから [続きを読む]
  • 【ツーリング】を10倍楽しむコツ in 北海道
  • 梅雨が明けたらいよいよキャンプシーズン到来!真夏の北海道ツーリングを楽しむコツを学生時代に40日間の北海道自転車ツーリング経験がある上野が厳選してご紹介します!! せっかくの長期ツーリングならお金がなく貧乏旅行だとしても多少豪遊する日があってもいいのでは?私はカツカツの金銭状況の中、楽しくツーリングしました。 自転車ツーリングを10倍楽しむ5つのコツ Point①:ツーリング仲間に会えるライダーハウス出典 [続きを読む]
  • 【格好いいテント8選】見た目重視の主観レビュー編!
  • キャンプギアを持たない私が、勝手にカッコいいテントをご紹介! ワールドカップ開幕まで1ヶ月を切りましたね!いやー、今回も国際色の富んだ美女サポーターたちの登場に目が離せませんね!!4年前のスペイン美女は凄まじかったなあ。。 出典:Vancouver News はい。気を取り直して!実はちゃんとサッカーにも興味があります、 「攻撃は最大の防御」 このフレーズ大好き。長くなりました、Ryuです! ぱぱぱぱーん。 さて、今回は [続きを読む]
  • CALYMAGAZINEインタビュー
  • サイトを始めて半年が経ちました!嬉しいことにビュー数も増えCALYMAGAZINEをオープンして本当によかったと思っています。 そんな最中、KOKUYO株式会社が運営するコワーキングスペース『Creative Lounge MOV』に興味を持ってもらいインタビューをしてもらいました! インタビュー記事 キャンプを始めたきっかけは、『女の子をスマートに1泊旅行に誘うため?』冒頭から不安な匂いがしますが安心してください! そんな不純な気持ち [続きを読む]
  • 【福井県】赤礁崎オートキャンプ場
  • 出典:株式会社おおい赤礁崎オートキャンプ場【3つの魅力と注意すべき事柄】 福井県・赤礁崎オートキャンプ場は美しい小浜湾を望む大島半島の海沿いにある絶好のロケーションで楽しめるオートキャンプ場です。潮の香りと波の音、そして星空の下でバーベキュー。そんな自然を満喫できるキャンプ場には、オートキャンプ場80区画・別荘気分が味わえる2階建てのログハウスが10棟・ケビンが14棟。日帰りでも楽しめるバーベキューハウス [続きを読む]
  • 【私のキャンプ道具】失敗しないキャンプギア選び
  • 【私のキャンプ道具】 キャンプ道具を集めたい!でも、何を買ったらいいの? 私たちCALY(キャリー)が「キャンプスタイル」を軸に実際に使用しているキャンプ道具をご紹介します。これから揃えようとしている人も、買い替えを考えている人にもより良いギア選びのヒントになりますように。 ウェブマガジンでCALYのキャンプ道具を覗いてみる 以下からはウェブマガジン掲載の、おすすめキャンプ道具を簡単にご紹介します。 Faxe 4 [続きを読む]
  • 【キャンプ×食】おしゃれごはんの基本
  • インスタグラムで目にするおしゃれごはんを誰でも簡単に演出できる”ワザ“を特別に教えます!おしゃれレシピ集などはまとめサイトに多数アップされているのでここでは“おしゃれな食卓”を作りこむ上で大事なポイントをギアも交えて紹介します。 出典:wolf-teeth おしゃれな食卓に欠かせない3種の神器 みなさんがインスタグラムの【#キャンプ飯】を見ていて『おしゃれだな』『こんな料理作れたら…』『羨ましい』と思ったこと [続きを読む]
  • 【静岡県】アプトいちしろキャンプ場
  • 出典:エアトリアプトいちしろキャンプ場【4つの魅力と注意すべき事柄】 南アルプスの麓に位置するアプトいちしろキャンプ場は、大井川と南アルプスあぷとライン沿いにあるため大自然と鉄道を一度に楽しむことができます。 出典:アプトいちしろキャンプ場 魅力①:可愛らしいスイスカラーのアプト式列車を眺めて 出典:アプトいちしろキャンプ場大井川上流から奥大井渓谷の間を日本唯一のアプト式列車が走っています。キャンプ [続きを読む]
  • 【岐阜県】奥飛騨温泉郷オートキャンプ場
  • 奥飛騨温泉郷オートキャンプ場【3つの魅力と注意すべき事柄】 北アルプスの麓で標高750mの自然に囲まれたキャンプ場。山・川・温泉を楽しむことができ、充実した設備が魅力です。最高のロケーションの中、家族でアウトドアしてみては? 出典:キャンプ場ガイド 岐阜県版 魅力①:広大な自然を活かした175区画のサイト数! 出典:奥飛騨温泉郷オートキャンプ場全てが区画サイトの奥飛騨温泉郷キャンプ場。その区画総数にまず [続きを読む]
  • 【石川県】能登島家族旅行村Weランド
  • 出典:能登島 家族旅行村Weランド 能登島家族旅行村Weランド【3つの魅力と注意すべき事柄】 石川県の能登半島に抱かれた能登島は人口約3,000人の小さな宝島です。島と言っても能登島大橋とツインブリッジの2本の橋が架かっているのでアクセスもしやすく気軽に行くことができます。そんな能登島の小さな岬にある家族旅行村Weランドキャンプ場を紹介します。 出典:じゃらん 魅力①:岬のキャンプ場だからこそ臨める絶景! 出典: [続きを読む]
  • 【長野県】陣馬形山キャンプ場
  • 陣馬形山キャンプ場【3つの魅力と注意すべき事柄】 標高1,445mの陣馬形山は頂上まで車で行けます。その山頂にあるキャンプ場が陣馬形山キャンプ場で、中央・南アルプスを一望できる絶景キャンプ場として有名です。 出典:TOMOKAZU HAYAKAWA ARCHITECTS 魅力①:山頂から眺める景色はまさに絶景! 出典:長野県観光機構中央・南アルプスをはじめ、上伊那郡の街並みを独り占め。夜は街の明かりがキラキラ輝きそれは美しいこと間違 [続きを読む]
  • 【長野県】上高地 森のリゾート小梨
  • 出典:上高地ガイド上高地 森のリゾート小梨【3つの魅力と注意すべき事柄】 上高地は年間150万人が訪れる山岳リゾート地で、観光や登山、トレッキング、リゾート気分で宿泊などたくさん楽しみ方がある人気のスポットです!国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定されており広大な自然を肌で感じることができます。 魅力①:「神の降り立つ地」でキャンプができる 出典:iris55美しい手つかずの大自然が広がる上高地は、「神 [続きを読む]
  • 【群馬県】北軽井沢スウィートグラス
  • 出典:北軽井沢スウィートグラス北軽井沢スウィートグラス【3つの魅力と注意すべき事柄】 首都圏からアクセスのしやすい北軽井沢スウィートグラスは、「人と自然の調和」をテーマにした心地よい空間作りがされています。高規格のキャンプサイト&キャビンで初心者からアウトドア好きまで年間を通して楽しめる設備が嬉しいポイントです。 出典:北軽井沢スウィートグラス 魅力①:テントサイト・コテージ・キャビンの種類が豊富! [続きを読む]
  • 【栃木県】中禅寺湖 菖蒲ヶ浜キャンプ場
  • 菖蒲ヶ浜キャンプ場【3つの魅力と注意すべき事柄】 日光国立公園内に位置する菖蒲ヶ浜キャンプ場は、首都圏から鉄道や自動車でアクセスがしやすく紅葉や滝、世界遺産を親しむ拠点として利用できます。 出典:環境省ホームページ 魅力①:中禅寺湖唯一のキャンプ場で自然に泊まる 出典:bebeDECO中禅寺湖も日光国立公園内に位置しており、湖と紅葉を楽しめるスポットとして多くの人が訪れます。そんな中禅寺湖唯一のキャンプ場が [続きを読む]
  • 【山梨県】四尾連湖 水明荘キャンプ場
  • 出典:湖畔の住人みえこっさん水明荘キャンプ場【3つの魅力と注意すべき事柄】 四尾連湖は山梨県の北西に位置する小さな山上湖。有名な富士五湖には属しておらず、超穴場の絶景キャンプ場です。 出典:湖畔の住人みえこっさん 魅力①:手つかずの大自然を堪能できる! 出典:四尾連湖 水明荘山上湖のため湖畔サイトも木々が生い茂り、自然泊まるとはまさにこのこと。手つかずと言ってもサイトの整備はされており、安心してキャン [続きを読む]
  • 【山梨県】本栖湖 浩庵キャンプ場
  • 出典:浩庵キャンプ場浩庵キャンプ場【3つの魅力と注意すべき事柄】 本栖湖越しに臨む富士山はまさに絶景!透明度の高い湖でウォーターアクティビティをして有意義な週末を! 出典:wikipedia 魅力①:本栖湖と富士山を見ながらゆったりキャンプ 出典:浩庵キャンプ場浩庵キャンプ場の1番の魅力は目の前に広がる絶景!フリーサイトで設営の範囲規制がほぼないため湖畔サイトにテントを張れば湖と富士山を独占できます。早朝、こ [続きを読む]
  • 過去の記事 …