いちご さん プロフィール

  •  
いちごさん: ナースのたまご
ハンドル名いちご さん
ブログタイトルナースのたまご
ブログURLhttps://ssaaa26.hateblo.jp
サイト紹介文もうすぐひよこになる看護学生のブログです。 日々の出来事や感じたこと、思ったことなどを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 183日(平均1.8回/週) - 参加 2018/05/19 15:57

いちご さんのブログ記事

  • 言葉(3)
  • こころに残った言葉愛は無関心よりずっと容易く憎しみに転じるものだからNo where, now here - 英雄は歌わない放っておいても私は、きっと、自分の自信のなさや劣等感にぶち当たり、人と接することに細心の注意を払い、気疲れをし、落ち度なく、人並みの、いやちょっと気の利いた人であろうと毎日自分の尻を叩きジタバタしただろう。そして、そのことに疲れ果て崩壊したことだろう。 辿る道のりは違ったかもしれないが、行き着 [続きを読む]
  • 音楽(2)
  • いま、部屋で小さな音で流している曲です。癒されるのでぜひ、聴いてみてください。(歌詞をみながら聴くのがおすすめです??)キセキ / GReeeeN(ピアノ演奏・midi伴奏&歌詞) - YouTubeOne Love / 嵐(ピアノソロ演奏&歌詞) - YouTube2018年 11月17日(土) [続きを読む]
  • 実習も卒論も終わって、今は国家試験の勉強に専念している。夜はひんやりと冷えるようになったし、この前友達とご飯を食べに行ったらイルミネーションもついていた。私の大好きな季節が迫るので嬉しい気持ちが少し、あと少しで卒業できるという達成感のような脱力感のような気持ちが少し、国家試験受験日が近づいているのを感じて焦りとか絶望とか苦しさとか、そんな気持ちがたくさん。色んな気持ちが入り交じって感情が慌ただしい [続きを読む]
  • 知恵袋の返答
  • 親の方が人生経験多いんだから、いつも落ち着いて寛容でいられるといいんだけどね。子どもの方に気を遣わせちゃって、なんだか同じ親の立場からあなたに申し訳ない気分になってしまいます。あなたがいくつなのか分からないけど、いわゆる思春期ですか?だとしたらイライラするのが自然なことですよね。みんなそういう時期を通り過ぎて大人になってきたんです。お母さんとも楽しく話がしたいと思うその優しい気持ちを忘れずにいた [続きを読む]
  • 可愛く綺麗になる
  • 最近、綺麗になりたいという気持ちが強くなってきた。YouTubeにある韓国のウェブドラマを観て、お肌が雪のように白い綺麗で可愛い女の子たちが愛される姿をみて、素敵だなあ、私もあんなふうに愛されたいって思った。そしてどうすればあんなに綺麗になれるんだろうって調べたのがきっかけだった。韓国では女優さんのみならず一般の女の子も恐ろしく肌が綺麗なので、それを参考にすれば近づけるんじゃないかと思った。ケアをしなが [続きを読む]
  • 就職
  • 就職を来年に引き延ばすことにしました。お母さんは前々から(確か4年生になった頃から)「今までのあなたを見て、1年くらいは休んでもいいんじゃないかなと思ってる」と言ってくれていたのですが、つい最近は私自身もそう感じるようになり、先生に相談したところ思っていた以上にすんなりと決まりました。正直就職を来年に引き延ばすなんて甘えだと思っていた。社会的にどう思われるんだろうって、その恐怖が強かった。だからし [続きを読む]
  • 利太
  • 今日の音楽32.Yokoyama Katsu 横山克 - The Two Whereabouts Are [ヒロイン失格 OST (Heroine Shikkaku OST)] - YouTubeこのサウンドトラックは利太とはとりが夕焼けを一緒に見るシーンで流れる。不器用な利太が様々な出来事を重ねて、はとりの存在の大きさ、はとりに対する本当の気持ちに気づく場面。その瞬間に流れる切ない音楽。秋になると聴きたくなる。特に1:34~2:14のメロディが好き。利太は自分の意思で行動することはあ [続きを読む]
  • 恋愛
  • 僕はいささか安堵して、あれは何だったんだ、とつぶやいた。すると同僚は両手を軽くかざし、羽鳥先生、と言った。あれは狙っている、というやつ。セクシャルな誘惑だよ。あんなにあからさまでわからないのは、なんというかさすが羽鳥だ。しかし俺はそれをとても良いことだと思う。なぜならあの子は恋をしていたのではないから。恋ならね、気づかれないのはかわいそうだけど、あれはそうじゃない、あれは、恋のふりをした、何か。 [続きを読む]
  • 大学生活
  • 明日から後期の授業が始まる。気持ちを切り替えるために大掃除をしていると、授業でもらった書類とかテスト勉強で頑張って書いたメモ紙とかが沢山出てきた。そのプリントやメモ紙は、もらった記憶も書いた記憶も全くなかった。ただ、とにかく「頑張った」「辛かった」「苦しかった」という、死んでしまいたくなる程の気持ちだけが強く残っていて、私って今までどんな風に学校生活を過ごしてきたんだろうって、まるで空白の3年半 [続きを読む]
  • タイトル
  • 実は先日、タイトルを「ナースのたまご」から「22歳」に変えました。心機一転しようと思ったわけでもなく、特に深い意味があるわけでもないです。ただ先日「ナースのたまご」というタイトルを見た時に、私は看護師の卵として今を生きている訳じゃないのになぁ、私は私のために今を生きているんだよなぁと思い、今の私は22歳なので「22歳、今を生きる」というタイトルにしました。私の今の人生の軸は看護師という仕事でも、看護学生 [続きを読む]
  • 一昨日
  • あれ、昨日だったかな?大学の友達と夜遅くに電話で話しました。1時間半くらい。話したことは、「とにかく自分を大切にしよう」ということです。その友達とわたしの共通点はたくさんあります。そのいくつかある共通点のうちのひとつが、自分を傷つけることが当たり前だということです。日本人はよく謙遜する時に、自分のことを悪く?言います。「わたし全然駄目だからさ〜。」「私なんて◯◯だよ。」みたいな。この時、わたしの場 [続きを読む]
  • 音楽
  • 最近聴いている音楽ひまわり/遊助俺なりのラブソング/遊助告白/ファンキーモンキーベイビーズ--------------------------------------------------------------ある人の、”自分の気持ちを何でもかんでも言葉にすると自分に嘘をついているように感じてしまう。全部伝えてしまうと面白さも深みもない関係になってしまう”という言葉にとても共感した。不安だから、なんでもかんでも言葉にしようとしてしまうし、そういう関係 [続きを読む]
  • 関係
  • 嵐の二宮くんがこう言っていました。「付き合うなら放っておいてくれる人がいい。好きだ、好きだ、好きだ!って付き合うじゃん。そしたら、放っておかないよね。そういう人、なかなかいないよね。」これ、少し分かるなあと思った。会いたい、声が聞きたい、ずっと傍にいたいと思うけど、その気持ちがある中で適度な距離感を保つことは関係を維持する上でとても大切じゃないかなと思う。相手に囚われ過ぎず依存し過ぎず、お互いの時 [続きを読む]
  • 学習相談支援室
  • わたしは耳の聞こえが悪いので、実習前は具体的にどのような配慮や支援をしてほしいか、実習後はその配慮や支援内容はどうだったか先生と振り返りを行い、文書を作成していただいている。今日は振り返りの日だったので午後から学習相談支援室に行ってきた。「実習、どうだった?」「どんな内容の実習だった?」「困ったことはなかった?」「今後の授業で支援してほしいことはない?」先生から問いかけられる度に言葉が詰まった。2 [続きを読む]
  • 人を大切にする方法も、愛し方も愛情表現も、みんな似ているようで似ていない。100人いたら100通りあって、まさに千差万別という感じだ。みんな、自分なりの方法で人を信じようとしたり、大切にしたり、愛していこうとしている。それはどんなに裏切られても、人間が嫌いになっても、心が空っぽになっても。でも大切にする方法が千差万別であるように、相手が求めているものも千差万別である。だから自分なりの方法で大切にしよう、 [続きを読む]
  • flavor of life
  • 宇多田ヒカルさんの「flavor of life」という曲にはすごく思い入れがあって、今でも聴くたびに胸が締めつけられる。この曲との出会いは小学生時代だった。当時「花より男子」というドラマが放送されていて、道明寺がつくしちゃんに愛を伝えるシーンや別れを告げるシーン等の決定的なシーンでいつもこの曲が流れた。人を心から好きになるとこういう気持ちになるのか。切なくて苦しくて甘酸っぱくて、でも温かくて輝かしくて、全身が [続きを読む]
  • 優柔不断
  • わたしはとても優柔不断だと思う。何回一緒に遊んでも全然楽しくなくて、嫌な気持ちばかりが残るからもう遊ばないと決めていたのに「今回こそはちゃんと楽しめるかも」なんて考えてまた遊んでしまった。結局、全然楽しくなくてまた嫌な気持ちだけが残った。関わりたくないと思う反面、自分勝手な感情で友人関係を切って良いものかとも思う。その線引きがとても難しい。「嫌だと思うことは相手にはっきり伝えたほうがいいよ」と言う [続きを読む]
  • _
  • ひとつ決めたことがあって、このブログの記事がキリのいい所まできたら製本したいと思っています。だからこれからもっと、感じる思いをなるべく丁寧に忠実に、大切に残していきたいと思います。2018年 8月13日(月) [続きを読む]
  • 言葉②
  • たくさんの方のブログを拝見させていただいているのですが、特に印象的だった言葉、心に残った言葉をストックしています。今回もまたストックした言葉があるので、ここに載せて残しておきたいと思います。(もし消してほしい!という方がいたら遠慮なく教えていただきたいです!ごめんなさい。)だけど花火は儚く消えて、夜の暗闇が戻ってくる。熱帯夜なのに、心臓がつめたくなる。知ってた、けっきょくつらくなるだけだって。な [続きを読む]
  • いまは前ほど、夜に泣くことが少なくなった。たまにポロポロと涙が出るくらい。5、6年前までは365日あったら350日は泣いていた。悲しくて苦しくて、毎日生きるのがやっとだった。その頃に比べたら随分逞しくなったなぁと思う。泣く回数が少なくなったことについては、つい最近までは強くなれたからだと思ってたけど違った。心が磨り減って、傷つくのが当たり前になった。心ない言葉を言われることが当たり前になった。嘘をつかれる [続きを読む]
  • ひとり
  • ひとりで生きていけたら、それほど幸せなことはないと思っている。これはずっと昔から。ひとりって凄く幸せだと思う。あと10年頑張れば、あと7年頑張れば、あと4年頑張れば、私はひとりで生きていける。そう思いながら生きてきた。そして遂にあと1年で、私はひとりで生きていけます。家の中でたったひとりで、自分の得た収入で、時間の使い方を、考えを、感情を、人生をコントロールされることなく、傷つけられることもなく、無意 [続きを読む]
  • 自分は自分でしかないこと
  • 面接の練習をしたとき、先生に言われた言葉。「真面目でかわいらしくて、誠実で、仕事をしっかりするタイプなの話したら分かるよ。でももっと笑顔があったらいいかな〜!」そう、笑顔。大学生になってから全然心から笑ってない。「もっと自分を出していいんだよ」そう言われるたびに心がチクリとする。自分ってなんだろう?私ってどんな人なんだろう。昔はあったはずの「自分」がもう分かりません。見失った。先生は「自 [続きを読む]
  • 人との接し方について
  • 人間関係や人との接し方について、ここ最近で学んだことを書いていきたいと思います。(これは今の段階での考えなのでまた変わっていくかもしれない。)生きていると本当に色んな人がいて、中には悪口を言ったりイライラや上手くいかないことを人のせいにしたり、なにかに対して偏見を持っていたり、言葉が無意味に毒舌であったり、本当に色んな人がいる。今まではその態度や言葉にダイレクトに傷ついて身動きが取れなくなること [続きを読む]
  • 最近
  • 最近は、実習に行って帰ってお風呂入ってご飯食べて寝て朝早く起きて、少し急ぎめにレポートを終わらせて印刷して実習先に行く。看護の時よりレポート少ないし訂正もそんなに入んないし朝7時に出て間に合う実習先だし、実習先の保健師さんたちは丁寧に教えてくれる。そこまで絶望感や虚無感を感じることもなくて気がつけばもう就職試験が目の前。こんなんでいいのかなあ。つい数ヵ月前の泣きじゃくっていた頃に比べたら精神状態は [続きを読む]