iriko-zake さん プロフィール

  •  
iriko-zakeさん: 毎日のこと
ハンドル名iriko-zake さん
ブログタイトル毎日のこと
ブログURLhttps://ameblo.jp/iriko-zake/
サイト紹介文認知症の義母、統合失調症の義姉、姪との生活
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 146日(平均5.3回/週) - 参加 2018/05/20 10:16

iriko-zake さんのブログ記事

  • 愚痴の日⑧
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。またもやこの日がやってまいりました、愚痴の日です。愚痴と言えばそう、あの人。義母ですね。 まぁ本日のは少し意味合いは違うかもしれません。義母本人に対してではなく 『勧誘』 に関してです。 今日も家電が鳴りまして相手  「○○(苗字)様でしょうか?」わたし 「はい」相手  「○○(義母の名)様ですね、わたくし○○食品の○○と申します」相手  「こ [続きを読む]
  • 低レベルからの人育てのやり直し
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日も姪のこと。 先日来客がありました。義父の預金と相続のことで銀行から2名、これまでにも数回訪問いただいています。 そのときにコーヒーをお出しするのですが、これを姪に任せています。トレーにカップを乗せ持っていき、お客様の席に「いらっしゃいませ、コーヒーをどうぞ」 そう一言を添えてお出しする。 たったこれだけのことですが、彼女はとても緊張します。台所 [続きを読む]
  • 感情のコントロール
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日は姪のこと。 彼女の思考回路はまだ元に戻っていません。 病気発症前までは当たり前の思考ができていました、普通の思考は分かっています。それとは違う別回路から 『あらゆる物事、思考、記憶、感情』 が流れてきている現状。 自分の考え、と自覚できず流れてくる全てはどこか 『他人から伝わってくるもの』 として捉えていました。 以前…数か月前まではその 『 [続きを読む]
  • 愚痴の日⑦
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日久々の愚痴の日。愚痴と言えばおなじみのあの人、義母のことです。 我が家ただ今総勢7名です。1名まったく登場しておりませんが、この方に関しては特筆することがないのです。ただの同居人さんなので触れぬまま来ておりますし、今後もそうです。 ということで、人数的には7名の大家族といってよいでしょう。しかも全員大人です、よく食べます。 大人数ですので食材の買い出 [続きを読む]
  • 正常な叫び
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日も姪のこと。 大きな問題と向き合うと決めてから3か月ほど経過しています。 本人の強い意志があり 「向き合って解決して、ちゃんと立ち直りたい」この気持ちは今も変わらず持っています。 しかしこの3か月の間に、その心は左右に揺れ動き、強い彼女と弱い彼女の双方が、常に闘っていました。向き合いたい気持ちは常に持っている、でも怖がっている自分も居る。 その [続きを読む]
  • 大きな問題
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。昨日の続きです。 幼いころに心の奥底へ眠らせた記憶の数々。 そのほとんどを言葉にし、苦しみながらも解決し、それらは全てちゃんと過去のことになっています。もう思い出しても苦しくない、辛く悲しむことはありません。 しかしもうひとつ彼女の中には大きな問題が残っています。 それは長期にわたって彼女を裏切り続けた出来事。近しい人であり信頼していただけに、彼女自身 [続きを読む]
  • 危機を救うために動かした
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。前回の続きです。 過去の解放。 心に抱えたまま誰にも言わず、後悔し溜息をつきまた心に押し込める記憶。誰にでもそういうものはあるのではないでしょうか。 突然思い出し 「…あー…はぁ…」 と落ち込みながら、それでもまた元通り押し込めてそれを繰り返しながらそれでもなんとか過去の記憶と上手に付き合って生きていく。いつの間にか自分の中で妥協し、思い出して辛くな [続きを読む]
  • 過去の解放
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日も姪のこと。 自分と向き合う作業を続けている姪ですが、この作業をするまでの彼女は自分を知りませんでした。小学校から中学高校へ進学し、通信制へ転校、その後就職。大きなことはもちろん覚えています。しかし細かな出来事はまったく思い出せず、私と関りを持ち始めたときには何を質問しても例えば、「小学生のときに家で○○があったでしょう」 と聞いても 「覚えて [続きを読む]
  • 病気を治すのは本人
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。今日も姪のこと。 先日鴻上さんの記事に共感し、この家の現状を再確認しつつ3回に分けて思うことを書き残しました。その補足というか続きです。 過去記事 大まかに言うと『世間体を気にする家族が先延ばしにしたツケはどうなるか』 について書いています。よろしければ先にそちら3回分をお読みください。先延ばしの後始末は誰がする後悔、でも今が最善の時そんなに世間体が大切 [続きを読む]
  • 愚痴の日⑥
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日久々の愚痴の日。さくっといきます。 同居始めて2年弱、この家に元々ある洗濯機を使っています。うちが使っていた洗濯機は今現在倉庫で眠ってる。早く我が家のモノを設置したい、でも他のあれこれを優先していて未だ未設置。 一家に2台も要らないですよね、そうなんです。でもどうしても我慢できない。いろいろ気が滅入っています。 同居してからずっと使っているのだから [続きを読む]
  • 怒りの矛先を知り納得する
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日も姪のこと。 あと一年は思考回路はこのまま、そう思っておいて。 彼女のなかに存在する男性がそう伝えてきた。それはつまり彼女自身の考えで、一年という期限を切ることができるようになった証。統合失調症と病名が付き、母のように何十年も患う病気なんだと失望するしかなかった彼女がその症状の一番の問題である思考回路が、近い将来元に戻る、と強く感じられるようにな [続きを読む]
  • この期限は彼女自身が切った
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日も姪のこと。 これまでにも書いていますが、姪が統合失調症と診断されたあと、3年ほどは独りで苦しんでいました。 妹の判断で病院へとつながり、2か月の入院。まずはこの判断がなされていなければ、いづれ手遅れの状態となっていても何らおかしくなかった。 そもそも祖父母、母、妹が家族としており、それぞれに彼女の異変には気づいていながら結局見て見ぬふりをし、最終 [続きを読む]
  • 一年待ってほしい
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日は姪のことです。 姪が抱えている大きな問題。それは 『記憶の欠落』 小学校3年4年の記憶がほぼ思い出せない、思い出そうとしても何かが邪魔をする。 その奥底に閉じ込めたものが何なのか。大きな問題、出来事であることはすでに分かっています。しかし細かな事柄に関して、思い出すことを拒絶している状態。当時の感情、大声で吐き出したかった思い。誰かに気づいてほし [続きを読む]
  • プライドが邪魔をする
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日は義母のことです。 2か月ほど前、義母のことで少し騒ぎがありました。そのことはまた追々書いてまいりますが、今回は 『騒ぎがあった』 ということを踏まえて話を進めます。 当日に検査しておいたほうが良いと判断し、救急車を呼びました。レントゲンで骨に異常なし、触診も問題なし。元気、ずっと話をしていました。 本人は救急車を呼ぶことを拒否しましたが、高齢で [続きを読む]
  • なんにも知らんくせに若いもんが
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。今日はだらだらと書いてみたいと思います。 昨日まで3回に分け、鴻上さんの記事に沿って思うままに書きました。これまでも書きたいことを書いていたつもりでしたが、どう表現すればよいのか今一つ掴めず。でもこの 『世間体』 というものがベースにあったのかと、鴻上さんの記事を読んで初めてしっくりきました。何度も自分で世間体と書いているのに、それこそが義父母の基礎 [続きを読む]
  • そんなに世間体が大切でしたか
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。昨日の続きです。 今現在の世間体をとるか、20年30年後に先延ばししたツケに苦しむか。よく耳にする 「精神科は世間体が気になる」 について、鴻上さんが質問に答える形で記事を書いておられます。もしお時間ございましたら一昨日の記事に鴻上さんの記事をリンクしています。興味のある方はお読みいただければと思います。 ***** 私たちが結婚したとき、初めて会った義 [続きを読む]
  • 後悔、でも今が最善の時
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。昨日の続きを書きます。 今現在の世間体をとるか、20年30年後に先延ばししたツケに苦しむか。よく耳にする 「精神科は世間体が気になる」 について、鴻上さんが質問に答える形で記事を書いておられます。もしお時間ございましたら昨日の記事に鴻上さんの記事をリンクしています。興味のある方はお読みいただければと思います。 昨日、義父と夫は先延ばししたと書きました。 [続きを読む]
  • 先延ばしの後始末は誰がする
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。今日はいつもとは違う角度からお話させていただきます。 AERA dot. で連載中の 「鴻上尚史のほがらか人生相談〜息苦しい 『世間』 を楽に生きる処方箋」 鬱の妹を隠そうとする田舎の家族… 鴻上尚史が訴える30年後の悲劇 質問を要約すると都会で生活していた30代の妹が鬱症状に苦しみ、母親が実家へ連れ帰った。祖父母、父は世間体を気にして動かない。母はただ黙って [続きを読む]
  • 出来ていることに自信を持つ
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日も姪の話し。 今の彼女、外見は落ち着いています。同居前の無気力な表情とは全く違い、顔つきは明るくなりました。毎日すべきことを責任もってできるようになっています。 自分のことを話せるようになっています。今何か思っていること、悩んでいることを、独りで考え堂々巡りに陥らないよう話せています。辛いこと、苦しいこと、自分の中の悪意、話せています。 反面せ [続きを読む]
  • 問題は病気ではなく、自分を知らない事
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日も姪のことを書き残します。 先日 「自分を分かってくると人の目が気にならなくなってきた」 と書きました。それから数日経過した彼女は 「人目が気になる、それが自分のダメなところ」 と言いました。 向き合っていると分かるのですが、その時々で言うことが変化します。それは嘘をついたり胡麻化しているわけではなく、そのときにはそう感じているんです。今は家族 [続きを読む]
  • 自分を好きになる人生
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日も姪のことを書き残します。 昼前にフラッと部屋に来た姪。お茶のペットボトルとコップを手に、いつもの椅子に座ってネコを眺める。そのまましばらく黙ったまま、私も何も言わず黙ったまま。 何も話さず数分が経過、ゆっくり聞く。 「調子はどう、まだざわついてる?」 聞くとしばらく考えた後 「あれこれ流れてきてはいるけど、でも発狂するような感じじゃない」 先日 [続きを読む]
  • 悲観すれば自分は怖がって前に進まない
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。本日も姪のことです。 先日話していた 『頭の中のうるささ』 はその後落ち着いたようです。 落ち着いたことを確認し、聞きました。「以前の、病気発症直後から数年続いていた幻聴のように怖くはない?」その問いに 「うん、大丈夫。でも辛い」そう言います。 発症当時の彼女は幻聴を恐れていました。『他人が監視し勝手に脳内に入り込み、馬事雑言を浴びせてくる』姿の見え [続きを読む]
  • 助けにはなれない
  • こんばんは、ご訪問いただきありがとうございます。本日も姪のことです。 昨日彼女に話したこと、その後何度も何度も自分の中で反芻し、気持ちの切り替えを行いました。 ここで私がブレるとダメです。いつまでも同じことを繰り返さずしっかり意識を持つことが、今の彼女のすべきこと。私はその邪魔をしないこと。過度に世話を焼かない、彼女の意思に任せる。軌道修正をその都度する、それは私が見守りつつ言葉で伝え意識させる。 [続きを読む]
  • 逃げてはダメなとき
  • こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。 まずはお詫びさせてください。昨日までの数回、とても重いことを書いてしまいました。ここは私が自由になれる場所で、思うことや書きたいことを心置きなく吐き出せばいいと思っています。 でも流石に重過ぎました。読み返してみて我ながら…。 数日考えて昨日の記事を仕上げ、ここに書き残せたこと、表現できたことは後悔していません。祖母のことはしっかりと向き合いたかった [続きを読む]
  • 祖母の命日
  • こんばんは、ご訪問いただきありがとうございます。先日の続きです。 祖母が元々住んでいたのは自然豊かな僻地でした。周りに民家は数軒あるものの、隣までは数分の距離がある。 祖母が作り届けてくれた数々の旬の野菜を食べ、私は野菜好きになりました。50代で夫と死別し、共働きであった長男夫婦に代わってその子供たち4名を育てました。80歳を過ぎた頃、人里離れた場所での独り暮らしには限界があるであろう、とすでに住宅地 [続きを読む]