國府田千秋 さん プロフィール

  •  
國府田千秋さん: 社労士 のんびり日記
ハンドル名國府田千秋 さん
ブログタイトル社労士 のんびり日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/sr-chia/
サイト紹介文社会保険労務士 國府田千秋はのんびりゆっくり成長していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 34日(平均5.8回/週) - 参加 2018/05/20 13:42

國府田千秋 さんのブログ記事

  • まさかのセミナーと恐怖のセミナーに行ってしまった
  • セミナーに行ってきました。公の機関が主催していたセミナーです。 特定されるといけないので詳細は書きませんが、私が今一番本腰をいれていて、勉強したい分野でした。それなのに・・・1ミリも関係ない内容だったのです。 冒頭に「日ごろ自分自身のセミナーでやっているワークをやります」とお断りはありましたが、受講者はテーマを見て参加しているのであって、いくら自信のある自分のスタイルがあるからといって、内容が全く違 [続きを読む]
  • 労使Win−Winの「変更できる働き方」
  • 労働者にとって、本当に働きやすい環境が整いつつあります。女性の労働一つとっても、人間らしい働き方が実現できるようになってきました。 雇用の機会が均等になりました。育休を取得できるようになりました。(先輩世代は育休も取れないのに働いてきたすごさ!)時短等、無理のない働き方が選択できるようになりました。ハラスメントを訴えることができるようになってきました。 制度が拡充され、本当に有り難いことです。 です [続きを読む]
  • ITやSNSがわからなすぎる件
  • おはようございます。 昨日はサッカー勝ちましたね。家事を終えてテレビをつけたら・・・勝ってる!弱すぎるって言ってなかったですか?サッカーはあまり観ないのですが、昨日だけはちゃんと観ましたよ。普通にめちゃくちゃうまかったです。素晴らしかったです。でも、サッカーてなにかと痛そうですね。頭痛持ちの私がボールに頭突きしたら、再起不能になりそうです。 今日はゆる〜い出だしとなりましたので、ゆるついでに日ごろ思 [続きを読む]
  • 女性社員は貢献したい、女性の特性をもっと生かそう
  • 一昨日のブログで、社員から感謝と貢献を引き出すことを書きました。大切なのは「ギブ&ギブ」とも書きました。 ですが、それだけではありません。 意外と男性はわかっていないなと思うのは、女性はそもそも「貢献したい」願望が強い生き物だということです。 もちろん人によって違うので皆に当てはまる訳ではありませんが、女性には母性があります。例えば多くの母は、子のために自分を犠牲にすることなど、どうということはあり [続きを読む]
  • 成功する人の共通点 ー従業員は見抜いています
  • サイボウズ青野社長の最新刊を読んで、本当にすごい方だなあ〜とつくづく思うのです。日本を引っ張っていくリーダーのお一人として、健康に気を付けて長生きしてください!(同世代ですけどね。) 昨年から企業の生の声を聴くために、色々なセミナーに参加しております。働き方改革のお蔭で、すごくいいセミナーが無料で受けられ、有り難いことです。経営者向けセミナーなどたまにお断りされることもありますが、ひよっこ社労士な [続きを読む]
  • 森さんや小泉さんと同じ星を持つ女
  • 自分で言うのもなんなんですが、割と素直な性格でして。 若いころ、そこそこちんちくりんの男子に、「結婚詐欺とか、簡単に騙す自信がある」と言われたことすらありますもので、気を付けようとは思っているのですが。 先日ビジネスセミナーで出会った、分子栄養学を専門とされる方が占いもできるとおっしゃったので、「して欲しいです〜」とお願いしてみましたら、あっさり「いいよ」となりました。 彼女には生年月日とか簡単な情 [続きを読む]
  • 意志の前で孤立など、どうということはない。
  • 甥は今年大学受験のはずでしたが、今1年生からやり直しています。ITやロボットが好きすぎて、あと1年我慢すれば大学で好きなだけ実験や研究ができるのに、その1年がもったいないと普通科を飛びだし、親元を離れて高等専門学校へ転校しました。 幼児のころ、NHKEテレの科学番組を、あと5分、あと3分と待ちわびていた姿を思い出します。 それと比べたら大した話ではありませんが、私は専業主婦時代、どうしてもママ友達と [続きを読む]
  • 肩書は3つあるといいと言ったのは、確かホリエモン
  • 私は本をすごく読むので、どなたのどの本で読んだ話かはほとんど覚えていないのですが、確かホリエモンの『多動力』での話だったと思います。 肩書は3つあるといいそうです。 今、私は肩書が3つになりました。1つ目は社労士。2つ目は女性活躍推進アドバイザー。3つ目はPTA校内委員。 3つ目はまあ強制なわけですが、子どもを持てたればこそのお役目ですので、大変有り難いことです。 忘れがちですが、なんであれ行く場所が [続きを読む]
  • 女性活躍推進アドバイザー、すごい倍率で受かってた!
  • ブログにジャンジャン書いて宣伝してください、とのことでしたので、今日の日記は宣伝と自慢です。 昨日、厚労省委託の女性活躍推進アドバイザーが東京に集結しました。昨年は全都道府県に1名配置としたところ、少しうまくいかなかった面があったようで、今年は全国で40名、倍率はなんと10倍だったそうです。 いや〜、自分で言うのもなんなんですが、すごくないですか!?社労士や診断士など、専門家軍団のなかの10倍ですヨ [続きを読む]
  • そのために社労士になったんだ!
  • 社労士になったとき、強く頭にあったことが2つあります。1つは電通事件。もう1つは2015年の新幹線焼身自殺事件です。 新幹線事件では、巻き添えになった方がおられました。確か、伊勢神宮にお礼参りの行きか帰りのことだったように記憶しています。そんな善良な方が巻き込まれ、その理由が「年金を払ってきたのにもらえる額が少なすぎてやっていけない」といった身勝手なものでした。 年金は貴重で重要な制度であるのに、ま [続きを読む]
  • 夫の家庭参加の評価は72点ってマジか、うちは43点だわ
  • 「93年調査で73.9点だったのが72.0点とダウン。」 ダウンは意外ですけど、それより世のパパさん達は72点ももらってるのか。 うちは、子どもと遊べるから30点、自分が食べたいものは自分で買って用意するから10点(カップ麺とかスナック菓子とか)、食器を流しに持っていけるから3点、43点かな。 汗だくでお風呂掃除を終えて、「褒めてつかわす」って、リアル殿様はイラッとします。 「男子は技術・体育」世代と [続きを読む]
  • こうして私は小顔になった、かもしれない。
  • 15年前、お向かいの席に座っていた、今の私と同じ歳のお姉さまが言いました。 「2人に並んで座られたら、遠近感くるって困る〜」 私のお隣の席には、小顔でチョーかわいい臨時職員さんが座っていました。 ・・・・・・たしかに。 みんな爆笑してくれたので、私もしばらく使わせてもらいました。「顔がでかい私が言うのもなんなんですが・・・」 そういや、東京では自虐ネタに対して笑うのではなく、「そんなことないよ〜」と言 [続きを読む]
  • 虐待
  • この世で、愛されなくて悲しんで辛い思いをいっぱいした子は、今頃、みんなに愛されまくって嬉しくて、いっぱい遊べて楽しく過ごしているに決まっている。 そうでないと許さん。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「顧問をつけるより、自社で雇う方が価値がある」と人事部長は言った
  • この日記は一昨日公開した「派遣社員は・・・」の続きです。 登場人物 パワっ子さん・・・私より一回り下の女性、職を転々としこの会社は3年目 人事課長Aさん・・この会社に長く務める中間管理職 人事部長Bさん・・一部上場企業から出向してきて6ケ月目、定年の歳 私の雇止め宣告は会社の意思ではなく、パワっ子さんの漫画のようないじめによるものでした。 人事課長Aさんは知っていて、黙認していたこともわかりました。 [続きを読む]
  • 派遣社員は、かくも悲しい生き物なのかと痛感したお話
  • これは、派遣社員を試用期間の1か月で断念したお話です。 その会社は歴史のある素晴らしい会社で、私の地元に営業所があることから、あわよくば正社員にしていただけないかな〜なんて、採用していただいた喜びでいっぱいでした。 ですが、・・・居たのです。強烈な人が。一回り下の女性、親しみを込めてパワっ子さんとお呼びしましょう。 入社早々、おや?と思うことが何度もありました。社員さんに自分の仕事に専念していただこ [続きを読む]
  • 怒ってます?
  • えー・・・。アクセスがすごいです。読者になったりと応援してくださる方も出てきました。でももしかして、怒ってらっしゃる方も・・・?実際にコメントもいただきました。ありがとうございます。お気を悪くして大変申し訳ございません。 ドキドキしながら申し上げますと、「皆さん、おっしゃる」と言われたからには、そのような思いを抱いておられる方も少なからず存在するのは間違いないと思うのです。実際私は派遣社員として民 [続きを読む]
  • 社労士事務所だけは嫌だって、みなさんおしゃるんですよねぇ・・・。
  • 派遣会社の方のお言葉です。実は派遣社員として1か月だけ働いたのです。 もう少し詳しく再現しますと、 「社労士事務所は有資格者を欲しがるくせに、事務員としてしか扱わない。だったら(給料の高い)民間企業に行くよって。社労士事務所だけは嫌だって、みなさんおっしゃるんですよねぇ・・・。」 です。 この業界から干されたい訳ではありません・・・社労士を何人も雇っておられる先生も大勢いらっしゃるわけですが、多分全体 [続きを読む]
  • 独立せざるを得なかっただけ
  • 昨日、不本意非正規労働者のことをちらと書いたら、夜のニュースで、自死された不本意非正規労働者で歌人の特集が組まれていました。 きちんとは覚えていませんが、シュレッダーのゴミを誰かが捨てなければならないという歌、昨年の私の心境と丸被りでした。 飲み散らかした ペットボトルを片付ける朝イチの仕事と 知って出かける (五・七・・・あれ?) 雑用要員としか思われていないのは辛かったね。 こうした方にこそ無 [続きを読む]
  • 同じ社労士といっても足元にも及ばない
  • 昨日パートセミナーに行ってきました。財布を忘れて。飲食店で、お会計、気づく・・・。 店長さんは「いいよ、いいよ」と笑って言ってくださいました。申し訳ございません・・・。また人の善意に触れることができました。家からそんなに遠くなかったのも良かった。その日のうちにお支払いに行くと、私が悪いのに逆にお礼を言われ、店先までお見送りしてくださいました。店長さん、ありがとうございました。しかし。・・・財布、忘 [続きを読む]
  • 朝から泣かされた・・・
  • 最近、弱ってまして。ゲッターズ飯田さんに頼って占いの本を数冊。今年は裏運気なんだそうです。・・・そだねー。辛いこといっぱいと思ったわー。 社労士以外のビジネス仲間のチャットについ弱音を吐いてしまいましたところ、今朝、多分お会いしたことはない女性が、温かいお言葉を送ってくださり。はあ。。。朝から号泣したわ。 ちょっと前ですけど、頭痛持ちで通っている脳外科の先生が、余程ひどい顔をしていたのか私を見るなり [続きを読む]
  • 「管理職になりたい?」社会人と学生で意識差
  • 損害保険ジャパン日本興亜が「理想の女性活躍像調査」を行いました。 「管理職になりたくない」              女性会社員 31%、女子学生 13%「女性活躍」をポジティブにとらえる        会社員 33%、学生49%「自分もこの風潮を後押しに活躍したい」    会社員 16%、学生24% この差の背景には、会社員の「男性中心の働き方は何も変わっていないと感じる」27%といった声に代表さ [続きを読む]
  • 陣痛とキン肉マン
  • 先日ご紹介した、日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団の調査で、もうひとつ目を引いたデータがありました。 「男性より女性の方が緩和治療を希望する割合が高い」のだそうです。 具体的な数値は出ておりませんでしたが、グラフを見る限りでは10ポイントほど違うでしょうか。女性の方が痛みに強いと言われるのに、女性の方が痛みを恐れていそうな結果です。 私の勝手な思い込みですが、これは・・・陣痛の痛みを知る者とそうでな [続きを読む]
  • 陰ながら応援しています
  • 母の気持ちで見てました。 日本代表になるほどの、圧倒的な努力を積み上げてきたのだろうに。 練習にすら参加させてもらえない、謝罪もさせてもらえないとは。どんなに辛い日々を過ごしていたのかと思うと、泣けてきます。昨日で少しは苦しみが和らいでいたらいいですけど。 今は混乱していて気持ちが張りつめていて、もしかしたら本当に苦しいのはこれからかもしれない。 卑劣な大人のために、一生の傷を背負って生きていくなんて [続きを読む]
  • 社会保障費190兆円と「延命より痛み緩和」約60%
  • 社会保障給付費が2040年度には190兆円になるとの推計が、政府より公表されました。特に介護保険料の伸び率が高く、制度開始から比べて現在はほぼ2倍の水準となっています。 介護保険料額は自治体によって違い、最も安い自治体で月額3000円、高い自治体で9800円と3倍以上の差があります。 よくテレビなどで、各自治体の健康への取り組みの差が紹介されたりしますが、保険料が最も低い自治体の担当者によると「村内 [続きを読む]