聖なる帝様 さん プロフィール

  •  
聖なる帝様さん: 聖帝伝〜焼きそば大好き自己満日記
ハンドル名聖なる帝様 さん
ブログタイトル聖帝伝〜焼きそば大好き自己満日記
ブログURLhttps://seiteijuujiryou.hatenablog.com/
サイト紹介文私こと聖帝様、blog始めてみました。結構ディープなネタでいきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 82日(平均3.6回/週) - 参加 2018/05/20 20:45

聖なる帝様 さんのブログ記事

  • 文無しになり55嬢に救われた話・4
  • さて、同棲相手の黒人立ちんぼ嬢との別れから久々のゴーゴーで、なんとなく不発のままで終わってしまった聖帝様こと私が、これで満足出来る筈もなく、スクンビットの某タイ語学校での授業も終わり、当時の宿だったカオサン通り近く、民社記念塔そばにある90ホテルに帰ってくると、夜更けを待ちまたもや続けて夜の街へと繰り出しました。その日の目的地も、変わらずパッポン通り。だいたい私は、夜遅くに繰り出すのが常でした。特に [続きを読む]
  • 文無しになり55嬢に救われた話・3
  • さて、1ヶ月以上ブログを停止してた聖帝様こと私、一体何をしていたのでしょうか。まぁ、普通に生活していました。笑ブログの更新やTwitterも一切止めていたのは、知り合いにバレたかも(-。-;というような雰囲気があったからです。こちらのブログの内容、大筋はノンフィクションで、その中でも誰にも話してない話が殆どです。プライベートに足を踏み込まれることを極度に恐れてる私、過去の悪業悪夢、特に女性関係は、ほぼ全く、他 [続きを読む]
  • 文無しになり55嬢に救われた話・2
  • パッポンのエレクトリックブルーに初めて入店した、聖帝様こと私。顔は美人だけど、スタイル的にイマイチな、店内で際立ってダンスが激しい、若そうな嬢の標的にされたようです。タダマンがポリシーでキーニャオ(タイ語でケチ)すぎる聖帝様ロックオンしても、意味ね〜ぞ・・・ダンスの順番が終わると、わざわざ近くに座ってきます。元々ムダに店内の従業員とかに容姿が気に入った子を連れてこさせ、ドリンクなんかをタカられるより [続きを読む]
  • 文無しになり55嬢に救われた話・1
  • 前回の、違法風俗ガサ入れの話。https://seiteijuujiryou.hatenablog.com/entry/2018/06/01/194746聖帝様こと私としては、ウケるネタだろうな、と思い満を持して投入したつもりだったのですが、アクセスが激減してしまいました・・・最初からかなり好調だった当ブログなのですが、最近、というかこの回をやり出してから、見るも無残に見向きもされなくなってしまいました。それとは反対に、かなりやっつけでこんな内容ない話、ウケ [続きを読む]
  • ◯署のガサ入れ・最終回
  • 東京から離れた、◯という都市の違法風俗事務所、通称D。狭い、電話線と膨大な量の客の名簿に囲まれたこの場所に、予定にない不審な訪問者が、呼び鈴を鳴らしました。時間はそろそろ深夜と言ってもいい時間。女子スタッフは、中高生の援交を騙る嬢の待機場通称アジアにはもう既に誰もいなく、ノーマルないわゆる本道のホテトル 嬢の待機場アフリカには、前述の気品ある元大使館勤めのユリさんと、聖帝様こと私とは気が合わなかった [続きを読む]
  • ◯署のガサ入れ・11
  • ◯市での、仕事先やプライベートでの人間関係にウンザリし始めてた、聖帝様こと私。電話をもらった日は、仕事が休みで、次の日が初給料日でした。人がやめたり休んだりで、オープンラストの通し勤務も多かったので、月給は本来よりだいぶ多めにもらえる予定でした。電話が来たのは、丁度同棲相手の全然売れないヘルス嬢、でも自称ハッスルではかなりの売れっ子だったという、アキコとこのところ毎日恒例の口論をしていたところでし [続きを読む]
  • ◯署のガサ入れ・10
  • 幸薄そうな変態M女、アキコの部屋に転がり込み、居心地悪い雇い主から用意された寮から1円もかけずに出る事に成功した、聖帝様こと私。系列なのかちがうのか、寮の同居人たちは、市内のピンサロ従業員でしたが、かなり個性的でした。2人とも、30〜40位の、中年男性。2人の中で少し年下の清水さんは、どこだかわからない強烈な訛りで、何を言ってるのかサッパリわからない方。よく顔にアザを作ったり、足を引きずってたりしてました [続きを読む]
  • ◯署のガサ入れ・9
  • ルール違反をしてしまった客から、罰金を取る手助けをしたおかげで臨時収入が入った聖帝様こと私、次の休みの日の夕方、地元の風俗店いわゆるヘルスに入店しました。確か5時まで1万円それ以降は1万2千円とかの料金で、写真指名とかは出来ないのでどんな子にあたるかは運次第。その時あたったヘルス嬢は、若くもなくキレイでもない、大当たりでもなく大外れでもない嬢でした。話してると東京よりさらにここから遠い、雪国出身でした [続きを読む]
  • ◯署のガサ入れ・8
  • 忘年会シーズンで賑わう◯市の繁華街から少しはずれた、付近最大のホテル街に事務所を構える、ホテトル 業者正式グループ名、経営者、経営団体名不詳通称D。その時間は早番と遅番が重なる時間帯で、電話番スタッフも派遣される嬢も、たくさんいますがみんな出払っている時間帯でした。中、高校生の秘密のバイトと謳い客をつけている嬢の待機場、通称アジアの、ホテルの部屋で接客中のわりと新人の愛という嬢から電話で、「食事休憩 [続きを読む]
  • ◯署のガサ入れ・7
  • 2日間の周辺ラブホテル名覚えの研修期間?も終わり、やっと聖帝様こと私も、戦力として仕事が出来ることに。同時に、チラシ貼りの見張り員、シキテンの仕事もなくなりました。今やすっかりデリヘル、ホテヘルが定着しましたが、当時はホテトル、本番ありのホテヘルがあった時代でした。本番ありなので無許可、完全な裏風俗でした。そして当時はまた、携帯電話は普及してましたが、まだ公衆電話ボックスが目についた時代。その公衆 [続きを読む]
  • ◯署のガサ入れ・6
  • その日初めて来た東京から遠く離れた◯市の違法風俗、ホテトルで働き始めた聖帝様こと私、ビラ貼りの見張り、通称シキテンに駆り出されました。事務所のあるマンションの向かいにある、指定された地方色の強い無名コンビニの前に立っていると、見た目無気力なサラリーマンみたいな人に声をかけられました。「Dの新人さんだよね?」Dとは、電話受け付け、司令塔の役割をする事務所がある部屋の呼び名であると同時に、私たち久保田社 [続きを読む]
  • ◯署のガサ入れ・5
  • 地方の大都市、◯市のホテトル(まぁ本番ありのデリヘルみたいなものかな?)て働き始めた聖帝様こと私、事務所のあるマンションの、別の部屋にある女子スタッフ待機室に同僚に連れて行かれ、そのまま私をそこに置き去りにしてその同僚の樋口くんは上に戻ってしまいました。樋口くんが出て行ってすぐ、待機室に1台だけある電話機が鳴りました。2人いた女子スタッフ、つまりその店のホテトル嬢の1人、年齢は30代でしょうが鼻筋の通っ [続きを読む]
  • ◯署のガサ入れ・4
  • 生まれ育った土地から遠く離れ、それまで縁もゆかりもなかった土地、◯市でいきなり裏風俗で働くことになった聖帝様こと私、面接というか顔合わせを喫茶店で行ない、そのまま久保田社長に連れられて勤務することになりました。よく覚えていませんが、確かドライバー兼電話番なら日給12,000円、電話番のみだと日給10,000円、最初の1か月は試用期間で日給9,000円、月給制で締め日の頃に10万円、前払いが出来る制度だったような気がし [続きを読む]
  • ◯署のガサ入れ・3
  • 資格取得、独立を目指しあっさりサラリーマンを辞めてしまった聖帝様こと私、テレクラ従業員時代の先輩と新宿のタイレストランでの飲み会の席で、意外なオファーを受けます。その頃、某繁華街の居酒屋でバイトしながら来年の試験勉強をしてたハズでしたが、かなりヤル気を失っていました。そんな私に、先輩の松川さんがくれたオファーは、バリバリの裏風俗、ホテトルのドライバー&電話番の仕事でした。場所は、縁も所縁もない、足 [続きを読む]
  • ◯署のガサ入れ・2
  • テレクラの従業員として働き始めた当時大学4年生の聖帝様こと私、仕事は夜の9時だったか10時だったか、で朝5時まででした。紺のリクルートスーツ姿でテレクラで働き、内定先の会社の1日体験入社に、ここの勤務明けに行ったのを、よく覚えています。完全に1人シフトでしたが、東京の郊外で、フランチャイズで展開していて、同じオーナーが経営する店舗が2、3店舗あり、女性からのコールを回したり回されたりで、他店舗のスタッフと [続きを読む]
  • ◯署のガサ入れ・1
  • 再び、ちょい長編でいきたいと思います。今回のネタ、今までのモノと違い、少しヤバめネタなので、身バレを防ぐため、かなり故意にボカしたり、事実と違うことも多いです。根本的なところは経験したことなんですが・・・フィクション、小説だと思って読んでいただいても結構です。また、基本はタイエロブログなんですが、今回は全くタイとか関係ありません。ご了承ください。さて、大学も最終学年になり、就活も思っていたより遥か [続きを読む]
  • テルメの薬中嬢とヒモ氏・2
  • 今twitterなどで話題のテルメカフェの外の屋台?屋外バー?で酒盛りをしていた、聖帝様こと私とカオサン住民の日本人男子2名と安藤美姫似のMとその手下共の総勢6名、なぜかわかりませんがその日はえらくビールがすすんでました。そのグループの中で、背が高いヒゲ面の日本人バックパッカー、直樹さんは、Mの手下の1人、アイドル顔の長身痩せすぎなAと付き合ってるのかいないのか、な関係だそうでした。朝5時くらいになり、お開きに [続きを読む]
  • テルメの薬中嬢とヒモ氏・1
  • 最近、バンコクの夜遊びスポットとして、欠かさざるべき存在の1つとされてる援交スポット、テルメカフェが、荒れている様子。他にも、似たような投稿を見ました。本来、今週は少しヤバめな長編ネタで、いくつもりでしたが、最近の流れをみて、聖帝様こと私も、その前にテルメの小ネタを挟んでみようかと思います。オチのない、つまらないネタだと思われたら、申し訳ございませんm(_ _)mあれは、おそらく衝撃だったアフリカ嬢殺害 [続きを読む]
  • 聖帝にエイズを伝染された・16
  • 会うことを恐れていた、パッポンのゴーゴーバー、KC2でウェイトレスとして働くオイが突然現れ、「キンは聖帝、アンタのせいでエイズになっちゃったんだよ!あんたにエイズを伝染されたんだよ、わかる?キンは死ぬんだよ!」と怒鳴りつけられた聖帝様こと私、怒り狂ったオイに髪を掴まれて座ったまま、立っているオイの方向に顔を向かされてしまいました。オイの後ろには、オイの親友のゴーゴー嬢、キンが。キンは何も言いませんで [続きを読む]
  • 聖帝にエイズを伝染された・15
  • 2か月に渡る生まれて初めてのバックパック旅行、貧乏旅行も、4月に入りあと残り数日、日本に帰ったら新3年生、ゼミなんかも始まるし、とすでに帰国後のことを考えてた聖帝様こと私、カオサンの通りのコンビニで、3日間だけ一緒にいた、KC2の牧瀬里穂似のゴーゴー嬢、キンと2週間ぶりに再会するなり、挨拶もそこそこに、「聖帝、あんた生でヤったよね?」と言われました。その時咄嗟に思ったのが、キンの妊娠。否定するわけにもいか [続きを読む]
  • 聖帝にエイズを伝染された・14
  • パッポン・キングス2のウエイトレス、オイとの待ち合わせをスッポかされた聖帝様こと私、元々親しかったキンには親友と関係しちゃったという負い目もあり、この2人のことはもうどうでもいいかな、と思うようになりました。というか、すぐ忘れました。それからは、カオサンでの日本人旅女子ナンパに加え、ゴーゴーでのタダマン漁りも遊びのバリエーションに加えました。大体、その時一緒にツルんでるカオサン友達でどっちで遊ぶか決 [続きを読む]
  • 聖帝にエイズを伝染された・13
  • 3日3晩ヤリまくったゴーゴー嬢、キンの親友オイとも、それから1週間と置かずヤッてしまった聖帝様こと私、前回もそうしたので当たり前のように生外出しでしてしまいました。それに関しては何も言わなかったオイですが、1回目が終わった後、「お金」と言って来ました。得意の、l have no moneyを繰り出すと、彼女は機嫌良く、「無いなら払わなくてもいいよ、これは理にかなってる」と言ってきました。客観的に比較したら、美少女タ [続きを読む]
  • 聖帝にエイズを伝染された・12
  • 聖帝様こと私にとって、関係を持った初めての外国人女性、キンとは、合わせて3泊一緒に居ました。店に同伴?した翌日の朝、キンは自分の住処に帰って行きました。今から考えても、キンがどこに住んでるのか、また電話番号なんかを聞いた覚えがありません。それらを教えず、わざわざラブホを取らせたりしたのも、おそらく、タイ人男性とでも住んでいたのかな、とも今は思いますが、実際のところはわかりません。キンと別れた私には [続きを読む]
  • 聖帝にエイズを伝染された・11
  • ホテルに連れ込んだ?連れ込まれた?大人しそうな美少女のクセに性欲の野獣のようなゴーゴー嬢、キンに激しく犯され、外国人、売春婦童貞を失ってしまった聖帝様こと私、金を請求されなかったことに安心し、何度もキンと求め合いました。そのうちキンの手持ちのゴムがなくなってしまい、当たり前のように日本人とやる時と同じく生外出しをしましたが、キンは何も言いませんでした。結局その日は店には行かず、近所の屋台でキンお任 [続きを読む]
  • 聖帝にエイズを伝染された・10
  • 完全に酔った勢い、というヤツで、初の外国人女性、ゴーゴーバーKC2のキンという嬢をお持ち帰りしてしまった聖帝様こと私。その日の夜は、キンが酔いまくってたこともあり、すぐ寝た記憶があります。タイ嬢の性格とか行動パターンは当時よくわかりませんでしたが、ここまではキンの意思、私からは何も彼女が欲しい、抱きたいと思わせるような行動はしてはいません。なるようになれ、とは思いましたが、自分から手を出す=彼女に金 [続きを読む]