井川 さん プロフィール

  •  
井川さん: 阿川佐和子になりたくて
ハンドル名井川 さん
ブログタイトル阿川佐和子になりたくて
ブログURLhttps://agawa-naritai.hatenablog.jp/
サイト紹介文30代・独身・子なしから「なりたい自分」に近づくために試行錯誤する日々をつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 29日(平均3.4回/週) - 参加 2018/05/20 20:50

井川 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ハチが抱えがちな過去の過ち
  • 何度か触れているけれど、私はミニマリストと呼ばれる人の暮らしに憧れを持っていた。少ない物で暮らすというよりも、こだわって選んだ物だけで暮らすという意味でのミニマリストに。というのも、私自身がとてもミーハーな人間だからだ。自分の好みというのがぐらぐらしていて、流行に流されやすい。だから自分の好みが確立していて、それに沿って物を選べる人にとてもとても憧れるのだ。今、結果的にあまり物に囲まれていない住 [続きを読む]
  • マンションを衝動買いした話 その2
  • agawa-naritai.hatenablog.jp次の引越し先(賃貸マンション)の検討をするのと並行して、いつかのためにマンション購入についても調べ始めていた。頭金や購入にかかる諸経費などの特にお金に関することを。その結果、一旦は現実的に今すぐは無理!貯金を頑張ってその先でまた考えようという想定通りの結論に落ち着いた。つもりだった。ところが、出会ってしまったのだ。リノベーションというものに。最近ではすっかりおなじ [続きを読む]
  • 「要再検査」だった乳がん検診
  • 20代も半ばになった頃だったろうか、健康診断で受けた乳がん検診の結果に「乳腺線維腺腫」と記載があった。これまで全項目「問題なし」だったので、たとえ「年1回の健康診断で経過観察」であっても、それはそれは狼狽えた。しかも乳だ。あくまで私が勝手に抱いていたイメージだけれど、乳はその他の部位よりも若くてもがんになる印象を持っていたので、もう怖くて怖くて仕方がなかった。色々調べた結果、繊維線種は良性の腫瘍でが [続きを読む]
  • 時間の家計簿をつくる
  • 夜掃除を習慣にしよう!と言った初日から挫折した。我ながらなんてスピード感。理由は単純。夜ご飯を食べたら眠くなってしまったのだ。子供か。(そんな甘っちょろい事を言っていられない子育てしている世のママさん達は本当に凄いと心から尊敬!)これをやろうと思っていてもなかなか予定通りに時間が作れない。そこで自分の1日の時間の使い方を見える化してその使い方を整理してみようと思う。やりたい事とそれにかかる時間を把 [続きを読む]
  • お坊さんになりたい
  • 語彙力がないため「高倉健ミニマリスト」なんて表現をし、そのつつましく地に足をつけてじっくりと暮らしている雰囲気を伝える例としてフランス人を引っ張り出したけれど、もっとしっくりくるものが身近にあった。お坊さんだ。フランス人女性の芯のあるエレガンスもお坊さんの「禅」の思想に置き換えられるじゃないか。かのスティーブ・ジョブズも実践していたという「禅」。自国にこんなに素晴らしい手本があった。なんて灯台下暗 [続きを読む]
  • ネタ切れの壁を乗り越えてブログを続けるために
  • ブログを書きはじめる前、ブログの書き方入門のような記事を幾つか読んでみた。その中で「とにかく書き続ける」というアドバイスをよく目にした。その時は激励のようなコメントなのかと思っていたけれど、実際にブログをはじめてみた今、その言葉の意味がとてもよく理解できる。そろそろ何を書いていいものか分からなくなってきているのだ。そう、ネタ切れだ。一般人の日記的なものを読みたいか?有名人ならまだしも、一般の誰だ [続きを読む]
  • 繋がらないメビウスの輪
  • 幸運なことに所謂「ブラック企業」とは違う、風通しの良い環境で働かせてもらっている。定時にサクッと帰れるし、有給を申請しても嫌な顔をされることはない。プライベートの時間が確保できている=私のワークライフバランスは良好だ、と思ってた。が、よくよく「ワークライフバランス」の定義を見てみると、私が思っていた「ワークライフバランス」の解釈とはちょっと違っていた。ワークライフバランスとは、プライベートと仕 [続きを読む]
  • マンションを衝動買いした話 その1
  • 身の丈に合った暮らし、「高倉健ミニマリスト」を目指す!と言ったばかりで何を言っているのだと思われそうだが、私の今までの人生で一番の衝動買いは「マンション」だ。身の丈なんて吹っ飛ぶ話。agawa-naritai.hatenablog.jpキッカケは当時住んでいた賃貸マンションの更新だった。立地はとても気に入っていたものの、上の階の騒音がひどかった。隣の住人がベランダで煙草を吸うのも気になっていた。でも引っ越しを決断するほど [続きを読む]
  • 目指すところは「高倉健ミニマリスト」
  • 掃除や片付けをする前に自分を奮い立たせるため、「ミニマリスト」と呼ばれる人たちのブログを見ることがある。有名ミニマリストさんのように極めている方は別だが、結構な確率で「うちの方がミニマムだぞ?」と思わされる方にぶつかる。ということは、私は「無意識ミニマリスト」なのか?ということは、このブログはミニマリストブログなのか?昔、とても好きなブログがあった。まだ「ミニマリスト」などという言葉がない頃。TH [続きを読む]
  • アリとキリギリス
  • 実は働きアリの中にも働かないアリがいて、「よく働いているアリ」と「たまにサボるけど普通に働いているアリ」と「ずっとサボっているアリ」の割合は2:6:2である。その中の「ずっとサボっているアリ」だけのグループを作るとその中の8割が働き出し、逆に「よく働いているアリ」だけのグループを作るとその中の2割がサボり出して、結局2:6:2の割合になる。という働きアリの法則はわりと良く知られた話だ。私が働いている場所 [続きを読む]
  • 脇に自信をたずさえて
  • 脱毛をしていると、脇毛の処理を全くしていなかった元同僚を思い出す。夏の彼女は違う意味で同僚男性達の目のやり場をなくしていた。最初に気づいたのは入社して初めての夏。先輩だった彼女は、私に業務の説明をするため隣に座り、PC画面を指差した。その時だ。間接視野に黒い影が見えた。最初は気のせいだと思った。しかし何度も見える。ノースリーブの彼女の脇に黒い影が確かに見える。意を決して正面から対峙した。目線は脇。 [続きを読む]
  • 「一緒に帰りませんか?」が足りない
  • 可憐で控えめな20代女性社員が帰るタイミングに合わせて退勤していく40代独身男性社員がいる。彼は、いわゆる「アキバ系」とされるキャラクター。言動からも恋愛経験は多くはないのだろうことが窺える。そんな彼にも春が来たか!と、最初のうちは微笑ましい気持ちで見ていた。 しかし、それが毎日続いた。 毎日毎日、偶然を装って女性社員の後をつけて帰って行く。彼女の仕事が長引いても不自然に掃除を始めたりして「あくまで偶然 [続きを読む]
  • 阿川佐和子になりたくて
  • 自分は「平均値」だと思って生きてきた。特にキラキラする個性があるわけでもないけれど、大きな不満もない。所謂「普通」にカテゴライズされている。そう思っていた。でも、否応なしにやってくるのだ。周りが妻や母だらけになる時が。平成27年国勢調査によると、私は23.9%の部類にカテゴライズされるらしい。100%の中の23.9%。「平均値」ではなくなっていることに気付く。それを悲観しているということではない。でも自 [続きを読む]
  • 過去の記事 …