ポラ丸 さん プロフィール

  •  
ポラ丸さん: ポラ丸の映画日記
ハンドル名ポラ丸 さん
ブログタイトルポラ丸の映画日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gtsaigon01/
サイト紹介文最新映画のレビュー、DVDで見る昔の映画の感想、映画と過ごす日々の日記です。
自由文いい映画は自分が考えるきっかけになります。筋を追うだけでなく、その映画について深く考えることで新しい世界が見えてくると思います。オリジナリテイのあるレビューが書けたらいいな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 176日(平均1.2回/週) - 参加 2018/05/22 18:15

ポラ丸 さんのブログ記事

  • 2018.10.6 「あまねき旋律」
  • ポレポレ東中野にて鑑賞。タイトル : あまねき旋律(しらべ)原題 : Kho Ki Pa Luインド 2017年公式HP : http://amaneki-shirabe.com/監督 : アヌシュカ・ミナクシ、イシュワール・スリクマー出演 : ナガの人びと評点 : 9点 (10点満点)あらすじ監督たちがインド各地のパフォーマンスを記録していく旅の途中で出会ったナガの人々。歌と人々に魅了されて、6年間通ったナガランド。自然と人々の営みが美しい映像のドキュメンタリーにな [続きを読む]
  • 2018.8.26 「プロヴァンス物語 マルセルの夏」
  • エビスガーデンシネマにて見た。タイトル : プロヴァンス物語 マルセルの夏原題 : Le gloire de mon péreフランス 1990年公式HP : http://marcel.themovie.onlyhearts.co.jp/監督 : イブ・ロベール出演 : マルセル / ジュリアン・シアマーカポール / ヴィクトリアン・ドラマールリリ / ジョリス・モリナス父 / フィリップ・コーベール母 / ナタリー・ルーセルジュール伯父さん / ディディエ・パンローズ叔母さん / テレーズ・リ [続きを読む]
  • 2018.7.23 「処女の泉」
  • 「ベルイマン生誕100年映画祭」で見た。タイトル : 処女の泉原題 : Jungfrukllanスェーデン 1960年公式HP : http://zaziefilms.com/bergman100/監督 : イングマール・ベルイマン出演 : テーレ / マックス・フォン・シドーカーリン / ビルギッタ・ペテルソンインゲリ / グンネリ・リンドブロムメレータ / ビルギッタ・ヴァルヴェルグ評点 : 2点 (10点満点)あらすじ16世紀のスウェーデン。森のはずれに屋敷を構えるテーレの娘カーリ [続きを読む]
  • 2018.7.22 「ファニーとアレクサンデル」
  • 「ベルイマン生誕100年映画祭」の目玉がこの「ファニーとアレクサンデル」だった。目玉商品らしく公式HPには素晴らしい紹介がある。さてこれはいい映画なのか・・・タイトル : ファニーとアレクサンデル原題 : Fanny och Alexanderスェーデン・フランス・西ドイツ 1982年公式HP : http://zaziefilms.com/bergman100/監督 : イングマール・ベルイマン出演 : バッティル・ギューベペルニラ・アルビーン評点 : 4点 (10点満点)あらすじベ [続きを読む]
  • 2018.7.21 「魔術師」
  • この映画もまただね・・・訳の分からないレビューが多い。専門家も一般のファンも・・・自分でも何を言ってんだか分からないだろうって思うのがほとんど。情けない。映画の意味が分からなくて、でもあのベルイマンだし・・・っていろいろネットの情報漁ってそこいらから小難しい言葉を拾って並べ替える。そうじゃないんだと思う。その時点の自分には、自分の実力が足りなくて歯が立たない映画はある。そこでカッコツケする必要がどこにある。 [続きを読む]
  • 2018.7,21 「魔術師」
  • この映画もまただね・・・訳の分からないレビューが多い。専門家も一般のファンも・・・自分でも何を言ってんだか分からないだろうって思うのがほとんど。情けない。映画の意味が分からなくて、でもあのベルイマンだし・・・っていろいろネットの情報漁ってそこいらから小難しい言葉を拾って並べ替える。そうじゃないんだと思う。その時点の自分には、自分の実力が足りなくて歯が立たない映画はある。そこでカッコツケする必要がどこにある。 [続きを読む]
  • 2018.7.21 「野いちご」
  • この映画を見終えて感想をまとめてから、他の人のレビューを読んだのだけれど90%以上の人が自分と違うので驚いた。wikipediaの解説も90%と同じ方向だった。その感じからして映画公開からの長い時間に書かれた評論や解説も皆そんな風だったのだろう。だけれども、評論家がなんと書こうと、公式解説がどうであろうと、彼らは間違っていると思う。同時に気になるのは若い人たちのレビューが皆wikiと似ていたこと。映画は予習・復習をすべ [続きを読む]
  • 2018.7.3 「レディ・バード」
  • 有楽町シネマズシャンテで見た。タイトル : レディ・バード原題 : Lady Birdアメリカ 2017年公式HP : http://ladybird-movie.jp/監督 : グレタ・ガーヴィグ出演 : クリスティン・マクファーソン(レディ・バード) / シアーシャ・ローナンマリオン・マクファーソン / ローリー・メトカーフラリー・マクファーソン / トレイシー・レッツミゲル・マクファーソン / ジョーダン・ロドリゲス評点 : 9点 (10点満点)あらすじサクラメント [続きを読む]
  • 2018.7.1 「 マンダレースター ミャンマー民族音楽への旅 」
  • ポレポレ東中野のレイトショーで見た。予約をしていなかったので少し早めにポレポレに着いたらロビーに川端潤監督と撮影・取材の万琳はるえさんがいらっしゃってお話しする機会を得た。上の写真が私のお気に入りで、晴れ着の主人公Phyuちゃんが田んぼの前にいる。東南アジアを歩くと田んぼがどこでも人々の拠りどころで、村の生活も稲作と自然の間にあって、楽団が活躍するお祭りもお米の恵みから開かれるのだった。「自分はまだ行った [続きを読む]
  • 蔡明亮の世界 映画の根本思想
  • 5月に新宿K'sシネマ 「台湾巨匠傑作選2018」 で蔡明亮 (ツァイ・ミンリャン) 作品を見たのだった。最後の作品「郊遊ピクニック」を見終えてEVで降りる途中、乗り合わせたお母さんに感想を聞いてみた。答えは「つまらない。長過ぎっ!」だった。娘によると、素直な感想でなかなかそう正直には言えないとのこと。その後ニュース記事、レビューなどを読むと、彼女一人の感想だったのではなく蔡明亮監督は日本ではあまり理解されていないと思う。 [続きを読む]
  • 2018.5.13 「ラジオ・コバニ」
  • 渋谷アップリンクで見た。アキ・カウリスマキ監督の「希望のかなた」で気になっていたシリアの映画を見る気になった。タイトル : ラジオ・コバニ原題 : Radio Kobaniオランダ 2016年公式HP : http://www.uplink.co.jp/kobani/#intro監督 : ラベー・ドスキー出演 : ディロバン・キコ評点 : 6点 (10点満点)あらすじISに占領されていたコバニが解放され、人々が戻ってくる。瓦礫だらけの景色と人々の心の傷跡。そんな街に大学生のキコ [続きを読む]
  • 2018.5.12 「郊遊 ピクニック」
  • 新宿K'sシネマ で見た蔡明亮監督作品デー4本目。「河」を所用で見逃したので自分の蔡明亮体験3作目。一日に3本を見れて良かった。他の作品もいつかスクリーンで見たいものだ。タイトル : 郊遊 ピクニック原題 : 郊遊 Stray Dogs台湾 ? フランス 2013年公式HP : http://www.moviola.jp/jiaoyou/監督: 蔡明亮出演 :小康(シャオカン) / 李康生初めに登場する母親を暗示する女 / 楊貴媚子供たちを助ける女 / 陸奔静(奔の上は恋に同じ [続きを読む]
  • 2018.5.12 「愛情萬歳」
  • 新宿K'sシネマ で見た蔡明亮 (ツァイ・ミンリャン) 作品2作目 。監督作品としても1992年 「青春神話」 についで2作目。短期間によくこの新鮮な2作品を・・と驚いてしまう。タイトル : Vive l' Amour 愛情萬歳原題 Vive l' Amour台湾 1994年監督: 蔡明亮出演 :媚(メイ) / 楊貴媚阿榮(アーロン) / 陳昭榮小康(シャオカン) / 李康生評点 : 13点 (10点満点)あらすじそんなものはない!タイトルについて映画の冒頭に出てくるタイ [続きを読む]
  • 2018.5.12 「青春神話」
  • 新宿K'sシネマ 「台湾巨匠傑作選2018」 2日目は蔡明亮 (ツァイ・ミンリャン) 監督作品デーだった。「青春神話」「愛情萬歳」「河」「郊遊ピクニック」の4本。3本目の「河」を所用で見逃したものの残り3本を見た。4本の上映順は蔡明亮監督の発表順。「青春神話」が初監督作品。「愛情萬歳」が2作目「河」3作目。「郊遊ピクニック」が10作目で彼の最後の商業映画と言われたがその後も「西遊西遊」を発表、創作意欲があるようで大変に嬉しい。タイトル : 青春 [続きを読む]
  • 2018.5.11 「坊やの人形」
  • 「台湾巨匠傑作選2018」2本目にこの映画を見た。タイトル : 坊やの人形原題 : 兒子的大玩偶台湾 1983年第一話「兒子的大玩偶」監督 : 侯孝賢出演 : 抻樹(抻は土偏) / 陳博正阿珠 / 楊麗音第二話「小琪的那頂帽子」監督 : 曾壮祥出演 : 林建發 / 方定台王武雄 / 金鼎第三話「蘋果的滋味」監督 : 萬仁出演 : 江阿發 / 卓勝利江太太 / 江霞江阿吉 / 顔正國江阿松 / 蘇志賢評点 : 7点 (10点満点)あらすじ第一話は妻と赤ん坊を養うために [続きを読む]
  • 2018.5.11 「ヤンヤン 夏の思い出」
  • 新宿K'sシネマで4/28から「台湾巨匠傑作選2018」という催しをやってくれている。見ていない映画も多く2日間だけ見に行った。1日4本平均の上映だったが日曜など早くに満員になったものも多かったようで、台湾映画人気は嬉しい。新潟から6:05の高速バスで着いてこの日はまずこの作品。午後は「坊やの人形」を見た。タイトル : ヤンヤン 夏の思い出日本(+台湾?) 2000年監督: エドワード・ヤン出演 : ヤンヤン / ジョナサン・チャンN・J [続きを読む]
  • 2018.5.6 「ビル・カニンガム&ニューヨーク」
  • DVDで見た。タイトル : ビル・カニンガム&ニューヨーク原題 : Bill Cunningham New Yorkアメリカ 2010年監督: リチャード・プレス出演 : ビル・カニンガムレズリー・ヴェンソンアニー・フランダースエディッタ・シャーマンアナ・ウィンターカルメン・デロリフィチェ評点 : 10点 (10点満点)あらすじニューヨーク・タイムズで二つのコラムを持つビル・カニンガム。毎日NYの街角で人々のフアッションを撮影し、NYっ子に愛された彼の [続きを読む]
  • 2018.4.25 「BPM ビート・パー・ミニット」
  • 4月25日の朝東京は雨だった。府中では天気予報通り小雨だったが渋谷に着くと激しい降りになってきた。渋谷百軒店は昔の記憶があるはずなのだけどマークシテイからの眺めがやはり変わっている。ユーロスペースはこのコンビニの通りのはずと歩くが見通しのいい場所に来ても見えない。曲がり角を間違えたかと小道に入り込んで雨の中渋谷を彷徨ってしまった。別のコンビニで教えていただいたらさっき場所のすぐ先だった。途中の看板と [続きを読む]
  • 2018.3.11 「パリ20区、僕たちのクラス」
  • DVDで見た。タイトル :パリ20区、僕たちのクラス原題 : Entre les Mursフランス 2008年公式HP : http://class.eiga.com/index.html監督: ローラン・カンテ出演 : フランソワ・ベゴドー 他評点 :4点 (10点満点)あらすじ中学教師フランソワの学校はパリ20区にある。様々な個性の生徒たち。理想を追う教育行政の中でフランソワ達に現場ならではの矛盾、厳しい現実が容赦なく降りかかってくる。パルムドールこの映画は2008年61回カン [続きを読む]
  • 2018.3.2 ラインナップ
  • (「ラジオ・コバニ」関連画像)今まで地元新潟で映画を見ていたが、最近新しい映画を早く見たいという気持ちが強くなった。東京などで封切られてから何か月かたった時点で見ていたわけで、レビューを書くにしても、見たい方は既に見てしまっているだろうし‥と自由に思ったことを書き込んでいた。封切り直後に東京で見ると、すぐに書きたくなってしまうだろう。唐突に早いレビューはアンフェアかなと思ったりもする。そこで現時点で見た [続きを読む]
  • 2017.2.25 「セツの100本立映画館」
  • かって自分は映画が好きかどうか分からなかった。評判のいい映画を見てもガッカリすることが多かったから。そんな頃、長沢節さんの映画評だけは頼りになった。そのうちインターネットの発達により、必要な情報を手に入れることが容易になった。ただネット黎明期には、自分は自分のことで手一杯な時代でもあり映画をかえりみる余裕はなかった。ネットを頼りに最近映画をまた見始めていると言っていい。今はネットを上手に使えば70%く [続きを読む]