りんご さん プロフィール

  •  
りんごさん: りんごのブログ
ハンドル名りんご さん
ブログタイトルりんごのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/applemintmint/
サイト紹介文トリプルネガティブ乳がん術後12年。再発もなく暮らしています。予防医学に力を入れています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 145日(平均1.8回/週) - 参加 2018/05/21 23:30

りんご さんのブログ記事

  • 乳がんになってから読んだ本
  • 乳がんになってから読んだ本 鎌田實先生の本たち〜 病気があったっていい。がんがあったっていい。病気に負けない生き方がある。 それを教えてくれたのが鎌田實先生の本でした。 鎌田先生は私が最も尊敬するお医者さんの一人です。 鎌田實先生のサイト→http://www.kamataminoru.com/ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 超音波検査に行ってきました
  • 今日は大学病院の乳腺外来の先生の指示で、超音波検査をしてきました。そして、先週のMRIの結果も聞きに行ってきました。 結果は異常なし!とのこと。 次回は半年後に超音波検査1年後にMRIとマーモそして超音波となります。 早ければ年内にリスク低減卵巣。卵管切除(RRSO)を行う予定でいますが予防手術になるので、まずは病院で倫理委員会にもちこみそれから手術の日にちが決定するそうです。婦人科の先生からの連絡待ち状 [続きを読む]
  • MRI検査をしてきました
  • 遺伝子検査をして、遺伝性乳がん卵巣がんと分ってから大学病院の婦人科外来と乳腺外来を受診しています。 左側は全摘手術をしたので新たにがんが出来る事はないけれど対側の乳がんリスクが36〜46%もあるらしい。 マーモは毎年撮っていたけれど、これからはMRIと超音波も年に1回やることになりました。 遺伝子外来の先生そして乳腺の先生と婦人科の先生に診てもらっています。 全ての先生が遺伝性乳がん卵巣がんは予防出来るんです [続きを読む]
  • 死ぬときに後悔すること25
  • 抗がん剤治療中はたくさんの本を読みました。 心が折れそうなときはとにかく明るい本 そして、冷静な自分に戻れたとき,命と向き合う本を読みました。 大津秀一先生の(死ぬときに後悔すること25) 最初の頃は(なんで私が乳がん?)と答えを求めたくなります。 そして時間とともに自分の病気と向き合うことが出来るようになり それでも絶対に負けたくない!!という気持ちはますます強くなりました。 けれど、人は永遠には生きら [続きを読む]
  • 徳を積む
  • 乳がん術後12年が経ち (何をしてきたんですか?)と聞かれることがあります。 生活を見直すなかで、一番気を付けていたことはとにかく食生活。 規則正しい食事に、有機野菜をたくさん食べる。 玄米食べて、体を温める食材を選んでました。 サプリも飲んできたし、キノコもたくさん食べました。 油にも気を付けて、白い砂糖は取らないようにしてきた。 添加物にも気を付ける アロマやハーブの勉強もしてきたし 健康管理士や食生活 [続きを読む]
  • 抗がん剤治療中の方へ
  • 抗がん剤治療は体も心もキツいけれど 自分の体の自然治癒力を信じて。 体がだるいときは無理しないでとにかく横になる。 眠いときはとことん寝る。 でも水分だけはしっかりとってね。 食べたいものは抗がん剤治療中だけは自分を許して食べる。(私はなぜかケンタッキーフライドチキンが食べたくなりました) そして、動けるようになってきたら 今、体にある毒を出すことをイメージしてとことんデトックス。 まずは歩く。出来れば5 [続きを読む]
  • たばこの話
  • 日本人に推奨できる科学的根拠に基づくガン予防法というものがあります。そのなかにある、喫煙のこと。 たばこを吸っている人は禁煙する。吸わない人も他人のたばこの煙を出来るだけ避ける。と書いてあります。 たばこの煙の中には約4000種類以上の化学物資が含まれ、このうち200種類以上が有害物質です。そして、60種類以上は発がん物質、発がん促進物質とされています。たばこの煙は副流煙の方が有害物質を多く含みます [続きを読む]
  • 相田みつをさん
  • 私の心のバイブル書のひとつ  相田みつをさんの作品集です。 この作品集は父の形見でもあります。私の父も書道家でした。 病気をして、自分の命を見つめたときに相田さんの言葉がとても心に響きました。 自分の事はちゃんと仏様もみてくれているんだな。ということが心の支えになりました。 ご先祖様が命をつないでくれたおかげで、今の自分がいます。 病気をするまで、自分の命の事を真剣に考えたことはありませんでした [続きを読む]
  • 一日病院デー
  • 先週の水曜日から、左側の背中あたりが痛くて気にしないようにしていても日に日に痛みが増すばかり。 こういうときに不安がよぎります。 でも、先週のHBOC外来で完治した!と言ってもらったから、再発ではないと考える。痛いという感覚は結構気になるし辛い。ネットで調べると内科的だと怖い病気もあるから早めに受診した方がいいとのこと。 遺伝性乳がん卵巣がんは膵臓がんになるリスクも1〜3%ある。 これはちゃんと診てもらわ [続きを読む]
  • HBOC外来
  • 今、大学病院のHBOC外来を受診しています。 乳がん手術をして12年が経ち、今後のことをどうするかカウンセリングの先生と婦人科の先生そして乳腺外科の先生たちから話がありました。 私の乳がん。乳腺外科の先生は(完治したと思っていいでしょう)とのこと。嬉しいお言葉です。 ですが、遺伝性乳がん卵巣がん症候群であるため、再発ではなく、新たにガンが発生する確率が高いそうです。 特に残っている胸が、がんになる確率 [続きを読む]
  • 食品添加物に気を付ける
  • 子供が生まれてからは 食品添加物には多少気を付けていたけれど乳がん人なってからは、体の中に発がん性物質を取り入れない食生活にしなくてはと思いました。 近所にオーガニックスーパーがあります。値段が高くて病気をする前はほとんど行ったことがなかったのですが、行ってみてびっくりしました。 商品はいたってシンプル。食品表示を見ても無駄なものが一切含まれていません。 全ての食品をオーガニックスーパーで買うことは [続きを読む]
  • 油に気をつける
  • 乳がんになって一番気をつけている事は食生活です。いつも意識していることは、発がん物質を取り入れないようにすること! その中のひとつ。油 油は酸化すると毒性の強い物質に変化します。なので、揚げ物はいつも新鮮な油を使います。毎回少量の油で揚げて、その都度捨てます。ちなみに揚げ物で使用している油は米油です。米油はビタミンEが多いので酸化しにくい油です。 お総菜の揚げ物は一切買いません。 アロマを習っていたと [続きを読む]
  • 遺伝性乳がん.卵巣がん症候群
  • 私の乳がんは遺伝性乳がん卵巣がん症候群です。HBOCといわれているものです。(大学病院で実費の遺伝子検査を受けました)このHBOCタイプの乳がんは全体の5%くらいだそうです。 左の胸は全摘したので問題はないのですが、反対側の胸もガンになるリスクがとても高いのです。そして、卵巣がんになるリスクも高い。(母親は卵巣がんでした) 卵巣がんはとても見つけにくい病気なので経過視察を重ね、ドクターと次期などを相談 [続きを読む]
  • 術後12年目の検診 
  • 月曜日、術後12年目の検診にいってきました。 私の乳がんはトリプルネガティブ乳がん。なので治療は半年間の抗がん剤治療のみ。その後11年間 無治療です。 術後3年までは3ヶ月に1回の検診術後5年からは半年に1回の検診そして術後10年からは1年に1回の検診になりました。 術後12年目の検診は1週間前に血液検査をし、当日はマーモ。 12年経っても検診は緊張します。 ずーっと診てくれていたドクターは一昨年移動になり、最近は毎回 [続きを読む]
  • 紫外線を防ぐ
  • 活性酸素のメリットは体内の病原微生物を破壊して、生体防御をすること デメリットは、細胞膜や遺伝子に傷害を与えて、紫外線によるしみやしわをつくり、老化を促進し、ガンや生活習慣病を引き起こすこと 活性酸素を発生させるもの 紫外線 放射線 大気汚染 排気ガス 医薬品 過剰な運動 ストレス たばこ 農薬 添加物 再発予防の為に、発がんの原因となるものは少しでも多く排除したい。 治療中、治療後、そして術後12年経 [続きを読む]
  • いのちについて考える
  • (日本人は死なないと思っている。) 親戚の告別式でお坊さんが言った言葉。 病気をしてこの言葉を思い出した。 私は80才過ぎた頃に朝起きたら死んでる。そういう終わり方がいい。と勝手に思っていた。 だから自分の命はまだまだ続いていくと。 けれど、病気をして、自分の命について冷静に考えることが出来た。 私はあの世を信じている。なぜなら大好きな両親がそこにいると信じているから。だからもしもの時は、両親に会えるんだ [続きを読む]
  • 乳がんになってから読んだ本
  • 病気をしてから読んだ本。 私は帯津良一先生の本に とても救われました。 帯津先生は埼玉県にある帯津三敬病院の医院長で、日本ホリスティック医学の協会会長です。 がんに関わる本を数多く出されています。 心の掃除で病気は治るホリスティック養生訓がんになったとき真っ先に読む本お医者さんがすすめる代替療法 などなど・・・ 先生の気功教室に行ったこともあります。 とてもお茶目で素敵な先生です。 自分の心が前向きになれ [続きを読む]
  • 入院中にこっそりとやっていたこと
  • 乳がんが分かり手術するまで約1ヶ月。その間に用意していたものがあります。バースデーカード。 幼い子供達が20才になるまでのバースデーカードを入院中にひっそりと書いていました。 先のことは全く分からない。子供が20才になるまで生きていられるかも分からない。 だけど、誰よりもあなた達の事を愛していたんだよ。という記録を残しておきたかったのです。 入院当時、長女が10才。次女が7才でした。 11才の●●へ12才の●●へ [続きを読む]
  • 気持ちをきりかえる
  • 自分が乳がんだと分かったとき(なぜ私が?)という気持ちがぬぐえなかった。 しかし手術をする頃には、(自分で良かったんだ。)と思えるようになれました。 私は両親がすで他界していたので、両親に悲しい思いをさせないで良かった。もしもの時、逆縁にならないで良かった。 夫は両親がまだ健在でしたので、(夫が病気でなくて良かった)と。 そして、何よりも守りたいものの存在。それは子供でした。なので、(子供が病気になら [続きを読む]
  • 毎日実践していること がんを防ぐ12か条
  • がんを防ぐための12か条が2011年に新12か条になったということを最近知りました。 私は新しくなる前の12か条を今でも実践しています。ここに書きたい思います。 1.バランスのとれた栄養を取る。〜彩り豊かな食卓にして〜栄養が偏らないように、気を付けています 2.毎日変化のある生活を〜ワンパターンではありませんか?〜 3.食べすぎは避け、脂肪は控えめに〜美味しい物も適量に〜良質な油をとるようにしています 4.お酒はほどほ [続きを読む]
  • 汗をかく
  • 乳がん術後2年経ってから実践したこと 汗をかくこと。 抗がん剤治療中はゲルマニウム温浴で大量の汗をかいていたけど、 出来るなら運動して汗をかきたい。 色々考えて、何か新しいスポーツを初めてみよう!!と思いました。 とりあえず一人で始められこと 電車の中でテニススクールの広告を見つけて、通い出しました。 あれから9年。今も通い続けています。 週に2回、大量の汗をかく。 スポーツはとても気持ち良いです。体の毒素を [続きを読む]
  • アニマルセラピー
  • 術後1年を無事に迎えられてから実践したこと アニマルセラピー 子供の頃 仔犬を飼うのが夢でした。 乳がんになって、動物を飼っても最後までお世話できなかったら申し訳ないと思っていたけれど、 生きる目標にしよう!と決意して家族に相談したらみんな賛成してくれました。 動物嫌いだと思っていった主人も賛成してくれて 家族が私と共にいてくれることに改めて感謝 わんこは本当に可愛くて、毎日たくさん癒やしてくれます。 わ [続きを読む]
  • メディカルハーブ
  • 治療後に学んだことメディカルハーブ 無治療になって髪の毛も生えてきた頃 メディカルハーブを学びにスクールへ通いました。 これからの生活で大事なことは、再発させないこと。もし、ガンがあったとしても、進行させないこと。 メディカルハーブは代謝を助けてくれたり生活習慣病の予防やストレス対策にもなります。 ハーブは奥が深くて勉強も本当に楽しくこれから先もずーっと活かしていきたいと思いハーバルセラピストという資 [続きを読む]
  • アロマテラピーを学ぶ
  • 半年間の抗がん剤治療が終わったのが2006年12月22日 副作用から解放されることは嬉しいけれど不安もあった。 化学療法は終わったけれど、自分で出来る事をみつけて引き続き実践していこうと思った。 無治療になってから学んだこと アロマテラピー 主治医に抗がん剤治療中にアロマで気分転換をしている話をしたら(僕も学びたいと思っているんだ。乳がんには効果があるようだよ) と言っていた。 アロマの本を何冊か購入したけれど [続きを読む]
  • 玄米を食べる
  • 抗がん剤治療中に実践してたこと 玄米を食べる マクロビオティック以前から興味はあったけれど、病気をしてから様々な本を読んだ。 体を冷やさないように、体温を上げる生活を意識していていきついたのがマクロビ 自然治癒力を意識して まずは玄米を食べることから始めた。 玄米にするとお肉や脂っこいものは欲しくなくなり 野菜や魚、大豆中心の食事になった。 玄米は人間の生命維持に必要な植物性タンパク複合炭水化物、食物繊 [続きを読む]