森山はる さん プロフィール

  •  
森山はるさん: 北の国からファンのブログ
ハンドル名森山はる さん
ブログタイトル北の国からファンのブログ
ブログURLhttp://www.moriyamaharu.net/
サイト紹介文北海道富良野を舞台にしたドラマ『北の国から』のファンと繋がりたい!この楽しさを共有したい!!
自由文こんにちは。北の国からの脚本家、倉本聰ファン歴10年です。

富良野周辺の出身で今は東京で幼児の子育て奮闘中。
田舎暮らしを実現したく夫を説得している日々。
北の国からファンと繋がりたいです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 122日(平均3.6回/週) - 参加 2018/05/22 15:16

森山はる さんのブログ記事

  • 黒板純がゴミ収集の仕事を続ける理由。〜北の国から98時代〜 
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。名シーン、名言格言を含め感想を綴っていきます。今回は北の国から98時代 より。純がゴミ収集の仕事を続ける理由です。純はこのように言っています。人に喜んでもらえているということが仕事の励みになる。ゴミ収集の仕事をつづけて3年。何度も嫌になり、疑問を抱きやめようかと投げ出しそうになってそれでもこの仕事を続け [続きを読む]
  • 雪子おばさんの家の本棚【北の国から】
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。先日、富良野へ【北の国からめぐり】をしてきました。勿論行ってきましたよ。拾われた家、やがて街〜雪子おばさんの新居に!!本棚の中身は、その人の性格や価値観がでるといいますがどれどれ・・・・どんな本を読んでるのかな??雪子おばさんの本棚↓きれいに整理整頓されてますよね雪子おばさんが読んだ本を読書しながら、夜 [続きを読む]
  • まだ「北の国から」見てないの?いつまで人生損するの?
  • こんにちは。 「北の国から」って題名は知ってるけど、観たことない人、いますよね??40代以下は結構いるはず。そんな人たちが思っているのはこうでしょ?”すっごいハマる一部の人がいるけどそれはマニアで、好き嫌いの激しいドラマでしょ?結局昔のドラマだよね?どこがいいの?”見ていないのに、毛嫌いしている。食べず嫌いというか、見ていないけど、何となくそうゆうのが嫌いっていう人。すごいオススメしても「うーーーん [続きを読む]
  • 五郎の○○な部分、純も遺伝してるから…。〜北の国から89の名場面〜
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。名シーン、名言格言を含め感想を綴っていきます。今回は北の国から89帰郷より 【遺伝子】について遺伝子・・・・?さて、ここで【北の国から】クイズです。北の国から89帰郷の中で、五郎が純に『俺の○○な部分、お前も遺伝してるから』といったのですが、さて、どんな部分が遺伝してるといったのでしょうか??A:すぐに妊娠 [続きを読む]
  • 黒板純・ゆいの家の本棚【北の国から】
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。先日、富良野へ【北の国からめぐり】をしてきました。勿論行ってきましたよ。拾われた家、やがて街〜黒板さんちの純君とゆいちゃんの新居に!!本棚の中身は、その人の性格や価値観がでるといいますがどれどれ・・・・どんな本を読んでるのかな??二人の本棚↓あなたも純君とゆいちゃんが読んでる本、読書してみては!??詳細 [続きを読む]
  • 倉本聰の講演会に行ってきた!【内容編】2018/8/17
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。今回は2018/8/17に富良野演劇工房で行われた倉本聰の講演会の内容について書きますね。講演はまず、ドラマ上映がありました。その後倉本先生登場。そのドラマについてディスカッションです。上映ドラマは倉本聰作品ドラマ 遠い絵本。あらすじをブログで紹介していた人がいたのでリンクしますね↓↓↓『日曜劇場 遠い絵本 第一 [続きを読む]
  • 倉本聰の講演会に行ってきた!@富良野演劇工房〜2018/8/17
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。死ぬまでに逢ってみたい人は誰??という問いに迷わず倉本聰!!!!と即答していた私ですが、そんな夢を叶えるため、意を決して富良野を訪れてきました。そんな体験記を今回は書こうと思います。まずは、富良野塾のフェイスブックで倉本先生の講演会があることを知り心がざわつきます。ああ・・・・行きたい。。でも場所が富良 [続きを読む]
  • 不倫してる蛍に五郎がかけた言葉〜北の国から95
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。名シーン、名言格言を含め感想を綴っていきます。今回は【北の国から’95秘密】から。この回は衝撃の連続でしたよね。あの蛍が・・・小さい頃、お母さんの不倫現場を目撃してしまってショックを受け、以降、父の五郎を支えてきたのに。。。視聴者はみな、叫んだはず。『ほたるぅぅーーーーー!!!お前もかーーーーー!!!! [続きを読む]
  • 男は見栄で生きてるわけで…【北の国から】
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。このドラマに出てくる男の人って・・・【見栄】ってものにすごくこだわりもってますよね。ん??改めて言われると見栄の定義って何?ってことで調べてみました。辞書では見た目の姿を意識して、実際以上によく見せようとする態度。(goo辞書)つまり知らないのに知っている振りをする、無いのに有る振りをする、ケチなのに気前 [続きを読む]
  • 五郎は純との心の距離をどうやって縮めたか知ってる?〜北の国から〜
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。今回は、黒板家の五郎と純の心の距離が縮まった瞬間についてです。もともと二人の間には心の距離がありました。東京の頃から純は五郎の事を『勉強のできない田舎者』と小馬鹿にし五郎も純のことを『知識ばかり増えて口だけが達者な子供』となんとなく苦手だったんですね。だからドラマの中で二人は話す時いつも敬語をつかいます [続きを読む]
  • 純がキツネに石を投げつけた行為から心を読み解いてみた
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。名シーン、名言格言を含め感想を綴っていきます。今回は純がキツネに石を投げつけた行為から心を読み解いてみた蛍が一生懸命餌づけし、ルーーールルルルと呼ぶと顔を見せてくれるようになったあのキツネ。そのキツネに純は石を投げつけました。そしてその後キツネは姿を見せなくなりました。。。純は蛍がそのキツネを大事にして [続きを読む]
  • 田舎暮らしで人のつながりが強い理由〜『北の国から』で読み解く
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。田舎暮らしをするのが夢で夫を説得している日々なんですが、なぜ、田舎移住したいのか、その理由の一つに近所の人間関係があります。都会では、近所での繋がりがほとんどなく子供なんて特にですよね。挨拶程度。たとえご近所だとしても話したことない人には目をあわせないように。と子供に教育までされている昨今。私の大好きな [続きを読む]
  • 『北の国から』から教わる子育て術〜田舎暮らしをすべき理由〜家族編
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。父親の働いている姿を見せるという件について考えてみた北の国からを見ていると感じること。五郎が燻製を作ったり、家を作ったり、自家発電を作ったり・・・。彼が働いている姿を純と蛍はいつも見て一緒に体験していますそれを見ていてふと思ったのですが、今の、特に都会の父親というのは、まず自分の働いている姿を子供に見せ [続きを読む]
  • 田舎移住の場所〜ドラマ『北の国から』の場合
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。最近私の目にとまるワードはスローライフ田舎移住自給自足お金に頼らない生活地域の交流これを実行するにはどの地域がいいのか。田舎移住する人にとって悩みどころですよね。参考までに今回は『北の国から』の舞台、北海道富良野麓郷について調べてみました黒板家が移住した当時の状況です。北の国からの脚本家、倉本聰も東京か [続きを読む]
  • 『北の国から』にハマる理由。私流の鑑賞方法はこれ!
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。大ファンとして、皆に伝えたい『北の国から』にハマる理由私流『北の国から』の鑑賞方法では、まずはこちらから『北の国から』にハマる理由主役は黒板家だけじゃない。通常、『主役』がいてその他は『脇役』ですよね。つまり主役を引き立てるために主役以外の登場人物は存在するわけです。しかし”北の国から”は違います。登場 [続きを読む]
  • ええーー!?蜂に刺されたときの対処法 倉本聰より
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです今回は、倉本聰が富良野に住んでカルチャーショックを受けたという話のご紹介蜂に刺された時なんて、僕のまわりに住んでいる人は、さしたスズメバチをたたきつぶして、それを患部に刷り込んだわけですよね。彼らに言わせると解毒作用があるって。いわれてみると何となくそういう気がしてくるし、事実それが効き目があったんですよ [続きを読む]
  • 北の国から87感想 大里一家の人生を考える
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。今回は北の国から87初恋 より。題名にもある純の初恋の相手、大里玲ちゃん。その家族に起こった出来事悪い人たちじゃないのに不幸になっていく。。それは少しのすれ違いやボタンの掛け違いが幾つか重なっただけで誰にでも起こりえたことなんじゃないかな。とどうしたら『夜逃げ』という最悪の事態を免れることができたのかど [続きを読む]
  • 黒板五郎って、『北の国から87』より急に性格変わったよね!?
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。名シーン、名言格言を含め感想を綴っていきます。今回は『北の国から87初恋』について87を見た感想は「あれ?五郎ってこんな性格だっけ?」とびっくり。驚いたのは私だけじゃないはず・・・だって黒板五郎という人物のイメージは人の悪口を嫌い、陰口を言わず思ったことがあるなら本人に直接言いなさいと純・蛍にも教育しそ [続きを読む]
  • 北の国から84夏 オープニング
  • こんにちは。北海道富良野を舞台とした脚本、倉本聰のドラマ『北の国から』の大ファン、森山はるです。今回は『北の国から84年夏』について。いやいや、初めの5分で度肝をぬかれました。えーーーーーーー!!!あの家焼けちゃったのー!!????そんな大事件をドラマのオープニングでもう暴露しちゃうの!!!??いやはや、この展開の早さが『北の国から』に夢中になってしまう所以ですその事件を知る方法としてみどりの手紙が [続きを読む]