wworking man さん プロフィール

  •  
wworking manさん: Mystic Rhythms
ハンドル名wworking man さん
ブログタイトルMystic Rhythms
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/u.b.c/
サイト紹介文古書店主が綴る日常雑記。古本屋な日々...。その他、音楽報告、鉄塔そして詩など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 181日(平均4.2回/週) - 参加 2018/05/22 23:31

wworking man さんのブログ記事

  • Fe塔 販売所
  • 販売所 前後に建つ、やや細身の昭和14年オリジナル型と異なり、129号(標高72.5m)は若干横幅が広い平成補修形だ。岡部境線129号(建設昭和14年11月 補修平成7年5月)右下奥に128号(標高71.9m) 脚元は駐車場で可也広く、プレートは可也遠い。ちなみに脚部... [続きを読む]
  • Fe塔 オカサカ「の一」
  • オカサカ「の一」 「シティ〇ラス小金井公園」建設に伴い、建替え及び増設が行われたオカサカ136号。先日、南の小金井カントリー倶楽部側からの絵を紹介したが、西の小金井街道側から取材ができたのでご紹介したいと思う。 街道に面し、マンションパビリオン(モデルル... [続きを読む]
  • Fe塔 竹薮
  • 竹薮 昭和15年オリジナルと思しき「烏賊さん」、川世線の古鉄塔を57号に続いてもう一つ。推定するところ、61号。 緑ヶ丘ゲートボール場越しに見る、57号クリソツな古鉄塔(標高48.7m)。川世線61号 ズームすれば、縦碍子連は真っ直ぐ。ここは、57号と異なる。6... [続きを読む]
  • Fe塔 象牙色の塔
  • 象牙色の塔 少し前に紹介した川世線54号の南、53号からはしばらく鉄柱型鉄塔が連なっている。その鉄柱の一つ、51号(標高47.2m)をご紹介。川世線51号 街路樹の秋の葉の向こうに、51号。街の輪郭は、もう疾うに葡萄色を越してしまった。 南面に接近すると、やはり... [続きを読む]
  • はけの下 カチッ(カシャッ)
  • カチッ(カシャッ) ロードバイクのチェーンをクリーニングした。購入から半年ほどして、大分ヨゴレて真っ黒になってしまった。最初は銀色だったのに。 フィニッ〇ュラインの「1-Step」と呼ばれるチェーンクリーナーとルブリカント)が一緒の、謂わば「リンスインシャ... [続きを読む]
  • 北の離れ ハイキング
  • ハイキング 東京にも山がある。西方には、ミシュランガイドにも掲載された、高尾山はじめ多くのハイキングに適した山々がある。 下は、東京西部日野市を流れる浅川(多摩川の支流。全長約30km)に架かる、新井橋からの絵。浅川、新井橋から高尾山方面 この橋は上を... [続きを読む]
  • Fe塔 鉄塔 中富線―中央道手前
  • 鉄塔 中富線―中央道手前 引き下げ型の中富線94号(標高52.8m)は、調布市の消防大学校構内隅に建つ(鉄塔はギリ三鷹市)。中富線94号 敷地の南東隅で、外から横姿を拝むことは可能だが、案外背の高い建造物が周囲に多く、簡単に正面全身は見せてはくれない。 94... [続きを読む]
  • Fe塔 カーヴミラー
  • カーヴミラー サイクリングの途上、面白い絵を見つけた。車返線23号 西武多摩川線踏切横、カーヴミラーに写り込む、車返線23号と傍らの西木山永福寺の鐘楼(右)と本堂(左)の屋根。 永福寺は、下妻栗山村(現茨城県下妻市下妻字栗山)の了意法師が寛永6年(1629)... [続きを読む]
  • Fe塔 曲がってるね
  • 曲がってるね 56号から少し進むと、農地の向こうに57号とその先の58号が見える。川世線57号と58号 57号、やはり碍子連は曲がっている様に見える。その先に建つ58号は、碍子連真っ直ぐの様だ。 近くへ行ってみよう。57号 こう見る限り、脚元への接近はできそう... [続きを読む]
  • Fe塔 曲がってない?
  • 曲がってない? 前回の「アネックス」のその前から北方を望むと、通りの向こうに川世線55号(標高47.5m)が見えるのだが―、比較的見かける機会の少ないI字懸垂型のこの碍子連、曲がっていないか?アネックス前あたりから55号 こちらも気になるので、54号取材の後接... [続きを読む]
  • Fe塔 アネックス
  • アネックス クラシック好きの方なら知らぬ人は無いであろう、桐朋学園大学音楽学部。画像はそのレッスン棟−アネックス。ここで日々、プロの音楽家を目指す方々が修練に励んでおられるのだ。桐朋学園大学レッスン棟−アネックスエントランス アネックスは大学の校舎... [続きを読む]
  • Fe塔 やっぱり
  • やっぱり もう見納めかもしれない、そう前回書いた国分寺線38号。矢張り気になって、数日後訪ねてみたら、こうなっていた。国分寺線38号 上部はもう撤去され、あの独特の括れは、確認できない状態である。 左は数日前の姿。 38号左、撤去前 世の変化の速き... [続きを読む]
  • Fe塔 いよいよ
  • いよいよ 東八道路延長に伴う撤去の有無が気になる、左右入替えの変則型鉄塔、国分寺線37号。どうなったであろうかと、サイクリングの途上寄ってみたらば、この様な姿になっていた。国分寺線37号 枯草原の向こうに建つ37号の、12あった腕金の大半が、もう既に失われ... [続きを読む]
  • Fe塔 夜の鉄塔
  • 夜の鉄塔 自転車でのナイトライドの際、以前書いた多摩橋線49号(標高77.2m)の「鳥害防止装置」の打撃音を聞こうと思って寄ったのだが、すでに実施されなくなっており、音を聞くことは叶わなかった(詳細は49号のページをご参照ください)。 ので、多摩川土手の自転車... [続きを読む]
  • 北の離れ 多磨霊園から
  • 多磨霊園から 多磨霊園からの報告、二つ。 その一:2区ピラミッド墓―その後 以前紹介したように、無縁墳墓改葬のため撤去・更地化の運命にある、多磨霊園2区の名墓、ピラミッド墓。その近況である。 2017年10月の無縁墳墓として改葬される期限を既に一年過ぎてい... [続きを読む]
  • 北の離れ ナイトライド 2
  • ナイトライド 2 ナイトライド、夜のロードバイクでの走りを実践することができた。 多摩川堤防上の自転車・歩行者専用道路を走ってみたのだが。見えない。ジョガーの方が可也多いのだが、見えない。黒っぽいウェアの方など、突然視界に現れる感じだ。白っぽい方は、な... [続きを読む]
  • Fe塔 マンション、ゴルフ場
  • マンション、ゴルフ場 凡そ150基あるオカサカ(岡部境線)鉄塔の内二基は、日本最古級のゴルフ場である「小金井カントリー倶楽部」(昭和12年(1937)開業)内に建っている。このゴルフ場、女性が会員になれないとか、女性は日曜日のプレーは不可とか、これは差別ではないの... [続きを読む]
  • はけの下 真白き
  • 真白き もうこんなに、真っ白だ。調布飛行場と富士山向こうの建物は警察学校技術訓練棟 先日自転車で通りかかったら、調布飛行場の向こうに、もうすっかり雪を纏った富士山が見えていた。 東京多摩も、朝晩は大分冷えるようになったが、なるほどね。もうこんな時... [続きを読む]
  • はけの下 案山子
  • 案山子 国立市南部、谷保の田園地帯を自転車で走っていたら、刈り入れを終えた田圃に並ぶ稲木に立て掛けられた案山子が目に付いた。谷保の田圃に案山子 カラフルな子達が、なんかいっぱい居るよ。Winnie the Pooh プーさんだ。うーん・・・ この子は・・・... [続きを読む]
  • Fe塔 実るほど・・・
  • 実るほど・・・ 頭(こうべ)を垂れたる稲穂と、鉄塔とのコラボを見たくなる季節となった。真夏に思いがけず出会った、西北線26号南の田圃、もう稲刈りは終わってしまったろうか? 時期的にはギリギリの、微妙なる10月初め、久しぶりに晴れたので、あの時の田圃へ期待半... [続きを読む]
  • 北の離れ 霊園掃苔―元祖
  • 霊園掃苔―元祖 この墓所は目立つ。園路(東4号通り)に面している為、自転車で通りかかればすぐに目に付く。直径60-70?はあろうか、巨大なサッカーボールが目にと飛び込んできて、一瞬ギョッとする。巨大サッカーボール墓(19区1種) レンガで囲われた四角い緑のピ... [続きを読む]
  • Fe塔 野分あと 二
  • 野分あと 二 多摩橋線50号は、東女体大のすぐお向かいの駐車場奥。こちらも51号同様、可也スリムな形態。塔高は不明だが、細い所為かやはり長身に見える。でも、何だろう、主脚部材の中途だけ、いやに赤錆びている。 多摩橋線50号(標高78.0m) 51号もよく見ると、... [続きを読む]