Kit さん プロフィール

  •  
Kitさん: 30歳からの留学と転職
ハンドル名Kit さん
ブログタイトル30歳からの留学と転職
ブログURLhttp://tenshokuandcareer.blog.fc2.com/
サイト紹介文新卒で入った日系企業を退職、大学院留学、現地就職、日本帰国し外資系企業で勤務。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 19日(平均7.4回/週) - 参加 2018/05/23 12:29

Kit さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お勧めUSCPA講座
  • 日本でUSCPAを勉強する場合、選択肢は・独学・プロアクティブ・アビタス・TACでしょうか。私はプロアクティブを使いましたが、お勧めです。理由は安いし、テキストが薄くポイントだけ抑えて勉強できるので効率がいいからです。テキストが英語のみ、先生が変わっていて面白く、授業も英語を交えて行われるので飽きません。TACはBeckerの教材を使っているので教材自体はいいと思います。アメリカの監査法人では基本的にBeckerの講座 [続きを読む]
  • 転職にUSCPAは必須か
  • 転職をするに際し、USCPAが必要かという問いに対する答えはYes and Noです。Yesの場合・経理職・日本の監査法人・日本のアドバイザリーNoの場合・FP&A経理系の職種は必須の要件として日本もしくは米国のCPAの記載があることがほとんどだと思います。ただ、資格がなくても実務経験がある場合は別。資格はなくても採用されると思います。また、日本の監査法人、アドバイザリーはCPAの資格kがないと採用はされても、契約社員扱いにさ [続きを読む]
  • 自分でキャリアを描く
  • 私が1社目の日本の会社を辞めた理由の一つが、自分で自分のキャリアを作りたかったから。日本の会社は総合職で入るとどこの部署、土地に配属・転勤になるかわからないし、そこに自分の希望が考慮されるかは不透明です。自分で自分がやりたいことをするためには転職して自分が望む環境がある場所にいくのがベスト。私は海外で働きたいという一番の希望をアメリカ大学院留学を経由して果たしました。日本帰国後はファイナンス系の仕 [続きを読む]
  • 経理がわかる本
  • 私は監査法人出身なので経理を実務としてやったことはありません。結果だけをみているので「こんなことしているんだろうな」レベルの知識です。今度の転職先では経理の業務がメインになるので、その前に経理実務を確認しておこうと思い、下記の本を読んだところ、図でも表示されていて分かりやすかったのでお勧めです。 [続きを読む]
  • 財務諸表のつながりを知る
  • 私が会計を勉強出してすぐ、いまいち財務諸表の繋がりがわからずに足踏みしていた時期がありました。そんな時に國貞克則さんのセミナーに参加したところ、目から鱗の説明でしっくりきました。セミナーはアカデミーヒルズでやっているこのセミナーです。なかなかセミナーにはいく時間がないという人は下記の本がお勧めです。 [続きを読む]
  • 英語学習の根幹に目覚めた本
  • 大学生の時に2週間のホームステイを経験をした時、それまで勉強してきた自分の英語が全く通じず、初めての挫折を味わいました。帰国後どしたら良いのか悩んでいた時に出会った本がこれ。 ジャパンタイムズの編集長が書いた本で、全てが納得のいく内容でした。それ以降、私は英語をかけっぱなしにしたり、簡単な本を暗記するまで音読することで、英語に自信をつけていきました。悔しくて翌年も短期留学した際、今度は自分の英語 [続きを読む]
  • 孫さんの人生から学ぶ英語
  • 今日は転職の話題から逸れますが、オススメのYoutubeビデオを紹介。下の孫さんのビデオですが、孫さんの人柄や考え方がよく分かります。何より私が勇気付けられたのは英語力。孫さんの英語って別にネイティブではないし、日本語英語に近いですが簡単な語彙を使ってとても分かりやすく、ユーモアのある話し方をしているので自分もこれを目指そうと思えました。私がアメリカにいてなかなか英語が上達せずに悩んでいた時に、こういっ [続きを読む]
  • 年収の交渉をする
  • せっかく転職するなら年収アップしたいですよね?私は留学を挟み、最初の転職をアメリカでした際に110万円ほど、アメリカから帰国後の転職で160万円程の年収アップを達成しました。1社目日系物流企業:550万円2社目米国監査法人:660万円ー690万円3社目外資系製造業:850万円1社目は日系なので20代全部を過ごしたにも関わらず、最終年度で550万円でした。これ残業代込です。どれだけ日系企業がケチで従業員から搾取しているか [続きを読む]
  • アメリカで働く為の専攻
  • 保守的な家庭で育ち、自由な環境を求めていたときに「アメリカで暮す」という雑誌を読んでいつか自由な国で暮らしたい、働きたいと思っていました。大学留学がしたかったのですが、田舎で育ち当時はインターネットが出て来たところだったので、情報が全く有りませんでした。とりあえず大学に行き、就職しそれでもアメリカに行くということが諦められず、30歳でようやく決断しました。会社を辞めてまで行くので当然周到な準備が必要 [続きを読む]
  • 面接で必ず聞かれる質問
  • 今回の転職活動は新卒次並みにじっくりと行なっています。なので24社くらいに応募し11社くらいと面接しました。内定は今の所3社出ました。そろそろ行き先を決める段階です。これだけ面接したのでもう面接のプロになった自信があります。必ず聞かれる質問は、①自己紹介を簡単にお願いします②(自己紹介を元に)過去の転職理由を教えてください③何で留学しようと思ったの?④何で会計を勉強しようと思ったの?⑤何で監査から経理 [続きを読む]
  • 年齢と転職回数って重要?
  • 私が転職の際に気にしたことは、①年齢②転職回数です。今回30代前半で改めて転職活動をしていて分かったのは、年齢、転職回数を気にするのは日系企業です。これは想像がつく通り。日系企業って差別が横行しているので普通に求人欄に年齢制限を設けてます。転職回数3回までってのも見ますね。実際私はそういう差別企業には全く興味がないので応募していませんが、そうでない企業でも面接に行くと年齢や転職回数が多いけどなんでか [続きを読む]
  • 初めての転職活動
  • 私の初めての転職活動は新卒で入った会社の4年目でした。入社すぐにオペレーションの部門に配属され、そこで2年。その後営業所で1年働き、これからもっと営業を勉強したいという時に再度オペレーション部門に戻されたことで、一気にモチベーションがなくなり、転職しようと思ってエージェントに登録しました。経験してきた分野が輸入、関税という分野でこの時はお客さん側に当たる、事業会社の購買や物流部門を受けていました。 [続きを読む]
  • 今まで使ったことのあるエージェント
  • 私は過去に3回転職活動をしています。実際に転職したのはアメリカ留学後と日本帰国後の2回です。1回目の転職活動は内定が出なかったのでそのまま当時の職を続けました。この経験から言えることは、とにかく色々なエージェントに登録すること、です。エージェントによって持っている案件や強みが違ったり、エージェントの担当者の当たり外れがあって、本気でやってくれる人とそうでない人がいるので数を当たる必要があります。下 [続きを読む]
  • 転職失敗
  • 転職先、パワハラでした。。。せっかく日本に帰って来たので長く働きたいなと思っていたのですが、部門のトップがパワハラ連発で、退職者が相次ぐ職場でした。事前に気づけなかったのかと言われれば、2つ手がかりがありました。①面接が1回だけで直属の上司の他に、トップの人が同席していた。そのためか、直属の上司に当たる人は全く話さず、トップの人だけが話していた。②ネットの口コミに、情緒不安定な上司がいると書いてあ [続きを読む]
  • エージェント体験記・日本帰国編
  • 昨年日本に帰国するに際し、転職エージェントをいくつか利用しました。使ったところは、Robert HalfMS-JapanAbitusJACです。最終的にはRobert Halfを使用して転職しましたが、これが後々後悔する事に。。。それぞれ特色があるので紹介します。Robert Halfは外資系のエージェントで、担当者は外国人でした。私の場合はLinkedinで繋がっていた担当者がいたので最初にその人に声をかけましたが、担当者によって得意分野・業界が異なる [続きを読む]
  • Santa Lucia Highlands
  • カリフォルニアワインといえばナパバレーですが、実は隠れたワインの名産地があります。Santa Lucia Highlandsと呼ばれる地域で、サンフランシスコからは南へ2時間ほど。この辺りは全米をまかなうほどの野菜の産地でサラダボウルと呼ばれて言います。なのでこんな風景が見れます。ワイン畑よりも野菜畑が続きます。Santa Lucia HighlandsではPinot noirとChardonnayが主に作られており、Hahn Estateへ先日行ってきました。ここの [続きを読む]
  • Amazonbooks
  • Amazonの実店舗がサンノゼに出来たそうで行ってきました。まだオープンして3日目ということで若干の入場制限がありましたが、5分待っただけで入れました。中はこんな感じ。 普通の本屋と同じですが、並んでいる本はAmazonで星4つ以上の本しか並んでいないと言うことで、どれも面白そうな本ばかりでした。 支払いはアプリでも出来ます。私はAmazonギフトのポイントがあったので、アプリで払ったら適用できました。奥さん [続きを読む]
  • RegistrationとSmog Check
  • アメリカで車を買ってかかる維持費用といえば、日々のオイル交換と年に一回の登録更新くらいですが、先日登録を更新したところ、Smog Checkをしないと更新できないと通知が届きました。なので今日は色々調べた結果、近くに良さそうなSmog Check Stationを発見。電話すると11時半に空きがあるとのことなので行ってきました。着くとすぐにスタッフがやってきて、見積もりをくれて20分で終わるとのこと。待つこと5分。もう終わりまし [続きを読む]
  • 過去の記事 …