くま さん プロフィール

  •  
くまさん: わんだあえっぐ 安曇野 川遊び
ハンドル名くま さん
ブログタイトルわんだあえっぐ 安曇野 川遊び
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/wonder_egg/
サイト紹介文安曇野のんびり自然体験。子供からお年寄りわんちゃん(愛犬)まで楽しめる川遊びラフティングで癒しの旅を
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 81日(平均6.8回/週) - 参加 2018/05/23 13:37

くま さんのブログ記事

  • 近頃の『わんだぁタイム』 〜ダイジェスト版〜
  • 最盛期に入りました。なかなかブログの更新ができないまま、夏まっさかり!そこで、ちょっぴり近頃の様子をダイジェスト版として写真でアップします。もう11年選手のIファミリーとFファミリーのミックスチーム。実は今シーズン、わたし一人のガイドですから、一一艇ボートに乗り切れません。そこで、ここ数年、しっかりボート操作をトレーニングしてきたこのチームには、陸上練習の上で、わたしがぁポートに入り、自らの力で川 [続きを読む]
  • わんこと一緒に涼を求めて 〜安曇野・烏川渓谷緑地公園編〜
  • 安曇野市内の河原に位置する、このベースキャンプで手元の温度計を見てみると38℃。暇さえあれば「暑い」しか言葉がでてこない。川くだりを営みとする、ボクらには本音を言えば、好都合の天気である。川べりは、別世界。涼風が吹いているし、本当に暑ければ川に飛び込んじゃえば寒くなるくらいなのだ。「今年は格別暑いですよね!」とはいえ、夜が本来暗いものであるように、夏は本来暑いものだとボクは想う。家の中でも、車中で [続きを読む]
  • 西日本豪雨災害とSAP(スタンドアップパドル)  〜私論から〜
  • この度の西日本豪雨による災害で100人以上の方々がお亡くなりになり、50人以上の方々が未だ安否不明、2万人以上の方々が被害に遭われ、今も渦中の中だという。この度の、哀しく辛い出来事に心からお見舞い申し上げます。一日も早い復興と、安否不明の方々のひとりでも多くの方が救出されますよう、また亡くなられた方々の魂が癒され、ご家族の悲しみが一日も早く安らかなる気持ちへと変わりますようにお祈り申し上げます。そ [続きを読む]
  • わんちゃん初泳ぎの際の ” わんポイントアドバイス ”
  • ボクが、大阪に行ったら、まずはあの動く看板「かに道楽」の前で写真を撮るのだろうか。どこかの国の外国人の観光客みたいに。そして、まだ見たことのない道頓堀を覗きこむ。阪神タイガースが優勝すると、飛び込むあの川。どんな、なのだろう?それから、吉本新喜劇を観て、お好み焼き屋を探検して、どこぞのデパートの試食コーナーで大阪人の顔をして試食品を腹いっぱい食べる・・・。夜は、本場の探偵ナイトスクープを観ながら、 [続きを読む]
  • 安曇野わんこ道
  • いつもの安曇野わんこ道。ジュリアンはあんまりお散歩が好きじゃない。曇っていて涼しいのにな。本日はわんこ日和なのにな。こんなにいいロケーションなのにな。なのに、しぶしぶ歩く。動けば変わる。這いつくばらなきゃ四つ葉はみつからない。お散歩しなけりゃご飯もおいしくないぞ。なあ、ジュリアン。 [続きを読む]
  • つれづれに    〜今夜あたりから・・・・〜
  • この度の長雨で、大きく河川災害を受けた方々に、深く深くお見舞いと申し上げます!また、この災害で命を落とされた方々のご冥福をお祈り申し上げます。安曇野も長雨に終わりを向かえて、いよいよ本格的な夏の気配です。、こちらの川の水は引き、いつもの穏やかさを取り戻しています。いつもよりも少し早いでしょうが、今夜あたりからいよいよこの川原沿いに○○○が乱舞しそうです。なぜでしょう。あの小さな明かりを点して舞う○ [続きを読む]
  • わんことプチ旅。気分  〜安曇野・大町・松川・そして白馬へ〜
  • 雨です。こんな日は、心のスイッチを入れ替えてちょっと旅気分にひたりたくなります。プチ旅気分。この際、表紙を新たにワンちゃん使用にした「わんだぁえっぐ」の「リバークルジング」のリニューアルパンフレットを持って、看板犬ジュリアンと、わんこ連れさん誘客のための営業活動です。今回は、初めて安曇野、大町から、思い切って白馬方面に足を向けてみました。①まずは、安曇野で人気のログハウスコテージ「TAKITARO [続きを読む]
  • 本日は風曜日  〜ベースキャンプ脇の農場から〜
  • 本日は、風曜日。そして、土(つち)曜日。雨降り前の畑に、K氏と出でて、強まる風に対応するために畑の作物の風しのぎ。もうけはないけれど、「今日も一日もうけ」には違いない。畑の作物たちは何も言わないけれど、黙ってボクらの期待に応えてくれている。ここに来て下さった方々に、少しでもおいしい「季節のおやつ」を持って、川に出られるように・・・。一か月前は、乾いた大地ばかりが目に付いた畑。↓↓↓あれから、ほぼほ [続きを読む]
  • ワンズたちのオフ会 in安曇野
  • 機能性ドッグウェア「アルファイコン」さんのかっこいいウェアに身を包んだワンズたちが来てくれました。「アルファイコン白馬店」のオフ会って感じ・・・・・かな。<注意>わんだあぁえっぐ」のリバークルーズでは、わんちゃんたちの救命具着用の義務はございません。思い思いのスタイルでお気軽にご参加ください。それからおそろいのワンズ用救命具をつけて、いざ大自然のドッグランへこの日のおやつは、あまりに暑いのでフルー [続きを読む]
  • 『619』 〜悲しみの水辺〜
  • The Water Is Wide  悲しみの水辺The water is wide, I can’t cross overAnd Neither have I wings to flyGive me a boat that can carry twoAnd both shall row, my love and I川幅が広くて渡ることができません私には飛ぶための翼もありませんボートをください二人を運んでくれるように愛する人と二人で漕いでいきますOh, love is gentle and love is kindThe sweetest flower when first it's newBut love grows old and w [続きを読む]
  • 『619』 キョウコノヒ   〜バラに寄せて〜
  • わんだぁえっぐのベースキャンプには、今4種類のバラが置かれている。ひとつひとつに想いがある。○ このバラに勝手に『ハハノヒ』と命名した。本当の名前はわからない。けれど、以前にここに関わってくれていたご家族の少年が、ある年の「母の日」に寄せて、大好きなお母さんのために、なけなしのお小遣いをはたいて買ってきたバラ苗。まだ小さなバラだったけれど、わけあってここに根を張っている。あれから何年経っただろう。 [続きを読む]
  • 『619』 〜悲しみの水辺〜
  • The Water Is Wide  悲しみの水辺The water is wide, I can’t cross overAnd Neither have I wings to flyGive me a boat that can carry twoAnd both shall row, my love and I川幅が広くて渡ることができません私には飛ぶための翼もありませんボートをください二人を運んでくれるように愛する人と二人で漕いでいきますOh, love is gentle and love is kindThe sweetest flower when first it's newBut love grows old and wa [続きを読む]
  • 619 〜悲しみの水辺〜
  • The Water Is Wide  悲しみの水辺The water is wide, I can’t cross overAnd Neither have I wings to flyGive me a boat that can carry twoAnd both shall row, my love and I川幅が広くて渡ることができません私には飛ぶための翼もありませんボートをください二人を運んでくれるように愛する人と二人で漕いでいきますOh, love is gentle and love is kindThe sweetest flower when first it's newBut love grows old and wa [続きを読む]
  • 『619』 〜悲しみの水辺〜
  • The Water Is Wide  悲しみの水辺The water is wide, I can’t cross overAnd Neither have I wings to flyGive me a boat that can carry twoAnd both shall row, my love and I川幅が広くて渡ることができません私には飛ぶための翼もありませんボートをください二人を運んでくれるように愛する人と二人で漕いでいきますOh, love is gentle and love is kindThe sweetest flower when first it's newBut love grows old and w [続きを読む]
  • リバーセラピー in 安曇野
  • 6月9日。待ちに待った日がやってきた。ボクの大好きな子どもたちがやってくる!この日を待ちわびていたのは、ボクだけじゃない。梅雨の晴れ間。みごとに晴天。お天道様ありがとう!!もう居てもたっても居られなくて、朝五時から起きて、この時を待ちわびていたというM君はじめ、子どもたちはみんな、心ときめかせてここにやってきてくれた。うれしい! 初めてみる大きなわんちゃん、ジュリアンのお迎えに戸惑いながらも、みな [続きを読む]
  • マロウブルーの誕生日明け
  • マロウブルー畑の片隅に咲く花を摘む主を失ってもなお勢い止まずに育っている赤紫色の花花の主が教えてくれた花の名前をわたしは今も忘れてはいないマロウ「いつかハーブティーにしましょう。きれいなのよ」あのとき気にも留めなかった言葉を想い出すなぜ?おいしいではなく、きれいだったのか?マロウその花の名前をキーボードで打ち込むいくつも記事がめぐるボクはなんにも知らなかったその花のもうひとつの名前ウスベニアオイ> [続きを読む]
  • アフターリバークルージング  
  • アフターリバークルージングは、ベースキャンプ裏のキンキンに冷えた湧水に飛び込むのが気持ちがいい。大自然に抱かれて、美女たちが開放的な笑顔を浮かべる。なんと美しいシーンだろう。そこへ、あやしいカメラマン登場。かくいう筆者である。その折りに撮影したものは、あまりにも素敵な光景なのでブログへのアクセス数が増えすぎては困る?!と、想って公開を踏み留まり、お蔵入りさせていた。それから1年が経ち、先日、美女た [続きを読む]
  • まさかの、畑がドッグラン・・・・   〜半農半X(エックス)〜
  • 19年目のわんだぁえっぐ初日、安曇野も梅雨入りした。とはいえ、今日は暑い。ジュリアンも、友達のハッピーも日陰を探して「ハーハー」息を切らせている。こういう空白の日は畑づくり。安曇野では、こういうライフスタイルを「半農半X(エックス)」と呼ばれている。半分農業、半分リバークルージングの船頭である。農業と書道。農業と宿泊業。農業とミュージシャン。かたち様々である。(とはいっても、ボクの農業はにわか農業 [続きを読む]
  • おかげさまで、明日で18周年    〜 ライフバランス 火と水 〜
  • 「○○周年」と「○○年目」の違いが、わからなくなっていた。公務員を辞めてから3年間だけ、自らに猶予を与えて、3年後の誕生日の前に何かを旗揚げしようと決めていた。それが、2000年の6月6日スタートの「わんだぁ えっぐ ネイチャー&チャイルド」現在は、サブタイトル改め「わんだぁ えっぐ ネイチャー&レクリエーションズ」である。明日でどうやら18周年。19年目が始まるということだろうか?!ここまでこれた [続きを読む]
  • ひとり静かに反省会
  • 今日も一日が無事に終わろうとしている。参加して下さったみなさんを自然の中に連れ出す水先案内人として、どうだったのか?ひとつの反省が過る。穏やかな風景の中で、ボクは同業者のとある言動に腹を立てて、牙をむき出してしまった。それもツアー中にである。「くまさん、今の言い方きつかったわよ」と、同乗の参加者さんから心通ったまっすぐに指摘を受けて、「確かに・・・。ご指摘ありがとうございます」と謝罪し、深く反省し [続きを読む]
  • 今日のできごと  〜あなたの声が聴きたくて〜 
  •  あなたの声が聴きたくてあなたの声が聴きたくて住所録をめくるこんなにも たくさんの出逢いの中に埋もれてしまっていたのですね大切なあなただったのにあなたの声が聴きたくてダイヤルボタンを押すほんの束の間 音信不通だったボクら流れに乗っていたのですねあなたがつくった舟の上であなたがつくり続けてきた 舟はあなたの誇りなのに、あなたはその舟の乗り心地を知らず50年そんな あなたを乗せて下った川それが ボクの [続きを読む]