kasojogi さん プロフィール

  •  
kasojogiさん: WE are KASO JOGI  私たちは仮想定規です
ハンドル名kasojogi さん
ブログタイトルWE are KASO JOGI 私たちは仮想定規です
ブログURLhttps://kasojogi.exblog.jp/
サイト紹介文「KASO JOGI 仮想定規」THE GATE at Edinburgh Fringe 2018
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 178日(平均2.5回/週) - 参加 2018/05/24 15:56

kasojogi さんのブログ記事

  • 仮想定規スピンヲフ公演 【闇鍋音楽会】
  • 仮想定規スピンヲフ公演【闇鍋音楽会】お待たせしました!昨年12月以来、一年ぶりの国内公演です。そしてなんと!「あの人」の登場ですますますパワーアップした仮想定規、珍道中で揉まれに揉まれた我々に会いに来て下さい劇場でお待ちしています!2019年1月18日〜20日会場:ステージカフェ下北沢亭料金:2500円+1ドリンク出演樋口浩二末廣 円栗木 健オクトウミユ阪口美由紀... [続きを読む]
  • 海外ツアーまでの道のりその③
  • 海外ツアーまでの道のりその③ そろそろ本格始動の時期、この頃から「風邪対策お願い」となります。常備薬は前もって手に入れておくこと、そして夏なのに日常からマスクをするようになるのはこの頃。勿論機内でマクスは必須なので我々は外国人の目からみたら異様な集団となります。 大道具、小道具、衣裳を最終パッキング<o:... [続きを読む]
  • 海外ツアーまでの道のりその②
  • 海外ツアーまでの道のりその② 現地ではフリンジ本部が本格的動き出すのは約3ヶ月前そこから慌ただしくやり取りが始まる前にやれることをやっておく。 前宣伝が出来ない外国人である我々は、会場近くのカフェやサークル、学校そして勿論マスコミ各社にメールを送ります。 そして運よく住所をGETしたら紙媒体で前宣伝へ... [続きを読む]
  • 海外ツアーまでの道のりその①
  • 毎年海外ツアーを計画する度に、膨大な準備が必要で、それを毎年1から忘れて思いだし、七転八倒するので……そろそろ「まにゅある」のようなものを作っておかないと、この後どんどん忘れていくしなぁ…と。思い立ちこれを書き始めます。 この覚え書きがこれから海外ツアーを目指す皆様の何かのお役に立てれば幸いです。 その... [続きを読む]
  • 関根麻帆+龍昇企画公演「父と暮せば」
  • 先日の仮想定規ミーティングでは来年以降のふんわり予定のあと、各自の近況などを報告し合いました。麻帆ちゃんは出席できなかったのですが、今は初プロデュース公演に向けて稽古中‼  とのこと。関根麻帆の新境地をぜひ見届けに来てください!!関根麻帆+龍昇企画公演「父と暮せば」11月14日〜18日<公演日・開演時間>11月14日(水) 19:0011月15日(木) 19... [続きを読む]
  • 久々のミーティング
  • 仮想定規メンバーは各々が多方面で活動しているので、実は全員がそろうことはめったにありません。昨日はそんな仮想定規の久しぶりのミーティング。かな〜りお久しぶりのメンバーも顔を出して(全員ではないけど)再会を喜び合いました。話し合いの内容は今後のスケジュールについて、ガンガン飛ばして・・・ではなく、ゆる〜く、ふんわりとした予定について。しか〜し! ふんわりな割にタイトでビッグでエ... [続きを読む]
  • 真船豊と旅するワークショップin福島
  • 10/7,8日「真船豊と旅するワークショップin福島」三か年計画のプロジェクト東京の流山児事務所+福島県の劇団ユニットラビッツのタッグがファシリテーターとして全面バックアップする面白いワークショップですよー!三年後には「鼬」の上演へと繋がっていくそうです。今回は講師で参加させていただきました。参加者の皆様は、子供から大人まで、年齢も普段のお仕事も部活も趣味も様々。今回は「リズム」をテーマ... [続きを読む]
  • 仮想定規合唱部初参加
  • 6月から募集を開始した仮想定規合唱団の稽古が進んでいます。私も昨日初参加してきました。みゆきです。あいにくの雨模様でしたが、みんなこの衣装で稽古しています。あ、違った!帰り際のミユちゃんがあまりに可愛かったもので、つい。稽古はみっちりストレッチ、発声、基礎練習、音とりと続きます。合唱のなんたるかや楽譜の読み方のレクチャー、ひとりひとりの音域チェックもありました。合唱部のみ... [続きを読む]
  • 「夏の夜の夢」も醒めてもう秋ですね。
  • あっと言う間に夏が過ぎ、はや10月ですね。みゆきです。私はエジンバラから戻ってからすぐに「夏の夜の夢」の稽古に入り、9月15日16日に無事に野外劇デビューをしました。なんと100人でシェイクスピアでした。しかも池の中が舞台というものでした。楽しかった〜!実は2017年には下北沢本多劇場での100人シェイクスピア「マクベス」にも出演しました。どちらもアンサンブル出演で、100... [続きを読む]
  • エディンバラ:駐車禁止はダメよ
  • Post by Ken Kuriki写真はエディンバラで見かけた駐車禁止の車両の強制移動。容赦なくクレーンで持ち上げて積み込んで移動。ワイルド!持ち主と思われる手前のオバチャンが「※△◆◎▼!〇@♯◇」と放送出来ないような事を叫んでました。そこは何処でも一緒f(^_^;ちなみにこの道路は、夕方からエディンバラ城で開催される「タトゥー」の観光バス専用の駐車場になります。... [続きを読む]
  • 不思議な村フィンドホーンご紹介その③
  • インバネスから東へ40キロアバディーンから西へ130キロに位置するここフィンドホーン。一番近くの街フォレスまでは8キロくらいフィンドホーンにはポストofficeと商店が一緒になったお店、あと美味しいカフェやレストラン、西側には漁船やヨットの帆がたなびく湾、東側にはさらさらの砂浜のビーチ。早朝ー朝ー昼ー夕方ー夜ー深夜とひとつとて同じ景色がない海の色と空の色。そのフィンドホーンの村のシンボルと... [続きを読む]
  • 不思議な村フィンドホーンのご紹介その②
  • フィンドホーン財団の中にCC(コミュニティーセンター)と呼ばれる大きなキッチンカフェがあります。そこでは農園で採れた作物を使って作られたランチが提供されます。そのメニューは驚くほどに豊富で all vegetableにも関わらず大満足!という味付けと量と、そして好奇心を満たす美しさ。その食事を食べる前に、そこに集ってきた全ての人(料理人、お皿を片付ける人、農作業をした人、手伝った人、食べる... [続きを読む]
  • 「フィンドホーン」 この不思議な村のご紹介その①
  • スコットランドの北、インバネスから車で小一時間の村「フィンドホーン」この不思議な村のご紹介その①フィンドホーンにはフィンドホーン財団(ファウンデーション)という施設があり、世界中からひっきりなしに老若男女、宗教や文化的背景の異なるお客様が訪れる。その目的はなにか?「フィンドホーンコミュニティーは直感と変容を選択する生き方への呼びかけをします」と。一昨年、このフィンドホーン財団の方がエジンバラ... [続きを読む]
  • るたんフェスティバル
  • スコットランド・ツアーでも一緒だった照明デザイナーの山ちゃんこと山上悦男がプロデュース・構成・照明をつとめるシャンソン公演のチラシ・データが届きました。10月19日(金)17:30 開演10月20日(土)12:30 開演 / 18:30 開演ツアー中もシャンソンへの熱い思いを語ってくれました。山上さんは大ベテランのライティング・アーティストで「山ちゃん」なんて呼... [続きを読む]
  • 全員無事に帰国しました!
  • フィンドホーンの公演後、徹夜覚悟のトランクの詰め込み作業をやりました。今回フィンドホーンに呼んでくれた菊池貴子さんがキッチンの残り物を使ってケータリングをやってくれたので、ボクは仕事してるフリして隙を見てはバクバク食べてました。そのせいか、作業はスムーズに終わり仮眠も出来ました(笑)。早朝、貴子さんが用意してくれたマイクロバスで40分ほどかけてインヴァネスのバスステーションへ。そこから4時... [続きを読む]
  • 最終日(8月17日)
  • フィンドホーンからこんにちは🎵最終日昨日に引き続き縁日(ナイトマーケット)は大盛況そのまま「2018The GATE」の最終公演となるラウンジに沢山のお客様ありがとうございます「記憶に残る公演」無事に終幕そのまま現地スタッフさんとの交流「大入り」を渡して再会を約束する。長かったようで、実り多く充実した時間をあっと言う間に過ごさせていただきました。エジンバラ?フィンドホー... [続きを読む]
  • フィンドホーン(8月16日)
  • フィンドホーンでのシンポジウム、縁日、The GATE の公演をすべて終了して、Findohornを後にしました。貴子さんはじめ多くの方に大変お世話になりました。お短い滞在でしたが、貴重な経験がたくさんできました。ありがとうございました。(美由紀)にほんブログ村 [続きを読む]
  • すべて終了!(8月16日)
  • 『TheGATE』フィンドホーン公演2日目、というかエディンバラ・フィンドホーンツアー最終公演、無事に終了しました!今日は午前は打ち合わせしか予定が無くゆっくりして、昼にまたFINDHORN FOUNDATIONの大食堂でランチをご馳走になりました。FINDHORN FOUNDATIONは宿から海沿いの道を歩いて15分ほど、いつもはクルマで送ってもらってるのですが、今日は良い天気だったので歩... [続きを読む]
  • フィンドホーンから(8月15日)
  • フィンドホーン!!!からこんにちは🎵妖精の住む村、自分の必要な何かに出会える場所といわれるフィンドホーン凄いよーここは。まず、滞在中の宿にカーペットがひいてあるんだけど、ちょっと目を離すと勝手に動いています。結構な距離を 何度も何度も 誰がやっても…家が斜めってるのか?!雨の晴れ間に降ってきそうな星空。時間毎に変わる海の色。本日は朝からメンバーは皆フィンドホーンファウンデー... [続きを読む]
  • フィンドホーン(8月14日)
  • 昨日、無事にフィンドホーンに到着。去年のエディンバラ公演を見て今年フィンドホーンに誘ってくれた菊池貴子さんと合流して、会場となるコミュニティFINDHORN FOUNDATIONを案内してもらいました。瞑想小屋や大きな食堂など、興味津々(^^)一夜明けて今日は、その食堂でベジタリアンなランチをいただきながら夜のシンポジウムの打ち合わせなど。公演のアピールのため、急遽シンポジウムも全員白塗り... [続きを読む]
  • フィンドホーンからこんにちは!(8月12日)
  • エジンバラからこんにちは🎵?フィンドホーンからこんにちは🎵へと旅は続きます。雨の中、住み慣れたポートベッロのAngela宅に別れを告げメガバスで、エジンバラバスステーションから12:40発4時間半でインバネスバスステーションへ。そこで、メンバーの菊池貴子ちゃんと合流小型バスにて一時間、途中スーパーで買い出し、take awayの夕飯を準備しフィンドホーン... [続きを読む]