スカイラーク65 さん プロフィール

  •  
スカイラーク65さん: 鳥と私と少しの詩と
ハンドル名スカイラーク65 さん
ブログタイトル鳥と私と少しの詩と
ブログURLhttps://miichan092265.muragon.com/
サイト紹介文日常や、自然の中で感じたことを詩やエッセイにしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 23日(平均3.0回/週) - 参加 2018/05/24 20:08

スカイラーク65 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • つばめ
  • つばめ つばめ よくやってきたね 何百キロ、何千キロも 山越え海越え はるかかなたから 今年もよくやってきたね うれしいうれしいうれしい、と つばめがとぶとぶとぶ まわるまわるまわる 空を旋回して やっったねついたねやっとこさ つばめ つばめ よくやってきたね 私もうれしいよ またあえたね お互い1年がんばったね [続きを読む]
  • 四羽のひな
  • 川の音 人の話し声 車の音 たかの鳴き声 4羽の小さなひなが ほんとうにかくれて そんなものからかくれて 小さな小さなこけでできた巣の中で 今日、一日を 一生懸命生きている 羽ばたく日まで いじらしいほどに 生きている 今日、一日を [続きを読む]
  • 小鳥の小鳥
  • 春になり 花が咲き あたたかくなった! 小鳥の小鳥がうまれたよ たくさん たくさん 生まれたよ 小鳥の小鳥は 「かあさん、かあさん、おなかすいたよ」 羽をぱたぱたさせて 小鳥の小鳥のかあさんに ねだる 小鳥の小鳥のかあさん 小鳥の小鳥をたべさせて、たべさせて、忙しくたべさせて あぁ つかれたねと 小鳥の小鳥と 枝の上 なかよくならんで 枝の上 かあさん小鳥と 小鳥の小鳥の 春の一日 [続きを読む]
  • 今日の日に
  • いやなことがあって、眠れなかった夜。 朝 目ざめると 春の日がまどからはいり 外からは 子どものあそぶ声が聞こえた 大人のはなし声が聞こえた 小鳥のうたがきこえた みぃんな ふつうのことを とりとめもないふつうのことを たんたんと やっている なんでもない、というふうにやっている そして このことが 今日、この朝に こんなにも わたしをなぐさめる   [続きを読む]
  • 小鳥
  • まぁ 小鳥たちは ピチュピチュと 忙しいのね 生まれて 大人になって 死んでいく それだけで 充分なのね ピチュピチュピチュと わたしにかたりかけてくれるのね こんなくもりの日に [続きを読む]
  • うちのそばに 小さな川がある ほんとうに小さくて、 たまに、水がちょろちょろとしか流れていないときがある そして そこに 小さな小さな橋が かかっている なぜか 人は そこで 立ち止まり その小さな川を 小さな小さな橋の上から まるで、 何かをさがすように のぞくのだ ああ ほんとうに なにか宝物をさがすように 子どもも 大人も 犬も のぞくのだ [続きを読む]
  • 春に寒い日に
  • 今年の春は なんだか寒い。寒いと気持ちにどうも影響するようだ。 そんな時は、自然にふれるのがセラピーになる。でも、雨ででたくない。 窓から、鳥たちをみる。バードセラピーということばもあるように、自然の何かを見ることで安らぎが戻ってくる。 昨日は、公園をあるいていたら、狐がいた。木のみきに座ってこちらを見てた。しばらく狐と対面。あーなんかいい日になった。それだけで。 [続きを読む]
  • ちょうちょう
  • ちょうちょうが日なたにふわっととまっている。 こんな風にたぶん今をあじわえばいいんだと思う。 ただ、じっと、今をあじわう。 何も考えないで。 ゆっくりと感じる、 風のにおいを、 鳥の声を、 誰かのささやきを、 葉が落ちる音を、 小さな小さな芽が、長い眠りから土の上にでるときを ちょうちょうになって、 ふわっと  今を味わう。 [続きを読む]
  • 今日、久々に天気がよかった。朝仕事はなく、うつらうつらとベッドの中にいた。窓からは、ひさしびりの明るい日差しがはいってきた。うつらうつらしながら、私はなんか、自分が今死の床にいて、そばで、ほらミーのすきな鳥を思い出してごらん。みんな待ってるよ。そこにいくんだよ。あの庭にきている小さな鳥たちが待っているんだよ。なんていう夫のささやきがきこえたような、そんな感傷的な浅夢を見た。多分、これは、バーナード [続きを読む]
  • 過去の記事 …