ジャッコ さん プロフィール

  •  
ジャッコさん: 株式投資で家族を養う奮闘記ブログ
ハンドル名ジャッコ さん
ブログタイトル株式投資で家族を養う奮闘記ブログ
ブログURLhttps://jaccolife.blogspot.com/
サイト紹介文双子誕生を機に資産運用に目覚め、米国株式投資による長期資産形成を実行中のサラリーマン投資家ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 198日(平均2.9回/週) - 参加 2018/05/25 23:35

ジャッコ さんのブログ記事

  • 投資は自己責任と言うが、そこを分かっていない日本人が多いのではないか
  • 先日、知り合いの男性から相談を受けた自分の仕事のこと、家族を養うこと、将来のこと。つまり最終的にはお金の悩みだと、私は受け取りました。今の仕事を引き続き継続できるかどうか、今の仕事に将来性があるのかどうか、子供が大きくなってくると教育費がかさんでくる、家のローンはまだ残っている・・・私も含めて、世間一般の父親諸氏に共通する悩みでしょう。私は共感しつつも、声をかけてあげることができませんでした。お金 [続きを読む]
  • 私が実践して効果的だと感じた家計節約術5選
  • 投資資金を捻出するため、日々家計節約に勤しんでおります。これまで色々試してみて、続いた節約、しんどくなって続かなかった節約、効果が少なくて止めた節約、様々あります。今回は、効果的で現在も続いている私の家計節約術を5つ紹介します。細かい部分まで言うともっとありますが、とりあえず大きな部分を書きます。すでにやってる人にとっては当然でしょうが、まだやってない皆さんの家計のお役に立てば幸いです。スマホ通信 [続きを読む]
  • トルコショックはどこへやら・・・引き続きドル転と投資信託買い付け
  • トルコショックって何だっけ一瞬で終わったみたいですね。もう少し続くかと思っていたのですが・・・それともここからさらに一段と下げるのか、分かりません。少なくとも株式市場は下げ続ける訳では無さそうです。ドル転と楽天VTIへの投資を実施したここ数日のボラティリティの高さにより、狼狽売りしてしまった投資家も多くいたのではないでしょうか。特に新興国に投資するような投資家に多く見られた感じがします。あるいは投資 [続きを読む]
  • トルコショックの始まり・・・ただの買い場到来となるはず
  • トルコ発株式市場調整開始株式市場の下落が始まりました。トルコの経済不安が主な理由でしょうが、理由というのは所詮後付けなので、実際のところは複合的な理由でしょう。そして下落させているのは、おそらくアクティブ投資をしている機関投資家。毎度の事です。さて、個人長期投資家はここで狼狽えてはいけません。なんて偉そうに書いてますが、これしきで狼狽えている人なんていませんよね、失礼。少し前の株価に戻っただけであ [続きを読む]
  • サラリーマン投資家にとって最強のほったらかし投資
  • 「ほったらかし投資」何て素敵な響きなんでしょう。投資対象に投資して後は寝かせるだけ。時間が無い子育て世代サラリーマン投資家にぴったりの手法です。何故ほったらかし投資が有効なのか米国株式市場で言えば、長期的に見て右肩上がりで株価が上昇してきたからです。対数グラフで右肩上がりなんて、他の株式市場ではなかなか見当たりません。もちろん途中幾度となく調整が入ることは言うまでもありません。しかしそれは買い場が [続きを読む]
  • 配当は理屈としては合理的ではないが・・・
  • 配当とは不合理?先日拝読した本に次にような事が書かれていました。「企業が株主に利益を還元するにはインカムゲイン(配当)とキャピタルゲイン(株価上昇益)の二通りある。配当とは現金の保管場所が変わったに過ぎない。企業から株主に現金が移動しただけ。すると移動した金額分、当然株価は下がる。株主が配当を喜ぶ場合とは「現金が今すぐ欲しい場合」「同程度のリスクでさらに収益率が高い投資機会がある場合」のどちらか。 [続きを読む]
  • 投資におけるリスクとは・・・リスクを管理すれば投資は怖くない
  • リスクって何?なんか怖い物?投資の世界に足を踏み入れると「リスク」という言葉をよく見かけます。というか投資家として覚えておかなければならない言葉です。一般的には「何か恐ろしい物」というイメージを持つ方がおおいのではないでしょうか?そうであれば出来るだけ排除する必要があります。しかし投資の世界では「将来の不確実性」という意味で使われます。もう少し具体的に説明すると「未来における株価の予想変動幅」とい [続きを読む]
  • ガソリン代を節約する方法3つ
  • どうしてもガソリンを購入しなければならない環境どうしても自家用車を所有しなければならない環境。どうしてもガソリンを購入しなければならない環境。皆さんの中にもそんな方が大勢いるはず、私もその一人です。特に田舎暮らしだと必然的にそうなる。まぁビジネスでも所有する必要が出てきますよね。いかにしてガソリン代を節約するか、その方法3つこれは私なりのガソリン代節約法です。他にもあるかもしれませんが、とりあえず [続きを読む]
  • 米国株式市場が今後も右肩上がりである理由
  • ここ数年間の下落局面で売った投資家は後悔しているだろう米国株式市場の過去を見ると、右肩上がりで上昇してきました。ここ数年間でも右肩上がりでした、何ちゃらショックやアナリストの下落懸念を何度も乗り越えて右肩上がりでした。何ちゃらショックやアナリストの下落懸念を嫌気して株を売りさばいた投資家は、非常に後悔していることでしょう。米国株式市場が今後も右肩上がりである理由私は今後も右肩上がりで推移するだろう [続きを読む]
  • 銀行手数料という浪費を止めちまえっ、たかが165円されど165円
  • 銀行は手数料で利益を上げる商売銀行手数料には、振込手数料や出金手数料があります、でも入金手数料って大抵無料です。ユーザーから見て、入金は簡単、出金は難関。金が絡む商売って大抵こういうシステムです。さすが手数料で商売する輩のやる事は重箱の隅をつつくように手数料をせしめるよう考えられています。いや、良いんですよ、手数料で商売していると宣言してやっている訳ですから、何も悪くないです。金融機関を非難するつ [続きを読む]
  • 金は天下の回り物とは、投資して資本主義経済に参加しようということ
  • 金は経済の血液、循環してなんぼ「金は天下の回り物」まさにその通り。資本主義経済は金が回らなければ成り立たない。滞っていては経済が活性化しない。金の流れは経済の血液循環。無意味に溜め込んで血栓を作って何の意味があろうか。それは企業においても個人においても同様だろう。場合によっては借金してでも回さなければならない場合もあろう。しかし回し方を誤ると破産してしまう。それもまた資本主義経済。最悪なのはタンス [続きを読む]
  • 我が家の事情(ちょっと愚痴っぽいので嫌いな方はスルーよろし)
  • 生命保険の解約を妻に打診した生命保険を解約したいと妻に打診したところ「あんたが死んだら私達は困るじゃないか!だから解約しないで!」と言われました。完全に私のプレゼン不足だろうと思われるので、いずれもっと丁寧に説明したいと考えています。そもそも妻が聞く耳持たない可能性もあるが。過去、金融リテラシーが欠如していた頃に契約した貯蓄目的生命保険。保険会社に鴨葱にされていた過去の自分を責めたい。毎月14,000円 [続きを読む]
  • 手数料を節約して、搾取される側から搾取する側になる
  • ロボアド投資は勉強になった投資には様々な手法や手段があります。私自身、色々試してみたつもりです。特に、初期の頃に利用したロボアド投資には勉強させられました。資産額の1%を手数料として支払えば、米国ETFの中から自動的に選別して買い付けてくれるサービスです。そのまま続けていれば、恐らく銀行の定期預金よりも利回りの高い資産運用となっていたでしょう。しかし解約しました。最終的にはロボアド投資を解約した理由解 [続きを読む]
  • リボ払いだけはやめとけ、マネーリテラシーを身に着けるべし
  • 同僚とリボ払いや借金の話をした先日、同僚2人とこんな会話をしました。同僚A「友達の兄弟が、クレジットカードのリボ払いを利用したそうだ。いつまで経っても残債が減らないと言っていた。」私「リボ払いは絶対に利用しちゃダメ。利率が14%とかだから返しきれる訳が無い。」同僚B「リボ払いではないが、自分も借金をしていた時期がある。借り換えを繰り返し利率が低い所へ渡り歩いた。大変だった。リボ払いはそれ以上の地獄だろ [続きを読む]
  • 我が子には金融リテラシーを身に着けて欲しい、自分の資産は自分で築け
  • 生命保険の加入状況私は貯蓄型の生命保険に加入しています。株式100%で運用するタイプを選択しています。これを解約しようかしまいか悩んでいます。いや、絶対解としては解約すべきなのは理解しているのですが、妻を説得しきれずにいます。夫婦で話を聞いて納得(大部分は私のみが理解)して契約したものなので、私のみの意志で解約するのは筋が通らず、やはり妻を説得する必要があると思います。しかし正直なところ、私と妻の金 [続きを読む]
  • 図書館を利用し倒して知識を貪れば短期暴落相場で狼狽売りなぞせずに済む
  • 赤本に記載された検証結果高配当の優良成熟大手企業に投資すると、長期では大きなリターンを生み出したという事実。ジェレミー・シーゲル著、いわゆる「赤本」にその検証結果が記載されている。ただし検証期間が少々古いため、現代の投資事情にも当てはまるかと問われると難しいところ。投資リターンなんて、検証期間でどうにでも操作出来るからだ。しかしながら事実は事実、一つの検証結果として大変興味深い。赤本によると、ハイ [続きを読む]