のぼる さん プロフィール

  •  
のぼるさん: 父ちゃん坊やの普通の写真その3
ハンドル名のぼる さん
ブログタイトル父ちゃん坊やの普通の写真その3
ブログURLhttps://noboru1955.exblog.jp/
サイト紹介文モノクロ中心のスナップ写真です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供146回 / 143日(平均7.1回/週) - 参加 2018/05/26 17:09

のぼる さんのブログ記事

  • ミナミ
  • 「5%から8%に上げる時も、福祉に使うと言ったのにも拘らず、実際は大企業には有利になる様に減税をし、国民の福祉の方は切り下げた」のだから10%になっても使い道は同じだろうとしか思えない。嘘は聞き飽きた。 [続きを読む]
  • ご近所スナップ(秋を感じるこの頃)
  •  今日は、芭蕉忌。時雨の句をよく詠み、10月の別称が「時雨月」であることから「時雨忌」とも。 我が地元、大垣は『奥の細道』の結びの地。江戸を発つときは「行く春や鳥啼魚の目は泪」と詠み、旅を終えた大垣では「蛤のふたみに別れ行秋ぞ」と結んだ。辞世の句は「旅に病んで夢は枯れ野を駆けめぐる」。 [続きを読む]
  • 黒門市場*5
  •  昨日の早朝、幼稚園からのメール(掲示板)は、「運動会は行います」だった。晴れ間が出たり、小雨がぱらつくこともあったが、年少組の孫は初めての運動会で、お遊戯、かけっこ、親子遊戯を楽しんだ。「かけっこ」も笑顔で走り切った。私は、天気のことばかり気になっていて望遠ズームレンズを持っていくのを忘れた(*_*; [続きを読む]
  • 黒門市場*3
  •  レモンの日。1938(昭和13)年、高村光太郎の妻・智恵子の命日。智恵子は精神病を病んでいたが、亡くなる数時間前にレモンをかじり、智恵子はもとの智恵子に戻ったと言われる(こよみのページより)。 [続きを読む]
  • 黒門市場*2
  • 「#安倍全員野球にありがちなこと」のハッシュタグをくぐってみた。「負け試合はNHKでやらない」「アウトになっても塁に居座る」「負けそうになるとルールを変える」「キャンプ地に沖縄は使えない」「野球に負けると『日本人がつくったんじゃない』と言い出す」「監督夫人にも年棒が支払われる」「試合に負けても、翌日の読売新聞と産経新聞では勝ったことになっている」。 [続きを読む]
  • 黒門市場*1
  •  いつもは、外国人観光客でごった返す黒門市場だか。9月初めの台風21号で関西空港が被害を受けた影響もあって16日の日曜日も観光客は少なかった。一時は売り上げがいつもの2割(2割減じゃない)の日もあったとか。おかげで、のんびりビールが飲めた。 [続きを読む]
  • 道頓堀*22
  •  「生活保護受給者が地震や豪雨で被災した上、保護費を打ち切られる事例が相次いでいる。義援金を収入とみなされたり、親族宅に避難したことで『支援者がいる』と判断されたりするのが主な理由だが、中には困窮した暮らしに逆戻りする人もいる」(西日本新聞9月27日)。さらに10月から生活保護のうち、食費や光熱費といった生活費に当たる「生活扶助」の支給額が67%世帯で減額される。... [続きを読む]
  • 道頓堀*21
  •  東海第二原発(茨城県東海村)について、国民からの意見募集(パブリックコメント)があり、2550件寄せられた。大半が再稼働に批判的だった。「政府の資金が投入されている東電から支援を受けるのは道理がない」「支援がなければ再稼働できない状態なのに、事故時の賠償や収束費用はどうするのか」などの意見に対して規制委は「資金支援の意向が確認でき、工事費を調達できると判断した」と、... [続きを読む]
  • 道頓堀*20
  •  25日、広島高裁の三木昌之裁判長が「巨大噴火が発生する可能性が『相応の根拠をもって示されない限り』伊方原発の立地は不適とならない」「破局的噴火について社会通念上、想定する必要がない」として 昨年12月の運転差し止めを命じた広島高裁仮処分決定(野々上友之裁判長=当時)を取り消した。社会通念上、原発はゼロリスクを求められるし、社会通念上、脱原発を求めている。怒:広... [続きを読む]
  • 道頓堀*18
  •  「原爆詩の朗読をライフワークにしている女優吉永小百合(73)が『核兵器の全面的廃絶のための国際デー』を記念するイベントに、ゲスト出席し」「日本は唯一の被爆国。核兵器はやめましょうと言うべき。核兵器禁止条約がせっかくできたんですから、私たちが声を出して、政府に『私たちとやりましょうよ』と言いたい」と、日本が批准していない現状を訴えた。(日刊スポーツ9月24日) [続きを読む]
  • 新世界#9
  •  共同通信社が20、21両日、自民党総裁選で安倍晋三首相が連続3選を果たしたのを踏まえて実施した全国緊急電話世論調査によると、首相が秋の臨時国会に党改憲案の提出を目指していることに「反対」との回答は51.0%に上り、「賛成」の35.7%を上回った。 [続きを読む]